東京裁判史観とその影響

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
いわんかな#18-1【日米開戦の真実・前編 グローバリストたちの手口】
渡辺惣樹・堤堯・馬渕睦夫・高山正之・日下公人・志方俊之・福島香織・塩見和子★

通州事件をあつかう動画は、すぐに見られなくなってしまう。
例えば、こんな具合に。
先月の11月12日に、『ニュース女子』#187で通州事件を取り上げた。
案の定、2〜3日で見られなくなってしまった。
ところが、3日ほど前から見られるようになっている。
いつまで続くか分からないが、これを取り上げることにする。

『ニュース女子』 #187(通州事件・地面師)

2019年4月10日追加


私のコメント
この動画の、通州事件についての解説は、ほぼ適正だろう。

東京裁判史観(日本悪玉論)にとって、通州事件は都合の悪い事件だった。なにしろ、「悪辣な日本軍によって、善良な中国人が殺されてきた。それを追い払ったのが我が人民解放軍なのだ」と教育してきたから、「中国人の軍隊が日本の非戦闘員を一方的に惨殺した。それも、シナ人特有の猟奇的な殺害方法で」ということになると、「シナ人悪玉論」になりかねないのだ。
事実、当時の日本人はそう考えた。だから、暴支膺懲(ぼうしようちょう・乱暴な支那人を懲らしめろ) なのだった。
 占領軍(GHQ)はWGIPやその結果としての日本悪玉論で日本人を洗脳しようとしたことは判るが、それではGHQが引き揚げた後も、なぜ売国日本人が日本悪玉論で日本人を教育・洗脳しなければならなかったのか?
それは、GHQのカイライ・手先で得た地位をGHQが去った後も維持しようとしたからである。これが、大学・マスコミ・法曹界・教育界など、戦後日本の指導層に居すわり、根付いたからである。
 
「7月7日の盧溝橋事件に始まる日中戦争(支那事変)は・・・・」との慣用句的表現が必ず放送では使われる。しかし、初年兵として盧溝橋事件の現場にいた山崎直人氏の手記では、別の様相が見える。
当日、現場にいた陸軍初年兵の手記
「一文字山の星空」
https://blogs.yahoo.co.jp/moai33jp/64719253.html」 
盧溝橋では劉少奇配下の中国共産党が国民党の第29軍と日本軍の間に入って両方へ鉄砲を撃ったのだから、盧溝橋事件で支那事変が始まったことにしないと中国共産党の手柄にならない。しかし、盧溝橋事件(7月7日)は、4日後の松井-秦徳純協定により収拾している。
7月7日に軍事衝突はない。
軍事衝突は7月8日午前5時30分からである
(坂本夏男「盧溝橋事件勃発についての一検証」『芸林』40(1) p.2-26, 1991-02)。

しかし、当時の日本政府は8月13日が支那事変(初期は北支事変と呼ばれた)の始まりと認定していることは、次の水間政憲氏の動画で説明される。
つまり、「平時に通州事件が行われた」ことになっては、日本悪玉論は成立しなくなるのである。「中国共産党の手柄」というよりは、あくまでも、「7月7日の盧溝橋事件に始まる日中戦争(支那事変)」 のドサクサで起きた事件にしないと、中国共産党側にとっては非常に都合が悪いのである。

第6回 日本人が中国人に大虐殺された「通州事件」                 

通州事件/佐々木テンさんの証言!
2017/08/24 に公開
通州事件とは何か?日本人として知っておくべき事件であると思います。 


【DHC】12/4(火) 百田尚樹×江崎道朗×居島一平【虎ノ門ニュース】
【討論】明治維新とは何だったのか?Part2[桜H30/11/3]  
2018/11/03 に公開

