自然館クラブ 公式ブログ

毎月の観察会の記録や、イベントの感想などを紹介します。

第97回観察会

今日は槇尾山大谷林道でしたが、雨のため、中止が決定しました
 
公式的には3回目の中止ですが、実質は初めての中止です。
 
ダメかな?と思う日でも、10時前後になると不思議と雨が上がります。
 
けれど先月の光明池も、途中から雨に会いました。
”絶対晴れる”というジンクスも破れつつあります。
 
来月の松尾寺、100回目の七草粥は絶対になってほしいですね。
 
中止と言っても、用意していた「秋の味覚」をいただくため
7名ほど集まりました。                                         イメージ 5
イメージ 4栗と銀杏
 
イナゴと栗・スダジイ・ツブラジイ・銀杏・ムカゴのおむすび
イメージ 6
 
 
イメージ 1今まさに食べようとしたいるのは!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                                                                      とてもおいしい秋の味覚。
 
イメージ 2
 
 
 
                             
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
ここで、頂きました。ご馳走様。
 
11月の観察会にはイナゴのから揚げが、食べられるそうです。
楽しみにしていてくださいね。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

大谷林道の下見

10月13日に行きました。
 
道路沿いの温度計は14℃ 意外と寒かったです。
でも、陽のあたっているところは暖かく、日陰は寒いので、
上着の調節が難しいですね
 
シュウメイギクはまだ蕾でしたが、アキチョウジ、アケボノソウ、ノコンギク、
イヌタデ、ハナタデ、アキノタムラソウ,アキノキリンソウがたくさん咲いていました。
 
イメージ 4
 
イメージ 2
 
イメージ 5
 
 
アサギマダラが、ふわふわ飛んでいました。イチモンジセセリもいました。
 
道路道にはいろいろ面白いものが生育していますが、観光バスや、自動車がたくさん通ります。
参加される皆様、気を付けてください。
 
アケビもたくさん実っています。シバグリ拾いや、ムカゴ採りも楽しみにしていてください。
イメージ 1
 
イメージ 3
 
今回は”秋の味覚を味わう”と、副題がついています。
「アッ」という美味しいものが食べられるみたいです
 
た・の・し・み  
 
年に1回の美味に出会える、次回(10月20日)の観察会の参加、お待ちしています。
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

緑の観察会

9月21日に、和泉市主催の「緑の観察会①」に参加しました。
 
惣ヶ池の周りを歩き、いろいろな種類のバッタを捕まえることができて、
子供たちは大喜びです
 
そして湿地の方へ降りていくのですが、今年はいつもの入り口に
スズメバチが大きな巣を作っています。
刺激しないようにそーと静かに、別の入り口から入りました。
 
湿地にはボントクタデがたくさん咲いていました。イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コケオトギリ
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
センニンソウ 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あとは、アキノノゲシ・メドハギ・イボクサ他も見られました。
 
 
今回の観察会の1番
 
またまた大ヒットです。
続き、オオキンカメムシを捕まえることができました。
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
写真ではわかりにくいですが、お腹が赤紫です。
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
とてもきれいな虫です ただ、カメムシの仲間なのでくさいです。
 
それとキノコがたくさん。
イメージ 6
 
 
 
 あんなのや
 イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こんなの
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
黒いの茶色いの、いろいろなキノコがポコポコ。
 
天気も良く、楽しい観察会でした。
次回は、何が見つかるか楽しみです。
 
皆さんも是非参加して下さいね。
 
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

光明池-雨が・・・

9月の観察会は光明池
 
下見の時も、雨で、観察会の日もあやしーい空模様でした。
しかし、観察会は雨が降らず、絶対に行われるのです。
なぜなら、事務局長が、超強力な晴れ男なのです。
 
今回も約20名参加しました。
外来種のメリケンムグラが一面咲いていて、マメアサガオも少しありました。
 
タチカモメヅルがきれいに咲いていました。
 
イメージ 1
 
今回の目的の一つ、赤とんぼなのに青い!!”ナニワトンボ”も
いなかった。
天気が悪かったというより、大野池が修復のため光明池を満水したのが
影響があったそうです。
 
そして、やはり11時過ぎから雨が降り始め、集合写真を撮り解散。
 
来月は、大谷林道です。
恒例の秋の味覚を楽しみましょう。
 
さてなんでしょう?
参加してからのお楽しみ
 

ハナマルコーナー
 
 先月の槇尾山の観察会に参加してくれたシンタロウ君 
 
頂上までの階段を数えてくれました。
約820段だそうです。がんばりました
 
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

施福寺−真夏の登山−

今月の観察会。場所は槇尾山施福寺です。

去年に引き続き、夏の軽登山。
それにしても、こんな猛暑の中で登ったのかな。。。槇尾山の気温は、都市部&中央丘陵に比べたら、涼しいけれど、登山時はとても蒸し暑かったです。。。

さて、最初に訪れた場所でイワタバコ(イワタバコ科)ミヤマウズラ(ラン科)を見つけることが出来ました。(しかし、8月に入ってから、まともな雨が降っていないので、水がとても少なかったです。)

 

イワタバコ
イメージ 1


ミヤマウズラ
イメージ 2

 ミズヒキキンミズヒキ。どちらも花姿は似ていますが、ミズヒキはタデ科、キンミズヒキはバラ科と、全く別の種類の多年草です

ミズヒキ
イメージ 3

キンミズヒキ
イメージ 4

 登山の途中で、樹を叩く音が、森林中に響き渡る。。なにかなと思って、双眼鏡をのぞきながら辺りを見回しましたが、音の主が判らず、また先頭を行っていたメンバーともだいぶ離されていたので、先を急ぎましたが、下山して駐車場まで戻ってくると、コゲラ(キツツキ目キツツキ科)が、一瞬だけ、私の目の前で止まってくれました。(写真は撮れませんでしたが。。。。)

 本殿へと続く階段を登って行く途中、大きいニホントカゲを発見。一見カナヘビと間違えそうですが、尾は全体の1/2ほど長くてつやがあり、舌先がストレートで、石や倒木の下に逃げ込む性質を持っています。(ちなみにカナヘビの尾は1/2と長くてつやが無く、舌先が二つに分かれていて、茂みの中に逃げ込みます) 
イメージ 5

 本殿に到着し、記念撮影後、解散。本殿のすぐそばにある高台で昼食を食べる。高台から眺める夏の和泉山脈は最高でした。
イメージ 6

 高台に止まっていたオオシオカラトンボ(トンボ目トンボ科)。一見シオカラトンボにも見えますが、このトンボは、腹部の幅が広いのが特徴です。
イメージ 7

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事