全体表示

[ リスト ]

この件について、れおんさんが以下にわかりやすく要点を記事にまとめています。
まず、こちらからどうぞ。


さて、その上で
12月5日から公開される、映画「杉原千畝スギハラ・チウネ」(チェリン・グラック監督)の予告編をどうぞ。


馬渕睦夫氏は次のように述べています。
私が心配なのは、杉原氏をダシにして、日本政府は反ユダヤだったというウソが、今後も世界のメディアと日本のメディアに、繰り返し流される危険があることです」
先の大戦時にも立派な日本人はいたが、日本国家は悪で、野蛮な侵略国だった・・・と。

日本政府は、昭和13(1938)年12月6日、五相会議(首相、外相、蔵相、陸相、海相)「猶太(ユダヤ)人対策要綱」が決定された。
これはユダヤ人を「ドイツと同様極端に排斥するような態度に出るのは帝国が長年主張して来た人種平等の精神に合致しない」
として、以下の3つの方針を定めたものであった。

 (1)現在日本、満洲、支那に居住するユダヤ人は他国人と同様、公正に扱い排斥しない。
 (2) 新たに来るユダヤ人は入国取締規則の範囲内で公正に対処する。
 (3)ユダヤ人を日本、満洲、支那に積極的に招致はしないが、資本家、技術者など利用価値のある者はその限りではない(すなわち招致も可)。

  この時、日本はドイツ、イタリアとの三国同盟の前身である防共協定を結んでいた。その同盟国のユダヤ人排斥を「人種平等の精神に合致せざる」と批判し、かつ世界各国が受け入れを拒否した難民にも、入国規則内で公正に対応する、という国策を決定したのである。

東京裁判でA級戦犯とされた人物たちのユダヤ人に対する考え

イメージ 1
東條英機 ……満州に逃げてきたユダヤ人に穏健な措置を取るように指示し、ドイツからの抗議を一蹴。




イメージ 2
松岡洋右 ……凍死寸前のユダヤ難民のために列車を手配。神戸に来たユダヤ人のために便宜を計らう。
五相会議当時の外相、杉原千畝の直接の上司だった松岡洋右はこう言っていた。 「いかにも私はヒットラーと条約を締結した。しかし、 私は反ユダヤ主義になるとは約束しなかった。これは私一人の考えではない。日本帝国全体の原則である。」

イメージ 3
東郷茂徳 ……亡命ユダヤ人医師の婚約者を救出。恩義を感じたその医師は、東郷の主治医となり、日本で死去。





イメージ 4
広田弘毅 ……命のビザを発給した杉原千畝の尊敬する人物。亡命ユダヤ人音楽家の身元保証人となる。
その音楽家とは、レオ・シロタ。
レオの娘がベアテ・シロタ・ゴードン。
ベアテ・シロタ・ゴードンがやったこと。
             https://blogs.yahoo.co.jp/tatsuya11147/57279193.html



イメージ 5
荒木貞夫 ……文部大臣の時、ドイツから在日ユダヤ人教師の追放を要求されるも、民族差別には同意できないと拒否。



イメージ 6
板垣征四郎 ……五相会議において、ユダヤ人も公平に扱うべきと主張し、その結果、ユダヤ人を公平に扱うのが日本の国策となった。




人種差別撤廃を欧米列強の国際社会に訴えて行くのは、パリ講和会議〔大正8
(1919)年〕以来の日本の国策であった。
なにも、杉原千畝(すぎはら・ちうね)一人が偉かった訳ではないのだ。
杉原千畝が偉いのなら、
大日本帝国政府の人種差別撤廃方針(八紘一宇・はっこういちう)
もっと偉大と言わねばなるまい。杉原は、国策「八紘一宇」の実務をになった一官吏である。
イメージ 7

