ここから本文です
ブログ 国際業務雑記
入管局申請、国際労務管理、外国企業の対日投資サポートなどを手掛ける行政書士・社会保険労務士事務所所長のブログです!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

前回ご報告のとおり、5月半ばで開業20年を迎えました。

この20年間、日本の外国人労働者事情は大きく変わりました。リーマンショックや大震災後の一時的減少はあったものの在留外国人数は増え続け、外国人労働者100万人時代を迎えたと思ったら、あっという間に120万人。様々な職域にまで外国人労働者が拡がり、中には外国人に後継を担ってもらわなければならないような職種も、熟練工や一部の日本伝統工芸などで見られるようになっています。

留学生も、行政の後押しもあって 以前では考えられなかった業種の会社へも就職するようになり、長く建前を大原則として来た「外国人技能実習制度」も、必要性にシフトした「介護」の職種追加や、オリンピック開催決定を契機に建設業種での大幅緩和もなされました。いずれも 激変というレベルの変化です。

またアジア新興国の台頭など 日本を取り巻く事情も大きく変わり、それは日本へ働きに来る外国人の出身国シェアを見てもよくわかります。
 
激変の時代ではありますが、長く入国管理局行政や 在日外国人社会の動きを見て来たおかげで、今後の政策の流れ(と、相手が日本人でなく「外国人ゆえ」の政策・思惑の失敗と、それへの後追い的対策…)など予想がつくようになっており、これは自分の強みだと考えています。

「外国人労働者数が増えた」ということで入管業務を始める行政書士も増えましたが… 実のところ、規制緩和、行政側の対応、天下り団体や大手民間企業の参入等々で外国人数は増えても「いい仕事」はむしろ減っており、それに気づいた人はいずれやめるでしょう(註:これから開業する司法書士さんが、「債務整理業務で食べて行きます!」って言うのに比べたらまだはるかにマシですが…(^^;)

私は、この先 外国人数が増えようが減ろうが、またいい仕事が減ろうが、天職だと思っているこの仕事を今後も続けていきたいと考えています。
 

 外国人雇用・就労ビザ申請手続全般、技能実習受入れ手続他

行政書士・社会保険労務士 名古屋国際綜合事務所

TEL:052-561-8877名古屋駅からお越しください)

 

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事