今夜も乾杯♪夫婦二人の楽しい晩酌

いつかまたどこかで出会おうね・・・たくさんの笑いをありがとう

外飲み・旅行・おでかけ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

パソコンが壊れましたぁぁぁぁぁ!!!


いきなりでごめんなさい。

あのね「エム」が入力できないのよ・・・orz

従って「マ行」の入力もできないのよ・・・orz

今、こうして書けているのはそれぞれの文字をコピペして辞書機能でユーザー登録したから(面倒!!)

そして困るのは漢字変換。。。

例えば↑の「困る」の場合は一旦「困難」と入力して「難」の字を消し「る」をくっつける(面倒!!!)

現在、使っているのはノートパソコンなのですが調べてみたところキーボードに埃がたまっているのでは?
ということなので、カバーを外してエアーダスターを噴射し掃除してみたのですが直らない。


悲しい;;;;;;


これって修理に出すしかないのでしょうか・・・

お金かかりそう。涙


そんなわけで更新も滞ってました(元々です)

都知事選のこととか、武井候補のこととか(いいから)、ゴールデンライチが全然出ないこととか(は?)言いたいことたくさんあるんだけど、とりあえず飲むのだけは欠かしていないので安心してください(不安だらけです)


先日、職場の連中と行った日本酒飲み放題のお店はなかなかよかったです。
(日本酒飲み放題酒場 日本酒ラボ)


最近はやりのセルフ飲み放題スタイルで食べ物は持ち込むのですが、私も何品か作って行きました。

イメージ 1

切干大根の焚いたん、生鮭の柚子味噌付け焼き、厚焼き卵(ネギ入り)、ちくわの小松菜巻き、プチトマト、きゅうりの浅漬二種類、鶏チューリップの唐揚げ・・・

ちょこっとつまみながら日本酒をガンガン飲めるw品揃えにしました。

そして、今回考案したのがこちら♪ちくわの小松菜巻きです。

イメージ 2


最初、小松菜はゴマ和えにしてちくわにはキュウリでも詰める予定でしたが、一緒に飲むのが20代の男どもなのでゴマ和えなんて奴らが喜ぶかな?と考え直し、思いつきで作ってみました。

ちなみにちくわの中に入っているのは小松菜の茎ですw

【作り方】
小松菜を茎(軸?)と葉の部分に切り分け、塩一つまみ入れた熱湯でサッと茹でます。

水にさらしてから軽く絞り、それぞれをだし醤油にくぐらせたら茎は長さ三等分に切ったちくわに差し込みはみ出た部分を切り落とす。

そのちくわを広げた葉っぱでクルクルと巻き、楊枝で止めたら出来上がりです。


小松菜は茹で過ぎないでね。柔らかくなると巻くのが難しくなります。


イメージ 4














とまぁ、こんな感じのつまみで延々3時間以上いろんな日本酒を堪能いたしました❤

ついでに書くと、今回の差し入れで一番食い付きがよかったは切干大根だったという。笑
だったら小松菜もおひたしとかゴマ和えのほうがよかったかも(なんじゃそら)


「オレに留守番をさせてずいぶん楽しい飲み会だったようですね」
イメージ 3













(最近、私が出かけると超機嫌が悪くなるネコw)


いやーしかし、「ま行」が打てないだけでこんなに大変だとは(^_^;)
これ以上パソコンがおかしくなりませんように・・・(てか直せよ)


おっと!そろそろゴールデンライチの収穫をしなければ(家事してください)

暑い毎日、みなさま熱中症にはお気を付けくださいね〜 o口(・∀・ )!
気が付くとすでに9月・・・

そして今日の蟹座の運勢は80点

えーと、占いってほとんど信じていません(なら書くな)
一応ツカミのつもりで(どんなツカミですか)

......................................................

帰省から戻りました。
うん、もう一週間経ちますが(おせーよっ)

帰りしなに、錦市場で美味しいもんいろいろ買って帰りました。

よって備忘録として記す!(文豪風)


京都の夏といえばハモの落とし〜❤
私が愛してやまないソウルフゥドです(鰻にも使う浮気者めっ)

帰省時には必ず立ち寄る、錦市場の「鮮魚木村」で買いました

これがありゃーワシァもうなーんもいらんばい!(鰻にも使う浮気者めっ その2)

イメージ 1

同じく木村で買った焼き鯖寿司。
魚屋の鯖寿司ってお寿司屋さんのとはまた違った美味しさがありますえ〜

イメージ 2

木村鮮魚はお値段良心的にして品質は新鮮で品数も豊富でめっちゃオススメです!
おっちゃんやお兄ちゃんも気さくでいつも気持ちよく買い物ができます(^_-)-☆

ところで帰省から戻った当日って晩御飯作るのめんどっちいですよね(全日本主婦失格連合横浜代表)
そんな訳で、「井上佃煮店」ではショーケースに並んだお惣菜から三品を購入!

こちらは蕗の山椒煮。
柔らかく焚いた蕗に山椒の風味が効いててお酒にピッタリ!

