ここから本文です
ブログ 国際業務雑記
入管局申請、国際労務管理、外国企業の対日投資サポートなどを手掛ける行政書士・社会保険労務士事務所所長のブログです!

書庫全体表示

先日、夏休み中の娘(高2)と一緒に、横浜や子どもの頃よく行っていた三浦半島を旅行して来ました♪(^^)(写真は横浜・ホテルニューグランド内レストラン)。

弊事務所は開業19年。名古屋を基盤とし、有り難いことに多くのクライアント様に恵まれ 忙しい日々を送っています。今まで東京に支店を出すことも何度か考えましたが… その都度 思い直して名古屋での事務所運営に専念して参りました。
第一の理由は… 何といっても 家族との時間。そもそも東京(多摩地区)出身で実家もまだ東京にありますが、妻子は名古屋を地元として暮らしています。 子どもの頃から事業欲最優先の父親を見て 「ああはなりたくない」 と思いつつ育ち(苦笑)、さらには二十代の頃のアメリカ暮らしで 「家族最優先」の考え方が根付いてしまいました(もし自分がサラリーマンで単身赴任を強いられたら… 間違いなく 会社辞めます(^^;)。

東京は私たちにとって とても魅力的なマーケット。単に外国人数が多いというだけでなく 仕事に繋がる多様さが有ります(名古屋も外国人数はそこそこ多いですが日系ブラジル人などが多く、彼らはビザが簡単なので自分で手続きしたり、所属する 派遣・請負会社が入管ビザ取次もするため 我々行政書士の仕事にはなりにくいのです)。 うちの事務所が得意とする外資系企業フォローの面でも、外資が東京圏に多く集中してるのは有利です。 とはいえ 上のような事情から、今後も東京に事務所を出すことは無いだろう… と考えていました。

しかし!! 先日 高2の娘と 今後の進路について話していたら… 「私、本当は東京の大学に行きたいんだよね(´・_・`)」 と衝撃のひとことがっ!!(((;゚Д゚)))))
というわけで… 出来れば愛知県の大学に進学して欲しいですが、万が一 娘が東京のほうへ進学する場合には 「東京事務所を出店」 することにしました(^^;。その際は 東京の若手行政書士さん、パートナーご検討ください。入管業務みっちり教えます。4年経ったら(註: 娘が留年したら5年) 私はもう行きませんので、その後は東京で独り立ちして頂きます(その際 法人化で行くか? 事務所を分けるか?などはお好きなように(^^;)。
娘は今、高2。再来年4月になってからバタバタ…では遅いので、今のうちから書いておきます(^^;。

“外国人在留・雇用手続全般、外国企業の対日投資サポート 他”
行政書士・社会保険労務士 名古屋国際綜合事務所
(TEL:052-561-8877 名古屋駅からお越しください)

イメージ 1

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事