パネリスト:
 上島嘉郎(元産経新聞社『月刊正論』編集長・ジャーナリスト)
 小堀桂一郎(東京大学名誉教授)
 榊原英資(青山学院大学教授)
 鈴木荘一(歴史家・幕末史を見直す会代表)
 関良基(拓殖大学教授)
 浜崎洋介(文芸批評家)
 星亮一(歴史作家・戊辰戦争研究会主宰)
 宮崎正弘(作家・評論家)
司会:水島総

     
maxammasakazu氏のコメント
水島さんと上島さんの悩みは、一貫性のある日本人論でしょう。

今回の討論は天下一品です。
二時間目辺りにある、会津藩に関わる内容で水嶋さんは悩み、上島さんは「議題が大き過ぎる。」と漏らしています。これでこそ天下一品の討論です。
「整合性ある説明は出来るけれども、『維新』と『革命』について整合性ある理解が出来ない。会津藩に申し訳が立たない・・。」と言う悩みこそが「統一国家の国民としての悩み」であり、「思いやり」なのです。

今の時代だからこそ、「ハイレベルな知識」を身に付ける事が出来ます。しかし、過去教育が発達していない事や本書や辞書が発達していない時代には「整合性ある説明」は殆ど出来ません。だからこそ、「指導者」には「文武両道」と言う責任を負わせる事に成っていました。現代に於いてはハイレベルな知識は比較的スムーズに獲得出来るでしょう。そしてそのハイレベルな知識は「見識」を生み出します。
だからこそ、「整合性ある説明が出来ない・・・。」と悩むに至るのです。

今回の討論の意味は「日本人としての足元を見る。」や「日本の近代国家以前からの歴史を振り返る。」と言えるでしょう。そこに現代社会における価値観から言える確かな整合性や一貫性は有りません。しかし、その不合理を見る事こそに大きな意味があるのです。

それは「会津藩に対しての不合理を止めよう。」と言う動機に成ります。また広義には「同じ日本人として歩もう。」と言う決意にも成るでしょう。整合性ある説明よりも、不合理に対して負けない態度を模索するに至ります。
一方で、星亮一さんや鈴木荘一さんのお二人は「本音を語る。」と言う事で使命を果たし、どこか「役目を果たした、ほっとした。」と言う様子が伺えます。きっと彼等には「これ以上の追求は・・・、」と彼らを応援する人達から、お二人に前向きな終止符も貰えるのでは無いでしょうか?

私個人としては日本の歴史的不幸で傷付いていた会津藩の事を教えてくれたお二人に感謝と尊敬を申し上げます。
これらの事を時流に惑わされる事無く真摯に向き合っていた今回の討論は天下一品です。
ロジック(論理や論理展開)ばかりが討論の価値ではありません。

私が尊敬する日本人像の一つは、今回の様に不都合とも向き合う威厳を持った日本人の姿です。
今回は特に響きました。これからも応援しています。頑張って下さい!

【討論】国連の本当の姿 (※初公開!ジュネーブ取材映像あり)
[桜H30/9/15] 
2018/09/15 に公開
◆国連の本当の姿
※ ジュネーブで行われた国連人種差別撤廃委員会の取材映像も初公開!

パネリスト:
 小野寺まさる(前北海道議会議員・チャンネル北海道キャスター)
 加瀬英明   (外交評論家)
 我那覇真子  (琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会代表運営委員 /
                      日本文化チャンネル桜沖縄支局キャスター)
 高橋史朗     (麗澤大学特任教授)
 細谷清        (歴史の真実を求める世界連合会 理事)
 馬渕睦夫     (元駐ウクライナ兼モルドバ大使)
 山本優美子  (なでしこアクション 代表・慰安婦の真実国民運動 幹事)
司会:水島総
 
イメージ 1
国連の隠された目的は、世界をグローバル化することだった。そのために、うまく行っている国を批判して国論を分裂させ、国内の対立・混乱をあおっている。そうすれば、外部からの世界統一がやりやすくなるからである。こうやって、国際金融勢力は国家の主権を弱体化させて分断統治をねらい、彼らに都合の良い(彼らがより儲けやすい)体制を作ろうとしているのである(馬渕睦夫)。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事