イメージ 3

これも絶品、湯葉と三つ葉の焚き合わせ。
鰹節たっぷりでひいたおだしが湯葉の甘さを引き立ててるぅ〜!

イメージ 4

そしてこれ!
湯葉の包み揚げ餡かけなんです❤
一体なにが包まれているかというと・・・

イメージ 5

山芋とエビのすり身でーす!
サクサク&ムチムチな不思議な食感に悩殺されました(´^ิ ౪ ^ิ)ムフ♡

湯葉と一緒に大葉でも包んでるの分かるかな〜?
仕事が細かいでしょ〜〜
さすが1個190円もするだけのことはあるわっ(値段はいいから)

イメージ 6

野菜は「山久商店」で♪
京都の水なすは柔らかくて美味しゅうおます〜
手で裂いておかかポン酢でいただきました。

イメージ 7

島オクラも100円という大特価なので買いました。
横浜でも買えるのに・・・(笑)
これぞ帰省マジック(んなのあるのか)

イメージ 11


それとこれこれ!
こちらも毎度購入確定の鶏もも肉の照り焼き。
優しい味付が気に入ってます。
これは「鳥清」さんで。唐揚げも美味しいよ〜(夫のお土産用に買って画像なし)

イメージ 8

錦市場隣の大丸さんでもお買い物。

子供の頃から大好きな「茨木屋」の鯛そうめん。
夏の風物詩ですわ〜

イメージ 9

もちろんお徳用の天ぷら詰め合わせも
ここのさつま揚げはムッチムチでアハーンなのよ❤

イメージ 10

ちなみに、もちろん一日で食べたわけではありませんw
足の早いものから順番でいただきました〜

イメージ 12

上のプチトマトも京都産。
いやこちらも特価だったのでつい・・・w

ほかにも乾物屋の「田邊屋商店」でお徳用の割れ高野豆腐など買ったり・・・
わすれちゃいかん「はれま」のちりめん山椒も高島屋の地下でゲット!

もうさー、正月以来の帰省なので、テンション上がりすぎちゃってw
あれもこれもと買ってるうちに帰りの荷物が大変なことになってしまい・・・

新横浜に着いた姿はまるで行商のオババだわさ.∵・ゞ(≧ε≦o)プッ


イメージ 13

ふるさとは遠きにありて思うもの・・・
そして美味しく喰らうもの・・・

いい言葉ですね(ないですから)


京都にお越しの際はぜひ錦市場へ♪
店舗紹介サイト→


最後になりましたが・・・

この帰省により私の体重は3kg増えました。


健康診断前に減らしたのに意味なしっ .∵・ゞ(≧ε≦o)プッ

近況報告

気がつくと前回の更新から2ヶ月あまり・・・
 
 
時の流れに身を任せすぎな平成のテレサ・テン
お久しぶりねのたてちゃんです(相変わらず意味不明)
 
 
みなさま、お変わりございませんか?
 
 
私も特筆するような事柄もなくせっせと労働にあけくれておりました。
 
 
まぁ強いてあげるとしたら
 
人生初のアニサキスアレルギーで
軽いアナフィラキシーショックを起こしたことと
 
20年来、歯医者にかかるたびに抜こうといわれていた
親知らずをようやく抜きました
 
 
前者は一瞬「死ぬかも」と思いましたが
(身体中どころか気管まで腫れて呼吸困難に陥った)
皮膚科で注射してもらったらウソみたいに湿疹が引いて
仕事は一日休んだだけで済みました・・・
 
原因はトビウオの刺身(大好物)
 
このブログでも何度も載せていたと思いますが
まさかそんなに危険な食べ物だったとは(違います)
 
身体が疲れている時の青魚は要注意なのだと
人生50年近くになって気づいた今日この頃(遅すぎます)
 
 
そして後者はつい2日前の出来事ゆえ
今なお痛いです・・・
 
 
固形物が食べられんのでひもじい・・・
酒のみたい・・・
 
 
そんな今日この頃です(どんな)
 
 
 
 
 
連休はばぁちゃんの三回忌に出席するために
関西に帰省していました
 
 
イメージ 1
 
 
 
もう2年前になるんですね〜
早いようなずいぶんと時間が経ったような・・・
 
 
 
 
義理実家に二泊したあとは京都に帰りました。
 
 
 
イメージ 2
 
 
鴨川ではもう納涼床が出ていてビックリ (゚ロ゚屮)屮
こんなに早かったっけ〜?
 
 
ちょうど「鴨川をどり」の時期でした↓
 
イメージ 3
 
 
「をどり」というのは京都の花街の年中行事のひとつでありまして
 
4月の「都をどり」は祇園甲部の、
5月の「鴨川をどり」は先斗町(ぽんとちょう)在籍の
舞妓ちゃん芸子はんたちがそれぞれにある歌舞練場で
舞を披露する演芸公演です。
 
 
私も子どものころ、よく祖母に連れて行って貰いました。
 
都をどりの「ヨォイヤサ〜」の掛け声が子ども心に面白く
妙にワクワクしたものです ^^
 
 
 
その祖母の墓参りもしてきました。
 
 
イメージ 4
 
 
お土産は551の豚まんと「茨木屋」の魚そうめん(笑)
 
 
 
疲れたけど
お金もたくさん使ったけど
 
やっぱりふるさとっていいね〜
 
 
 
以上、覚え書かねての久々更新でした(^O^)/
あけましておめでとうございました〜〜〜(^O^)/
 
 
 
って、もう20日正月でんがな!! (゚Д゚)!!!
 
