全体表示

[ リスト ]

【討論】昭和とは何だったのか?[桜H31/4/27]

コメント欄より
やはり教育の失敗でしょうね。日教組、大学の先生も左翼ばかりで日本人を壊していったと思います。今年の東京大学入学式での上野千鶴子名誉教授の挨拶が拍手喝采だそうです。    
   末恐ろしい。ゾッとしますね。    
    
田中さん大丈夫か?こうやって侵略されるってスイスの民間防衛の書は語っているんだが。保守でこの問題認識では困る。    
    
安倍内閣のスパイは誰だ、それが一番知りたい、はっきり伝えてほしい。    
    
敗戦❓自衛隊では終戦です。大東亜戦争の開戦宣誓は植民地解放が目的です。終戦勅語は原爆投下により終戦の決断です。日本軍により全アジアは植民地から解放されました。日本は核武装し真の独立国になるべきです。
    
生活は豊かになったけど心は貧しくなった、親子の愛情も希薄になった国旗、国歌を否定し国に対する忠誠心もなくなった、令和の時代はもう少し愛国心が甦って欲しいできればチャンネル桜で家庭での祭日に国旗掲揚運動を展開してもらいたい    
    
林千勝氏の話は文句なしに面白い。馬渕氏との対談が望まれる。   
   
藤井先生の日本国の伝統、風習を重んじる発言は重要だと思います。昭和の時代は日本らしさが有りましたが、平成の時代はダンスミュージックで国民の思考能力が破壊されました。後、スマートフォン、インターネットの普及で今や総アンドロイド国民です。令和はもう一度日本の伝統、文化を取り戻し、本来の日本国の姿に戻すべきです。    
    
全てディープステートとの戦い。
昭和〜ディープステートから狙われ、日本は反発するが敗戦、侵入され困惑した時代。
平成〜ディープステートに支配されつつもこの支配から逃れようと試行錯誤した時代。
令和〜ディープステートとの戦いをはじめる。そして勝つ!日本が世界の中心となり、世界を奴隷支配から解放する時代。
     
昭和戦後の経済発展を世界にアピールしたら良いと思う世界から見て貧富の差が少なく、犯罪が少なく、差別なく国民全体が安定した発展を成功させた経済戦略はどんなものだったかを発信するべきだと思う戦後の経済戦略は戦前を知ってる先人達が理想の国を目指して阿吽の呼吸で作り上げたものだと思う国民総中流と言われた日本は経済で勝つ事を目指し国際経済戦略的に需要基盤を国内に築くそういう社会を作り出した実際経済戦勝国だったと思う日本の経済システムを支持してくてる人共感してくれる人を沢山作れれば貧富の差に苦しむ国に是正のヒントを与えることになり、国際貢献もできるし、反日勢力を黙らせ現状から抜け出せると思うから近年、日本で差別問題や貧困問題をアピールするプロパガンダ的動きがあったのは、日本の発言力を削ぎたい勢力が仕掛けたからでは(日本の戦うべき相手は反日プロパガンダの裏にいる 国を持たない又は国を跨ぐグローバルな団体であれば軍事は効果ないし対策も制限的にしかできない だから国と人を結びつけるネイション政策してるトランプ大統領は正しい)実際は現在でも世界と比較して日本は貧富の差が少なく犯罪が少なく差別のない国欧米式経済に飲み込まれ日本の現状が悪くなる前に牽制したい日本式経済の良さを多くの人に知ってもうことで、世界の民意を引きつけ突破口にしたいなのに日本の経済学者は保守でも欧米式経済信者が多い(バックにグローバルな団体がいるのかな)欧米で貧富の差の不満が表面化してる今がアピールチャンスなのに
        
