環境問題・一般

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ | 次のページ ]

http://www.tokyovalley.com/yahoo_blog/article/article.php
北大自然保護研究会のHPから、以下の記事を引用します。なお、入力者が、一部を編集しました。
出典:http://www.interq.or.jp/jupiter/forest/report/7/report7a.htm

「植物レッドリストから何がわかる?(1999年)」

 皆さんはレッドリスト、またはレッドデータブックと言うものを知っていますか?それほど大きく違ってはいないのですが、前者は絶滅の恐れのある種を一定基準の評価基準に基づき、どれくらい絶滅の危険性があるかをランク付けしたもの、後者は前者を掲載した出版物を指します。ではそのランク、及びその基準はどのようになっているかというと、まずランクは

EX(extinct) 絶滅

EW(extinct in the wild) 野生絶滅

CR(critically endangered) 絶滅危惧毅僧

EN(endangered) 絶滅危惧毅体

VU(vulnerable) 絶滅危惧粁

NT(near threatened) 準絶滅危惧

DD(date deficient) 情報不足

のようになっています。そしてこれらのランクを決める基準なのですが、少々長くなるので別の場所にまとめておきました。興味のある方はここ↓をクリックしてご覧ください。
http://www.interq.or.jp/jupiter/forest/report/7/report7a%20plus1.htm

 以上が簡単なレッドリストの紹介です。しかしレッドリストから分かるのはどの種がどれくらい絶滅の危機に瀕しているということだけなのでしょうか?レッドリストに記載される種に関しては(当たり前ですが)その植物が属する科が記されており、しかもその生息する都道府県の名も書かれています。ただし、ただ読んでいたのではそれらがどんな意味を持つか分かりません。そこで今回私はこれらの、どのかの植物がどのランクにどれだけあるかと、各ランクにはどの都道府県に生息するものが多いかといったことを調べ、分かりやすくグラフ化しました。今回はそれを報告したいと思います。なお、この解析は多分に私感の入ったものであり、あくまで一つの見方に過ぎないことを承知しておいてください。

 まず最初は維管束植物(高等植物といわれるもの。シダ植物+種子植物)の生育地に関する分析結果です。
イメージ 1

図1.各地方の1都道府県あたりの絶滅危惧類の数

 図1.は日本の各地方の1都道府県あたりの絶滅危惧類の数です。(←各地方ごとの都道府県数で割った「地方別・1都道府県あたりの絶滅危惧類の平均の数」らしい。
図1.からは
(1)日本の端の都道府県は絶滅危惧類が多い
(2)九州地方は全般的に絶滅危惧類が多く、逆に中国地方は全般的に絶滅危惧類が少ない
と言った特徴が見られるかと思います。
 (1)の理由としては、日本の端の都道府県にある植物は、そこが日本における分布の南限または北限になっているものが多いため日本における存在数が少ないから、と考えられます。
 (2)の九州地方に関しては、はっきりしたことは言えないのですが、だいたい(1)と同じ理由で、さらに南のほうが気候が暖かいため多様な植生が成立しうる、といったところでしょうか。中国地方に関してはもう全然分からないのですが、自然が破壊し尽くされたために絶滅した種が多いのか、または開発の手などがあまり及んでおらず、絶滅危惧類になるほど減少している植物が少ない、といったことが考えられます。

イメージ 2

図2. 絶滅危惧類の多・少の都道府県ベスト5

図2.は都道府県別で、最も絶滅危惧類の多い、少ない都道府県ベスト5を挙げています。
図2.からですが、
(1)日本の端の都道府県には絶滅危惧類が多いが、特に鹿児島県が突出して多い。
(2)図1.では特に多くなかった中部の静岡県と山梨県(←長野県の誤りらしい。)に絶滅危惧類がかなり多く存在している。
と言ったことが読み取れます。ほとんど図1.と傾向は同じです。ではまず
 (1)に関して、なぜ鹿児島県に絶滅危惧類が集中しているのでしょうか。鹿児島県は県として面積が広く、また数多くの島を持っています。そして沖縄をのぞけば日本の南端に位置していると言う、複合条件の重なりによるものでしょう。数多くの島を持っているという点では沖縄のほうが島の数は多いでしょうが、開発されている度合いが鹿児島県のほうがはるかに大きいことにより、鹿児島県のほうが多くの絶滅危惧類を持つのでしょう。
 (2)に関してですが、これは正直全く予想していなかった結果で、理由は全くわかりません。ただ、次のデータと比較していただくと面白い傾向が読み取れると思います(続く)。

