全体表示

[ リスト ]

通州事件

2016.10.6生放送『やらまいか』#19
 通州事件〜中国人の残虐性を知れ〜    

出演者

 ゲスト:藤岡信勝(拓殖大学客員教授)
     阿羅健一(近現代史研究家)

VTRゲスト:

          加藤康男(ノンフィク出演者ション作家)

            『慟哭の通州 昭和十二年夏の虐殺事件』(飛鳥新社)著者

            10/6発売→ https://www.amazon.co.jp/dp/4864105146/

レギュラー:
堤 堯(ジャーナリスト・元文藝春秋編集長)
志方俊之(軍事アナリスト)
福島香織(ジャーナリスト・元産経新聞記者)
馬渕睦夫(元駐ウクライナ大使・元防衛大学校教授)
日下公人(評論家・日本財団特別顧問)
塩見和子(日本音楽財団会長)

アシスタント:高松香織(DHCシアター)


こういう動画は、下のようにすぐに見られなくなる。
現在では、ニコニコ動画で見られる。




 日清戦争以来、シナ軍に捉えられた捕虜はなぶり殺しにされ遺体をさらされるなど、ただ死ぬよりずっと辛い結末が待っていた。
イメージ 1
 この刑は清朝時代に行われていた処刑方法で、站籠(たんろう)あるいは立枷(たてかせ)と呼ばれていた。この方法は首枷(くびかせ)の変種で、中国の処刑の一種である。「図説中国酷刑史」(徳間書店刊)より。 この写真は1905(明治38)年に絵葉書として街中で売られており、横浜宛てに送られていたものもある。ただし、この写真の処刑された者はシナの罪人で、日本兵ではない。
  2007年のニュースによれば、中国ハルピンのサファリパークでは、生きた牛をトラの餌にするところをバスの中から見物することが家族連れのレジャーとして人気がある様子が報じられている。
次のURLでこの動画を見ることができる。公開処刑をレジャーとして見物する気風が、こんな形で残っているのである。
 シナでは現在でも公開処刑をレジャーとして楽しむ気風がある。西尾幹二氏はこれを「ヨーロッパ世と同じだ。『大陸はまだ中世にある』のではないのか?」と述べている。

       第二次上海事変における中国人による日本人捕虜の残虐処刑

 非人間的な仕打ちを受けて死ぬくらいなら潔く自決した方が良いと警告したのが
戦陣訓の「生きて虜囚の辱めを受けず」だった。
このように、通州事件に類するシナ人の残虐さは、戦前・戦中までは日本人に広く知られていた。
ところが、戦後はまったく言われなくなった。
なぜなのか?

それは、GHQの検閲指針があったからなのだ。
検閲指針」は、以下を禁じている。
(4)検閲制度への言及
(5)合衆国に対する批判
(6)ロシアに対する批判
(7)英国に対する批判
(8)朝鮮人に対する批判
(9)中国に対する批判
(10)他の連合国に対する批判
(11)連合国一般に対する批判
(12)満州における日本人取り扱いについての批判
(13)連合国の戦前の政策に対する批判
昭和27(1952)年SF講和条約が発効して日本が独立し、占領軍が去っても、教育界やマスコミは保身による自己規制で「検閲指針」に従い続けた。
なぜなのか?

「検閲指針」に従っていれば、戦後の東京裁判史観(日本悪玉論)に抵触しないでうまく保身をはかることができたからである。これは、アメリカの圧力と言うよりは、朝日やNHKが主導して日本人がやって来たことなのである。

 昭和27(1952)年に、国内外で戦犯として収監されている者を即時に釈放すべしという国民運動が発生し、4千万人の日本国民の署名が集まった。そしてA級戦犯の「名誉の回復」については、昭和28(1953)年、国会決議で回復された。
つまり、「日本国内では、法的に『戦犯』はいなくなった」のである。

昭和天皇の「墓参り」(昭和54年)
 ところが、マスコミ・教育界の日本悪玉論がジワジワと日本を侵食し、昭和末から平成になると、「一番悪いヤツ」の意味で「A級戦犯」が使われるようになった。私はテレビ討論で、自民党の国会議員がこういう使い方をしているのを見たことがある。

 なぜ、日本人が「日本悪玉論」を推進したのか?

