ここから本文です
ブログ 国際業務雑記
入管局申請、国際労務管理、外国企業の対日投資サポートなどを手掛ける行政書士・社会保険労務士事務所所長のブログです!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

4月も後半。いろいろ落ち着いて来ましたが、昨年来の入国管理局の混みようが改善されず、今までに比べて ビザ更新も変更も海外からの招聘も、格段に審査期間が長引くようになっています。名古屋のみならず、大阪入管も東京入管も、申請に行くと当り前のように半日以上がつぶれてしまいます。理由はごく単純なもので「外国人数が増加したにも関わらず、対応出来る入管職員の数が増えていないため」というものです。
民間企業と違い、官公署である入管は「申請者(お客さん)が増えたんだから職員側も増員しよう!」とは簡単には行かないようです。公務員を増やすのは予算取りから始まって手間が掛かること。ただ、これほどまでに外国人数、外国人就労者数が増加しているのですから、空港も含めて入国管理局職員を大幅に増員しないと…と考えてしまいます(既にパンク寸前…)。
 
実はちょうど10年前の20084月末、名古屋市内で手狭になっていた名古屋入国管理局が、規模も大きく、一箇所の建物として現所在地へ移転して来ました。が…その5カ月後、同年9月にはあのリーマンショックが…。日系ブラジル人など工場で働く多くの外国人労働者がごった返していた名古屋入管でしたが、リーマンショックで多くの外国人が帰国。大きくなったばかりの入管内は早くもガラガラの状態に…。
当時「箱だけ大きくして無駄になった…」などいろいろ批判も有ったようですが、今はまた 連日満員で外国人たちが入管へ手続きに押し寄せています。今後も一時的な増減が有ったとしても、この傾向自体に変わりはないでしょう。
外国人労働者120万人時代の入国管理局。空港も含めた「人」の増強が急務だと思います。

 外国人の在留・雇用・招聘手続全般、技能実習受入れ手続他
行政書士・社会保険労務士 名古屋国際綜合事務所
TEL052-561-8877 名古屋駅からお越しください)

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事