全体表示

[ リスト ]

 日米戦争は,アメリカがしかけた。アメリカとは,米国民主党ルーズベルト政権上層部のことである。
 http://blogs.yahoo.co.jp/tatsuya11147/48844016.html
 こういう反日的なアメリカに対して,反日的ではない「共和党が代表するアメリカ世論に訴えるやり方もあったのだ」という説もある。
 http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-595.html
 ここでは,日米戦争の導火線になった日中戦争を問題にしたい。
その結論が,表題の
日中戦争をしかけたのは中国(蒋介石と毛沢東・特に前者)だ
である。

イメージ 1
             書評

北村 稔・林 思雲(2008)「日中戦争・戦争を望んだ中国と望まなかった日本」(PHP研究所)の北村による「はじめに」で林の担当した第二章についてこうのべている。
第二章では,日本人にとりはなはだ興味深い事実が明らかにされる。それは,

日中戦争開始前の中国では日本に対する主戦論が圧倒的に優勢で,農民を除く都市のインテリら住民は日本との戦争を熱望し,勝利を確信していたというのである。1930年代に中国の都市部で激化した「抗日運動」とは,日本との即時開戦を求めるものであったことがわかる。
 中国の都市住民は、なぜこれほどまでに「自信」をもっていたのか?蒋介石軍は、1930年代初頭からナチス・ドイツと親密な軍事関係を築きあげていたからだ。ドイツ人軍事顧問団による指導・上海ー南京間の防衛陣地構築・チェコ機関銃や装甲車・武器の輸入などである。見返りにドイツはタングステンなど希少金属の提供を受けた。これらは砲弾や工作機械に欠かせないが、ドイツには産出しなかった。「日本の侵略戦争」と戦った国民政府が「ナチス・ドイツの軍需産業の発展を支え」、これがヒトラーのヨーロッパ侵略の原動力になった事実を、今日の「中国」は隠している。

この理由を考えてみると、
「日本のファシズム」を抗日戦争により打倒したと主張する国民党には、「日本のファシズム」の盟友で「歴史の罪人」となったナチス・ドイツとの親密な関係は、第二次世界大戦後には触れてはいけない過去なのである。
 さらに、日本における日中戦争研究では、「日本の侵略戦争」を批判することが大前提である。中独間の親密な関係に言及すれば、「日本の侵略戦争」説が破綻してしまうのだ。

イメージ 2

 
林思雲氏は第二章の中で,日中戦争を題材にしたNHKの番組〈放送スペシャル〉を批判し,次のようにいう。

NHKの「放送スペシャル」の傲慢 p94
 
2006年の8月13日に放映されたNHKの「放送スペシャル」―日中戦争―なぜ戦争は拡大したのか―は、戦争拡大の原因を日本の主戦派の責任に帰結させている。まるで中国側には、何の関係もなかったかのようである。

 このように、自ら進んで戦争責任を負おうとするのは好意なのかもしれない。しかし中国人から見ると、このように片方だけに戦争責任を求める論法には傲慢さが含まれている。すなわち、日本を日中戦争の主導者とみなし、日本が戦争を拡大しようと思えば拡大でき、拡大させまいと思えば拡大させぬことができたのであり、戦争の方向は日本の意志でコントロールできたというものであるが、自発的に進んで戦おうとした中国人の意志が軽視されている。このような見方は当時の実情に符合しない。実際には当時の日本は、決して戦争の方向をコントロールしていなかった。

中国側において自発的に日本と戦おうとする意志が高まっている状況では、たとえ日本が戦争を拡大したくなくても、中国側は日本と全面戦争を開始したであろう。

事実として、日中間の大規模な戦争が開始された本当の発端は、1937年の8月13日に発生した第二次上海事変である。そしてこの戦闘は、まさしく中国側から仕掛けたのである。この日、蒋介石は〈(入力者:注)国民党正規軍10個師団20万人を集結〉3万の兵で上海の租界を包囲させ、駐屯していた4,000人余りの日本海軍特別陸戦隊に対する総攻撃を命令した。

上海には、長江流域から引き揚げた日本人居留民約3万人が避難していた。


 この前後の事情については,年表を含めて次の記事に説明があります。
 http://www35.atwiki.jp/kolia/m/pages/12.html?guid=on

 また,以下に日本の記録ニュース映画があります。
 盧溝橋事件、通州事件、大山事件、シナ軍不法侵入、シナ軍の上海空襲
 Battle of Shanghai 1937 1of 4 Background of Battle
http://www.youtube.com/watch?v=K4qfH8tf4cQ&feature=channel_page