入力者コメント

 (2)の理由ですが、北アルプス・南アルプスの高山植物(亜高山帯を含む)が、静岡県・長野県の絶滅危惧類数を引き上げているのではないでしょうか。次の記事で両県の固有種率が低いことが挙げられます。高山植物は、本州中部以北に分布するものが多く、固有種はそれほど多くはありません。図2.の「絶滅危惧類の少ないベスト5」に入る福井県と石川県が、中部地方各県の絶滅危惧類の数の平均値(図1.)を引き下げているのではないか、と思います。
 とりあえず、私は上のように考えています。「本当にそうなのか?」を調べるには、「植物レッドリスト」をプリントアウトして、集計を取らねばなりません。それには、たぶん、3日ぐらいかかります。これは、今の私にはちょっとツライ。
 

開く コメント(4)

http://www.tokyovalley.com/yahoo_blog/article/article.php
次に、草原植生から見てみます。
出典:「日本の自然草原の植生帯区分と温暖化影響」
    http://cse.naro.affrc.go.jp/sasaki/global/natural/natural.html

1.気候要因からみた自然草原の植生帯区分
 自然草原の植生型を、以下の4つに区分しました。
(1)亜寒帯+亜高山帯:ネザサ以外のササ(ミヤコザサ、チシマザサ、クマイザサ              等)を代表的な種とする。
(2)冷温帯:     シバを代表的な種とする。
(3)暖温帯:     アズマネザサとシバを代表的な種とする。
(4)亜熱帯:     それより南を亜熱帯とする。

 区分の際の境界線は、気候要因によって定めた。気候要因としては、次の4つの要因を用いました。
(1)寒さの指数:(各月について、もしも月平均気温が5℃以下であれば、                   「その値−5」を加えていくことにより得られる値)。
(2)暖かさの指数:(各月について、もしも月平均気温が5℃以上であれば、                 「その値−5」を加えていくことにより得られる値)。
(3)最暖月平均気温
(4)最大積雪深
こうして、植生帯の区分が可能となりました(下図のA)。

 標高の高い土地のシバ草原については、これらだけではシバの分布限界を説明できなかったため、緯度と分布限界標高を取り入れた補正式で補正しました(下図のB)。
イメージ 1]
 上の図の中で、青と緑の境界がシバの北限で、寒さの指数−35以上かつ最暖月最低気温17℃以上にシバが分布していることを示します。緑と黄色の境界がアズマネザサの北限で、暖かさの指数100以上かつ最大積雪深40cm以下でアズマネザサが分布していることを示します。黄色と赤の境界がシバの南限で、暖かさの指数170以上ではシバ(一般にノシバと呼ばれる種)が生育しにくいことを示します。

参考文献:
西村 格・佐々木寛幸・西村由紀(2001)日本における自然草原の気候要因から見た植生帯区分とその温暖化による影響 2.自然草原の植生型と気候要因の関係.日本草地学会誌47(1),86-92.

