千葉県立館山総合高校 海洋科

海洋科でのさまざまな実習を紹介します!
 昨年、館山湾内に沖出ししたワカメ(ヒロメ)を収穫する実習を行いました。実習船に乗船して養殖延縄まで行くと、ワカメはとてもよく成長していました。体力的に少々大変な実習ですが、収穫の喜びを感じることができる実習でした。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
イメージ 4
 これがヒロメです。南房総では「大葉ワカメ」とも呼ばれ、普通のワカメのように葉が切れ込んでいないのが特徴です。



この記事に

開く コメント(0)

 栽培環境コースの2年生が、先日の軟骨魚類の解剖に続き、ナマズの解剖と試食を行いました。このナマズは、栽培漁業実習場で水産生物部の生徒が種苗生産したものです。ナマズは硬骨魚の中でも特徴的な体をしてますし、食用としても注目されています。少し前に近畿大学がナマズをウナギに近い味に仕上げたものが話題となりましたし、世界中でフィッシュフライとして食べられています。普通のスーパーの鮮魚コーナーでも、パンガシウスなどの輸入ナマズを見かけるようになりました。くせのない白身で、おいしい魚です。
 実習はいつものとおり、資料とパワーポイントでナマズの学習をしてから実際に解剖し、最後は料理しました。音やにおいに敏感で、磁場を感じるなど私たちから見るとちょっとした「超能力魚」ですが、料理されるととてもおいしい魚でした。

イメージ 1
 ヒゲや感覚器を確認した後、内部形態を確認していきます。

イメージ 2
 さばくときは、ウナギと同じように目打ちをしておろしました。

イメージ 3
 ナマズのフライです。上品な白身です。今回は皮つきで揚げましたが、皮もおいしかったです。

イメージ 4
 しょうゆベースの鍋風です。

イメージ 5
 今回のセットです。

イメージ 6
 4時間目の終わりということもあり、とってもおいしくいただきました。

イメージ 7
 先日の釣り実習で釣った魚も、一緒に料理していただきました。さかなごとの味の違いを楽しめたかな?


この記事に

開く コメント(0)

 海洋科1年生の中で、栽培環境コースを選択した生徒が投網による生物採集の練習をしました。2年生以降で投網をやることはあまりないのですが、入門実習の一つとして取り組みます。最初に投網の構造や法令関係(投網は都道府県の漁業調整規則などで制限がある)などの説明を受けます。そして、実習場で打つ(投げる)練習をした後、水産校舎の前の浜で実際に打ちました。小さい投網でしたが、たくさん練習してようやくきれいに広げることができるものなので、なかなか難しかったようです。でも、投網で魚を捕まえるのはとても楽しいので、今回体験した生徒の中で、趣味にしてくれる生徒がいればいいなと思います。

イメージ 1
 栽培実習場の中での練習です。回数を追うごとに徐々に上手になりますが、網を広げる動作が気になって逆にだんだん広がらなくなる生徒もいます。

イメージ 2
 この生徒は魚の飼育の勉強がしたくて、かなり遠くから通学しています。網の広がりはどうだったでしょうか・・・。

イメージ 3
 もっとも上手だった生徒です。しかしながら海に来て少し力が入るようになり、「俺はさっきの方が上手かった〜」と嘆いておりました。


この記事に

開く コメント(0)

 新年も明け、実習も再開されています。126日は栽培環境コースの2年生が、解剖実験を行いました。東安房漁協の定置網に入ったサメやエイを実験用に分けていただき、一人1尾ずつで行いました。ホシザメは50〜60cmでしたが、ドチザメは1mほどあり、セメントを練るフネの中で解剖しました。硬骨魚類との違いについて解説を聞きながら「解体」していきましたが、詳細の画像は控えます。サメの特徴的な鱗を観察したり、卵黄持ちの子が出てきたりと、サバの解剖とはかなり違っていました。解剖を終えた後には、サメとエイを試食しました。それぞれの煮つけと、フカヒレと軟骨のフライを作りました。食べなれた魚とは少し違う食感・味でしたが、なかなか美味しいもので完食でした。
イメージ 1
大きいのでわかりやすいですが、大変です。

イメージ 2
ホシザメの胃の内容物です。カニが大好物のようです。

イメージ 3
エイとサメを煮つけています。エイはコラーゲンがすごいです。

イメージ 4
生徒・職員で試食しました。

この記事に

開く コメント(0)

  栽培環境コースの1年生と2年生が、釣り実習に行ってきました。1年生は仕掛けを自作しました。海上は釣り日和とはいかず、冷たい風が強く吹いていました。まき餌を使わないで釣りをしましたが、アマダイやカイワリも釣れて生徒は楽しんでいました。
イメージ 1
荒れた天候の中、頑張ってアカアマダイを釣りました。
イメージ 2
船釣り初挑戦となった1年生の女子生徒も、記念すべき1尾目を釣り上げました。
イメージ 3
釣り修行中の職員にも魚信が・・・。
イメージ 4
かなり大きいアカアマダイとカイワリです。
イメージ 5
 2年生は他にもアカアマダイを仕留めた生徒がいました。

