『たつみ 千津子』 OFFICIAL BLOG

だったらいいな…をひとつひとつカタチにしていきます。

全体表示

[ リスト ]

議員の不正な政務活動費の使用について
取り沙汰される昨今、
まじめに、コツコツ県民のために
働いている議員がいることをお忘れなく。
 
一昨日開催された、
特定秘密保護法に反対する奈良県実行委員会主催の
LOCK行動(午後6時半〜 奈良市はぐくみセンター)で、
梶川虔二県議会議員が9月県議会で
ヘイトスピーチ(憎悪表現)根絶に向け、
一般質問をしたことを報告。
 
イメージ 1
 
県議会、9月定例会最終日の10月6日。
全国に先駆けて
ヘイトスピーチ根絶のための国内法整備推進を
求める意見書を全会一致で可決しました。
 
梶川県議は、
「国連人権差別撤廃委員会が8月29日、
日本政府にヘイトスピーチを行った個人や団体に
法律で規制するよう勧告していること」
 
「欧米では、歴史的事実の否定や差別的表現は処罰の
対象となっており、今回の国連勧告はその対処を
日本政府に求めたもの。
他者を傷つけ、差別、抑圧する
発言は言論の自由とは言えない」
 
と、提案しました。
 
荒井正吾知事も
「特定の方々を悪意をもって誹謗(ひぼう)中傷する
許しがたい人権侵害行為」と批判。
 
県として取り組みをすすめる考えを示しています。
 
奈良は、水平社発祥の地。
水平社運動ゆかりの地から
口火を切る意味は大きい。
 
奈良県の取り組みが全国的に広がるよう
世論を高めましょう。
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事