今年も恒例のプリキュア食玩フィギュアの季節がやって参りました。

平成最後のキューティーフィギュアですね。


イメージ 1



今年もまた、前年から仕様変更されてリリースされた、スタートゥインクルプリキュア キューティーフィギュアを主観塗れにレビューしてみたいと思います。


まずは主人公、キュアスター。


イメージ 2



スタイルは、例年のキューティーフィギュアほど寸詰まり感を感じさせません。

去年から導入されたプラ成型の脚部により、片足立ちの元気いっぱいなポーズも、支柱なしに安定して保持しています。

よくよく見ると、ベースから伸びたピンの長さが去年のものより長くなっており、かなりしっかり脚に刺さり、安定した展示に一役かっています。


また、今年のキューティーフィギュア、まず真っ先に目を奪われたのは、そのキャラクター再現度の高いお顔の造形ですね。


イメージ 3



顔面パーツの造形が素晴らしく、精度の上がったアイプリとのマッチングも完璧と言って差し支えないほどよく出来ています。

どの角度から見ても不自然さを感じさせることなく、非常に上手く纏まっています。

すごい。

頭の土星状のアクセサリーはクリア成型。


サイズや安全面からくる成型上の制約のためか、少々前髪パーツがやぼったく見える以外、かなりよく出来ていると思います。

この前髪パーツの問題は、対象年齢や価格帯を考えれば致し方ないと思われ、それを差し引いても、今年のキューティーフィギュアの造形は抜きん出たクオリティーであると感じます。


イメージ 4



ところが、今年からついに塗装の省略という、仕様の下方修正が(泣)

いつかは来るだろうとは思っていましたが、個人的に造形レベルが近年最高の出来に感じられる今作での導入に、ままならぬものを感じます…

ほぼ塗装の省略が無いという、これまでのキューティーフィギュアの仕様が、やはり破格だった、という事なのでしょうね。


各部アクセサリーに背面のリボン結び目のアクセサリー、ブーツとソックスにある星形のワンポイントの塗装が省略されています。

惜しい。


気を取り直して、キュアミルキー。


イメージ 5



プリキュア初の宇宙人プリキュア。

大人し目のポージングながら、今作の4体中、1番動きを感じます。


肩のパフスリーブとスカートにクリアパーツが使用されています。


私の固体は、胸の黄色いラインが激しく剥がれてます。

ぬうぅ。


イメージ 6



お顔は、キュアスター同様大変よく出来ています。

頭から伸びる触手(?)は、さすがに太めに成型されていますが、個人的にはそれほど違和感を感じません。

今年は、去年導入されていたチーク塗装は無し。

良いアクセントだっただけに残念です。


イメージ 7



やはり背面に塗装の省略が目立ちます。

ブラシ塗装が健在であったなら、ソックスのグラデーションも再現されていたのかな?

が、造形的にはかなりの高水準。


ちょっと無重力っぽい、浮き上がる様な動きのあるポージングが良い感じです。

過重が右脚に集中していながらも、去年より導入されたプラ成型の脚部、及び、より差込が深くなるように延長されたベース側のピンの面目躍如ですね。

カッコいい!


続きましては、三人目のプリキュア、キュアソレイユ。


イメージ 8



特徴的な褐色の肌は塗装で再現されています。

こちらも片足立ちでのポージングになってます。

と、言うか今回は4体全て片足立ちですが。(次回の変身前ver.も全て片足立ち)

みんながみんな、片足立ちでなくても良いのでは?…とも思いますが、単品での見栄えを考慮すると、正解な気もします。


イメージ 9



精度の高いアイプリに、キャラを特徴着ける泣き黒子もキレイに再現されています。

ビスチェ風の丈の長い前開きスカートと、衣装のシルエットはキュアパッションみたいでカッコいい!