 Battle of Shanghai 1937 2of4 Beginning of Battle
http://www.youtube.com/watch?v=PObxULJSOVg&feature=channel

 Battle of Shanghai 1937 3of4 Air Operation of IJNAF
http://www.youtube.com/watch?v=ucaZM0-5IN0&feature=channel

 Battle of Shanghai 1937 4/4 Landing Operation of IJA
http://www.youtube.com/watch?v=dGmeFA55e98&feature=channel
 日中戦争が拡大した真の原因を言うとすれば、それは世論に扇動された双方の民衆の仇敵意識であると言わねばならない。1937年7月29日には、通州事件が発生した(日本の傀儡政権である冀東防共自治政府の中国人保安隊が反乱を起こし、首都の通州にいた二百数十人の日本の民間人を惨殺した)。

 通州事件のあと、日本国内では「懲中」(中国を懲らしめる)の空気が巻き起こり、中国国内では「抗日」の空気がさらに高まった。両国が事前に戦争の準備をしておらず、また戦争の目的と結果を考慮していなくとも、日本側の「懲中」と中国側の「抗日」という両国人民の熱狂的な感情に支配され、全く準備がなされていない大戦争が、遂にはちょっとした食い違いから開始されたのである。
林思雲(著):1963年中国南京市生まれ。1985年南京大学を卒業。1992年に留学のため来日。1996年に九州大学で工学博士号を取得後、日本の企業に就職。1997年以降、中国語インターネットウェブサイト上で日中関係をはじめとする様々な分野について個人的な見解に基づく文章を発表し、多くの読者の関心を集めている。

「懲中」(中国を懲らしめる)とは,入力者は初耳だ。これは,「暴支膺懲(ぼうしようちょう)」(暴虐な“支那”を懲らしめる)のことですね。
例として、東京朝日新聞(後の朝日新聞)が、現地特派員が通州事件によって財産を捨てて避難する邦人(日本人居留民)を見ての現地ルポに、この言葉を使っています。
当然、陸軍も邦人保護を理由に、現地への軍の派遣や軍事行動を強化します。
林氏は「中国人」で支那という語は使いたくないのだろうが,歴史研究書で勝手に「歴史用語」を作り変えるのも迷惑な話です。
 また,通州事件を起こした「日本の傀儡政権である冀東防共自治政府の中国人保安隊が」「日本の傀儡政権である」は余計ですね。現在,中共支配下にある「中国」人の林氏が,「当時の支那は分裂状態にあって国家の体をなしていなかった」ことに言及したがらないのは分かりますけどね。

 要するに,当時の支那人は日本に対してひどく好戦的だったことが分かります。
日本の現在の外交文書に,通州事件の資料は少ない。これは,「中国人の残虐行為に対する日本人の批判を惹起させない為」なのか?
さらには左翼の「日本人=加害者」、「中国人=被害者」史観に例外を与えるからではないのか?
「くっくり」さんの「敗走千里」に次のような記述があります。
 「いや、有難ふ……ぢや、序(つい)でにもう一つ教へて頂かうか。イギリスや、アメリカや、ロシヤや、フランスや、さう云つた國は侵略者ぢやないのかね……日本一國を眼の敵にして……」
 「漢奸!」叫ぶなり、その男は立ち上つた。(p.280-281)

 要するに、「日本を侵略者と言うなら、イギリス、アメリカ、ロシア、フランスなどの欧米列強だって侵略者だろう」と。GHQにとって、これは最大級に不都合な記述ではないでしょうか。

日本は居留民保護のため,条約に基づいて列国と同様に支那に軍隊を置いていた(つまり、現代のPKOにあたる)

のですが,米英ソの思惑と国民党や共産党の思惑が結びついて,支那人は「排日・抗日」つまり「日本との即時開戦」に向かいました。
 もともと、支那人には外国人排斥思潮があったのですが、それがなぜ「排日」にまとまって行ったのでしょう?これについては、アメリカ人宣教師の活動が大きかったようです。「カルフォルニアが日本人移民で占領されてしまう」と恐れて成立した排日移民法に端を発して、アメリカには反日感情が残っていた。宣教師が、支那で盛んに反日宣伝をしたのである。宣教師は帰国して反日宣伝をし、これが全米に広がって行く。
 今でも、60年以上も昔のことで中共政府による反日宣伝があり、支那では反日デモが起きるではないか。