2.植生帯区分の温暖化による変化予測

 気温が上昇するという直接的影響だけでなく、最大積雪深が変化することによる影響も考える必要があります。下図は最大積雪深40cm以下の領域が今後どのように変化すると予測されるかを示しています。
イメージ 2
 次に、30年後と60年後における植生帯の区分の変化予測を下図に示します。
イメージ 3
 この図から、30年後には北海道では大きな変化はないが、それ以外の高標高地帯では亜寒帯が後退・消滅していることがわかります。60年後には、北海道平野部まで冷温帯となります。また積雪の減少に伴い、北陸から新潟平野にかけては暖温帯となります。

 次に、100年後における植生帯の区分の変化予測を下図に示します。
イメージ 4
 この図から、本州以南の亜寒帯はほとんどなくなり、亜熱帯が拡大することがわかります。また、北海道における植生帯の区分が大きく変化するようすがはっきりわかります。

 以上のように、植生帯区分は温暖化に伴い変化しますが、あまりにも急激に気候が変動すると、分布域の移動がそれに対応できない植物種(移動が遅い種類や、高山などに周囲から孤立して隔離分布している種類)は絶滅してしまう可能性がありますので、今後は代表的なものだけでなく、多くの種について追跡・保全していく必要があると思います。

参考文献:
西村 格・佐々木寛幸・浦野豊・小森谷祥明・井上聰・西村由紀(2001)日本における自然草原の気候要因から見た植生帯区分とその温暖化による影響 4.気候環境から見た日本の自然草原の植生帯区分とその温暖化による変化予測.日本草地学会誌47(1),102-106.(以上、引用終わり)

 草原植生による植生帯は、森林植生による植生帯と少し差があるのですが、草原植生の方が気候帯を直接的に反映しやすいと思われます。積雪の深さは、草の生存に影響しますが、樹木の場合は草ほどには影響されませんからね。
 第1図のBで、冷温帯(シバ)の北限が、ブナ林の北限(北海道・黒松内低地帯)とほぼ一致するを、興味深く眺めました。ブナ林の南限は鹿児島県高隈山ですが、ここは既に森林植生でもブナ林の生育適地ではなくなっています。
 温暖化で植生について言われることは、

温暖化すると、高山植物を含めた北方系植物が、南方の土地から、低い標高の土地から、消えて行くだろう

ということです。
 高隈山の南限のブナ林の動向に着目すれば、温暖化が日本の植生に与える影響を占うことになるのかも知れません。

  高隈山森林生物遺伝資源保存林
http://www.kysyo-shinrin.jp/keikaku/hogorin/seibutsuidenshigen/takakumayama-seibutsu/takakumayama-seibutsu-00-top.html
 高隈山のブナ林は、頂上に追いつめられてやっと生き残っている、という感じです。
 http://www.kysyo-shinrin.jp/keikaku/hogorin/seibutsuidenshigen/takakumayama-seibutsu/takakumayama-seibutsu-01-seitaikei.html

開く コメント(5)

http://www.tokyovalley.com/yahoo_blog/article/article.php
 温暖化によって、日本の森林植生は具体的にどう変わるのか?について、
天野・鳥居・松本(1992)地球温暖化によるブナ林分布の変化
から引用します。
出典:http://www.ffpri.affrc.go.jp/labs/kouho/seika/1992/r17.html

 ブナ林分布が気温の上昇によって変化した経緯は,紀元前12,000〜6,000年にもあり,花粉分析で当時の分布移動速度をみると,せいぜい年間150mであった。これは50年間で7.5km移動するだけであり,いま予測されている気温上昇の速度からみれば,ほとんど移動できないと考えてよい。シイ・カシ林の分布の移動についても同様の結果を得た。
 そこで,約3,000の全国の市町村を単位とし,わが国の代表的な広葉樹である
ブナ,シイ・カシが優先している地域を調べたところ,図1のようになった。
イメージ 1
これと各市町村の月別平均気温,雨量,積雪,温量指数,寒さの指数といったデータを用い、判別分析により気候からみてブナ及びシイ・カシに適した地域を色分けしたのが図2である。
イメージ 2
北部及び高地にブナの,南部及び海岸沿いにシイ・カシの適地があり,その中間に両者の混交する地域のあることが分かる。図1と図2の分布の差は,気候的に適地であってもまだ樹種の分布が到達していなかったり,過去の人為活動によって伐採されてしまった地域である。
入力者コメント:東北地方の平地はたいてい水田化されていますが、本来はブナ林の適地だったのですねえ‥。蝦夷が支配していた頃は、ブナ林だった訳です。
つぎに GFDLのシナリオに基づいて判別分析モデルで温暖化後のブナ及びシイ・カシの適地を計算したのが,図3であり,明らかにブナの適地が縮小している。
イメージ 3
これら2樹種及び両者と混交することが多いコナラについて温量指数との関係を見ると,寒い地域にブナ,暖かい地域にシイ・カシが分布し,コナラはあらゆる温量指数の地域に万遍なく分布していた。このため,ブナ林が気温上昇によって衰退した後に代償植生としてコナラ林が成立すると思われ,その結果を図4に示す。
イメージ 4
なお,遠い将来にはコナラ林はシイ・カシ林に代わると考えられる。
他の大気循環モデルである米国 NASA の GISS ,英国気象庁の UKMO のシナリオでも同じような結果になった(引用、終わり)。