デザイン的に、4体の中で1番好きなプリキュアです。


こちらはスカート最上段にクリアパーツが配置されています。


イメージ 10



後姿の大部分を占める、大ボリュームの髪パーツのうねりも見事に再現されています。

ただ、去年のようなブラシ塗装によるシャドウのアクセントが無い分、少々のっぺりした印象を受けます。

惜しい…


髪パーツで隠れて目立ちませんが、やはり背面に塗装の省略アリ。

また、ブーツ部分も単色なので、後姿の地味っぷりは4体中随一。


そしてトリを飾るのは、四人目のプリキュア、キュアセレーネ。


イメージ 11



拡がりのある髪と衣装のお陰で見栄えは上々ですね。

やはり先の3体同様、各所に塗装の省略が見られますが、スカート最下段に配置されたクリアパーツが目を引き、意外と華やかな印象です。


イメージ 12



お顔もキレイに再現されており、ボリュームのある衣装と相まって、単体のフィギュアとしても見栄えがするほど、非常に上手く纏まっています。

揉み上げが少々太く感じますが、違和感を覚えるほどではありません。


イメージ 13



後髪もシャープに造形されており、カッチリとした仕上りになっています。


スカート最下段のクリアパーツ部分のグラデーション、スカート裾の星形の飾り等に塗装の省略が見られます。

4体目ともなると、さすがに慣れてきますね…



今年のキューティーフィギュアは、個人的には造形面でレベルアップ、しかしコストカットの影響で塗装面でレベルダウンといった感想です。


この御時世仕方のない事とはいえ、ほぼ塗装の省略のない商品仕様に毎年感動していた身としては、やはり寂しさを感じてしまいますね。

まぁ、そこは手を入れる楽しみの幅が増えたと好意的に解釈して愉しむが吉!…と、割り切っていく事にします。




以上、スタートゥインクルプリキュア キューティーフィギュアのレビューでした!




おしまい!

開く コメント(1)

続きまして、キューティーフィギュア3です。


イメージ 1



番組中盤のテコ入れ追加メンバーの、満を持してのリリースです。

キャラは二人のみですが、変身前後の姿を一度に手に出切るユーザーフレンドリーな販売形態がナイス!

