自然館クラブ 公式ブログ

毎月の観察会の記録や、イベントの感想などを紹介します。

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]

8月の観察会下見

8月11日(日)に槇尾山の施福寺へ行ってきました。
 
夏真っ盛り 暑ーい  
 
と言っても、山道は木々の日陰で少し涼しい。
 
暦の上では立秋が過ぎているので、お山では所々秋を感じる花も
見つけられました。
 
駐車場横にあるケンポナシが、たくさんの実をつけています。
イメージ 1
 
今から楽しみ
 
野草ではガンクビソウヒメガンクビソウが、咲き始めています。イメージ 7イメージ 6
 
ヤブミョウガもたくさんの花を咲かせていました。
イメージ 8
 
ミズタマソウも
イメージ 9
 
 
ギボウシは満開です。
イメージ 10
 
ウバユリはこれからですね。来週が楽しみです。
施福寺の境内で咲いていました。
イメージ 11
 
昼食後、少し足を延ばして兜卒岳へ行きました。
 
アカガシ、                    ウラジロガシの巨木を観察しました。
イメージ 3イメージ 4
 
 
昆虫では、事務局長がミヤマカラスアゲハを採集しました。
イメージ 2
 
エノキの周りをタマムシが、飛び回っていました。
 
少し遠かったのですが、陽の光にきらきらと輝き
タマムシということが、よくわかりました。
 
アカガシにはミヤマクワガタを発見。
写真のモデルになって貰いました。
イメージ 5
 
とても暑かったですが、いろいろな動植物に出会えた1日でした。
 
 
 
 
 施福寺境内には、自動販売・お店が
   ありません。充分、お茶等の水分を持って
   参加して下さい。
 
 
 
 今月の観察会は東槇尾川。夏になると、涼しさを求めて、7月または8月のどちらかで、東槇尾川での川遊びを楽しむ観察会となっています。

 集合場所には、ヤマグリ(ブナ科)が若い実をつけていました。(若い状態のイガは、やわらかく、触っても痛くはありません。)
イメージ 1

 暑〜い散歩道を数分歩きつづけていくと、森林の入り口にたどりつく。山道には、ハグロソウ(キツネノマゴ科)がたくさん咲いていました。
イメージ 2
 
 去年の観察会で、カラスアゲハが産卵していたイヌサンショウ(ミカン科)。今年も見れるかなと思っていましたが、メンバーから、さなぎから成虫へと卯化して、飛び始めたばかりなので、産卵の時期としてはちょっと早すぎると。。。卵は見つかりませんでしたが、成虫が2匹飛んでいました。
イメージ 3
 
 少ない水辺で川遊びをする子供達。サワガニヘビトンボの幼虫など、水辺で生息している生きものを探しました。
イメージ 4
(見て見て。こんなに大きなサワガニ見つけたよ。
イメージ 5

94回観察会の下見

7月14日(日)に観察会の下見で、東槇尾川方面に行きました
 
まず、おいしそうなクサイチゴが出迎えてくれ、ネムノキの花も満開
 
イメージ 4
イメージ 5
 
 
所々でホタルブクロの白い花も、可憐に咲いています。
イメージ 9
 
 
川沿いの林道に入っていくと、ハグロソウがぼちぼち咲き始めていました。
アジサイの花によく似たノリウツギ、さらに奥に進むとギボウシも咲いていました。
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
昼食後、追分から槇尾山施福寺へ登りました。
途中でイチヤクソウがありましたが、花は終わっていました。
イメージ 1
 
 
 
 
しかし、ハエドクソウはこれから咲き始めです。
イメージ 2
 
 
境内ではなんと ルリボシカミキリが木にとまっていました。
イメージ 3
 
和泉市で初、お目見えかもしれないということです。
今まで見つかった記録がないとか…
めちゃめちゃきれいな色でしょう。
 
暑い日が続きますが、花や昆虫にとってはいい季節なのかも。
皆さんも是非、参加して下さいね。
 
7月21日(日) 東槇尾川で待ってまーす。
 続いて、別室(普段は老人集会所として使われている部屋)で行われたクラフトなどを紹介します。

 まずは木工を使ったクラフト。スタッフの話をよく聞いて、ボンド等を使いながら、木工を組み立てていきます。(大人達も真剣です。
イメージ 2

イメージ 1

 こちらは牛乳パックを使ったクラフト。昆虫の絵が描いている牛乳パックを使って、車式のおもちゃを作りました。(数に限りがありましたが、とても楽しんでいました。)
イメージ 3


 今日は七夕ということで、折り紙コーナーでは、細長く作った折り紙短冊に願い事を書きました。(書いた短冊は、外に設置していた笹に結びつけました。みんな、どんな願い事をしたのかな。。
イメージ 4

 受付でチケットを貰って、まずはゲームコーナーへ。今年も自然をテーマとしたゲーム4種類と、初の化学実験教室が行われました。

まずは、カブトムシの綱引き。2匹のカブトムシ(オス)の角に紐(ひも)を結びつけ、どちらが勝つか予想します。(う〜ん。。。どっちだろう。。。)。試合終了後は、実際にカブトムシを手にとって、生態などについてスタッフから学びました。
イメージ 1

 中央のテントでは、松ぼっくりを使ったバスケットゲーム。3つの籠(かご)めがけて松ぼっくりを投げていきます。時にはバスケットの中に、たくさんの松ぼっくりを入れた子もいました。
イメージ 2

 射的。昨年の自然館祭りでも、似たようなゲームをしましたが、発射する前に的が倒れるというハプニングが続出しました。。。でも今回の的は、新しく作り直したので、昨年のようなハプニングはありませんでした。(狙いを定めて。。。。発射。上手く命中しました。)
イメージ 3

 自然館の前では、初の化学実験教室が開かれました。その名も「冷たいつめたい空気の水の不思議大実験」。液体窒素を入れた箱に、風船や花などをいれて、どのような変化を起こすかという実験です。(子供達が、誤って箱の中に手を入れないよう、注意しながらの実験でした。)
イメージ 4

  こちらは自然館内で行われた動物の鳴き声クイズ。パソコンから聴こえてくる鳴き声を聴いて、どの動物が鳴いているのかを、パンフレットから選んで当てています。(う〜ん、これかな。。。)(その3へ続く)
イメージ 5

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事