自然館クラブ 公式ブログ

毎月の観察会の記録や、イベントの感想などを紹介します。

全体表示

[ リスト ]

施福寺−真夏の登山−

今月の観察会。場所は槇尾山施福寺です。

去年に引き続き、夏の軽登山。
それにしても、こんな猛暑の中で登ったのかな。。。槇尾山の気温は、都市部&中央丘陵に比べたら、涼しいけれど、登山時はとても蒸し暑かったです。。。

さて、最初に訪れた場所でイワタバコ(イワタバコ科)ミヤマウズラ(ラン科)を見つけることが出来ました。(しかし、8月に入ってから、まともな雨が降っていないので、水がとても少なかったです。)

 

イワタバコ
イメージ 1


ミヤマウズラ
イメージ 2

 ミズヒキキンミズヒキ。どちらも花姿は似ていますが、ミズヒキはタデ科、キンミズヒキはバラ科と、全く別の種類の多年草です

ミズヒキ
イメージ 3

キンミズヒキ
イメージ 4

 登山の途中で、樹を叩く音が、森林中に響き渡る。。なにかなと思って、双眼鏡をのぞきながら辺りを見回しましたが、音の主が判らず、また先頭を行っていたメンバーともだいぶ離されていたので、先を急ぎましたが、下山して駐車場まで戻ってくると、コゲラ(キツツキ目キツツキ科)が、一瞬だけ、私の目の前で止まってくれました。(写真は撮れませんでしたが。。。。)

 本殿へと続く階段を登って行く途中、大きいニホントカゲを発見。一見カナヘビと間違えそうですが、尾は全体の1/2ほど長くてつやがあり、舌先がストレートで、石や倒木の下に逃げ込む性質を持っています。(ちなみにカナヘビの尾は1/2と長くてつやが無く、舌先が二つに分かれていて、茂みの中に逃げ込みます) 
イメージ 5

 本殿に到着し、記念撮影後、解散。本殿のすぐそばにある高台で昼食を食べる。高台から眺める夏の和泉山脈は最高でした。
イメージ 6

 高台に止まっていたオオシオカラトンボ(トンボ目トンボ科)。一見シオカラトンボにも見えますが、このトンボは、腹部の幅が広いのが特徴です。
イメージ 7

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事