田中先生の御見識に共感を覚えます。 隣国などの国家基盤とは、基本的に異なる日本!だらしない政治家、拝金主義の世界!地球規模=世界規模で堕落しているのは確実です。    
   田中先生って一見お花畑に聞こえますが著書を読むとそんなことない事が分かります。保守とかリベラル
   を超えた知の巨人ってことを。古代からの歴史に精通されてらっしゃるので近代の薄っぺらい学問ではなく
   真の日本人、日本精神、日本文化etcよく分かってらっしゃいます。馬渕大使のおっしゃる精神武装とは田
   中先生のことですね。天皇陛下が、ロックフェラーに会っても、陛下はもっと卓越した精神があるので絶対
   に飲み込まれないし、寧ろ結果的に向こうが屈服していることが分かります。それにしてもこんなに声を荒
   げた田中先生って凄いですね。真の日本人ですね。皆さま是非読んでみて下さい著書を!!中学生でも
   分かる簡単文書ですが、読むと不思議と涙が出ます。習ったこともないのに…田中先生の知見をベースに
   藤井先生達の思想を聞くともっと強くなれると思います。    

小御所会議のインチキで始まって、戦後のアメリカによる人種差別統治、日米経済戦争の敗戦で95年に経団連の日本放棄で経済と技術の衰退150年、日本政府は国民を騙すことしかやってない問題の把握、定義、改善をする意志もないし人材もいない国民の能力を上げないと賃金も上がらない、GDPも上がらない利権を守る悪循環からシステム思考に変えるなんちゃらレポートとか出せばいいのに白人が植民地でやる分割統治を自国民にやらせる馬鹿みたいな政策は早くやめさせないと
   先ずはスパイ防止法。核兵器保持。旧皇族の復帰ですねわ    

閉じる コメント(29)

顔アイコン

対中強硬政策を採るトランプ政権の内に、
日本もアメリカに協力して共産中国を破綻に追い込むべきですが、
現行の安倍政権はもたついているように見えます。

政官財が中国に取り込まれているのが問題のようです。
二階・菅は従中派、麻生は従米派と言われます。
「その間にあって、安倍首相は思いきった政策を採れない」との観測があります。

いずれにせよ、注意深く見るしかありません。
とりあえず、重要課題は次でしょう。
1)消費税増税阻止。
景気対策をして、国力・国防力を落とさない。
2)女性宮家設立の阻止。
これによる皇室の衰退を防ぐ。

2019/4/30(火) 午後 8:16 tatsuya11147

顔アイコン

>たつやさん

山田議員はマツカーサー証言をパールハーバーの記念館にある肖像画に書き加ふるべしと主張されてゐます。私はたつやさんがまとめて下さつたフーバー元大統領の立場を示す言葉を展示する方が遥かに効果的だと思ひます。日本の教科書にも掲載して、米国の大統領が日本の国会で仕掛けたのはアメリカだと前非を悔い改むれば完璧と言へるでせう。懺悔したのはこちらだけなのに和解ができたと喜ぶのでは戦後レジームからの脱却にならないと思ひます。

いかに政治的な立場が不安定であらうとも、あのやうな日に、あのやうな場所で、あのやうな演説をしたのは安倍首相が初めてだと思ひます。さういふ人物であることを頭に入れながら注視していくことも大切だと考へてゐます。

2019/5/1(水) 午前 1:43 [ なこなこ ]

顔アイコン

マスコミ・教育界・大学・法曹界など、
日本の指導層は左翼が牛耳っています。
彼らは敗戦利得者です。
彼らが憲法九条を温存してきたために、
拉致被害者を取り戻せないのです。

歴史教育を学校教育に任せられる状態ではありません。国民が自分で疑問を持って自分なりの歴史観を子供や周囲に伝える努力をすべきです。

最新記事に江崎氏の話を載せましたので、
お暇なおりに参考になさって下さい。

2019/5/1(水) 午前 4:13 tatsuya11147

顔アイコン

>たつやさん

私は初見の歴史書を読む際、いつも最初に行ふことがあります。それは著者略歴のペ−ジを開くことです。そこにあるのは見事なまでの自慢話の羅列です。たとひ左翼系の学者の本であつても自分の歴史は自分の立場で語るものだといふことを行間から学び取ることが出来ます。人様にお勧めできるほどのことではありませんが、私はこれで自虐史観に振り回されなくなりました。

