丹波やまなみ<Blog> The Tanba Mountains

若い人も 高齢者も 安心できる医療、介護、年金制度を!

平 和/放射能/こども

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ノーモアー福島

ノーモアー福島
篠山を放射能災害から守るために    
20113111446分、三陸沖で起きたマグニチュード9.0--(448ガル)の大地震とその津波により、東京電力福島第一原発は、未曽有の過酷事故≪レベル7*()に陥り、福島・東日本を中心に、世界の海も空も大地も、未曽有の放射能に汚染*()されてしまった。
*() ≪レベル7≫はチェルノブイリ原発事故と同レベル
*() 2013年3月31日現在 
浪江町  約10Km西北西  23.23μSv/h   これは年換算で 203.4mSv (一般人の許容量1mSv203)
福島市    約62Km 北西    0.64μSv/h         年換算で    5.6 mSv (一般人の許容量1mSv 5.6)
郡山市   約57Km 西        0.95μSv/h       年換算で    8.3 mSv (一般人の許容量1mSv 8.3)
2013年2月26日現在  
篠山市役所付近では     0.050.07μSv/h 年換算で    0.61 mSv (一般人の許容量1mSv0.61)
                      
 
 *  1 Sv (シーベルト)= 1,000 mSv(ミリシーベルト) = 1,000,000 μSv(マイクロシーベルト)
 
このように2年過ぎた今も許容量を超える放射線の残る福島。15万を超える人びとが、帰りたくても帰れない福島。ふるさとは目には見えない汚染の土地・山・川になってしまった。
放射能事故は、火急的であると同時に、半減期さえ億万年*() その間冷やし続け、拡散を防がねばなければならない。しかし、廃棄物は万年単位の管理を必要とする。関東平野と太平洋の除染など、すべてを復旧し、補償することはとうてい不可能である。敦賀原発の冷却ナトリウム漏洩事故の際、まじめな一責任者が自殺したが、電力会社と国家の責任者が、「七生報国」を誓って自決しても贖えない。
責任も安全対策も、すべて次世代への先送りである。稼働から半世紀、電力会社と国は、「大本営」なみに、事故は隠し、あるいは偽装し、あるときはやらせなど、卑劣手段で安全神話を宣伝し、国民を欺きつづけてきた。また、ウランやプルトニュウム廃棄物の最終処分場さえないこと---「トイレのないマンション」---であることも白にさらされた。
原子力は、まだまだコントロールできない、ということが実証された。にもかかわらず「先進国」と思い込み、原発を輸出するだの、モンゴルに最終処分場をねらうなど、日本の「裸の王様」が恥ずかしい。
*()【半減期】

核 種 名
物理的半減期
ヨウ素131
8
ヨウ素132
2時間17
ヨウ素133
20.8時間
ヨウ素134
53
トリチウム
12.3
セシウム134
2
セシウム136
13
セシウム137
30
核 種 名
物理的半減期
コバルト58          
70.86
コバルト60
5.275
ストロンチウム90
29
プルトニウム238
87.8
プルトニウム239
24000
プルトニウム240          
6561
ウラン235
7億年
ウラン238
45億年

 
福島の事故の後、原発見直しの世論が国内外で大きくなり、ドイツをはじめユーロ諸国では、すでに脱原発への転換が始まっている。
日本列島には活断層が縦横に走り、大地震の余震や予震は絶えることがない。事故を「想定外」とした不作為は、もう許されない。にもかかわらず、政府は単なる机上の「ストレステスト」で、関電・大飯原発を無責任にも再稼働させた。
 
高浜、大飯、美浜、敦賀の原発とナトリウム冷却増殖炉≪合計15機≫を頭上にした篠山市は、もう懐柔策や安全神話で市民を欺くことは許されず、篠山市原子力災害対策検討委員会を設置した。
市民の命と安全をどう保障するか、市民は速やかに、どう避難するべきか、避難者の受け入れ態勢をどう整えておくかなど、地域と職域、こども、女性、障がい児・者など全市民の安全、避難の対策について検討を開始した。
以下、福島第一原発・過酷事故の経過を検証しつつ篠山市原子力災害対策検討委員会の課題について述べてみたい。                     
   篠山市原子力災害対策検討委員会のとりくみ    (つづく)
                                <見えぬ核種籾に爺つぶやけり 3401ii>
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

困った顔

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

東日本大震災で、いまだに避難先から家に戻れない住民は万を超え、また失業手当が切れたが就職先がない、農業したいが土壌は放射能汚染のまま…等々、数えきれない甚大な被害を「想定外」に出してしまった。
 
去る821日、福島第1原発から20kmほど離れた沖合1kmで採取したアイナメから、1kgあたり25,800ベクレルの放射性セシウムが検出された。これは国の基準の258倍。これまでに検出された魚の中で、最大の値という
 
また、メルトダウンした炉の Pu239の半減期は 24000年、U235 7億年。たれ流しの排水による海洋汚染=魚介類汚染も半永久的に続く。
 
東電も、国の安全委、保安委とも異口同音、「想定外」とし責任逃れをはかってきたが、
ようやく830日、内閣府の南海トラフ巨大地震検討会は、32万人以上の死亡を想定した。
 
