ここから本文です
立科白樺高原YH通信
立科白樺高原YHの最新情報をお送りします。
20年振りの再会でした。
私達夫婦がたてしなYHに赴任したのが22年前ですが、その頃アルバイトに来てくれた、当時高校を卒業したばかりの男の子。
 突然でしたが、家族を連れて宿泊しにきてくれました。
この子の事は特に記憶に残っており、いつか会えないかと、アルバムを見るたび思い出していました。お子さんは二人、上の子は10歳。久しぶりに当時の話で盛り上がりました。  訪ねて来てくれてありがとう。
 住み込みのアルバイトは20年経っても忘れられない経験なのですね。

20年前のアルバムから1枚

イメージ 1

この記事に

休日はたてしなじかん

たてしなは気温20度、カッコウが朝から鳴いています。鳥のさえずり・・春ゼミの声を聞いていると、庭のベンチに座ってしまいます。
 つい珈琲を片手に・・・やばい  あっという間に20分・・・

6月のたてしな  正しい時間の使い方かも

イメージ 1

グミが実をつけました。
イメージ 2

この記事に

第2回馬と自然の学校

第2回馬と自然の学校が昨日から開催されました。
今回は1家族だけのご参加でした。
度重なる不祥事?の日程変更でご予定が立たなかった?あるいは6月は梅雨時を警戒?運動会など学校行事が多いせいでしょうか?

ともかく、天気予報では今日の日曜の天気が悪いため、昨日待ち時間も少ないため、
馬の学校終了後、女神湖に移動しカヌーまでやってしまいました。
それでも時間があるので、長門牧場でのんびりとしました。


イメージ 1
馬場のなかは暑かったですが、森の中は涼しく気持ちが良かったです。
カヌーの写真はごめんなさい、本人も楽しみ過ぎて、撮り忘れました。

今日は小雨ですので、すくすくハイキングのつもりで簡単なハイキングに行こうかと考えています。

次の第3回馬と自然の学校は現在3家族の方の申し込みがあります。
第2回のすくすくハイキングは6家族の申し込みがあります。
こちらはそろそろ目いっぱいかと・・。

閑話休題
昨日はお客様にツィッターの使い方を教わりました。
まだ十分に理解していません。もう少し皆さんお待ちください。





この記事に

山登りに最高の季節ですね。山のぼりが得意でない人もお花を見つけながら楽しんで登れます。立科ユースでは山登りやハイキングの方にそぼろ弁当をはじめました。夜のうちに言っていただければ、朝、炊いたごはんを詰めてそぼろ弁当300円をご用意致します。蓼科山もお花の季節を迎えました。
週末に是非お越しください。

イメージ 1

この記事に

初夏の高原

爽やかな気持ちのよい朝です。
カッコウやウグイスが鳴き、春ゼミが鳴いています。

こんなにいい季節なのに、お客様は我々をこの最高の季節をゆっくり楽しませようと気を使いすぎるくらい使っていただき、来ない!!と、近隣の宿泊施設の皆で言っております。

半日ハンモックで寝ていたいくらいですが、明日はビーナスマラソンですので
今日のお客様は25名くらいいらっしゃいます。

イメージ 1
緑がだいぶ濃くなり、蓼科山の雪も消えました。屋根の上から撮りました。

イメージ 2
これがエゾハルゼミです。白樺高原では、寒いので夏はセミはほとんど鳴きません。
うだる様な暑さの中のセミの声はちょっとつらいですが、今の爽やかな空気の中で鳴く春ゼミの声はいいものです。晴れていないと鳴きません。

※茄子さん、今度来られた時に、晴れていれば、夜のユース外観と蓼科山と満天の星
 を1枚に入れて 撮って頂きたいのですが。またお待ちしております。



この記事に

梅雨とは思えないほど毎日いいお天気です。雨が降ってくれないと花植えしても水くれが大変です。
たてしなはお花がいっぱい。マーガレットが咲くと辺り一面お花って感じになります。ルピナスも咲きますので華やかですよね。
毎日晴れていますので、お散歩したくなります。

標高1500M辺りがレンゲツツジの見頃でしょうか?レンゲツツジと言ったら車山ですが、こちらは2000Mありますので、あと1・2週間先でしょうね。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

この記事に

立科白樺高原ユースホステルの入り口を工事していただきました。
去年、道路の補修工事をした際にユースの入り口が思わぬ方向に斜めになってしまいました。たてしなユースに何度も来ていただいてる方は気付いていたかもしれませんが、たんぽぽから流れてくる雨水はうまくユースに流れ込むようになってしまいました。
道路脇にある側溝にはなぜだか流れず・・不思議なことにYHの駐車場に・・
スキーに来るお客さんからYHの入り口で止まれず、行きすぎてしまう。なんて声もありました。入り口の水たまりが凍ってしまっていたのでしょう。
 今回はYHの手前で雨水は側溝に流れ込むようになったはずです。YHの駐車場も水浸しにならずに快適になります。

イメージ 1
クリンソウの季節です。レンゲツツジも見ごろです。
イメージ 2

この記事に

女神湖の水は春の田植えの季節になると田んぼの水が必要になりますので、標高差800メートル、距離20キロを越えて田んぼに運ばれます。
 もともと白樺高原は湧水が豊富で水を溜めておき、温めてから田畑に使おうと女神湖が作られました。現在の女神湖の様子です。
稲は水が必要ですからね・・・
春の風景かもしれません。立ち枯れの木も丸見えです。
梅雨に入りましたが、女神湖も雨が欲しいですね。

イメージ 1

イメージ 2

この記事に

 気持ちいい陽射しの中、白樺高原のすずらん祭りがおこなわれました。
御泉水太鼓をこども達が叩いてくれて、無料で振る舞われる 山菜の天ぷら、おはぎ、お神酒など楽しいお祭りでした。

イメージ 1

この記事に

今週末は第1回たてしなトレッキングです。
天気予報も良く、昨日のブログにUPしましたように、春の花盛りです。
目に鮮やかな新緑と吹きわたる爽やかな風、広い空、さくら咲く山々をめぐりましょう。
しゃくなげ、はくさんいちげ、ひめいちげ、オオカメノキ、イワカガミ、ショウジョウバカマ。満開の花々を見ながらの楽しい登山です。
日ごろの疲れた心に広い空を入れて、大きく心を広げましょう。
(まるで宗教法人の勧誘のようでしょう。転身を考えています・・)

お誘い合わせのうえ是非お越しください。

西篭ノ登山(にしかごのとやま)
浅間連峰の山々を巡ります。車坂峠から水の塔山(みずのとうやま)、 東籠ノ登山(ひがしかごのとやま)を経て行きます。 コマクサの開花時期(予定)。登り始めから眺望が良く気持ちの良い山です。
標準コースタイム:往復3時間15分 籠ノ登山標高2,227m 標高差 254m


イメージ 1
高峰山から見た黒斑山方面です。


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事