ここから本文です
ブログ 国際業務雑記
入管局申請、国際労務管理、外国企業の対日投資サポートなどを手掛ける行政書士・社会保険労務士事務所所長のブログです!

書庫全体表示

【ハロウィン考】

もうだいぶ時間が経ってしまいましたが… 先月末のハロウィンについて。思うところありなので述べさせて頂きます。
最近、「ハロウィンはそもそもケルトの聖霊うんぬん…。 なのに日本の大人たちがバカげた仮装なんて!」 といった意見もよく耳にします。でも要するに「仮装が嫌いな人たち」の意見ですよね?(笑)
ハロウィンは既に、ケルト人の手を離れてしまっていますね。アメリカで3回ハロウィンに参加しましたが(もう20年以上前。NY1回とサンフランシスで2回)、当時から子どもだけでなく 大人も楽しむ お遊び&バカ騒ぎでした。パレードの気合入れようも、「リオのカーニバル」さながら。
実はこういうバカ騒ぎはほかにも有って、3月のSt Patrick's Dayも元々はアイリッシュ🇮🇪のお祭りですが、ゆかりの緑色を入れた仮装を楽しんでいます(アイルランド系でない人も)。サンフランシスコには毎年5月、Bay to Breakersというなんと100年以上!の歴史がある仮装マラソン大会などもあります(←是非一度ググってみてください)。
ヴェネツィアのカーニバル、イスラエル🇮🇱のプリム祭、ニューオリンズのマルディグラ、メキシコの死者の日… 仮装を楽しむお祭り(バカ騒ぎ)は世界中沢山ありますが、私はそれを日本人が 「今さら」 批判出来るのかなぁ… と考えてしまいます(^^;
というのも、多くの日本人がクリスチャンじゃないのにキリスト教会(風の結婚式場)で結婚式を挙げ、白人のニセ牧師(←ほぼ100%ニセモノ。中には無神論者もいる(苦笑) に祝福?されて喜んでるんですから(^^;。今さら「ハロウィンの起源がどうだ」とか言うのも変だよなぁ…と思ってしまうわけです(^^;
ともあれアメリカから帰国して十数年は、周りの誰もハロウィンを知らずさびしい思いをしていましたが、この数年の定着ぶりが私は嬉しいです♪(但しハロウィン後のゴミ問題は…タバコのポイ捨てと一緒で結局は個人個人のモラルなんですが、なんとかしないといけないですよね…)
(写真は'94年に訪れたイスラエル・エルサレムで撮影した ユダヤのお祭り『プリム祭』の様子。写真が数枚だけ残ってました)

外国人在留・雇用手続全般、外国企業の対日投資サポート他
行政書士・社会保険労務士 名古屋国際綜合事務所

イメージ 1

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事