全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
吉田茂は「一流の政治家」ではなかったイメージ 3イメージ 2
これは、加瀬英明と小室直樹の言葉である。






                                加瀬英明        小室直樹 

 昭和55(1980)年6月に、小室直樹(こむろなおき)氏から便りをもらった。その中に、
「吉田茂という人は、本当の意味での一流の政治家ではなかったという洞察は、現代日本の禍根を摘出して余すことがないと思います」と、したためられていた。
 私(加瀬英明)が近刊本の中で、吉田首相はサンフランシスコ講和条約に調印して帰国してから、すぐに国民に日本国憲法の是非を問うて、政治生命を賭けて改憲に取り組むべきだったが、そうしなかったのは、「一流の政治家に値しない」と論じたのに触れたものだった。 
 もし、吉田茂に歴史への洞察力があったとしたら、日本が独立を回復してから、憲法改正を試みるべきだった。そうしなかったために、経済を至上として、アメリカに防衛を依存するようになった。日本国民の意識の中で、占領時代と、独立を回復したあととの間に、明確な線を引くのが難しいのは、このためである。
イメージ 4 どのような国家にとっても、国家を国家たらしめている精神の中核に、国民の国を守る決意がある。
吉田氏は一時の便法として、そうしたのかも知れないが、国家の安全を確保するうえで対米依存を定着させた。大切な時期に、ボタンを掛けちがえた。
 あの歴史が白熱した時に、あのような人を首相としていたのは、日本にとって不幸なことだった。吉田政治は小室氏の言葉を借りれば、「現代日本の禍根」をつくりだした。国の指導者たる者は、50年、100年先を見通す力を持っていなければならない。

 私は昭和32(1957)年に、晩年のマッカーサー元帥をニューヨークのマンハッタンのウォードルフ・アストリア・ホテルにあるペントハウスの邸宅に訪ねたことがあった。後にこの時のことを『文藝春秋』誌〔昭和42(1967)年3月号〕に寄稿したが、マッカーサー元帥は私にタバコをすすめ、震える手でマッチを擦って、火をつけてくれた。イメージ 5
 マッカーサーは、かなり耄碌(もうろく)していた。それでも、「日本は軍備を拡張し、自由アジアの一大軍事勢力として極東の安全に寄与しなければならない
」と、語調を強めて説いた。
 もし、吉田首相が講和条約締結前に、ダレス特使から日本が強い軍事力を備えることを求めたのを拒まずに、警察予備隊を国軍に改編することを決意していたら、アメリカから反発を招くことなく、憲法を改正することができたはずである。
独立を回復した直後は、朝日新聞でさえ、社説で憲法改正を是認していた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー加瀬英明・ヘンリー・S・ストークス(2012)「なぜアメリカは、対日戦争を仕掛けたのか」(祥伝社)
pp.152-154.より

私のコメント
 棺を蓋いて事定まる(かんをおおいてことさだまる)という言葉があった。
生前には利害関係や認識に情が入ったりして公平な判断が難しく、その人の真価を正確に見定めることはできない。遺体を棺(ひつぎ)に納め、ふたをして、初めてその人の評価が定まるという意味に使われる。
しかし、吉田茂のような重要な立場にあった人物については、この限りではない。
「棺を蓋いて事定まらず」なのである。

 大西瀧治郎は、「わが声価は棺を覆うて定まらず、百年ののち、また知己なからんとす」と書き残した。
大西の遺書とともに下のURLで解説されるが、味わい深い。

 今の政治家の言葉が薄っぺらいのは、
「国民国家としての日本の運命」
を凝視しようとはしないからだろう。

日本国憲法がWGIPの最大傑作であることを、日本国民はまだ気づいていない【関野通夫】WGIPの真相〜ウォ−・ギルト・インフォメーション・プログラム
三島由紀夫・小室直樹・加瀬英明などが、先覚者だった。


日本は、戦闘民族として目覚めないように呪縛をかけられた

閉じる コメント(10)

吉田茂から何十人と首相が誕生してますが、唯の一人も憲法改正に命を懸けた政治家は居ませんよね。だとすると、戦後の日本人で、誰一人として一流の政治家は居なかったと言う事に為ります。しかし、その当時の空気を知りませんが、やろうと思えば出来た時代なのでしょうか?米国の本音も知りたいですし、明治維新以降の日本は、諸外国に左右され過ぎな気が致して居ります。

ナイス☆

2018/1/19(金) 午前 0:20 so-kei♪ 返信する

顔アイコン

>戦後の日本人で、誰一人として一流の政治家は居なかったと言う事に為ります。
そうなりますが、今、安倍首相がいます。

>やろうと思えば出来た時代なのでしょうか?
加瀬氏の表現では、「やろうと思えば出来た」ようですね。
自民党の綱領も、「自主憲法制定」ですから。
朝鮮戦争当時、左翼はソ連・北朝鮮・中共の軍隊を引き入れるために、日本を「丸腰状態」に置くことに努めました。
しかし、国民は「戦前教育」を受けていたから、丸腰では独立国と言えないことは分かっていました。この時期に、やっておくべきでしたね。
高度成長が終わり、平成になってみると、国民は家畜化していました。
人類はやはり動物であり、動物は野性味を失うと尊厳を失います。