この記事に

開く コメント(0)

  栽培環境コースの2年生が、ヒロメの種糸を湾内に設置したはえ縄に挟み込む実習を行いました。今年は(今年も!?)海水温の低下が遅く、幼芽の成長が遅かったためにこの日となりました。はえ縄のロープにすき間をあけて、画像のような芽がたくさんついたヒモ(種糸)をはさんで巻き付けていきます。揺れる船上で、しかも握力をつかう作業でしたが、全員頑張りました。収穫は来年の2月の予定ですが、温かい黒潮の分流が入ったりすると全部溶けて(=枯れて)しまうこともありますし、ウミウシに食い散らかされてしまう可能性もあります。無事に成長することを祈るばかりです(もちろん管理はしますが・・・)。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3

この記事に

開く コメント(0)

 この日、栽培環境コースの2年生はワカメのはえ縄設置作業を行いましたが、例年と違ってワカメの種糸をはえ縄のロープに挟み込む作業がありませんでした。よって、短い時間でしたが、魚釣りを行いました。まき餌は使用せず、オキアミで釣りました。タマガシラや小さなマダイが釣れましたが、ルアーで頑張っていた2名はそれぞれ良い型の魚をかけました。一人は相当引いていましたが、バレて(針から外れて)しまいました。引きの強さからかなり大きかったので、姿が見れなかったのは残念でした。

イメージ 1
 メタルジグで上がってきたのは、シリヤケイカでした。水深70mのところだったので、海から抜きあげた姿を見たときは驚きました。そして、イカスミ攻撃で生徒が一人被害を受けました。

イメージ 2
 「タマガシラ」の一荷。この後、だんだんサイズアップしました。
イメージ 3
ダブルヒットです。

イメージ 4
 イズカサゴ(通称オニカサゴ)

この記事に

開く コメント(0)

 今年も栽培環境コースでは、ワカメの養殖実習を行います。海藻養殖は食料としての利用だけでなく、温暖化を抑制する二酸化炭素の吸収という点でも注目されています。その意味ではコンブも養殖したいのですが、成長させた後の加工処理が間に合わず、最近はワカメだけを養殖しています。温暖化のせいか、年々冬に向けての水温低下が遅くなっていて、今年はこの時期になってもワカメの芽(冬に向けて成長する)が非常に小さい状態です。よって、例年のように養殖はえ縄の設置とワカメの芽をそこに付ける作業が同時にできず、この日ははえ縄の設置だけ行いました。ワカメの芽が適切な大きさに成長するのは、冬休みに入る頃のようです。栽培環境コースの2年生は、冬休みに1日集合して芽をつける予定です。

イメージ 1
 自分たちで作った大きめの土のうの投下準備をしています。左右均等にぶら下げ、設置場所で投下します。

イメージ 2
 投下するときは、両舷にぶら下げた土のうを仮支えしているロープを切ります。ギザ包丁で切ると、すごい勢いで沈んでいきます。
イメージ 3
 設置しました。夜間に船から確認できるように、両端の土のう上には夜間点滅灯をつけます。築港堤防の沖に白い点滅灯が見えたら、それがワカメ養殖のはえ縄です。


この記事に

開く コメント(0)

魚の姿づくり実習

 今年も旧安房水産高校同窓会「うしお会」の協力により,海洋科3年生が魚の姿づくりに挑戦しました。株式会社東光から鈴木店長にきていただき,魚の捌き方や盛りつけ方を習いました。今日のメニューは,「アジの刺身」と「イナダの舟盛り」です。生徒は,まず鈴木店長のまわりに集まり,包丁の入れ方から切り方,おろし方を実際に見せてもらいます。鈴木さんは,生徒達によく見えるようにまな板から魚を持ち上げた状態で,説明しながらきれいに捌いてしまいます。説明を受けた生徒は自分たちの机に戻り,実際に捌いていきます。みるとやるとでは大違いですが,わかりやすい説明でみんな上手にできたようです。完成したら,うしお会の先輩方が作ってくれたあら汁などと合わせていただきました。
 うしお会の皆様,株式会社東光の鈴木さん,ありがとうございました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
 5班は食品コース主体のメンバーで,完成1番乗りでした。

この記事に

開く コメント(0)

 今年は環境の学習として,環境省の出前講座と海ごみのボランティア調査に申し込みました。海ごみのボランティア調査は,館山湾の沖ノ島に漂着した海ごみを規定に従って全量調査する予定でしたが,先月の台風で海岸域は非常に大きな被害を受けており,年明けに延期となりました。出前講座は全国で5校という案内でしたが,受けることができました。放送大学から磯部先生に来校していただき,漂着ゴミについて講義をいただきました。レジンペレットやらマイクロプラスチックやらと,海の環境問題では話題のテーマにについてさまざまなデータを示しながらお話しいただき,生徒のみならず私たち教員も勉強になりました。磯部先生,内外地図出版の上野さん,ありがとうございました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3






この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事