里山里海だより

定年後、3ヵ所を転々としています。

朝焼け、夕焼け、日の出、太陽光

すべて表示

夕陽に赤みを増す赤岳

イメージ 1

イメージ 2

 赤岳は八ヶ岳連峰の最高峰で標高2899mある。
 山の名前「赤岳」は茶褐色の山肌から名付けられたもの。
 この山肌の茶褐色が、夕方、西からの太陽光に照らされると、赤みが増して、まさに「赤岳」である。
 写真左手が赤岳、右手が阿弥陀岳(2805m)で、6月16日19:05に撮った。2枚目はその15分前の様子。

その他の最新記事

すべて表示

駒ヶ岳は日本に20座ある

2017/7/22(土) 午前 10:46

 わが国には駒ケ岳という名称の山は、およそ20座ある。  その中で最も高い山は甲斐駒ヶ岳(2967m)、2番目は木曽駒ケ岳(2956m)である。  この駒ケ岳の「駒」の字は「馬」または「仔馬」(コマとコウマは似ている)を意味しており、馬に似た山や残雪の形が馬のように見える山を、地元では駒ケ岳と呼んだところから、日本に20座もの駒ケ岳が生まれた。 ...すべて表示すべて表示

 諏訪湖の近くにはアジサイの見どころが2か所あり、一つは小坂観音院、もう一つは舟渡山アジサイ園である。  このアジサイ園は、諏訪湖と中央道諏訪サービスエリアの間の斜面一帯に、広がっている。  諏訪湖畔北沢ガラス館から中央道方面に進み、ガソリンスタンドを過ぎて突き当りを左折すると、このアジサイ園入口がある。  青いアジサイが咲いている斜面を上って行 ...すべて表示すべて表示

7月中旬の高山植物

2017/7/20(木) 午後 8:15

 お気に入りコースの八子ヶ峰に歩きに行った。  途中、両足の靴裏ゴムが剝がれるというハプニングが起きて、靴ひもの一部を外し靴裏に巻いて、急場をしのいだ。登山の必需品として、予備の靴紐を持参することを肝に銘じた。  ハプニングはあったものの、7月中旬の高山植物撮りと言う今回の登山目的は、何とか達成した。ウツボ草、ナデシコ、ニッコウキスゲ、 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事