 図が不鮮明で見づらいのですが、図4のような結果になるということです。つまり
(1)現在のブナ林の北限は北海道の長万部―黒松内付近にあるが、温暖化    に伴って北限を北海道の中央まで広げることはない。
(2)衰退するブナ林にコナラが侵入し、コナラ林になって行く。
(3)コナラ林は、遠い将来には、暖かい地域からシイ・カシ林に置き換わって行   く。
 この論文も割と古いのですが、なるほど、そういうことになるのでしょうかねえ‥。現在なら気象モデルはもっと洗練されているのでしょうが、ブナ林をコナラが食って行くという構造は、変わらないのだと思います。ブナ林は保水力がありますが、コナラ林はそれほどではありません。ブナ林の林床植物は絶滅に瀕し、山は乾燥化することになるのでしょうか。
イメージ 5

資料:ブナ林観察ガイド
http://www.shirakami.or.jp/~fujisatofc/bunarinframe.html
   

開く コメント(4)

http://www.tokyovalley.com/yahoo_blog/article/article.php
前回の記事↓は、内容てんこ盛りでなんだか分からなくなりました。
今回は、温暖化と植物にしぼってまとめておきます。

 少し古いのですが、「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」が、1995年に報告書をまとめました。次の内容です。
   過去100年間に地上の平均気温は、約0・3〜0・6℃上昇した。
   対策が今のままだと、21世紀末の平均気温は現在より
   約2℃(約1℃〜3・5℃)高くなり、その後も上昇し続ける。
 「たった2℃」ではありません。平成6年の猛暑でも、平年より1℃高かっただけです。氷河時代でも、現在より3〜6℃低いだけでした。
平均気温の2℃上昇が大変なことだと分かります。
イメージ 1

図1.1990〜2100年の全球平均地上気温の変化幅の予測

出典:環境白書「地球温暖化の重大影響‐21世紀の日本はこうなる‐」(環境庁,
1996).以下、同様。

 さて、そこで植物なのですが、植物に限らず生物は環境の変化に対して、次の3つの選択肢をとります。
(1)自分が適応できる環境へ移動する。
(2)移動せず、その場で適応できるように自分を変化させる。
(3)移動も適応もできず、その場で絶滅する。
イメージ 2

図2.平年気候と温暖化気候(21世紀)での日本の植生帯分布の比較

暖かさ指数:各月の平均気温からそれぞれ5度を引き(気温が5度以下の月は0)、1年間分を足し合わせた値。

 移動するということでは、動物では想像できます。植物ではどうでしょうか。実は、植物も種子を飛ばして移動できますが、当然のこと、動物の移動の速さにはかないません。35年間に1℃気温が上昇する温暖化モデルがありますが、1℃上昇すると、気候帯は約80Km北上します。そうすると植物は毎年2・2Km移動することが必要になります。樹木の移動速度を次に示します。