日本は朝鮮半島と中国という敵国に囲まれているのを直視して、国民は自主防衛の仕組みを作るべきです。

2018/1/19(金) 午前 1:49 tatsuya11147 返信する

個人的見解でスミマセン…

その安倍首相に、その気があるとは思えません。口では、愛国心を煽る割に、政策は左寄りなものばかりです。アベノミクスなる国家統制経済に加え、幼児教育の無償化って何よ?って、訳が分かりません。しかし、石破さんに続き、野田聖子女史までもが、ポスト安倍に名乗りを上げてますが、こんなのは論外ですよね。安倍首相の本音が知りたいものの、政争とポピュリズムに明け暮れる我が国に、本物の一流の政治家を育てる土壌があるのか?支那朝鮮の脅威が迫る中、第二の聖徳太子の出現を願うばかりです!!

2018/1/19(金) 午前 2:13 so-kei♪ 返信する

顔アイコン

なんですか、その「英雄待望論」は。
昔の人は、生き返りません。
情けない我々で、一歩でも進めなければなりません。
私も安倍首相の政策が、すべて良いとは思っていません。

国民の敵は、朝日やNHKのダマスゴミです。
「従軍慰安婦デマ」の朝日を、まず血祭りに挙げるべきです。

2018/1/19(金) 午前 2:34 tatsuya11147 返信する

そうですね…
一歩ずつでも、前に進まねば為りません。

頑張りましょう!!

2018/1/19(金) 午前 8:21 so-kei♪ 返信する

顔アイコン

はじめましてtatsuya11147さん。通りすがりの中倉という者ですが、何気なくのぞいてみたら、「おや?」と感じたので、コメントさせて頂きます。

いやはや、これはまた随分と手厳しい評価ですな。吉田茂という人物は人によって好き嫌いのはっきり分かれる人物だとは思いますが、そういった事は抜きにして私は今まで優れた総理大臣の一人だと評価してました。ですがこのような批判的な視点もあったとは新鮮な見方ですね。
憲法に最後まで手をつけずに放置していた事が、吉田茂が一流の総理ではなかった証という評価が正しいとしまして、それならば仮にお孫さんである麻生太郎氏や、安倍総理がその悲願を果たせたならば、吉田茂をも超えた文句なしの一流政治家と言えますね。 削除

2018/1/27(土) 午後 9:55 [ 中倉康臣 ] 返信する

顔アイコン

> 中倉康臣さん
戦後、吉田茂を名宰相と持ち上げる論調が流行った時期がありますね。
これが、当時の、敗戦体験の生々しい日本人を、堕落させたのだと思います。その陰に、アメリカの工作があったのじゃありませんかね?
仮に、孫の世代が改憲したとして、「文句なしの一流政治家」と呼べるでしょうか?
政治も外交も、「一寸先は闇」です。
「一流政治家」はあり得ても、「文句なしの一流政治家」は現実の政治にはあり得ないでしょう。
ましてや、今の「改憲問題」がどう転ぶかは分かりません。

「郷土の偉人」のような、
政治家に対する甘い評価に親しむのは、
結局
後進と国民のためにならないと知るべきではないでしょうか。

(【関野通夫】WGIPの真相〜ウォ−・ギルト・インフォメーション・プログラム)をご覧になるのをお勧めいたします。

2018/1/27(土) 午後 11:27 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

> 中倉康臣さん
このブログの記事「米軍が日本を支配している仕組み」で紹介した本には、
1952年7月23日に「戦争になったら、自衛隊は米軍の指揮のもとで戦うという密約」を、吉田茂は結んでいます。これは、「指揮権密約」と略称します。もう占領は終わっているのに、米軍司令官が吉田や日本の外相を自宅に呼びつけて重要な会談をしています。軍の指揮権を他国が持っているとは、完全な「属国」だから、絶対に「公表」できない。
どうです?
「吉田は売国奴だ」と言っても、言い過ぎではないでしょう?

この公文書を発見したのは古関彰一氏で、
1981年に『朝日ジャーナル』に発表しています。

2018/1/28(日) 午前 3:46 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

憲法の根幹にかかわる記事内容、私は知識不足なのですが吉田茂のことをコメントらんに入れる人が時々こちらにもいますので、
少し恐縮なのですが「転載」させていただきました。
気構えと良心のある人には少しでも興味をもって考えてほしいと思うところです。

2018/3/5(月) 午前 8:45 [ いかづちまる ] 返信する

顔アイコン

> いかづちまるさん

転載、ありがとうございます。
注目すべき反応があったら、お知らせ下さい。
よろしくお願いいたします。

2018/3/5(月) 午後 0:18 tatsuya11147 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事