全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
絵画(上):米海軍画家グリフィス・コール1944年作品「日本軍、真珠湾の騙し討ち」;. U.S. Navy Art Gallery所蔵, Washington, D.C. 日本の卑劣なだまし討ちによって大損害を受けた。この事態を絵画として表現することで,日本のだまし討ちの卑劣さと,米国民は報復のために戦争協力すべきと主張されている。
「真珠湾だまし討ちのジャップ、撃つべし」と。
これは日米戦争を企図した戦争画である。
 
次は日本の画家の作品である(絵はがき)。
イメージ 2
絵画(上):古嶋松之助作品「ハワイ真珠湾攻撃」
 
 
下の動画は、1991年12月6日放送の米ABCテレビ
「20/20(トウェンティ・トウェンティ)」です。文書については、イェール大・米国外交史専門のスミス教授
「本物の政府計画だ」とコメントしています。オリジナルの映像14分が2分割で見られるので、ご紹介しておきます。
出典は日本語ふきかえのNHK番組。

キャスター(ストーン・フィリップス)
(この若造キャスターの
「信じられん!俺たちゃ『真珠湾攻撃の卑怯なだまし討ち』に対して立ち上がったんじゃないのか?
そう聞かされてきたぞ・・」
という表情が面白い)
ルーズベルト大統領は、
日本を挑発していたのか?
 
エド・レクター氏
確信をもって「そうだ!」
と言える。
正義はアメリカにあったのだ)と,
心のどこかで願う若いキャスター。
アメリカの中立法」に違反じゃないか!
政府が法律違反を犯してまで、そんな作戦を許可するの・・・?
そんなわきゃないだろ?
いきおい,当事者のスキップ・アデアー爺さんに
何度も、くどく念を押す・・・。
爺さんはそれにウンザリしながら,
「あまり言いたかないが・・・,
今さら言いつくろったところで,もう済んだことだ。
それに・・・,もうワシャ疲れたわい。
といった本音まじりに,
ボロッと真相を白状する場面もリアルだ。

バーバラ・ウォルターズ
50年も経つのに、まだ新しい事実が出てくる・・・。
 
どっこい・・・、「事実」を指摘した小数の人々は昔からいたのですな。
 オリバー・リットルトン(英国軍需生産大臣)
 「日本がアメリカを戦争に追い込んだというのは歴史の狂言である。真実はその逆である。アメリカが日本を真珠湾に誘い込んだと見るのが正しいのだ」
 1944年6月20日、ロンドンの商工会議所でのスピーチ
 
 D・ショート(米国下院共和党議員)
 「真珠湾攻撃に関するすべてのいきさつと真実が語られ、白日の下に晒されるならば、米国国民は衝撃を受け、激怒し、かつ悲嘆にくれるだろう。彼らの心は深い悲しみに包まれ、激しく傷つけられるだろう」
 1944年11月28日
 
 ハーバート・フーバー(元アメリカ合衆国大統領)
 「若し吾々が日本人を挑発しなかつたならば決して日本人から攻撃を受ける様なことはなかつたであろう。
日本は繰り返し、和平を求める意向を示していた。
(それにもかかわらず行った)原爆投下は、
アメリカの歴史において未曾有の残虐行為だった。
これはアメリカ人の良心を永遠に責めさいなむものである。」
 
 チャールズ・ビアード(歴史学者)
 「日本が真珠湾を攻撃するより数カ月前にルーズベルト大統領はアメリカをして海外に秘密なる軍事行動をなさしめた」
 1948年著 「ルーズベルト大統領と第二次世界大戦」より





 

50年も経つのに、まだ新しい事実が出てくる・・・。
そうではない。ほとぼりが冷めたら機密を解除してもアメリカに「実害」はあるまいと、
「真相」が明かされるのだ。
歴史は書き改めなければならない。
アメリカは、
ドイツについての資料はすべて公開したが、
日本についての公文書はまだ全ては公開されず、一部が今でも機密扱い
と言われる。