アラムシヤ元インドネシア副首相の名前は、日本人ならどなたでもせうが、かつて書籍で知つて以来、忘れられずにゐました。江崎氏が直接面会されたといふ話は思はず身を乗り出して聞き入つてしまひます。江崎氏の動画でブツシユ米大統領(当時)がバルト三国で歴史を反省する演説を行つたと聞き、それならば、なほさらのこと、米国の大統領が日本の国会で東京裁判史観を覆す演説をしないと釣り合ひは取れないといふ感を新たにしました。

2019/5/1(水) 午後 11:51 [ なこなこ ]

顔アイコン

ブッシュが小泉首相に「一緒に、靖国参拝しよう」と持ちかけた時、
小泉は「靖国はやめて、明治神宮にしよう」と言ったという話がありますね。
オバマは偽善者だからダメですが、トランプは面白い展開があるかも知れません。

石原慎太郎が若い頃、エジプトのナセルに会う機会があって、
「ナセルにこう言われた」という話がこの記事↓にあります。

https://blogs.yahoo.co.jp/tatsuya11147/54634103.html

2019/5/2(木) 午前 1:33 tatsuya11147

顔アイコン

>たつやさん

ブツシユ氏が靖国参拝を申し出たといふ話は昔からよく聞くのですが、真偽が不確かで論評出来得ずにゐます。イラク統治を日本占領になぞらへたことのある人物なので私の中の評価はいまだ低いままです。

オバマ氏は弁護士出身で格調高い文章を書くと評判です。広島では「空から死が降つてきた」と自然現象かつ他人事のやうなスピーチをしてゐました。巧言令色鮮し仁たる人物と見てゐます。

トランプ氏が仮に靖国参拝を申し出て、国会で東京裁判史観を覆す懺悔演説を行ふと言ふのなら、これを拒む理由はないでせう。けれども前回の来日時と同様、横田の米軍基地から我が物顔で出入国しようとするなら、これを拒むのが主権国家のあるべき姿なのだと思ひます。大東亜戦争の時の日本がそんなことを許す国で、首相が米議会で懺悔をしてゐたら、エジプトのナセルは意気消沈して第三次世界大戦を勝ち抜けなかつたと石原氏に吐露してゐたのではないでせうか。

ご紹介の記事にある「我々は遺産を食いつぶそうとしている」に付け加へる言葉はありません。

2019/5/2(木) 午後 9:58 [ なこなこ ]

顔アイコン

>たつやさん

六月に這入り、トランプ大統領来日のお祭り騒ぎが収まつたやうですので、これを機に米国と靖国の関係を整理してみたいと思ひます。

オバマ政権の時に出された靖国参拝についての声明があります。これはトランプ政権になつても米国大使館のサイトから削除されません。靖国参拝をやめなかつた小泉元首相は米議会で演説しませんでした。アメリカに失望されると、痛恨の極みはどこへやら、参拝をやめた今の首相は米議会で「Deep repentance」と述べて改心の意を表しました。真珠湾での演説では「The power of reconciliation」と述べ、この時点で早々と和解に応じてゐます。アメリカ人は喜びました。一部の日本人も喜んでゐました。

2019/6/1(土) 午後 8:00 [ なこなこ ]

顔アイコン

私は以上の点から見て、米国大統領や今の首相が靖国に参拝するといふ予測がどうしても立てられません。なにゆゑにそんな話に耳を傾ける人が後を絶たないのかを考へると、一部の保守派もまた、左翼と同様、憲法前文の信奉者に過ぎず、他人の国の「公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意」してしまひ、結果、良いやうに手懐けられてしまつたからではないかといふ気がします。

2019/6/1(土) 午後 8:02 [ なこなこ ]

顔アイコン

現行憲法の「例の前文」は、
東京裁判史観(自虐史観)の根源的な発信源になっています。
九条二項と共に、
これらを破棄しなければ
日本は独立できません。

首相の靖国参拝については、
https://blogs.yahoo.co.jp/tatsuya11147/58528106.html
のい11:41〜と22:00〜から
話題になっています。