ところが,国民党軍(中国軍)が緒戦で大敗すると,あれほど開戦を熱望していた支那の都市住民たち(富裕層)が抵抗を放棄して良民になり,さらに,カネを払って兵役逃れをやりました。そこで,日本がどこにあるかさえ知らない、文字も読めない、政治に無関心な農民(貧困層)が拉致されて兵士となり,悲惨な待遇のなかで日中戦争を戦うことになったのです。

 国際法の大原則として,「侵略戦争は戦争犯罪ではない」が連合国の多数意見でした。ところが,ドイツ降伏後の1945年6月末から8月上旬まで開かれたドイツの処分を議題としたロンドン協定で「侵略戦争は戦争犯罪であり,平和に対する罪を構成する」という方針が確立されたのです。
 これが日本にも適用されました。

だから「日本は侵略した」が反日勢力の「事後法」によるコロシ文句

で,かれらはこのセリフを手放さないのです。これについては,いずれ話題にしたいと思います。



通州事件について、一冊丸ごと通州事件を語った本は過去には出されているが
今は、図書館にも、古本屋にもない。
これが現実である。
ここで

雑誌「諸君!」2006年11月号P79の「『南京の虚構』を世界に発信しよう」という北村稔氏の論文

を引用する。

「(通州事件に関しての)関連資料は何も収録されていなかった。<略>大事件である通州事件の報告は当然なされていたと思われるが、公開されている外交文書には存在しない。
 
 『故意に伏せたな』と思ったが、何の為に伏せたのか。中国人の残虐行為に対する日本人の批判を惹起させないた為なのか。京都に帰ってからも「狐につままれた」ようで、念押しの為にインターネットで外交資料館の資料を検索した。しかし、やはり通州事件の資料はなく、他の資料の中にで一ヵ所だけ、通州事件に言及されている例を見いだしただけであった。もっとも私の目が節穴で、公開されている資料を見落としていたのであれば、外交資料館には平身低頭してお詫び致します。」というものである。わたしも調べたが「諸外国の学校情報」など、としか出てこなかった。

 さて、この中で通州事件の資料が少ないことを「中国人の残虐行為に対する日本人の批判を惹起させない為なのか」と書いているが私もそう思う。もうひとつは左翼の「日本人=加害者」、「中国人=被害者」史観に例外を与えるからではないだろうか。

こういう風に、日本人はずっと『通州事件』を隠してきたのである。
しかし、もう、事件の真実を語る時期が来たのである!!

こういう風に、日本人の左翼(「戦後知識人」)はずっと『通州事件』を隠してきたのである。
しかし、もう、事件の真実を語る時期が来たのである!!

閉じる コメント(22)

このような歴史的事実にもかかわらず、ドイツとシナは共謀してまた南京事件をホロコーストに仕立て上げた映画を作り、ベルリン映画祭で上映させましたね。出演者の一人である日本の香川照之も賞賛しているようですから呆れます。瞋恚に耐えません。

傑作

2009/8/26(水) 午前 11:49 [ 彩帆好男 ] 返信する

顔アイコン

今の人は、通州事件なんて知りませんからね。
なお、「日中戦争」ではなくて、我が国の公式名称は「支那事変」で、支那側の呼称は中国抗日戦争だそうです。
なんで、日本人が、日本人である中国人と戦争するわけがありますか。
中国とられてくやしいのう、くやしいのう(泣)

2009/8/26(水) 午後 2:06 single40 返信する

顔アイコン

金沢さん。
傑作,ありがとうございます。
「イギリスや、アメリカや、ロシヤや、フランスや、さう云つた國は侵略者ぢやないのかね……日本一國を眼の敵にして……」
英米やドイツとの二正面作戦をおそれるソ連が,国民党や共産党幹部と支那人に対して,「抗日」に向かわせたんでしょうね。
日清戦争後に日本は多くの清国人留学生を受け入れましたが,
日支友好はムダになった訳です。特に,蒋介石はひどいもんです。

2009/8/26(水) 午後 3:37 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

NIPPONIAさん。
「日中戦争」は,内乱状態だった支那の実情を隠しますね。国家の実体がなかったんだから,支那事変の方が実情を表しています。
しかし,「歴史の専門家」がこういう「後出しの用語」を使うのは,かえって混乱をさせています。

2009/8/26(水) 午後 3:42 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

サイパンさん。
傑作,ありがとうございます。

そうですか,そんなことがあったのですか。
ドイツの一部に「ホロコースト」=「南京大虐殺」
と見たがる勢力がありますね。
ナチスと日本軍を同一視したがるのは,
ドイツ一人負けを避けると共に,
連合国側へのへつらいがあるんじゃないでしょうか