それは、敗戦で日本の指導層にのし上がった敗戦利得者が、「戦前の日本を悪く言わなければ、自分の立場を失うことになる」からであった。
                             東京裁判とニュルンベルク裁判(1)

通州事件に類するシナ人の残虐さに言及すると、日本悪玉論が成立せず、指導層の多くがタナボタで得た立場の正当性を失うからであった。

通州事件の関連記事

以下の出典:「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 平成28年(2016)10月18日(火曜日) 通算第5063号 http://melma.com/backnumber_45206_6435566/
(読者の声4)『ユネスコ記憶遺産に登録申請した「通州事件」から』。
その6、「通州事件」遭難生存者(4人)の証言。
その(3)通州惨劇とその前後 東京日日新聞 橘善守。
 遭難生存者の証言その3は、東京日日新聞天津支局詰めだった、橘善守記者の現地レポートです。
 橘記者は、天津で28日に不穏な空気、保安隊反乱の情報を受けていましたが、29日午前2時ころには、天津日本租界中央部に迫撃砲弾が落下。車で司令部に向かい夜明けをむかえて、保安隊が29軍の指揮の下、天津、通州、塘沽その他で一斉に反乱起こしたことを知ります。
 この現地レポートは、昭和13年7月号の『文芸春秋』に掲載されたものを『昭和史研究会報』第101号』(平成17年9月10日)に再録されたものです。
  日本語原文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Tachibana.pdf
  英訳文:URL: http://www.sdh-fact.com/essay-article/845/
PDF:
http://www.sdh-fact.com/CL/Testimonial-record-of-suvivors-Tachibana-Moriyoshi.pdf
海外には英語文で発信しました。
   (「史実を世界に発信する会」会長代行 茂木弘道)


東京裁判史観の批判や、GHQのWGIP(日本人に戦争に対する罪悪感を植え付ける宣伝計画)を扱った動画は、すぐに見られなくなることがあります。
「ニュース女子」は
①「靖国神社」
②「GHQは何をした?」
を扱った#71だけが非公開にされています。

ニュース女子#71の動画は、
こちらの記事の一番下のURLで見ることができます。
日本のマスコミが保存・公開をビビる重要番組は、
一般に外国に保存されるようです。

この記事に

閉じる コメント(10)

たつやさん、こんにちは
通州事件を初めて聞いた時、あまりの酷さに涙が出ました。

共産党は名誉回復の国会決議について、あの時共産党は国会の会派がなかったから、全会一致に共産党は含まれないとHPに記していました
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik3/2004-12-01/2004-12-01faq.html
腐りきっているわ

NHKの「真相はかうだ」はGHQのプロパガンダ放送だったそうですね。NHKは未だその洗脳から抜け切れないのでしょうか

2016/10/11(火) 午後 3:37 watasiyarimasu 返信する

顔アイコン

> watasiyarimasuさん

>今の共産党の党員諸君は上層幹部を除いて共産党の歴史は何も知らないでしょう。

コミンテルン日本支部として創設されたこと、
党の目的が労働者の祖国ソ連を守ることであったこと、
天皇制打倒を掲げたことによって多くの労働者大衆が離脱したこと、
戦後においては占領軍を解放軍と規定したこと、
日本国憲法の制定に際してこれに反対したこと、
昭和28年にスターリンが死去したときに盛大な追悼行事を行ったこと、
昭和31年のハンガリー動乱についてソ連の軍事制圧を支持したこと、
昭和39年の部分的各実験停止条約に国会で唯一反対したこと、
昭和30年代後半から40年代初めまで機関紙「赤旗」は毛沢東と金日成の賛美記事で埋め尽くされていたこと
など、今の日共党史には一切出てきません。

