ヒッチさんの映画鑑賞日誌

邦画のベスト1は「二十四の瞳」

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1
忍びの者
平成23年2月3日(木)BS
☆3.5
1962年
監督:山本薩夫
出演:市川雷蔵、藤村志保、伊藤雄之助、城健三朗、西村晃、岸田今日子、小林勝彦、丹羽又三郎、沢村宗之助、加藤嘉

戦国末期。伊賀の国には高技術を誇る忍者が輩出した。その中に石川村の五右衛門(市川雷蔵)がいた。彼は三太夫(伊藤雄之助)の配下に属する下忍(最下級の忍者)だった。その頃、全国制覇の野望に燃える織田信長(城健三朗)は宗門め掃討を続けた。そんな信長に対し、天台、新言修験僧の流れをくむ忍者の頭領、三太夫は激しい敵意を持ち下忍達に信長暗殺を命じた。一方、三太夫と対立中の藤林長門守も信長暗殺を命令していた。・・・。(あらすじはgoo映画より)


イメージ 2
続・忍びの者
平成23年2月4日(金)BS
☆3.5
1963年
監督:山本薩夫
出演:市川雷蔵、藤村志保、城健三朗、山村聰、東野英治郎、坪内ミキ子、永井智雄、石黒達也、須賀不二男、山本圭

一時は平和な生活を得た五右衛門(市川雷蔵)とマキ(藤村志保)も、信長(城健三朗)の執拗な忍者狩りに追いつめられ愛児を火中に失った。かくて復讐の鬼と化した五右衛門は信長暗殺の期をうかがうべく、マキの故郷の雑賀に身をかくし、土地の郷士鈴木孫一を頭とする反信長の雑賀党に参加し忍者復活を宣言した。そこに服部半蔵(天地茂)が家康(永井智雄)の使者として来て、信長を倒すには秀吉(東野英治郎)に追い越されて焦っている明智光秀(山村聰)を利用することを教えた・・・。(あらすじはgoo映画より)




石川五右衛門が大泥棒でなくて伊賀の忍者百地三太夫の弟子だったという新解釈で描いた村山和義の同名小説を社会派山本薩夫が監督。これまでの荒唐無稽な忍者映画とは異なり反骨精神に満ちたリアルな演出で大ヒットしたという。忍者ブームを引き起こし、全8作も作られることになった市川雷蔵主演の大人気時代劇シリーズ。

雷蔵の時代劇では、「眠狂四郎シリーズ」や「大菩薩峠シリーズ」と並んで、当時の大映のドル箱シリーズである。今回見たのはその1作目と2作目で、どちらも山本監督の手によるもの。主人公は石川五右衛門。4作目からは主人公が霧隠才蔵に変わるが主役が雷蔵なのは変わらない。

さて、火薬をふんだんに使い多彩なアクションシーンを織り交ぜながらも、忍者の単純な冒険活劇に収まっていない。興味深いのはこの五右衛門の性格設定であり、人間的に決して強くない存在であるということ。1作目では頭領の女房(岸田今日子)に色目を使われていとも簡単によろめいてしまうし、2作目ではマイホームパパで仕事と家庭を秤にかけて迷わず家庭をとるような主人公なのである。この五右衛門は苦悩する。忍者という職業は必ずしも英雄でも怪傑でもなく、時の権力に左右されながら弱い日蔭者として描かれているところにリアリティがある。決してクールで非道な忍者ではないのだ。

その五右衛門が、命を狙うのが信長(城健三朗)である。叡山焼き打ちや一向一揆での残忍な殺戮を引き合いに出しながらこの信長を徹底的に悪役として描いているという点も特徴的である。2作目では、光秀をそそのかして本能寺の変を仕掛け、その信長を五右衛門が殺してしまうし、家康や秀吉の権謀術数がしたたかに展開される。

好みの問題かもしれないが、娯楽に徹している感じのする2作目よりも、忍者の悲哀の色合いがより強く出ている1作目の方が個人的には面白かった。忍者ものというより哀愁のスパイ映画といった趣きである。役者では、1作目の百地三太夫に扮した伊藤雄之助の怪演と、2作目の光秀に扮した山村聰の役作りが特に見事だった。
 

開く トラックバック(3)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事