ここから本文です
ブログ 国際業務雑記
入管局申請、国際労務管理、外国企業の対日投資サポートなどを手掛ける行政書士・社会保険労務士事務所所長のブログです!

書庫全体表示

平成を振り返って

新年明けましておめでとうございます。いよいよ平成最後の年。せっかくですので、この30年間の外国人行政を振りかえってみたいと思います。

いつも西暦で考えていて見落としがちでしたが、「平成」に入ってからがまさに外国人行政の激変期でした。元号が変わってまもなく、平成2年(1990年)の入管法大改正で多くの日系人労働者が南米などから流入。平成5年(1993年)には既存の研修生制度に加え技能実習制度がスタートしました。この後 外国人登録者数は急増し、不法滞在者数も膨れ上がりました。平成22年(2010年)には技能実習制度の大改正がなされ、平成24年(2012年)より在留管理制度がスタート、平成29年(2017年)より技能実習法施行…。そして 平成の最後・平成31年(2019年)4月からは新しき外国人材『特定技能』の受入れが始まります。

以上は主だったものだけですが、こうした出来事も全て平成に入ってからじゃないか… と改めて実感。

 

ただ、振りかえって感傷に浸っている暇はありません。今後は今まで以上に「小さな改変」がコンスタントになされていくだろうからです。最近の外国人材受入れ、特に「特定技能」に関わる報道で、以前とは比べものにならないくらい「見直し」「見直ししていく予定」といった言葉が使われています。今までの失敗(というよりも国側の思惑が外れること)からよく学び、「「特定技能」でもまずは始めてみて、様子を見ながら微調整していくしかない」という結論になったようで、私はこれを正しいことだと感じます。

制度の見直し、マイナーチェンジは絶対に必要です。しかし今回のような制度を根本から覆すような大改正は、あってもせいぜい10年、15年に一度にして欲しいものです。

 

外国人の在留・雇用・招聘手続全般、外国人雇用コンサルティング他

行政書士・社会保険労務士 名古屋国際綜合事務所
TEL052-561-8877 名古屋駅からお越しください)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事