これで変身前後が一気にコンプリートです。


イメージ 2



まずは変身後。


イメージ 3



さらに変身前。


写真が暗くなって残念ですが、やはりコンプリートは気分良いですね。


以下、個別に。


イメージ 4



四人目のプリキュア、キュアマシェリ。

イメージカラーは赤との事で、プリキュアの主人公枠のピンクではありませんが、パッと見主人公としても通りそうなほど華やかなデザイン。


イメージ 5



イメージ 6



バックビューなど、ほぼピンクに見えますね。

立体的な髪のうねりが見事。


イメージ 7



派手で情報量の多いデザインから、立体映えはしますが、サンプルに比べ顎が出たような感じになっていて残念。

個体差ならまだいいんですが。


イメージ 8



五人目のプリキュア、キュアアムール。

プリキュア初のロボ超人。


イメージ 9



イメージ 10



本編中、キュアマシェリと紆余曲折を経て奇跡の同時変身を迎えた経緯もあってか、デザインに共通点が多くなっています。

なびく髪の造形が非常に美しく仕上がっており、身長差もありマシェリとはまた違った雰囲気です。


イメージ 11



非常に情報量の多いデザインに因り、見映えがするのはマシェリと同じですね。


イメージ 12




キュアマシェリこと愛崎えみる。

対象年齢の問題から、パーツ端部が丸まっている以外非常に良い出来です。


イメージ 13



イメージ 14



しなやかなポージング、全身のバランス、造形とかなりの高水準で仕上がっています。


イメージ 15




お顔も可愛らしくよく出来ています。

個人的に、今年のキューティーフィギュアのベストアイテム。


イメージ 16



キュアアムールことルールー・アムール。

前述の通り、プリキュア初のロボ超人。

こちらもえみる同様素晴らしい出来です。

衣装も変身後同様えみるとの共通点が多く、他の三人の制服と違い、ステージ衣装のようで、このままでもプリキュアで通りそうなほど華やかです。


イメージ 17



イメージ 18



えみる同様のしなやかなポージング、なびくツインテールのシルエットの美しさ、全身のバランスから造形に至るまでこちらもかなりの高水準で纏まった逸品。

手にした音撃武器も抜かりなし。


イメージ 19




えみると甲乙付け難いですが、口許の造形でえみるに軍配。本当に僅差ですが。


総括すると、今回のキューティーフィギュア3に関しては、変身前後でハッキリと差がついた印象です。

変身後はボリュームがあり、そのままでも見映えがしますが、造形的にはやはり変身前が大変素晴らしく、ここ数年の進化した食玩フィギュアの中においても抜きん出たクオリティーかと思います。

まぁ、あくまでも私の主観まみれですが。



以上、hugっと!プリキュア キューティーフィギュア3でした!




おしまい〜

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

現在放映中の『hugっと!プリキュア』の食玩フィギュア、キューティーフィギュアの第二弾の時期外れレビューです。



キューティーフィギュア第二弾は、先にリリースされた、キュアエール・キュアアンジュ・キュアエトワールの変身前の姿。

食玩フィギュアとしては貴重な変身前のフィギュアですね。


イメージ 1



まずは主人公、キュアエールこと野々はな。

制服姿での立体化。


イメージ 7



変身後のキュアエールに比べると、さすがにこぢんまりした印象ですが、なかなか良い出来です。

背中に背負った鞄のベルトに親指をかけた、意外と凝った造りが魅力を一段引き上げてます。


イメージ 8



特徴的な前髪も、キュアエールに比べ違和感も少なく好印象。

ポージングと相俟って可愛らしく纏まっています。


イメージ 9



キュアアンジュこと薬師寺さあや。

こちらも制服姿での立体化です。


イメージ 10




キューティーフィギュア第一弾のキュアアンジュほどのインパクトは感じませんが、特徴をよく捉え、非常にキレイに纏まっています。

胸の校章もプリントにてシャープに再現。

ベストの襟首にもラインが入り、カッチリとした作りの良さが素晴らしい。


イメージ 2



キュアエトワールこと輝木ほまれ。

先の二人と同じ制服姿での立体化ながら、短いスカートにゆったりとしたパーカーを羽織ってオサレです。

三体とも、制服のスカートにラインが入りますが、しっかりマスクされ実にシャープな仕上り。

こういった仕上げの丁寧さが商品の価値を高めてますね。素晴らしい。


イメージ 3



おまけのはぐたん&ハリー。

一言でおまけと片付けてしまうには惜しいほど出来が素晴らしく、スケールもばっちり合っていて非常にナイス!

はぐたんラブリー。

ですが、スケール合わせただけにハリーが小さすぎて紛失必至。


イメージ 11



と、言うか、対象年齢三歳にこのサイズはかなりの冒険ではないでしょうか?

無茶しやがって。


イメージ 4



そして最後はキュアエールのリデコver.

相変わらず前髪もっさりに変化はありませんが、アイプリがキューティーフィギュアの再録の伝統に倣いウインクになっています。


イメージ 5



『殴るわよ☆』


両腕が新規に作り起こされ、凶器を装備してパワーアップ。

しかしこのプリキュア棒、これまたキューティーフィギュアの伝統に倣い抜かりのない塗装が施されかなりの存在感。

しかも、クリア成型らしく先端のクリスタルがしっかりクリアでかっこいい!


イメージ 6



第一弾のキュアエールとの比較。
(第一弾エールは前髪弄ってます)

ただ、残念ながら角度違いながらも右腕を伸ばし左腕を曲げているところが共通な為か、かかっているであろうコストほどには変化を感じませんでした。

ですが物は良いので、リデコはいいやとスルーした方にもこっそりお薦めしておきます。



以上、hugっと!プリキュア・キューティーフィギュア2でした!

次はキューティーフィギュア3!

ひとまずおしまい!