アメリカにとっての「不都合な真実」がまだあるからだ。
 
「米国は中国支配のために日本と戦争をしたかった」
この記事は、このブログの
 「真珠湾攻撃に先立つ、ルーズベルトの日本爆撃計画(動画)!」
 ダイジェストです。
 
「その記事」の補足記事が
「アメリカ(ルーズベルト)の日本先制爆撃計画(1)」
「アメリカ(ルーズベルト)の日本先制爆撃計画(2)」
です。
 
 
「宣戦布告もなしに日本は卑怯な真珠湾奇襲攻撃を仕掛けたのだから、
日本人は原爆投下に対して文句は言えない
と米国政府はハッタリかました。
アメリカ人が、それを真に受けて「こう言う」のはまだよい。
しかし、日本人までが米国の政府宣伝そのままに、
「アメリカ人の口まね」するのが戦後インテリの実態
でした。
そうしないと、戦後日本では出世できなかったからです。
 
「フセインのイラクが大量破壊兵器を保有し、イラク兵が赤ん坊を殺している」というデマで、米国政府はアメリカ国民をイラク戦争に駆り立てたことは周知の事実です。
日本のマスコミも
追従
しましたよね。
 
日本人の立場から大東亜戦争(アメリカは「太平洋戦争」の呼称を強制した)を検証し、
戦後日本の虚構を見据えるべきでしょう。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あ・・・・、ところで
学校で教わり、みんなも使ってる「太平洋戦争」という
言い方は「アメリカの口まねだ」って、
知ってました?
「言葉を限定される」と
「思考の枠組みも限定される」
んですよ。
アメリカが「大東亜戦争」と言わせなかった理由のヒントがこれです。
GHQ(占領軍)の検閲指針30項目
 
この時、
21条で検閲を禁じていた日本国憲法は、
占領下の日本〔昭和20(1945)年8月28日〜昭和27(1952)年4月28日〕で
すでに発効していました。
 
 
 
 
 
 
注記
この戦いにつき、昭和16年12月14日午後4時半、情報局は次のように発表した。本時の対米英戦は、支那事変をも含め、大東亜戦争と呼称す。大東亜戦争と呼称するは、大東亜新秩序建設を目的とする戦争なることを意味するものにして、戦争地域を大東亜のみに限定する意味にあらず。
この名称は、同年12月12日東條内閣閣議決定によっている。

閉じる コメント(22)

顔アイコン

トマト王子さん、
あら、見てたのねーーー♪

未完成の内は非公開にしてたつもりが、「公開」になってました。趣旨は記事後半に書きました。

2〜3年前でしたか、テレ朝で鳥越俊太郎と長野アナが、この内容を報じていました。
「へーー、こんな話がありました」
というニュアンスでした。
彼らは、問題意識をもって事実を探求していない。
だから、この動画ほどの驚きもインパクトもない。
彼らが探し当てたのではなく、放送作家の台本にのったものでしょう。だから、どこか人ごとなんです。

彼らは「判っていない」。彼らや戦後知識人の立脚する
「東京裁判史観」は根底から立脚点を失う
という事に気づいていない。

気づいていたら、
驚き・悩み・うろたえる
はずです。
2012/1/12(木) 午前 2:22 たつや

2012/1/23(月) 午前 1:31 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

日本包囲網はすでにできていました。そして日本内部からも、帝国軍人の中にもいたのです。

傑作
2012/1/13(金) 午後 7:59 さくらの花びら

2012/1/23(月) 午前 1:33 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

>帝国軍人の中にもいたのです。

ふ〜む・・、興味深いですな。
山本五十六ですか?

傑作、ありがとうございます。
2012/1/13(金) 午後 8:43 たつや

2012/1/23(月) 午前 1:34 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

イイ動画ですね。^−^
日本はアメリカの中に入り込んだアカの誘導で良いように動かされてましたね。
sneak attackなんてイヤな名前付けてますけど、全部分ってたことなんですよね。

