過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

仕上げますか!(笑)
 
前回で浮きの姿勢決めた物の、一時的に開けた塞ぎます
 
それと、同時にフロッグの上半身パンドーを薄く塗り塗りします!
これ、重要!
水をつけた状態で非常にすべりやすくなります!
 
イメージ 1
 
パンドーを塗ると、ボディーの形状が。
引っ張られて、少し変わります
なので。
完全に乾くまで(1日以上が好ましい)待って。
引っ張られた形状に合わせて、フックを修正します
かなり、「力」が要りますが。
焦らず、じっくりポイントを合わせていきます。
 
イメージ 2
 
次は写真の都合で大幅に前後します!(笑)
言い訳は、だいぶ前から撮りためた写真をPCにインストして。
順番に並べ直した時に間違えたのです。
 
最初にやってください。(笑)
 
理由は、実釣でのデータからですが。
トライアングル(正式にはナイフエッジ)部分が長すぎて。
 
ファーストコンタクトで、フックポイントが立った後。
肉を切りすぎながら、進みすぎてました。
 
なので、ナイフエッジ部分は2mm程残して。
ルーター及びやすりなどで、削り取ってしまいます。
 
こうすることで、口腔内の肉切れは大分少なくなると感じました。
 
イメージ 3
 
こいつを。
 
イメージ 4
 
最初にやれば楽です。(笑)
 
スムーズじゃ無くてOKです。
 
理想はゲイブに対して、平たく落とします。
 
イメージ 5
 
こんな感じ!
 
イメージ 6
 
で!終了です。(笑)
(写真の子達はホントはフック削って無いけどね!(笑))
 
まぁ。
 
ざっと見てみると、普通ですよね!
 
何故? このセッティングなのかは。
水で濡らしながら、手を使ってフックポイントの立ち方を検証してみると解ります。
 
手を雷魚の口に見立てて、ラインアイまで、くわえて。
ゆっくりフロッグを引き出します。
 
その時に、手に力を入れないようにしても。
「ぷす!!!」っとくれば、本当の出来上がりです。
 
ダメならプライヤー地獄!
若しくは、オープン専用フロッグに成ってしまいます。
(皮とポイントが離れてしまうとね!)
 
一言付け加えておくと。
これだけで、キャッチ率上がる訳では有りません。
 
全てのトータルバランスです。
 
食わせ方。
合わせ。
ファイト。
ランディング。
 
これらにしわ寄せが来ます。
 
獣道にようこそ!!!
 
最後に、シューマイが解らない方へ!
これが「シューマイ」だ!!(笑)
 
イメージ 7
 
 
 
 
 

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事