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

海洋堂のリボルミニシリーズから、主人公のキン肉マンです。


イメージ 13




可動には多少クセがありますが、総じてよく動きます。

リボルミニでは、賛否のあったクリック関節が廃止され、狙った関節の角度でポージングが出切る様になりました。


イメージ 14



ハデなポージングの場合、さすがは海洋堂というべきか、外連味の効いたポーズが容易にとれます。





しかし、前述のクセが災いし、素立ちにさせると極端なS字立ちになってしまいイマイチ私のイメージではなかったので、プレーンな立ちポーズに近付けるべく簡単に調節してみました。


胴体を一度、胸部と腹部で引き抜き、それぞれ干渉するであろうポイントをナイフで削ったのみ。


イメージ 1



胸部内部は、リボ球の軸受けの背中側を削り、


イメージ 2



腹部パーツは、背中側上部をえぐるようにカット。



と、ここまで来たら、ポージングした時にイマイチきまらないと感じた表情も併せて改修。


イメージ 3



口もとを、商品状態のドーナツ口からちょっと表情のついた口にしてみました。


イメージ 4



上記はパッケージから商品状態。

キン肉マンらしいと言えばらしいですが、個人的に好みではなかったので直しちゃいました。


イメージ 5



キン肉マンと言えば、劇中『奇跡の逆転ファイター』の異名をとるだけに、こういったダウンから立ち上がるポーズもこの表情の方がしっくりくるかと。


あとは適当に塗装したら完成。


イメージ 6



まだ若干S字っぽさは残ってますが、大分まっすぐになったかな〜



表情が変わったところで、何枚か


イメージ 7



ローキックとか


イメージ 8



ハイキックとか


イメージ 9



浮いてないけど、ソバットっぼいの


イメージ 10



肉のカーテンも、腕から覗く顔がデフォルトよりマッチして個人的にお気に入りです。


イメージ 11



イメージ 12



二世での究極タッグ編では、テリーと共に腕に磁力を帯びた砂鉄を塗りつけ、疑似マグネットパワーを発動、万太郎率いるタッグにクロスボンバーを放ったりしてましたね。


残念ながらラインナップにテリーは不在(涙)

マシンガンズとして列べたかった。


テリーいないし、次は気が向いたらグレートあたり手をだそうかな…?

オプションにキン肉マン用の牛丼ハンドセットも入ってるし。




以上、リボルミニのキン肉マンでした!




おしまい!

開く コメント(0)

改造艦これ 瑞鳳!

プライズフィギュアの瑞鳳改を、小物を自作して玉子焼きver.としてみました。


元のフィギュアはキリッとした表情でしたが、よりリラックスした笑顔に変更。


イメージ 10



口を開いて、眉毛を位置と角度を変えて描き直しました。


併せて首の角度も変更、顔を上げて笑いかけている様なシチュエーションを目指してみました。


イメージ 1



ノーマルなフィギュアと並べてみると判りやすいかと思います。


イメージ 2



首はバラした後、首から胴体まで下穴を開けて、よく温めて柔らかくしてから真鍮線を通し、復旧後に力ずくで角度変更してます。


弓と矢の替わりに、玉子焼き用フライパンと菜箸を装備。


イメージ 11



イメージ 3



弱冠ですが、腕の角度も併せて変更してます。

フライパンはプラ板にて製作。
菜箸はプラ棒。


イメージ 4



イメージ 5



イメージ 6




あとは適当に塗装。


イメージ 7



並べて見ると、ONとOFFといった感じ。


イメージ 8



さらっと仕上げたら完成。


イメージ 9



『玉子焼き、食べりゅ?』

…なシチュエーションに見えますでしょうか?




以上、艦これフィギュア改造の瑞鳳改・玉子焼きver.でした!

空き時間と目の調子がなかなか噛み合わず、大した内容でもないのにエライ時間ばかりかかってしまいましたが、たまにはこういったアプローチでの作業も楽しいものですね〜♪




おしまい!

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事