2019/6/2(日) 午前 1:20 tatsuya11147

顔アイコン

>たつやさん

憲法観に異存はございません。現行占領憲法はアメリカの顔色を見て作つたものですから、前文の「平和を愛する諸国民」はアメリカをも指すことに留意が必要です。前文は戦後保守の姿を映す鏡にもなります。前文を左翼冷笑の道具にするだけで、一旦緩急あれば何はともあれ米軍基地に泣きつけば良いといふ考へのままでは、いくら憲法を改正しても占領憲法は占領憲法にしかならないと思つてゐます。

2019/6/3(月) 午前 5:28 [ なこなこ ]

顔アイコン

ご紹介の動画に経団連に関する言及がありました。靖国との関係をまとめてみます。

小泉政権の時の経団連会長、奥田氏は靖国参拝に好意的でありませんでした。にも拘らず小泉氏は参拝をやめませんでした。第一次安倍政権の時の経団連会長、御手洗氏は靖国問題に干渉しませんでした。にも拘らず安倍氏は参拝しませんでした。第二次安倍政権の時の経団連会長、米倉氏も靖国参拝に好意的でありませんでしたが、安倍氏は参拝しました。にも拘らずアメリカに失望されると参拝をやめてしまつたことは先に述べた通りです。首相は今年二月、中国向けに春節祝賀メツセージを発して「日中関係は正常な軌道に戻」つたと明言しました。

参拝は心の問題です。周囲がどうかうよりも、まづ第一に目を向けるべき事柄はその人物の資質であるやうに感じます。

2019/6/3(月) 午前 5:33 [ なこなこ ]

顔アイコン

日本企業が盛んに中国に「進出」していた頃、

また、
身ぐるみはがされて
着の身着のままで逃げ帰って来るんだろうなあ・・

と、どこか忘れたコメント欄に書いた覚えがあります。
奥田碩の泣きっ面を近々見られそうで楽しみです。

2019/6/4(火) 午前 1:56 tatsuya11147

顔アイコン

>たつやさん

中国の李克強首相は昨年五月に我が国を訪れた際、安倍首相と一緒にトヨタ自動車北海道を視察してゐます。中国の新車販売台数は年間二千八百万台と世界最大ですので日本のメーカーも大陸市場を無視するわけに行かないのが実情なのかも知れません。中国への進出が将来的に吉と出るか凶と出るか浅学の私には判断がつきません。身ぐるみをはがされる人もゐるでせう。業種によつて景況感にばらつきもあるでせう。中国崩壊論が当たれば凶、外れれば吉になるやうな気もします。経済評論はコツプの中の半分の水に似てゐます。「半分もある」と見ると楽観論になるし「半分しかない」と見ると悲観論になります。

たつやさんはよくご存知だと思ひますが、大陸には汪兆銘や張景恵といつた大東亜会議に参加してくれた人達がゐました。その意味でも靖国不参拝は誠に残念です。

2019/6/4(火) 午後 8:20 [ なこなこ ]

顔アイコン

馬渕氏の近刊「知ってはいけない現代史の正体」

の書評より、 共産党中国について。


「3)グローバリズム推進する「国際金融資本」にとって中国は脅威か!?
中国は、「一帯一路」を掲げ、「中国製造2025」により技術力、生産力の強化、内製化を図り強気をみせる。
実際、今の自由貿易を提唱するアメリカに自国製品を大量に輸出し、逆に輸入については関税で防ぐ。アンフェアなグローバルリズムを展開している。

2019/6/6(木) 午後 6:32 tatsuya11147

顔アイコン

しかし、金融戦争は経済戦争と一蓮托生である。中国製品に対する追加関税により中国の貿易黒字を減らせば、外貨準備額は減少する。米ドルなど保有する外貨準備に基づいて人民元の発行をする「ドルペック制」(人民元の国際化は未達成)を取っている以上、外貨準備額は減少すれば、人民元は暴落する。米国の一極覇権体制=パクス・アメリカーナに基づき経済戦争をしかけ、人民元の暴落を狙い撃ちだ。

