風の吹く街、街に吹く風〜神戸〜

このブログは宗教と無関係だ。宣伝に関知しない。

税制、社会のしくみ

すべて表示

【賭け事の対象】

【賭け事の対象】
 
 この世では、あらゆる事が賭け事の対象になる。プロ野球での「賭け事」が世上を騒がせている。勝敗に金を注ぎ込んだ賭博行為だとして、プロ野球界から追放された人たちがいる。ただし犯罪として処罰されたわけでない。そういう話は耳にしない。
 
 ところが、円陣の「声出し」という行為について、巨人の場合、勝ち負けの結果、お金の精算行為があったと報道された。これも賭博である。いろいろ言い繕いがあって、それは負けへの誘導にならないから野球協約違反でないのだそうだ。また、金額が少ないので大した犯罪でないのだそうだ。中にはそれは験担ぎなので「賭博」でないなどという意見もある。
 
 阪神にも、同様の行為があったとも報道された。賭博罪という法律があり、わが国は法治国家だとされている。金額の多寡が法律に定められているわけでない。法律でいう賭博でないのかどうか、と言えば、そんなことはない。可罰性の是非はあっても、それは別の話である。
 
 プロ野球という興行を多くの人々が楽しんでいる。「球界の紳士たれ」は、地に堕ちた。「われわれも普通の人間だ」という身も蓋もない話でいいのか。それなら、1時間当たりの給与はいくらだという、普通の人々の暮らしでいいわけだ。
 
 プロ野球人という野球技術を披歴する人々の志はどこへいったのだ。そんなものは元々なかったのか。球団社長や野球関係者の談話の中に見るべきものはあるのか。そんな開き直りよりも、「声出し」にしても、賭け事の対象にすべきでない。それが世間の常識であってほしい。
 
 

.


みんなの更新記事