さて、ここで本題です。
「いのちのビザ」美談をでっち上げる反日勢力とはどんなものなのか?
次の動画をどうぞ。
               【大道無門】[桜 2013年5月24日]
この動画のオリジナルはこちら。
https://www.youtube.com/watch?v=Rl7oyG4ebwk    
  ベストセラーで有名な渡部昇一氏(上智大学名誉教授)は、次のように語っている。
「三国同盟の相手であるドイツから『ユダヤ人を迫害してほしい』という要請がきたときに、五相会議が開かれた。これは閣議よりも中核の位置づけで、首相と外務大臣、陸海軍の大臣と大蔵大臣で行なわれる会議である。その場で陸軍大臣の板垣征四郎は、『日本は八紘一宇の精神である』と言った。つまり、民族差別しないという表明である。

あの頃、政府決定でユダヤ人を差別しないと政府決定したのは日本だけだ。そういうことを宣伝しなかった。

この日本政府のユダヤ人に対する方針が東京裁判の弁護人たちによって上手に使われなかったことは甚(はなは)だ遺憾なことだった。ユダヤ人虐殺を主として裁いたニュルンベルク裁判を手本にして行なわれた東京裁判に、この五相会議の決議が利用されたら、裁判自体が揺らいだはずである。(入力者 注:東京裁判では、連合国に不利な証言は裁判長によって取り上げられなかった。「裁判」に名を借りた「日本憎し」のウラミをはらすリンチだったからだ。「五相会議」を取り上げたら、「裁判」自体が成立しなかったのではないか?)

ところがなんと板垣征四郎絞首刑になったのだ。

『誰に、何を、どのように伝えるか』という能力貧困は今日の日本にも当てはまる問題である。


東京裁判史観(日本悪玉論)は、ヤルタ協定にしたがってニュルンベルク裁判を行い、ナチスのユダヤ人虐殺への裁判をそのまま日本に適用したものです。ナチスはごろつきでしたが、日本はまともだったので、実は困ったのです。日本にはそんな悪さをした事実がないので、戦勝国利権を獲得・維持するために、「真珠湾の奇襲攻撃(アメリカは知ってた)」や「バターン死の行進(デマによる言いがかり)」や「南京大虐殺」デマや「従軍慰安婦」デマなどのインネンをつけてしかけて来るのです。日本と戦わなかった中共や韓国は、利権にタダ乗りです。
反日勢力はそういうオドシをかけて日本に言うことを聞かせ、日本を譲歩させて、日本からムシリ取ろうとするのです。
大金かけて多くの人員を動員して「いのちのビザ」の改訂版を作る
今回のねらいは何でしょうかね?

アメリカの保守層(約1100万人と言われる)は、「ルーズベルト政権はソ連スパイにあやつられてアメリカの国策を誤った」と、ヤルタ体制に批判的です。しかし、アメリカのマスコミを支配するのは、リベラルと呼ばれる左翼で、保守層は表に出てこないようです。

日本の保守は、アメリカの保守層との連携を考えるべきでしょう。



ところで、日本人とユダヤ人との関係は、次のサイトに詳しく説明されています。
興味ある方はこちらへどうぞ。
「上海と満州のユダヤ難民」 〜 ユダヤ難民を保護した日本 〜
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hb/a6fhb100.html

映画「杉原千畝」制作の背景の一部

この記事に

閉じる コメント(11)

八紘一宇の精神は、八百万の神々を頂く日本人にしか分からないでしょうね。しかし、困った事に今の日本人にも理解出来なくなってしまいました。巧妙に仕掛けられたプロパガンダの罠に気が付き、それを跳ね除ける国民の存在が増える事を願うばかりです。美談の裏に隠される陰謀を真っ向から批判出来る方々の存在を心強く思います。

ナイス☆

2015/12/5(土) 午前 9:40 so-kei♪ 返信する

顔アイコン

転載させて頂きました。ナイス!

