ここから本文です
ブログ 国際業務雑記
入管局申請、国際労務管理、外国企業の対日投資サポートなどを手掛ける行政書士・社会保険労務士事務所所長のブログです!

書庫全体表示

戦国時代末期、尾張の織田信長は何よりも「情報戦」を重視し、桶狭間の戦いに始まる戦争・政争を有利に進め天下統一の基礎を築き上げました。
が… その尾張(隣国の三河もですが)は今や『モノづくり』重視の地域。モノづくりは素晴らしいですが、対比してか「情報」の価値が薄く(安く)なっている。これは私だけの意見ではありません。
私たち士業事務所は、まさに情報・ノウハウ・コンサル力を武器に戦っていますが、その価値を認めてくれない(=お金を払ってくれない)企業が名古屋圏には山ほど存在します。

情報を聞き出すだけ聞き出して、結局は自分たちで申請する上場企業!も珍しくありません。相談料を「自腹で払います」と言われた大企業人事部の方々も、今までに沢山ご来所されました。社内で「そのくらい自分で調べろ!」と言われ、相談料を払うための会社決済が下りないからだそうです。

これはおそらく、中部地域に暮らしている人たちでないと全く理解出来ない話だと思います。東京や他地域で、名古屋の大企業の純利益に関する新聞記事・ニュースだけ見ている同業者の皆さんから 今までに何回言われたことでしょう…。
「名古屋は儲かってる大企業が沢山有るし! さぞかし経費も沢山使ってくれて、コンサル料なんかも気前よく払ってくれるんでしょ!?」と…(笑)

東京資本の大きな士業法人が、上のような目算で 名古屋に進出⇒2年ほどして撤退(苦笑)というオチを見ましたが、つい先日も名古屋に進出して来たばかりの大手士業法人の方とお会いし、同じような印象を受けました。

「名古屋は儲かってる大企業が多い」 = 「巨大なビジネスチャンスが埋まっているはず」 「なのに何故?? 自社で手続きしてたりする?」 「なんでアウトソーシングしない??」 「名古屋の士業事務所は、みんな眠ってるんじゃないのか??(苦笑)」 ⇒  それなら俺たちが名古屋に進出して シェアを取ってやろう! といった意気込みを感じますが…(^^;

ひとつだけ言わせてください。
名古屋の士業事務所(コンサル会社も下請け企業さんたちも)は皆、“血のにじむような努力”をしているんですよ…。
他地域の人には何を言っても理解してもらえないし、名古屋進出するその大手士業法人の先生にも、「あと1年半くらいしたら一緒に酒でも飲みに行きましょうね(^^)」とお答えしておきました。今は何を言ってもわかってもらえないからです。

開業して20年 名古屋で頑張って来ましたが、唯一・最大の後悔は 東京に事務所を出さなかったこと(今からではなく、10年、15年前に東京進出しなかったこと)。 「東京は何よりも「情報」が高いので…」 と、先日 東京の同業者から聞き、更に悔しさがつのりました。

もういい歳です(苦笑)。 今後はさらに、「私たちの情報・コンサルに価値を見出してくれる(=お金を払って頂ける)企業様のためだけに」 頑張って行きます。 決してぼったくる とかいうことではありませんよ、それでは長続きしませんから。
もう「サービス残業」ならぬ「サービスコンサル」はしません という意味です。こちらを大切にしてくれる企業様のみを、全力でフォローしていきたい! ということです。

外国人の在留・雇用・招聘手続全般、外国人雇用コンサルティング他
行政書士・社会保険労務士 名古屋国際綜合事務所
TEL052-561-8877 名古屋駅からお越しください)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事