私もこの動画で思いだした動画がありますので、記事にしたいと思います。

傑作☆ピカッ!
2012/1/17(火) 午後 5:30 れおん

2012/1/23(月) 午前 1:35 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

ホッホー、
れおんさん、そりゃ楽しみですね。
期待しますよ。


傑作☆ピカッ!、ありがとうございます。
2012/1/17(火) 午後 6:22 たつや

2012/1/23(月) 午前 1:36 tatsuya11147 返信する

民主主義なんて、アメリカにはまだまだ遠い世界の話ですね、未だに。

記事にしようと考えていた、ヴェノナファイルの動画、YOUTUBEから削除されてました。

私が保存してたのがあるので、それで記事を作る予定です。
もうしばしお待ち下さい。^−^

2012/1/24(火) 午後 4:02 れおん 返信する

顔アイコン

れおんさん、
小泉はブッシュに
「日本は民主主義をアメリカに教えてもらった。
ありがとー」なんぞと言ったそうな・・。
アホですねえ。

ところで、ヴェノナですか。
それは楽しみです。

2012/1/24(火) 午後 4:21 tatsuya11147 返信する

おひさしぶりですこんにちは、
こういうの、日本でもっと広めて欲しいものですね。
山本五十六などは英雄ではなく、
日本に災いをもたらしたアホ司令官!
米国のお家芸は昔から国民だまして戦争する。
米国民もいいかげん
自国の政府のやりかたぐらい覚えておいたらいいのに。

2012/2/2(木) 午後 9:12 [ poti ] 返信する

顔アイコン

ん・・・、potiさんて誰だっけ?
と思ったら、桜の花びらマークの元・桜酒さんね。

陸軍さんがすっかり悪玉にされて、
海軍さんはまんまと戦後をうまくすり抜けましたね。

でも、海軍はアメさんに早くから暗号抜かれてたけど、
最後まで陸軍は暗号を読まれなかったと、
最近言われてますね。

2012/2/2(木) 午後 10:28 tatsuya11147 返信する

イギリスあたりから以遠からこうしたうわさは流れていましたが、アメリカもここまで日本が従順になったためもはやこれ以上隠蔽する必要を感じなくなったのでしょう。
傑作

2012/2/17(金) 午前 8:29 [ 彩帆好男 ] 返信する

顔アイコン

サイパンさん、傑作ありがとうございます。

ただ、「日本の近代史家」の反応が
いかにも遅いのですよねえ・・(W.

2012/2/17(金) 午後 7:15 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

以下、株式日記のコメントの記録
>Freedom Betrayed (Unknown)
2012-02-29 13:11:30
日本の名誉を回復する回想録, 2012/1/23
By 暁光 (日本) - レビューをすべて見るレビュー対象商品: Freedom Betrayed: Herbert Hoover's Secret History of the Second World War and Its Aftermath (Hoover Institution Press Publication) (ハードカバー)
東京裁判史観を清算する秋(とき)

平成23年12月8日、憲政記念館で、史実を世界に発信する会が、真珠湾開戦70周年にちなみ、「アメリカはなぜ対日戦争を仕掛けたのか」と題する講演会を開催した。

2012/2/29(水) 午後 3:10 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

講堂が満員になる盛況だった。YouTubeに掲載され、急逝したブロガーの花うさぎこと故安仲徹男氏が講演要旨をまとめた。'@1951年5月3日、マッカーサー元帥は、上院軍事外交委員会において、「日本の真珠湾攻撃は正当な「自衛権」の行使と証言。'A経済封鎖は戦争行為であることはパリ不戦条約作成者の一人であるケロッグ国務長官が上院軍事外交委員会で(真珠湾攻撃の13年前の12月7日)認めた。'B日本本土爆撃計画が大統領に提出されたのは、真珠湾攻撃の5か月前の7月18日、OKのサインを7月23日にした。

2012/2/29(水) 午後 3:12 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

蒋介石の米国人傭兵が操縦する350機の戦闘機と150機の爆撃機が大陸から日本各地に焼夷弾を投下する計画だったが、飛行機の引き渡しが遅れ真珠湾攻撃が先になった。戦争回避をめざす交渉打ち切りの通告が攻撃開始後に遅れた懈怠は糾弾されるが、最後通告を米側は傍受解読して読んでいた。1941年12月8日午後12時30分から、ルーズベルト大統領の米国議会の両院合同会議で演説して、「昨日、1941年12月7日、この永遠に汚辱(Infamy)に生きる日に、アメリカ合衆国は、日本帝国の海軍及び飛行部隊に突然、そして計画的に襲撃されました。」と、全米にラジオ放送したが、日本に対する先制爆撃計画については触れず、卑劣な騙し討ちとするリメンバー・パールハーバーの怒号のみが残った。

