閑話休題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索


 富士山の左斜面に見えるのは、大沢崩れらしい。すると、現・富士宮市の白糸の滝辺りから撮ったものだろうか。

昭和26(1951)年のマッカーサーの有名な米国議会証言にこういうのがある。

太平洋では、米国は日本を迂回しました。そして閉じ込めたのです。
日本が抱える八千万人に近い膨大な人口は、四つの島に詰め込まれていたということをご理解いただく必要があります。そのおよそ半分は農業人口であり、残りの半分は工業に従事していました。
潜在的に、日本における予備労働力は、量的にも質的にも、私が知る限りどこにも劣らぬ優れたものです。
いつの頃からか、彼らは、労働の尊厳と称すべきものを発見しました。
つまり、人間は、何もしないでいるときよりも、働いて何かを作っているときの方が幸せだということを発見したのです。
このように膨大な労働能力が存在するということは、彼らには、何か働くための対象が必要なことを意味しました。彼らは、工場を建設し、労働力を抱えていましたが、基本資材を保有していませんでした。
日本には、蚕を除いては、国産の資源はほとんど何もありません。
彼らには、綿が無く、羊毛が無く、石油製品が無く、スズが無く、ゴムが無く、その他にも多くの資源が欠乏しています。それらすべてのものは、アジア海域に存在していたのです。
これらの供給が断たれた場合には、日本では、一千万人から一千二百万人の失業者が生まれるという恐怖感がありました。
したがって、彼らが戦争を始めた目的は、主として安全保障上の必要に迫られてのことだったのです。

マッカーサーの言った「労働の尊厳」とは、何を指していたのだろうか?

稲作(労働)は神事だった。神に対して心を込めて行うべきものだった。
だから、天皇陛下は御所で稲作を、皇后陛下は養蚕を行われるのだ。
イメージ 1イメージ 2













ところが、外国では労働は苦役に過ぎなかった。力さえあれば、労働は家来や奴隷にやらせて富だけ巻き上げれば良かった。今のグローバリズムは、この系譜に当たっている。
日本に奴隷制度が根付かなかった理由は、「稲作(労働)は神事」という神道に源があると思われる。
「稲作(労働)は神事」という日本人の労働観が、製品に魂を吹き込む「ものつくり日本」の淵源だったにちがいない。
これを、思想家ならぬマッカーサーは「労働の尊厳」と言ってみたのだろう。

 アダムとイヴは禁断の知恵の樹の実を食べてエデンの園から追われた。神は罰としてアダムには労働を、イヴには産みの苦しみを与えた。旧約聖書圏では、労働は神の罰なのである。そう考えると、労働者は早くカネを貯めて退職し、「楽園」例えば海岸に怠惰に寝そべって暮らす生活を夢見る。
 日本の最高神である天照大神は、高天原に田んぼを持っており、農業に携わっていた。天孫降臨では、「天照大神が天上で作っていた稲穂を授けて、地上に降ろさせた」と言うから、稲作は天照大神から授けられたことになっている。
 労働は神の罰で苦役に過ぎず、奴隷に肩代わりさせられればそれに越したことはないという労働観は、旧約聖書圏ではぬぐい切れない。 日本人の労働観は、稲作とそれに付随する労働は神事で、神からの祝福と神への奉仕ということになるだろう。

一昔以上も前に、「日本人は働き過ぎだ」と、盛んに欧米諸国から攻撃されたことがあった。
「罰当たりのグータラ山師どもが!」と一喝する二宮尊徳が一人も居なかったのは、敗戦の劣等感だったのだろうか?


ユーチューブのこの動画は、見られなくなりました。
同一の動画は、こちらの記事で見られます。

イメージ 1
1959年・映画「独立愚連隊 」- Wikipediaより





映画「血と砂」で、少年兵が歌っている軍歌



「血と砂」全編(2時間12分)
冒頭の「聖者が町にやってくる」は、北支戦線にしてはエラくアメリカナイズされているが・・。
戦後の娯楽モノだからしょうがないか。観客は満足したらしい。
馬渕睦夫『和の国の明日を造る』  第61
「夏休み特別編 第二回:先祖との向き合い方」  
放送【2017年8月23日(水)20:00〜21:00】

  3:10 オープニングトーク
 4:18 第二回 夏休みの過ごし方
     先祖との向き合い方

      共同宗教と個人宗教が共存しているのが、
    日本の宗教のあり方だった(田中英道)。
    共同宗教  神道
    個人宗教  仏教
    これが、キリスト教など一神教とのちがいである。
 10:45 中断
 12:02  再開
        元来、先祖供養は神道が行っていたが、後から入って来た仏教
           がこれを受け持つようになった。
     キリスト教を布教に来たザビエルが突き当たったのが、
     「先祖供養」だった。
     芥川の切支丹ものに「おぎん」という作品がある。
     日本にキリスト教が広まらなかった理由を、端的に指摘している。
              日本人には、「先祖と共に生きている」という信仰がある。
     これは、太古の昔から現在に続いている。
     「私たちの命は、ご先祖様からいただいたもの」
     という考え方である。
     靖国神社に祀られている英霊が、死してなお私たちを守っている
     という受け止め方もある。
     「先祖供養」とは、命をいただいた先祖に感謝するという素直な
     気持ちであろう。
 28:14 おわり


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事