ここから本文です
立科白樺高原YH通信
立科白樺高原YHの最新情報をお送りします。

書庫全体表示

記事検索
検索

全160ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 秋の信州は紅葉が始まりました。桜やナナカマドが赤くなり始めています。
ユースでも信州のりんごを楽しんで頂こうと、夕食にりんごゼーリーをご用意いたしました。朝食には手作りりんごジャムをご用意しております。
 日程は10/13(土)10/27(土)です。美味しいりんごを買えるお店もご紹介致します。秋の信州を楽しみにいらしてください。
#りんご #信州 #紅葉

イメージ 1

この記事に

秋の空室情報3

秋の空室情報2をお知らせします。10月の連休は満員となってしまいました。
9月最後の連休のご予約もお早めに。

白樺高原の秋のよさは、秋に出やすくなる雲海と澄んだ空気の中でいよいよ鮮やかになる満天の星空、鹿は繁殖期を向え雄鹿には角が生え、夜空に鹿の鳴き声が響きます。
紅葉は9月中旬くらいから山の上から始まり、徐々に里に下っていきます。
白樺高原の紅葉は11月中旬のカラマツの黄葉で終わります。

9/22日(土)2室と男・女別ドミトリー各1室
9/23日(日)空室あります。 ※2名様1室のご利用も大丈夫です。
9/29日(土)空室あります。 ※2名様1室のご利用も大丈夫です。
10/13日(土)空室あります。 ※2名様1室のご利用も大丈夫です。
10/20日(土)満員の為調整中
10/27日(土)空室あります。 ※2名様1室のご利用も大丈夫です。
以上

イメージ 2


イメージ 1

皆様のお越しをスタッフ一同楽しみにお待ちしております。

この記事に

一昨日の連休の中日、東京から来られたひとり親家庭の子ども達の立科白樺高原自然体験ツアーが開催されました。

女神湖でのカヌー、ボート体験、YHの森の手作りアスレチック体験、夕食は野外炊飯、夜は鹿見と星空のネイチャナイトウォチング、2日目は御弁当を持って、八子ヶ峰ハイキング。目一杯のプログラムです。


夜はちゃんと寝た?
1泊2日、存分に自然の中で遊べたでしょうか?

いい思い出を一杯持って帰られたらと思っています。








この記事に

一昨日晩は雨でしたが、星は見えなくても、鹿を見たいということで、出発しました。

マイクロバスまで歩いて行く途中で、鹿数頭が目の前に。
その後はなかなか見つからず、目的地でまた数頭走るのが見えましたが、ちょっと逃げるのが早く、小さなお子さんには見えにくかったよう。ただ、雨が強くなり
マイクロバスから降りての鹿探しはなしでYHに戻ることに。

でもせっかく楽しみに来られたので、少しでも可能性があればと、YH裏の蓼科園地へ。
芝生のど真ん中に、角の生えた雄鹿がどっかりと座っていました。
これは全員見られました。良かった。

星空の変わりになったでしょうか?

明日はいい天気になりますように。


イメージ 1
これはYHの森に来た別の写真です。



この記事に

旅を贈ろうプロジェクトの詳しいご案内です。

国際ユースホステル連盟(Hostelling International)は9月21日から27日の期間、世界中のユースホステルで「より良い未来を作るために、私たちに何が出来るか」を考えるイベント"SLEEP FOR PEACE"を開催します。

一般財団法人日本ユースホステル協会では、「SLEEP FOR PEACE」の国内事業として、国内32ヶ所のユースホステルをご利用いただいた方お一人ご一泊につき250円を、様々な理由で旅に出る機会に恵まれない子ども達の無料招待プログラムに寄付するチャリティーイベントを実施します。(ご宿泊料の中から寄付金をお預かりいたします。追加料金等は発生いたしません。)

9月21日にはキックオフイベント「-UNHCR難民映画祭法人パートナーズ- SLEEP FOR PEACE MOVIE NIGHT」を東京セントラルユースホステルで実施。UNHCR難民映画祭2018上映作品の「ソフラ 〜夢をキッチンカーにのせて〜」の鑑賞会に40名様を無料でご招待いたします。

キックオフイベントや参加YHや対象助成事業など、
詳細につきましては下記をご覧の上、是非この事業にご参加下さい。

たくさんの皆様のお越しを楽しみにお待ちしております。


イメージ 1
ご宿泊いただいた方に御渡しするポストカードです。

立科YHの対象助成事業は昨年と同様、「障がいを持った子供のためのすくすくスキースクール」を予定しています。日程・内容など決まり次第、UP致します。


この記事に

全160ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事