表1. 木本植物の移動可能速度
植 物        移動速度(m/年)
 モミ、シラビソ        40〜300 
 ハンノキ、ヤシャブシ   500〜2000 
 クリ              200〜300 
 ブナ              200〜300 
 クルミ             400 
 エゾマツ、トウヒ       80〜500 
 マツ             1500 
 カシワ、コナラ        75〜500 
 ニレ             100〜1000 
      (参考)気候帯の移動:1500〜5500m/年

つまり、こういうことになります。

樹木は気候の変化に追いつけない。

 では、その場で適応力をつける道はどうでしょう。毎年生まれ変わる1年生草本なら、耐暑性を獲得する突然変異ができるかも知れません。しかし、「桃栗3年柿8年」と言われる樹木では、種子を生産できるまでに数年かかるのが普通です。種によって暑さに耐える能力に差はありますが、50年や100年でこれまでになかった耐暑性を獲得するのは難しいでしょう。
 
 となると、絶滅するしかないのでしょうか。

 森林を構成する樹木は、実際には移動しながら適応を試み、うまく適応できた個体が子孫を増やして行く訳ですが、そうそううまく適応できるものではないでしょう。気候の変化に追いつけず、枯れたり、生育できなくなるおそれがあります。
 自力で動ける動物にとっても、山岳や海峡などの地形や、都市や道路などの人工構造物が移動の障壁になります。このため、分布限界に位置する種や高山などに孤立して生存する種などは、行き場を失い絶滅するおそれがあります。また、森林に住みかや餌を依存している野生動物だけでなく、果樹や作物の栽培など、農林業にも大きな影響が及ぶはずです。

 ネット検索で見つかる、今から10年ほど前の古いデータでまとめてみました。現在、どう論じられているのかは、まだ分かりません。
 次に、もっと具体的に「どう森林植生が変わるのか」の資料を紹介いたします。

開く コメント(2)

http://www.tokyovalley.com/yahoo_blog/article/article.php
イメージ 1

北半球の永久凍土の分布(紫が永久凍土の分布域)

引用元: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B8%E4%B9%85%E5%87%8D%E5%9C%9F

シベリア永久凍土、温暖化で急速に融解

 独立行政法人・海洋研究開発機構は18日、シベリア東部の永久凍土の地温(地下3・2メートル)がここ3年で上昇し、凍土の融解が急速に進んでいると発表した。

 気温上昇に加え、それに起因する降水量の増加が凍土の融解に拍車をかけており、地球温暖化による気候変動の影響が、より明確に現れていると見られる。

 同機構は、ロシア科学アカデミーなどと共同で、1970年以降のシベリア東部の3地点の地温や降水量などを分析した。2004年までの平均地温は毎年零下2・8度前後でほぼ一定だったが、05年には零下1・8度と急上昇し、06年は零下1・5度と過去最高を更新した。さらに、年間降水量も03年以降それ以前の平均より増えていた。夏の雨は凍土の氷を溶かし、冬の雪は地表を覆って地温の低下を抑え、凍土の融解を促進する働きがある。観測地点付近では冬の川に大量に水が流れたり、地盤が緩んで道路が崩れたり、牧草地が水没したりしている。

 永久凍土が溶けると、地形が変化するだけでなく、閉じ込められていたメタンガスが大気中に放出される。メタンガスは、二酸化炭素の20倍の温室効果があるとされ、温暖化をさらに悪化させる心配もある。

(2008年1月18日23時12分 読売新聞)
本記事の出典:http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080118it13.htm
 「これまで冬季には凍結していたが、凍土の融解により、冬でも大量の水が流れるヤクーツク西部の川(海洋研究開発機構提供)」の写真が、見られる。

 追加記事
 「縮小する富士山の永久凍土」
 http://www.interq.or.jp/jupiter/forest/report/20/report20.htm
 「海外調査と国際協力」の中の「3)モンゴルの経験」
http://www.ses.usp.ac.jp/ses/nenpou/nenpou9/seitai/fushimi.html

開く コメント(7)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事