ここから本文です
ブログ 国際業務雑記
入管局申請、国際労務管理、外国企業の対日投資サポートなどを手掛ける行政書士・社会保険労務士事務所所長のブログです!

書庫全体表示

2月に入り、少し落ち着いてほっとしています。先月は大変な繁忙期でした。

例年、日本の大学を卒業する外国人留学生のビザ変更申請が12月初旬から始まって翌春まで続くのですが、やはり毎年「1月のうちに申請を出したい!」という留学生が一番多く、集中するのです。これは彼らの多くを占める 中国、韓国、台湾、ベトナム…といった国々が皆、新暦でなく旧正月を祝う国のため。今年は2月16日が「元旦」に当たるようですが、それまでに申請を出して(スッキリしてから)帰省したいと希望する留学生が多いからです。

さらに、昨年11月スタートの技能実習新制度による書類増加の影響、プラス 3本の講演も重なりました。講演はそれぞれ、名古屋市主催(愛知県内の企業対象)、名古屋大学主催(就職活動を控えた大学3年生の外国人留学生対象)、群馬県主催(昨年11月からの外国人技能実習 新制度に絡んで。技能実習受入れ組合・企業が対象)。


写真は先週出掛けて来た、群馬県公社総合ビル ホールでの講演(群馬県さんと、群馬県中小企業団体中央会さんの主催)。2年前にも 同様の講演でおじゃましましたが、今回は『外国人技能実習機構』の担当の方も来られ、私と二本立てでのコラボ講演…。

簡単に言えば「取り締まる側の役所の人の前で、取り締まられる側の企業や団体に向けたお話をする」わけですから… とても緊張しました(^^;(もちろん 日々コンプライアンスを守り、違法なコンサルをしているわけではありませんが、業務上「グレイな状況にあったクライアント企業をいかに改善して真っ当な方向へと導いたか?」といった内容も話さないといけないので(^^;)

外国人技能実習機構 東京事務所から来られた担当の方がとても気さくな方だったので助かりましたが… やはり緊張しますね。悪いことをしていないのにパトカーを見るとちょっと緊張する…というアレでしょうか?(笑)
 

外国人の在留・雇用・招聘手続全般、技能実習受入れ手続他

行政書士・社会保険労務士 名古屋国際綜合事務所
TEL052-561-8877 名古屋駅からお越しください)

イメージ 1

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事