しみじみと朗読に聴き入りたい

素晴らしい朗読が聴けるサイトやCDを発掘してご紹介します。著作権関係の意見も発信しています。.

全体表示

[ リスト ]

 
  前回書いた、日本ペンクラブの『電子文藝館』についての補足です。

  前回の末尾に、秦館長の苦労話のことを紹介しました。すぐに見当たらなかった
 ので、サイトのアドレスを書けなかったのですが、・・・見つかりました!

  電子文藝館のサイトから、日本ペンクラブのサイトに飛ぶと、いろいろな委員会が
 あって、そのなかに、「電子文藝館委員会」のサイトがあります。そこに、前回ご紹介
 したもの以外にも、次のようなことが書き綴られています。

 ●電子文藝館委員会
    http://www.japanpen.or.jp/committee/bungeikan/index.html

   ○電子文藝館への招待
     http://www.japanpen.or.jp/committee/bungeikan/020527.html

        ← ペンクラブのHPを立ち上げたら、ペン習字の団体だと思われた由(笑) 

   ○ペン電子文藝館 ─意図と願いと─
     http://www.japanpen.or.jp/committee/bungeikan/020512.html


  これらを読むと、ますます、秦恒平館長なら、きっとわかってもらえる! という
 気がしてきます。
  著作者側と朗読愛好家側とが、二人三脚で、それぞれのエネルギーを注ぎ込み、日本
 文藝の厚みと発展を目と耳で感じることができるような、そういう存在に、電子文藝館を
 することができると確信する次第です。

  構想としては、たとえば、

    『 声の花束 〜 電子文藝館からの贈り物 』

 というようなサイトを声束事務局で立ち上げていただいて、いまの声束
 http://www.koetaba.net/index.html と同じように、朗読ボランティアからの声の投稿を
 受け付けて掲載していく、というのがもっともてっとり早いなあ・・・と勝手に思っています
 (ただ、ぜいたくいうと、やっぱりMP3ファイルにしていただきたいなぁ・・・と)。

 しかし、今のように、ファイルを声束で管理する必要はなく、要するに作家別・作品別の
 リンク集を作っていけばいいと思いますので、「作家名、作品名、ファイルアドレス」を朗読
 ボランティアが事務局に通知する→事務局がリンクを張る、というだけでできてしまいますから、
 手間は比較的楽だと思います(〜なぁんて、勝手に妄想してすみません)。

  ただ、ここまでインターネットの技術革新が進み、簡単にブログで投稿できるようになりまし
 たから、管理人がいなくても、自動的にリンク集のポータルページが更新されていくようなシス
 テムはできそうな気もします。システムのことはよくわかりませんが、こういうことに詳しい
 朗読ファンっておられませんか??(笑)

  ・・・・そうだ・・・もっとも手間をかけずに、朗読文藝館を構築するとすると、ブログで
 ポータルサイトをひとつまず基本形を作って、皆さんよくやっているように、作家・作品ごとに
 分類して、あとは、コメント欄に、朗読ボランティアがどんどん音声ファイルのあるアドレスを
 投稿追加していく・・・という形でできないこともないですね・・・。

  いずれにしても、そう遠くない将来に、朗読ファン待望の文藝館が立ち上がるような予感が
 します。 


 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事