だから共産党員諸君は軍国主義と戦争に反対し、戦後は平和と民主主義のために奮闘したという公式党史しか教えられていません。

2016/10/12(水) 午後 3:21 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

>NHKの「真相はかうだ」はGHQのプロパガンダ放送だったそうですね。NHKは未だその洗脳から抜け切れないのでしょうか

NHKや各新聞それに東大など、
影響力がある所はみなGHQに乗っ取られました。

彼らの言うところは、
日本国民は「アメリカ様の奴隷になれ」です。

2016/10/12(水) 午後 3:25 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

アメリカの焚書坑儒は未だに日本に効果があるとは。もう雌伏から日本人は目覚めるときですね

2016/10/13(木) 午後 1:46 [ 彩帆好男 ] 返信する

顔アイコン

> ちびまる子評論家の彩帆好男さん

そうです。
「平和ボケ」とは、「奴隷状態の自覚症状」だと思いますね。
この辺、まともに考えてみるといろいろ問題提起できるかも知れません。
ただ、今は野暮用が多くて・・・・。

2016/10/13(木) 午後 8:05 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

南京攻略戦が行われている最中から、中国国民党政府は党の顧問でもあった外国人記者などを動員し、組織的な宣伝工作を開始した。
国民党中央宣伝部高官は「われわれは目下の国際宣伝において(中略)国際友人を探し出してわれわれの代弁者となってもらうことを話し合った」と書き残している。
マンチェスター・ガーディアンの記者だったティンパーリや、南京金陵大教授だったベイツらが中立を装って「南京虐殺」を精力的に対外発信したが、後に両名とも国民党の顧問になっていたことが判明している。

昭和13年2月には国際連盟理事会で、中国国民党政府の顧維鈞代表が「南京で2万人の虐殺と数千の女性への暴行があった」と演説し、国際連盟の行動を求めている。
当時、日本はすでに連盟を脱退しており不利な状況にあったが、この日本非難の決議案は採択されなかった。国際連盟の場では「2万人の虐殺」すらも否定されていたわけだ。
そもそも日本軍の南京攻略戦に際しては、元外交官で法学博士の斎藤良衛が国際法顧問として帯同しており、松井石根司令官は国際法違反のないよう、ことあるごとに博士と協議していたという。

2017/2/19(日) 午前 7:21 [ 日中国交正常化45年南京80年に学ぶ ] 返信する

顔アイコン

> 日中国交正常化45周年に学ぶさん

日本は謀略国家が仕掛ける国家犯罪に備えるべきですね。
どうしても長期的に活動できる防諜機関が必要です。現在は、研究者個人や少数の団体に任されたままです。
最近でも、韓国のジャパン・ディスカウントに組織的に対抗した形跡が見られません。
困ったものです。

2017/2/19(日) 午後 2:10 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

通州事件 天津と通州等への攻撃
1937年7月28日(前日)
7月28日夜半、天津と通州の日本軍および居留民は同時に攻撃された。

天津では7月28日午前1時頃、中国軍38師団228団と独立26旅団678団と保安隊が、海光寺兵営、鐘紡向上、東站停車場、糧秣集積所を、午前3時頃には飛行場を襲撃した。

大沽の中国軍も7月28日午後3時頃、白河を航行中の日本船艇を攻撃した。
東站停車場では、中国軍が居留地を攻撃する、。

通州では、7月28日夜半、冀東防共自治政府保安隊中教導総隊第一・第二総隊と国民革命軍29軍敗残兵ら約3000人の中国軍が決起した。

7月29日
冀東防共自治政府保安隊が通州日本人を襲撃したのとほぼ同時刻の7月29日午前2時、38団師団長李文田率いる天津中国軍は日本軍に攻撃を開始した。
7月29日朝(通州事件と同じ頃)、日本軍の塘沽守備隊が中国軍より攻撃を受けた。

2017/7/29(土) 午後 1:08 [ 平和が大好き ] 返信する

顔アイコン

通州事件はおおまかにソ連コミンテルンによる日支闘争計画の一環とおもっています。
自己の勉強のため転載させていただきました。

2018/3/4(日) 午前 8:43 [ いかづちまる ] 返信する

顔アイコン

> いかづちまるさん

「ソ連コミンテルンによる日支闘争計画」。
つまり、直截の下手人は中国共産党ですね。
シナ人独特の殺害方法です。
このやり方を日本軍は「南京大虐殺」で採ったと宣伝してますね。

この記事は、一部ちょっと手直ししました。
転載、ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。

2018/3/4(日) 午後 1:27 tatsuya11147 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事