 
帰省したり、友人と飲んだくれたり
義理家族と年越ししたり風邪引いたりしてる間に
2013年が明けて三週間が経ってしまいました(経ち過ぎだっつーの)
 
 
1月は1月で主人の厄除け参りに行ったり
友人に誘われた房総半島はとバスツアーで
 
 
イメージ 1
 
浜焼きの食べ放題しちゃったり
 
 
イメージ 2
 
マザー牧場で馬に癒されたり
 
 
イメージ 3
 
東京ドイツ村(千葉なのに)のイリュミネーションを見学したり
 
 
 
・・・って遊びすぎ?(そうです)
 
 
 
そんなこんなで、風邪治りきらないままですが
めたんこ元気に過ごしております!
 
 
 
 
こんなわたくしですが
どうか今年もまったりゆっくりとお付き合いくだされば
これ以上の幸せはございません(酒飲んでる時を除く←おぃっ)
 
 
 
よき2013年でありますように
 
 
 
新年にかんぱーい(^O^)/ (結局はこれ)
いよいよ衆議院が解散ですね〜
 
 
国会議員の皆さんはすでに心ここにあらずな永田町なのでしょう
 
それでなくても忙(せわ)しない年の瀬だというのに
選挙選挙でさらに騒々しくなるんでしょうなぁ・・・
 
 
 
イメージ 7
 
 
さて、おでかけ記事です♪
 
 
某日、京都のNさんご夫婦から東京に遊びに来ていると連絡がありました。
場所は浅草。
 
お昼を一緒に食べようよ〜と誘われたのでいそいそと参上いたしました。
 
 
 
イメージ 9
 
 
お店は駒方どぜうさん!
 
 
なんでも徳川11代将軍家斉公の時代に創業したという
どぜう料理ではとても有名な料理屋さんだそうです。てか・・・
 
 
 
どぜうって・・・どじょうのことよね?
どじょう・・・食べるんですよね?
 
 
 
と何度も確かめた私(失礼です)笑
 
 
で・・・
 
 
イメージ 2
 
 
こちらは名物の「どぜう鍋」
どじょうが丸ごとこんにちは♪^^
 
いやー
覚悟はしておりましたが、見た目はかなりアレですね〜
 
 
が、さすがは200余年の歴史を誇るお店・・・
囲炉裏箱も火鉢も年季入ってまっせ〜〜
 
 
イメージ 3
 
 
おネギをたっぷり乗っけていただきます!
 
どぜう初体験のわたくし・・・
恐る恐る箸を運んでみました(こら)
 
 
 
イメージ 4
 
 
(゚ロ゚屮)屮
 
 
 
まーーーーったくくさみがない!!!
てゆーか・・・
 
 
 
ん、ん、ん、んまい〜〜〜!!!!!
 
 
 
どじょうにたいする認識がコペルニクス的転回よぅ〜〜★
 
 
イメージ 5
 
お昼の定食にはどぜう鍋のほか田楽とどぜう汁、香の物もついています。
Nさんの奥様は万が一の保険のため(笑)くじら鍋になさいました・・・
 
 
が、くじらよりも私は断然どぜうが気に入った❤❤
 
ここ、またぜひ来たいです!
で、夜に熱燗で一杯やりたい〜〜
(一階の板の間であぐらをかきながら常連っぽいおじ様たちが
真昼間から盃を傾けておられました。なんともいえぬ粋を感じたわ〜)
 
 
駒方どぜう 浅草本店
東京都台東区駒形1-7-12
TEL 03−3842−4001
 
 
 
お腹いっぱいになったあとは浅草寺界隈をぶらぶら・・・
どこからでもスカイツリーが見えますな ^^
 
 
イメージ 6
 
 
せっかくだから近くまで行ってみようと東武電車に乗って行ってみました♪
 
 
イメージ 8
 
 
平日だったのですがさすがは人気スポット、結構人が多かったです。
 
 
イメージ 1
 
 
お茶して、そらまちの中でお買物をして一日遊び倒しました♪
 
Nさんご夫婦とは12年間一緒にお仕事をした仲でして
家族や友人関係含めてのお付き合いを今でもさせていただいております。
 
 
次は年末に京都で会いましょうね〜と約束して別れました^^
 
 
たくさんご馳走さまでした
 
 
 
◆追記◆
 
 
この翌日・・・更なる驚きが私を襲いました。
 
 
なんと!!!
まさかのお肌プルプルのピカピカ
恐るべし!どぜうのコラーゲンパワー!!!(いやもうまじで)

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事