2009/8/26(水) 午後 3:52 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

シングルさん。
これが実態だそうですよ。

>一冊丸ごと通州事件を語った本は過去には出されているが今は、図書館にも、古本屋にもない。これが現実である。ここで雑誌「諸君!」2006年11月号P79の{「南京の虚構」を世界に発信しよう}という北村稔氏の論文を引用する。

「(通州事件に関しての)関連資料は何も収録されていなかった。<略>大事件である通州事件の報告は当然なされていたと思われるが、公開されている外交文書には存在しない。

2009/8/26(水) 午後 3:59 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

>。『故意に伏せたな』と思ったが、何の為に伏せたのか。中国人の残虐行為に対する日本人の批判を惹起させないた為なのか。京都に帰ってからも「狐につままれた」ようで、念押しの為にインターネットで外交資料館の資料を検索した。しかし、やはり通州事件の資料はなく、他の資料の中にで一ヵ所だけ、通州事件に言及されている例を見いだしただけであった。もっとも私の目が節穴で、公開されている資料を見落としていたのであれば、外交資料館には平身低頭してお詫び致します。」というものである。わたしも調べたが「諸外国の学校情報」など、としか出てこなかった。さて、この中で通州事件の資料が少ないことを「中国人の残虐行為に対する日本人の批判を惹起させない為なのか」と書いているが私もそう思う。もうひとつは左翼の「日本人=加害者」、「中国人=被害者」史観に例外を与えるからではないだろうか。

こういう風に、日本人はずっと『通州事件』を隠してきたのである。
しかし、もう、事件の真実を語る時期が来たのである!!

2009/8/26(水) 午後 3:59 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

>日本人はずっと『通州事件』を隠してきたのである。

「日本人」とは,マスコミ・教育界なんでしょうね。
支那→中国
支那事変→日中戦争
も,同一犯人です。

2009/8/26(水) 午後 4:04 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

通州事件、資料が少ないのにはワケがあったんですねえ。「閉ざされた言語空間」そのものじゃないですか。
こういうことをなおざりにして、マスコミに出ては庶民を馬鹿にして偉そうに説教する知識人と称する連中を、私はハナから信用しないんですよ。

2009/8/27(木) 午後 1:10 single40 返信する

顔アイコン

そうですね。
米中と官僚にくっついた連中が,偉そうに世渡りしています。

「依存症」氏から引用
>この事件は、年表からも削除されている事が多く、教科書にも全く取り上げられる事がない。・・・冀東保安隊は、日本人居留民に対して略奪、暴行、凌辱、殺戮など残虐の限りを尽した。中国人特有の猟奇的な殺害、処刑が自昼堂々と、いたるところで展開されたのである。
この事件を伝える日本の新聞は、「比類なき鬼畜行動、恨みは深し!」「世紀の残虐、あ々呪いの通州」などと強烈な言葉を用いたが、いささかの誇張もないものだった。

戦後、東京裁判において、弁護団は通州事件について、外務省の公式声明を証拠として提出しようとしたが、ウェッブ裁判長によって却下された。
この事件に触れると、日中戦争は日本ばかりが悪いと言えなくなってしまう、という判断である。(続)

2009/8/27(木) 午後 5:37 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

>蘆溝橋事件は、まったくの軍同士の衝突である。ところが組織的、計画的に民間人を虐殺したこの通州事件は、まったく狂気としか言いようがない。その背後には蒋介石の特務機関「軍統局」と中国共産党の策謀があったとされる。
当然、こうした虐殺の報は、現地の日本軍兵士を激昂させたし、日本では「膺懲(ようちょう)支那」の機運が盛り上がり、全面戦争への誘因になった。

2009/8/27(木) 午後 5:38 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

支那事変は、支那共産党が盧溝橋事件を起こし、支那軍が停戦協定を何度も繰り返し破って継続・拡大した戦争。
盧溝橋事件の約3週間後には、支那保安隊が日本人居留民約260人を大虐殺した(通州事件)。
更に2週間後、支那軍は数十万人という大軍で上海の国際租界の日本人居留区を包囲攻撃した。
支那軍機は上海市街地のホテルやデパートを爆撃して民間人や外国人を大量に殺害した。

その後も支那は、日本が提出した和平案をことごとく蹴り、戦争を継続し、支那人民を虐め抜いた。
支那軍による徴発・徴用・徴兵は過酷を極めた。
支那軍は、上海市街地爆撃の他、焦土作戦、黄河・揚子江の堤防決壊などによって多くの民衆を殺害し、世界で初めて違法毒ガスを使用したり細菌戦を行なったりするなどの暴虐・悪逆の限りを尽くした。

