しみじみと朗読に聴き入りたい

素晴らしい朗読が聴けるサイトやCDを発掘してご紹介します。著作権関係の意見も発信しています。.

全体表示

[ リスト ]

 酷暑が続きますが、皆さまお元気でしょうか?
 どの朗読ブログも、夏バテのせい? か、あるいはお子さんの夏休み期間中という
 ことで落ち着いて朗読できないなどの事情で、更新頻度がだいぶゆっくり目になって
 いるような気がします。

 私も、しばらく更新していませんでしたが、朗読アーカイブスの新着作品をまとめて
 ある vol.18を改定し、およそ1ヶ月ぶりに更新しましたので、ご覧ください。



○朗読アーカイブスに、新着作品を多数掲載しました(vol.18)。

  http://homepage2.nifty.com/to-saga/archive18.htm


   7月21日までにvol.18に載せた作品 及び 今回新たにアップした作品は、
   作家ごと、作品ごとにまとめたvol.1〜17にも載せています。new! という
   マークをつけてあります。


  

閉じる コメント(6)

顔アイコン

こんばんは お邪魔します。お変わりありませんでしたか?連日の暑さから開放されヤレやれホッとひと息の一日でした。今回もたくさんのご紹介有難うございます。お陰さまでアーカイブスから多くのご来訪があり嬉しいかぎりです。最近、皆さんの検索ワードを辿ってみると教えられることが多くあり興味がつきません。「自由に朗読のネット配信できる作品の掲載サイト」をさっそく訪問してみようと思います。残暑はまだまだ続きます くれぐれもご自愛くださいますように。有難うございました。

2007/8/18(土) 午後 10:18 [ えぷろん ]

顔アイコン

えぷろんさんが朗読される作品は、よく知られている作家でも、珍しい作品が少なくないので、おのずとアーカイブスでのご紹介も多くなりますね。それを通じて、それらの作品への関心が高まると素晴らしいですよね。えぶろんさんに私のブログをご紹介いただいたお陰もあって、最近、HPのアクセス数の増加のテンポが早くなったように感じます。どうもありがとうございました。残暑はまだ続きますので、どうぞご自愛のほどを。

2007/8/20(月) 午前 0:27 [ teabreak ]

顔アイコン

今年は本当に暑いですね。更新待ち遠しくしておりました。
teabreaktさんもお元気そうで何よりです。私の場合ご推察どおり諸事情により夏は(も?)とにかく録音がはかどりません。汗だくでupした「伸び支度」も早速ご紹介いただきましてありがとうございました。朗読サイトや作品の紹介もさることながら、teabreaktさんの朗読に関する考察や愛好家の心の叫び?などのお話も大変興味深く拝見させていただいておりますので、そちらのほうもお待ちしています。早く暑さが治まるといいですね。では…

2007/8/20(月) 午前 8:08 [ yukari ]

顔アイコン

「伸び支度」をご紹介したものの、良く見たらリンクが切れていました。大変失礼しました。yukariさんの朗読作品の選択もユニークなものが多いので、いつも楽しみです。
「梅龍の話」は何度きいても笑ってしまいます。「伸び支度」は、藤村にこんな作品があるとは全然しりませんでした。相変わらずセリフ部分が面白いです。文章部分との落差がまたおかしくて¥・・・(笑)。
私のブログお読みいただいて嬉しいです。とりあえず、朗読愛好家の皆さん向けの「弾込め」(自由に朗読発信できる作品の紹介+著作権の解説+朗読された作品の紹介)が中心になっていますが、諸々の考察や心の叫び?(笑)もおいおい書きたいと思っています。ごひいきのほどよろしくお願いします。

2007/8/20(月) 午後 8:57 [ teabreak ]

顔アイコン

残暑御見舞い申し上げます
初めて書き込みさせて頂きます「朗読散歩」の高橋です。
猛暑の中お元気にお過ごしのこととお喜び申し上げます。
アーカイブの充実ぶりには目を見張るばかりですが、私の拙い作品を最新作まですべてご紹介頂きまして、本当に本当にありがとうございます。感謝感激です!!!
また読むのはもちろんのこと聴くのも大好きなので、こちらからたくさんの方々の作品を聞かせていただいております。ご提言につきましても勉強になりますね。
大変なご努力の賜物だと思いますが、お身体にはくれぐれもお気をつけて、無理をなさらないでくださいね!
まだまだ未熟者ですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

2007/8/20(月) 午後 9:41 [ 朗読散歩 ]

顔アイコン

「朗読散歩」もいつも楽しませていただいています。林芙美子の作品など、しみじみとした味わいがあって、「下町」の二人のやりとりなどは特に心に残りました。最近の徳田秋声の作品も初めて触れた次第でして、「或る売笑婦の話」も印象深いものでした。
高橋さんは、「声の花束」以来、地道に朗読を続けておられますが、これからもいろいろな作品をよろしくお願いします。

2007/8/20(月) 午後 11:32 [ teabreak ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事