ここから本文です
神仏の掌に触れて

書庫鉄道

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

早いものですね!
もう6月になり、仕事場が閉鎖して2日経ちました。
先月の19日に事業所が閉鎖し、翌20日からは残務処理が始り、私は残務処理が始まった初日二日目を休みを戴いて寛いでいました。
三日目からは本格的に残務処理が大きく稼働して作業が急ピッチに動き出し、三日目から出勤しまして業務に従事しました。
初日は、何時も通りの出勤コースで出勤しましたが、二日目は勤務シフト2時間ずれて何時ものコースを使う事が出来ず、家の最寄りの南海沿線から乗車して勤務地に赴きました。
何故、出勤ルートを使う事が出来ないかと申し上げますと、自転車で移動するので或る一定時間を過ぎると、公共駐輪場が満杯に成って折角其処まで来たのに駐輪する事が出来ず、亦引き返さなければ成らない事態に成るのでルートを変更し、南海電鉄に乗り換えて別ルートで出社しました。

イメージ 1

最寄りの南海本線堺駅から乗車し、終点難波駅に到着しました。


イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

電車を下車すると、駅構内に「古市百舌鳥古墳群」が2019年5月14日、世界遺産委員会の諮問機関であるイコモス(ICOMOS)により、「百舌鳥・古市古墳群」を世界遺産に登録するよう勧告がありました!ので電鉄会社は早速旅行客の誘致を見越して駅構内に此の様な案内吊るして居る次第です。
不思議な事に、最寄りの南海本線堺駅・高野山線堺東・三国ヶ丘・百舌鳥八幡駅及びJR阪和線三国ヶ丘・百舌鳥駅構内には案内が有りませんでした?(笑)

未だ、決まりかどうかは判らない状況で、湧き上がっている様子を垣間見ると本当に可笑しく成りました。

記事の事はさておき、事業所閉鎖に伴う残務処理は5月末日で無事終えました。
昨日は、支社に赴きまして内示と辞令の両方を受けて、無事に勤務先も確定しました。
但し、此の人事は暫定的で、既に春季異動は終えているので9月の秋季異動まで暫定で、其の間勤務先で業務改善の特命を受けて勤務を行う辞令でした。
着任は6月16日に成っていますが、其の間の勤務は6日ほど各支店のヘルプとして応援に参る次第です。
人使いの荒い会社で有給休暇も使わせて貰えない状況で、さも最もらしく会社の置かれた厳しい状況を熱弁して各人のお力をお貸しして頂きたいと宣うのですよ!
ホント聞いていて目眩がしそうでした。(笑)

まあ、着任まで時間はゆっくりと在るので少し羽を伸ばして何処かに散策したいと思います。
昨日は、久方ぶりに鉄道などの交通機関を乗り継いで此方へ参りました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

朝の真っ暗な時から家を出て、遅くとも逢魔が時までに家に帰宅しているだろうと算段をして居ましたが、目算が甘かったのか移動で物凄くを時間を取られ、尚且つお金も倍近く其処で踏んだくられて這う這うの体で帰る羽目になり、家を出てから帰宅するまでの所要時間が何と16時間も掛かり、流石に家では風呂も入る時間を惜しんで寝床に就きました。

明日、詳細を追って随時投稿して参ります。
大江橋を渡りきると、京阪電鉄の新路線中之島線大江橋駅が見え、中之島を通行して土佐堀を渡ると、今度は京阪本線の淀屋橋駅(終着駅)入口が観えて来るではないか?
余りに奇異なので、じっと二つの駅を見比べました。

イメージ 1

堂島川を渡りきると、京阪電鉄中之島線大江橋駅入口が見えてきます。
まじまじと観たのは、此れが初めてです。


イメージ 2

イメージ 3

中之島方面に乗車して行く機会が、殆どないので興味を持ちました。


イメージ 4

此方は、馴染みの淀屋橋駅です。
此方の方向を向かうと、昔佇んでいた松阪屋と造幣局が観えて参ります。

イメージ 5

此方の方角へ参りますと、今は有りませんが少し行くと肥後橋辺りに在った厚生年金会館が有りましたが、今はアパホテルが建っている様です。

次回の投稿は、弁護士上がりの元大阪府知事・全大阪市長が居られた建物と向かいの建物の佇まいを投稿致します。
叡山電鉄一乗寺駅に着いてから、てくてくと詩仙堂と八大神社を横目にして素通りし、真向かいの一乗寺降魔不動明王堂に立ち寄ってから勾配の有る車道を歩いて狸谷山不動院に辿り着き、其方で小一時間滞在していざ下山しようとしたら、やはり雲行きが怪しくなって一乗寺降魔不動明王堂の辺りからポツリポツリと雨が降り出し、幸い少し濡れるくらいの雨で在ったので濡れる事は回避する事が出来ました。
何とか駅に辿り着いて乗車時間街の間、出町柳から鞍馬山方面へ向かう車両が、反対側プラットホームに停車し、今年の春先にお目見えした新型車量ひえいが眼前に飛び込んでいるのですよ!

イメージ 1

イメージ 2

余り間近なので車両全体像が撮影し辛く、所々特徴の有る箇所を選んで撮影を試みました。


イメージ 3

後方が、此の様な形に成った車両は、近いか如何かは言い難いのですが
名古屋電鉄も確か此の様な形をしていた様な映像を撮り鉄のブロ友さんから幾度と無く拝読させていますので記憶に留めていました。


イメージ 4

嗚呼、八瀬へ行くのですか?全然思い違いでしたね?(笑)


イメージ 5

此の様な機会で、新型車稜をお目に懸かる事も稀でして、去年京阪電鉄も有料特急車両を走行させており、乗車はしていないがチラ見はさせて貰いました。
亦機会が有れば、一度乗車したいと思います。

此れにて、東山・一乗寺巡礼記は、お開きとさせて頂きます。
明後日からは、5月下旬に嵯峨野を巡り歩きましたので嵯峨野巡礼記を随時投稿して参りますのでお付き合いの程お願い申し上げます。
年内最後の天神さんガラクタ市ですので、9時過ぎ位に到着する予定で時計を逆算して家を出ました。
前日は、京都は余り良い天気で無かったので足元は余り良くないなぁと思いつつ午前中は何とか天気は持ちましたので傘を用意せずに来ました。
丁度、阪急京都線四条大宮駅で下車し、地下道駅構内で嵐電四条大宮駅側へ行く出口から出て嵐電に乗車しました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


改札を抜けて乗車位置を確かめて前後ろを振り返っている、おお金星がスマホ弄っていますね!


イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6

プラットホームの此方側は、嵐山方面へ向かうプラットホームです。


イメージ 7
イメージ 8


あちら側は、嵐山・帷子ノ辻経由で北野白梅町から四条大宮に到着するプラットホームです。
嵐山から乗車しても帷子ノ辻で一旦下車し、地下坑道を潜るか若しくは直接階段を降りて踏切を渡って北野白梅町行きプラットホームへ向かうしか手立てが無いのでどちらにしても北野白梅町行きは時間を要します。
市バスでも行けない事は無いのですが、当日は何処から乗車しても乗った場所から交通情況に拠って渋滞に巻き込まれるか、乗車するバス停に向かうまで移動時間を要するかの違いなので、一番手早い阪急線を利用して北野天満宮へ向かいました。
明日は帰宅が遅くなるので明後日から6回に分けて、北野天満宮終い天神の様子を随時投稿して参ります。

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事