TAXI's Bar in India

おかげさまで66Khits!キリ番はCOZY様!皆様いつもご来店ありがとうございます

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全191ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

嫁いらず

独り暮らしの味方

イメージ 1えーとTAXIです
久しぶりに記事を入れます

あれから色々やってます。
こんかいご紹介は

紀文の糖質ゼロ麺

さらに、「豆腐用やくみ」
大した出費じゃありません

でも、

痩せるんです
しかも料理が秒速!

ザルで洗うだけ。
あとは「やくみ」をぶっかけ
完成なんです。
独り暮らしですが、毎日食べてます。  麺つゆはどこにでも売ってます。
30秒で食べられます、美味しいです。  これに勝るヘルシー料理はないと思います。

いっぺんやってみ、この世に料理なぞ不要だと思うぞ。

これ、正直どんなありがた迷惑な料理より旨いっす。
問題はこの麺が最近、スーパーで手に入りにくくなっているトコロ。
じわじわ来てます、そのうち爆発的にテレビで紹介される予感。。

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

My father passed away

Dear my friends.

I regret to say that, my father passed away on last Sunday, 19 May 2014.
Just I returned after finishing every ceremony from my hometown.

Thank you all.

イメージ 1

開く コメント(2)

家族写真

次男坊の中学受験が終わった

去年の10月末、次男坊が突然「お兄ちゃんの中学を受ける!」と言い出した。
家族はたった三か月では無理だろうと。  でも次男坊は聞かなかった。
塾の講師はターザン受験はやめとけと。  でも次男坊は聞かなかった。
 
そして二月三日、彼は結果を出した。
 
おめでとう!
 
ウチの学区の小学校からは「10年振りの快挙!!」と言われた。
ちなみに10年前は長男坊だった。
お兄ちゃんを追いかけた次男坊は、夢に一歩近づいた。
 
私の計画は狂ったが
 
そこで家族写真を撮ろうと思い立った。
そう言えばお兄ちゃんは東大卒業して大学院進学だし、
次男坊の合格祝いもあるし、
私も昇進試験に合格(しそう?)だし。
イメージ 1考えて見りゃ
家族写真なんぞ
随分久しぶりだ
 
多分10年振り
 
オヤジはその間
中国行って
京都行って
インド行って
大阪行って
岡山の両親を
一年間介護して
 
あっという間に
過ぎていた
 
次男坊は
放ったらかされて
育っている間
ついに
自分の意志で
未来を決めて
意地はって、思い込んで、突き進んで、執念で、成功を勝ち取った。
 
写真館のポーズでは、得意満面の顔で、お兄ちゃんに抱きつく姿があった。

とても大きく見えたぞ、おめでとう

俺も見習って頑張ろう

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

えっと、ヤフブロエディターってどうやって使うんだったっけ?

すっかりご無沙汰してますTAXIです。
明けて去年は日本に就職して、ほぼ一年を実家通いに費やし、オヤジの看病してました。
今年もオヤジは生き延びてます、さすが逞しい。。
イメージ 1
いつもの地元の親水公園で二年ぶりのカワセミに再会です。  そういえば去年は一度も翡翠を見なかった。
今年はどういう年になるんだろう。
イメージ 2
オヤジを看病している実家の病院から、ケヤキの木にシメを見つけました、初見でした。
今年は一体どんな年になるのやら、、
イメージ 3
実家の病院でエナガも見つけました、こちらも初見
なんだか少し、肩の力が抜けてきたのかも知れません

皆様、今年も宜しくお願いします

TAXI's Barを再開するかどうかは未定ですが、皆様に幸せの青い鳥から良いモノが届きますよう
 
店主拝

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

チューリップ

チューリップの花が咲いた

イメージ 1どこにでもあるチューリップかもしれない、
でもこんなに儚いものはない。
 
これを丹精込めて育てた主は、
今や療養病棟に居る。
病室でだんだん若返っている。
もうじき幼児に戻り、そして還って行く。
 
行きっぱなしの長男がインドを辞めて帰って来たのも
自らの贖罪のためだったのだろう。
それから暫く、楽しい夕餉と議論と口論が続いたが、
やがてオヤジは若返り始めた。
 
窓辺にベッドをしつらえて、
外に親父のチューリップを並べた。
本人は3度しか使わなかった。
窓の外を観た時、一輪だけチューリップが膨らんでいた。
微笑ましそうに眺めていたオヤジは、
今は住み慣れた自宅を名残惜しそうに思い出している。
 
そしてチューリップが咲くのを心待ちにするようになった。
 
息子はあんな逞しいチューリップが
実は儚いものだと言うことを、
桜が散る頃はじめて気が付いた。
 

散るなチューリップ

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

全191ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事