しかも、現在の日米露のトライアングルができてしまえば、中国は身動きがとれないばかりか「一党独裁」が破滅する。そのことを中国は充分に承知している。

少なくとも、米国のしかけが「今でしょ」というので手を抜くことがなければ、中国による一極覇権体制=パクス・シニカに逆転することはないと思う。」

2019/6/6(木) 午後 6:35 tatsuya11147

顔アイコン

>たつやさん

未来がどう動くかについては多くの識者が様々な予測を立ててゐますから馬渕氏のお考へはそれはそれでよろしいのではないでせうか。中国共産党を中国史の一つの王朝と見なせば、どこかの時点で政権を他に譲り渡す日が来る可能性は排除し得ないと思ひます。その一方、アメリカを過信したり中国を侮り過ぎると情勢分析にどこかしら歪みが生ずるやうな気もします。

日中両首脳は現在、双方の関係は「正常な軌道に戻つた」と判断してゐます。現状を「正常な軌道」と定義すれば具体的には以下の三点がこれに当てはまると思ひます。

2019/6/8(土) 午後 8:18 [ なこなこ ]

顔アイコン

一点目は、両国は尖閣に自国の警備船を近づけてもよいことです。これは毎日のニユースでおなじみの光景です。

二点目は、尖閣に近づいてもよいが、上陸は控ふることです。民主党の政権時代、拳を振り上げんばかりの勢ひで尖閣に上陸させよと政府に要求する国会議員の先生方がゐました。政権が自民党に戻ると示し合はせたかのやうに動きをぱたりと止めました。

三点目は、首相は靖国に参拝をしないことです。二〇〇六年八月十五日に中国外交部が出した「小泉日本首相靖国神社またも参拝したことに強く抗議」といふ声明に「中日関係が正常な発展軌道に戻るよう努力することと信じる」との一文があります。両国関係が正常な軌道に戻る前ならまだしも、戻つてしまつたのなら参拝は難しくなります。

パクス・アメリカーナとパクス・シニカに見られる「パクス(pax)」は、パクス・ロマーナが「強国の強制による平和」と訳されることでお分かりのやうに「平定」の意味を持つラテン語です。靖国参拝や日本の歴史認識がアメリカや中国に平定されてゐるのは見るに忍びないものがあります。

2019/6/8(土) 午後 8:25 [ なこなこ ]

顔アイコン

まことに
見るに忍びないものはあります。

しかし、中国外交部の声明に
「日本は従った」とは私は見ていません。

そう見るのは、中国共産党の宣伝にしてやられたのではないでしょうか。
なお、最近の動画では、
あのトヨタが河添恵子氏の意見を聞きたがっている
ということです。
河添氏ご本人がそう言っていました。

2019/6/14(金) 午後 10:32 tatsuya11147

顔アイコン

>たつやさん

中国共産党の宣伝にしてやられたか否かについてですが、私は首相の靖国参拝を基準に判断してゐます。中国外交部の声明に従はざる立場に日本があるなら、首相は我関せず焉として今もなほ靖国参拝を続けてゐると思ひます。参拝が行はれた時に「中日関係が正常な発展軌道に戻るよう努力することと信じる」と中国側が言ひ、参拝が久しく行はれなくなると「正常な軌道に戻つた」と首相が語ります。中国共産党の宣伝文句を口真似してゐるやうに見えてなりません。

二〇一二年の九月三十日に中国外交部の報道官が記者会見を行つてゐます。その内容は「釣魚島に関する日本の政治屋の間違った発言について記者の質問に答える」といふ報道官談話にまとめられてゐます。釣魚島といふのは尖閣諸島の中国名です。中国側はここでも「両国関係を正常な発展軌道に戻すことを希望する」と述べてゐます。尖閣に中国公船が頻繁に近づいても日本の首相は「正常な軌道」発言を取り下げません。

2019/6/16(日) 午前 10:11 [ なこなこ ]

顔アイコン

河添さんは現地情勢に詳しい方のお一人でせうからトヨタが関心を寄せるのは理解できます。おそらく河添さんだけでなく複数の専門家のレポートも読み込んでクロスチエツクを行つてゐるものと推察します。

河添さんはまた「日本の女性が虐待されてゐるなら、なぜ寿命が世界一長いのか」といつた問題提起をされてゐます。比すれば寿命の短き日本の男性は女性の手のひらの上で虚勢を張つてゐるだけなのかも知れません。

2019/6/16(日) 午前 10:13 [ なこなこ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事