支那が戦争を始めて、日本が何度も何度も「やめよう。やめよう。」と言ったのに、支那がそれを無視して戦争を継続・拡大して暴虐の限りを尽くした戦争なのだから、日本にとっては自衛戦争以外の何ものでもない。

2009/8/29(土) 午後 5:35 coffee 返信する

顔アイコン

傑作
TB

2009/8/29(土) 午後 5:38 coffee 返信する

顔アイコン

コーヒーさん。
その通り。
傑作,TBありがとうございます。

支那はなぜそこまでやったのか?
これについての研究が足りない。

蒋介石・毛沢東・その他の軍閥がソ米英の思惑にのって勢力争いをくり返し,また各軍閥が内部抗争で権力争いをくり返した。
その結果,物を言うのが軍事力。ソ米英から援助を受け,文盲の農民を拉致して兵士に仕立てた。

もう,支那事変当時から,
支那は内乱中。それが文革まで続く。

2009/8/29(土) 午後 11:32 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

反対意見:(レーリンク:オランダ)
/略戦争が犯罪とされるようになったのは、パリ不戦条約以降ではなく、1945年8月のロンドン協定からである
∋後法の禁止は「政策の規則」であり、戦勝国は無視できる、従って「平和に対する罪」を適用できる
http://www.geocities.jp/huckbeinboxer/kokubou011.html

2013/8/14(水) 午前 4:09 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

以下の文書は、ガードされている

別個意見:(ウェッブ:オーストラリア、裁判長)
憲章の拘束性を是認 パリ不戦条約により、「侵略戦争の不当性と犯罪性」は国際法により、是認された
天皇不訴追に反対ではなく、天皇の責任をふまえ、被告の減刑を考えるべき
反対意見:(レーリンク:オランダ)
/略戦争が犯罪とされるようになったのは、パリ不戦条約以降ではなく、1945年8月のロンドン協定からである
∋後法の禁止は「政策の規則」であり、戦勝国は無視できる、従って「平和に対する罪」を適用できる
しかし、「平和に対する罪」だけで死刑にすることには反対
(ベルナール:フランス)
 嵶豹瓦班疂彭な理性」という国家の上位にある自然法により、侵略戦争を「犯罪とした」
他国領土を支配する「陰謀」の「直接的証拠」はなく、東アジアを支配したいという「希望」の存在が証明されたに過ぎず、「平和に対する罪」を問えない
この裁判により、天皇が容疑者の一人であることが明らかになった。被告達は寧ろ天皇の共犯とも言うべき

パール判決書

2013/8/14(水) 午後 7:14 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

ロコウキョウ事件の拡大と居留民引き揚げ問題
http://daigakuin.soka.ac.jp/assets/files/pdf/major/kiyou/22_jinbun1.pdf

2013/8/14(水) 午後 8:34 tatsuya11147 返信する

考えてみれば、シナの最初の反日運動である五四運動は、日本が第一次世界大戦でドイツに勝利した結果、その権利をそのまま譲渡されたことに対する反発だったと思いますが、であるなら、なぜドイツはよくて日本はいけないということになるのでしょう。
ここにシナの夜郎自大が出ていますね。
ナイス

2013/8/15(木) 午前 3:18 [ 彩帆好男 ] 返信する

顔アイコン

米英の策略にシナ人が乗ったのですよ。
http://blog.zaq.ne.jp/shibayan/article/214/
しばやんさんの「中国排日」に詳しい説明があります。
日本の学者と教育者はダメですね。「反日」は日本の安全保障の根幹なのに、マルデ調べてない。
シナ人にしたら元々排外なんですが、いつの間にか「反日・排日」が流行ってた。んで、その流行に乗ってはけ口を反日に求めた。「そういや、日本は昔は俺っちの家来だった」と思ったのでしょう。ここがシナの中華思想・夜郎自大ですね。つまり、「欧米列強には効かないが、日本には中華思想が効く」ということでしょう。

2013/8/15(木) 午前 4:04 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

最近痛感しますが、シナ事変は蒋介石と毛沢東が仕掛けたことは、「当時の新聞を読むだけで分かるんです」。戦後長らく「日本がシナを侵略したからいけなかったんだ」と言われてきました。

日本の学者やマスコミは、本当にダメだ。「日本国民と世界の平和のために、まず事実を明らかにしよう」という姿勢がない。事実を明らかにせずに、「ではどうすれば良かったか」なんて分かるはずもない。左翼勢力におもねって保身をはかることしか考えない。
8月15日をひかえて、ガックシです。

2013/8/15(木) 午前 4:05 tatsuya11147 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事