2015/12/5(土) 午後 0:08 幽禮茶屋暮六つ 返信する

顔アイコン

> so-kei♪さん

この映画の制作委員会は、こんなことを言っています。
>企画が立ち上がったのは2012年頃のこと。終戦から70年の節目に当たる2015年の公開に向けて、杉原千畝という実在の人物に焦点を当てた新たなプロジェクトが動き始めた。
映画『杉原千畝 スギハラチウネ』は、ユダヤ難民の凄惨な過去を今に伝えるアウシュビッツ収容所のある、ポーランドでオールロケにて撮影されることとなった。
そして日本、ポーランド、そして米ハリウッドのスタッフによる混成チームを束ねたのは、『ブラック・レイン』(1989)、『トランスフォーマー』(2007)などのハリウッド大作で助監督を担当し、2009年に『サイドウェイズ』で映画監督デビューを果たしたチェリン・グラック監督。外国の風景の中で撮影し、外国語のセリフが主となる作品に、リアリティをもたらす演出ができたのはチェリン・グラック監督だったからこそ。

2015/12/5(土) 午後 7:19 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

(承前)>杉原千畝は、なぜ自分だけでなく家族までもが危険に晒される諜報戦に身を投じたのか。どうして政府の許可を待たず独断でユダヤ難民にヴィザを発行し続けたのか。終戦から70年の節目となる今、その決意の裏に秘められた感動の真実が、ついに明らかになる!

「日本はナチス・ドイツの同盟国だから、ユダヤ人迫害に協力したはずだ」と言う「戦勝国側」の思い込みは迷惑な話です。

ナイス、ありがとうございます。

2015/12/5(土) 午後 7:25 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

> 幽霊茶屋暮六つさん

せっかく美談に酔いしれようとしていたのに・・、
冷水あびせられた・・・、
という向きが多そうです。

でも、まあ、バラしちゃって下さい。

転載、ありがとうございます。

2015/12/5(土) 午後 7:29 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

成る程!〜、美談の影には隠れたヒローが存在していたのですね!。
結局は後世の方々(作家、歴史家)の筆加減で美化され脚光を浴びる者とひっそりと歴史の片隅に追いやられる者とに別れるとは悲しすぎます。

☆ナイス!〜

2015/12/6(日) 午前 1:11 [ gre*n*hub*32 ] 返信する

顔アイコン

> gre*n*hub*32さん

映像は強烈ですからね。
日本人の歴史を東京裁判史観で脚色して美談に仕立て上げれば、
たいがいの日本人をダマすことができます。

このことを我々は十分に自覚すべきですね。

ナイス!、ありがとうございます。

2015/12/6(日) 午前 1:32 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

操作ミスで、同じ記事をもう一つ作ってしまいました。

お二方にナイスをもらいましたが、
ミスで作った記事は消しておきます。
申し訳ありません。

2015/12/6(日) 午前 2:48 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

ブログ「美しい国への旅立ち」では、
日本人の感動的な話を好む保守層に対してこう言っている。

>そして、欧米列強による歴史的経緯などから、中韓は、「情け容赦なく、徹底的に懲らしめない限り、服従しない習性を持つ民族」であることが知られている。

相手がそうなら、我々も学ぶべき歴史の対象を絞り込むべきだろう。知りたくないことではあっても、中韓のおぞましい歴史を知り、その習性を正確に理解し、それを情報戦争に役立てる発想が必要となると考えるのである。

歴史を学ぶ目的を、私はその点に見出すのである。従って、いわゆる歴史研究者は、下記ニュースにあるような情報戦争を闘う戦士であらねばならないのであり、日本の良い話、歴史秘話を選んで研究する者を研究者と勘違いしてはならないのである。


保守の美談好みは、
子供相手ならともかく、

自戒すべき性癖ではあるらしい。

2015/12/6(日) 午後 8:06 tatsuya11147 返信する

おっしゃるとおり、日本への歪んだバッシングをするための美談造としか思えませんね。
いかに戦勝国にとって日本が都合の悪い人道国家であったかということです。

2015/12/7(月) 午後 4:33 れおん 返信する

顔アイコン

> れおんさん

>いかに戦勝国にとって日本が都合の悪い人道国家であったかということです。
これに尽きますね。
戦勝国が正しいと強弁するために、
敗戦・日本は「悪の帝国」であったとプロパガンダするしかない。

日本には、「勝てば官軍」という言葉がおます。

2015/12/7(月) 午後 8:06 tatsuya11147 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事