2012/2/29(水) 午後 3:14 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

1991年12月26日にABCが、バーバラ・ウォルターズ氏が司会する秘密爆撃計画についての特集テレビ番組を放送したが話題にならず、(YouTubeの「・・・」参照)日本爆撃計画の全貌が明るみに出たのは、戦争が終わって52年も経った1997年である。米陸軍航空隊シェノールト退役大尉がロークリン・カリー大統領補佐官等の支援の下で立案して、大統領の承認を得た計画の全貌が、アラン・アームストロング氏により2006年に出版され、塩谷紘氏を翻訳者として、2年後に「「幻」の日本爆撃計画―「真珠湾」に隠された真実(日本経済新聞出版社)として出版された。日本への先制爆撃計画「JB−355」を承認したルーズベルト大統領のサイン入り文書の写真が掲載されている。

2012/2/29(水) 午後 3:16 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

ちなみにカリー補佐官は、ソ連に機密情報を提供したとして1956年に米国籍を剥奪され、冷戦のさなかに南アメリカのコロンビアに亡命した人物である。ルーズベルト政権中枢に共産主義者が浸透していたことは、対ソ諜報活動をまとめた「ベノナ文書」で明らかにされている。

さて、昨年七月に田中英道教授の「戦後日本を狂わせたOSS「日本計画」」(展転社)の出版も、日本が戦後政治の分水嶺を越えた証左である。戦時中の戦略情報局(OSS)文書が解禁され、戦後史の根本的な書き換えが始まり、同書は、ルーズベルト大統領が社会主義者で有り、親中反日に固まった人物で、日本の十八都市に原爆投下命令書にサインをしたこと、対日戦後政策が昭和17年には既に作成されており、フランクフルト学派に影響を受けたOSSがGHQの占領政策のお膳立てをしたとする。

2012/2/29(水) 午後 3:18 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

「従軍慰安婦」問題の発端がOSSの謀略にあるとし、野坂参三の帰国についてもOSSの後押しがあったと指摘して興味深い。近衛文麿がハーバート・ノーマンに殺されたと解説して、OSSが中国の共産化を成功させ、ケーディス大佐を中心とする民政局の心理作戦が戦後のメディアや社会風潮に残存してしまった、日本をドイツのように犯罪国家に仕立てた経緯を述べて、ソ連がビヒモスであったことをフランクフルト学派が追求しないことは世界を荒廃させた原因だと解説する。
さて、1948年の原著出版元のエール大学出版局に不買運動が起きて禁書同然に扱われた幻の名著、チャールス・A・ビアード博士の「ルーズベルトの責任ー日米戦争はなぜ始まったか」が、藤原書店からこの年末始に発売された。

2012/2/29(水) 午後 3:19 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

ルーズベルト大統領が米国を戦争に巻き込んだ張本人だと糾弾した大著である。

フーバー大統領の回想録「FREEDOM BETRAYED(裏切られた自由)」(ジョージ・ナッシュ編)は 死後47年を経てようやく出版された。戦後訪日し、マッカーサーと会談して「日本の戦争の全てが戦争をしたい「『狂気の男』の欲望によると指摘して、マッカーサーが同意した」等と記録していた。

日本の近代史を書き換えを迫る新事実が続々と内外で公表され、東京裁判史観の混乱と原因を清算する時が来たようだ。大地震と原発の暴走があり、TPPや郵政民営化などの属国化に抗し、自立・自尊の日本を求め、戦後政治の分水嶺を越える秋が到来した。


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0817912347/gekkannippon-22#_

2012/2/29(水) 午後 3:20 tatsuya11147 返信する

なるほど、大変勉強になりました。まだ日本はアメリカにマインドコントロールされていますね。傑作

2012/3/1(木) 午後 7:12 千葉日台 返信する

顔アイコン

千葉日台さん、ようこそ。

上の引用で、記事を作っておきました。

傑作、ありがとうございます。

2012/3/2(金) 午前 6:42 tatsuya11147 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事