篠山においても不作為の人災で、子どもたちと住民に、これ以上の放射能を浴びせないよう、施策≪下記≫の策定が急務である。〈ii〉
 
 
u  子どもを最優先に、放射能汚染から市民を守る
◇ 美浜、大飯など近隣の原発の最悪事故を想定した避難と防護計画の策定
◇ 南海トラフ地震等、遠距離の事故を想定した、避難者受け入れの準備と支援計画の策定
そのために
市職員、教職員、医師、医療・介護関係者の学習
住民学習・児童生徒の学習計画 組織、方法
避難先、食料、応急医療、トイレなどの確保、ヨウ素の備蓄と配布体制
・住居、学校、農地、山林、水源の除染に学ぶ
避難計画の組織と具体的方法
・避難先自治体 の受け入れ態勢の準備・・・その他、
 
 

この記事に

困った顔

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 
福島原発周辺のチョウ、羽や目に異常 --3世代目の発生率 34%   
 琉球大の研究チーム発表

 福島原発事故 
 「ただちに影響はない」 「事故収束宣言」の恐るべき
狡猾欺瞞 
 
大飯「再稼働」 ただちに止めよ!
 
              ヤマシジミ--wikipedia

 

この記事に

■□■市民社会フォーラム第30回映画鑑賞会のご案内■□■
       『誰も知らない基地のこと』
日 時 8月18日(土)10:30〜 上映11:30〜 
会 場 神戸アートビレッジセンター
トーク参加費 300円+鑑賞料
※ トーク参加の方は鑑賞料割引になります。
 一般1500円→1200円、学生1300円→1,000円、
 メール割り1,300円→1,000円、シニア1000
詳しくは→http://kavccinema.jp/lineup/138
お申し込みなしでどなたでもご参加いただけますが、
人数把握のため事前申込みいただければ幸いです。
civilesocietyforum@gmail.com まで
市民社会フォーラム恒例、一般公開の映画の鑑賞会。今回は、神戸アートビレッジセンターで『誰も知らない戦争のこと』。観賞会当日は上映前に特別トーク企画として、戦場ジャーナリスト西谷文和さんに「米軍基地の現状」についてお話しいただきます。
■西谷文和(にしたに ふみかず)さん
 1960年京都市生まれ。大阪市立大学経済学部卒業。
吹田市役所勤務を経て、現在フリージャーナリスト。イラクの子どもを救う会代表。吹田市民新聞主筆。「うずみ火新聞」共同代表。2006年度平和協同ジャーナリスト基金大賞受賞。著書に、『報道されなかったイラク戦争』(せせらぎ出版、2007年)、『オバマの戦争 アフガン最前線から平和の仮面を剥ぐ』(せせらぎ出版、2010年)他  DVD『戦争あかん』シリーズ制作 
■『誰も知らない基地のこと』 
2010/イタリア/75分/デジタル/配給:アンプラグド 監督:エンリコ・パレンティ、トーマス・ファツィ
日本の将来はこの問題とどう向き合うかにかかっている世界を見れば実に約40ケ国・700箇所以上の米軍基地が存在する。なぜ基地はなくならないのか?2007年に起こったイタリアでの基地拡大反対運動を契機に、日本の沖縄も含む、さまざまな国での米軍とその国の軋轢を取材。背景にある膨らみ続ける軍産複合体の真実。一国の存在意義を揺るがす重要課題でありながら、その実態が把握し難い米軍基地問題。日米2国間だけではわかりづらい在外米軍の問題その入門編としても最適であり、沖縄返還40周年を迎える本年に必見の内容です。 
公式サイト http://kichimondai.com/
■神戸アートビレッジセンター
〒652ー0811 神戸市兵庫区新開地5丁目3番14号
TEL078-512-5500 
神戸高速「新開地駅」東出口より徒歩約5分
「JR神戸駅」より徒歩約10分
神戸市営地下鉄「湊川公園駅」より徒歩約15分
■上映情報 神戸アートビレッジセンター 8/18(土)〜8/24(金)
第七芸術劇場(公開中) 京都みなみ会館(公開予定)

この記事に

困った顔

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

                                
原発再稼働止めよ」 
   官邸前  押し寄せる 空前の抗議 人波=29日午後7時45分 
...............................................
7月16日には さようなら原発10万人集会 (東京・代々木公園)
=29日午後7時45分 《しんぶん赤旗より》..
...............................................................................................................................

「九条の会 ささやま」例会(6月30日)も、「平和・いのち」を消滅させないため,
「原発なくせ」の運動を強めていくことを再確認しました。
それは、福島の子どもを放射能から守る活動に協力すること。
また、原発に代わる自然エネルギーの開発を学ぶなど、結び合わせて総合的な発展をめざします。
8月に福島の子どもを放射能から守る活動
11月にイベント
12月に人権フェスタ  etc

この記事に

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事