全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

三権分立と国民主権との関係


小中学校の教科書では、「三権分立と国民との関係」はこの図のように説明されています。
 高校でも、新聞でも、これは変わりませんね。
 ここでは、初歩的な資料を使って16日の国民審査を考えてみます。


ところで、「最高裁裁判官の国民審査」は、三権分立をとる民主的な各国に共通の制度ではありません。「国民審査」とは、
外国では最高裁判所の裁判官は国会の同意を得ますが、日本では内閣が任命するため、国民審査という他国に例のない制度が採用されています。
なに?、そうだったのか!

 最高裁判所裁判官の国民審査の仕組みは次のようです。

(1)最高裁の裁判官は、任命後初の衆議院議員総選挙の投票日に国民審査を受ける。
(2)その後は、審査から10年を経過した後に行われる総選挙の時に再審査を受ける。
(3)国民審査で投票者の過半数が×印をつけると罷免される。

「投票者(有効投票数)の過半数」の×印が必要だというと、不適な裁判官をなかなかクビにできないのではないか?つまり、「国民審査」は制度として機能してないのではないか?

国民審査による罷免には、「3000万票の不支持が必要」との試算がある。

次に、「この制度の適否」についての話題に入ります。

最高裁・裁判官の国民審査(2)国民審査は機能しているのか?

閉じる コメント(11)

顔アイコン

確かにこの制度は気になってはいたんですよね。

2012/12/10(月) 午前 0:39 [ - ] 返信する

顔アイコン

金沢さん、

そうなんですよね。

2012/12/10(月) 午前 3:31 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

こんばんは。

私の記事よりわかりやすいですね。
制度としての機能不能、同調できます。
×印の件、国民のどの程度が理解できているか・・・?

2012/12/11(火) 午前 2:02 [ ken6723 ] 返信する

顔アイコン

けんさん、ようこそ。

まあ、
最高裁・裁判官の国民審査(3)
まで御覧あれ。

2012/12/11(火) 午前 2:19 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

【バッテン裁判官候補】(週刊新社会より)

極右裁判官にバッテン×をつけて罷免させましょう!!

1)無期懲役の多数意見に極刑の反対意見を述べる『人殺し判事』

×横田尤孝

2)石原教育破壊に加担して教員弾圧をする『人権蹂躙判事』

×須藤正彦
×白木勇
×大谷剛

★○をつけるとすべて無効になるからバッテン×だけつけてね♪

2012/12/15(土) 午前 2:43 [ しきちゃん ] 返信する

顔アイコン

ホッホウ・・・、

新社会党中央本部発行ですか。

参考になります。

2012/12/15(土) 午前 3:14 tatsuya11147 返信する

ある作家曰く
「社会のルールは、頭の良いやつが自分達に都合のよいようにわざと庶民にわかりにくいようにしている」。
日本の司法制度がまさにそれですね。
そのうえ毎回国民審査の否決票が紛失されたり数えられないと言った事件が起こっているのですが、いつもうやむやにされていますね。

2013/6/23(日) 午前 5:56 [ 彩帆好男 ] 返信する

顔アイコン

サイパンさん、

そうなんですよね。

ナイス!、ありがとうございます。

2013/6/23(日) 午後 1:12 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

ワタヤリさん、
ナイス!ありがとうございます。

2013/8/9(金) 午後 3:27 tatsuya11147 返信する

トピックからお邪魔しました。
突然のコメント失礼します。

小生はすべて❌にしてます。
正直、何をどうやってるのか、不明の輩には信任できないからです。

2017/10/22(日) 午後 0:56 Tsubasa Misaki 返信する

顔アイコン

> Tsubasa Misakiさん

それでいいのだ!

2017/10/22(日) 午後 1:18 tatsuya11147 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事