しみじみと朗読に聴き入りたい

素晴らしい朗読が聴けるサイトやCDを発掘してご紹介します。著作権関係の意見も発信しています。.

全体表示

[ リスト ]

 このたび、おかげさまで、拙著が発刊の運びとなりました♪

 
『 朗読と著作権 −朗読愛好家と著作権者との共存共栄のために 』(著者:定武禮久)

                     定価 1750円  
                     2009年11月20日発行
                     発行元 アピアランス工房

  http://homepage2.nifty.com/to-saga/roudoku2.files/roudokutotyosakuken-PR2.pdf

  目次詳細→ http://homepage2.nifty.com/to-saga/roudoku2.files/mokuji.pdf


 これまで、このブログで書いてきたことをベースとして、新しく章を加えたり、再編改訂したりした
 上で、一冊の本にまとめたものです♪
  夏から校正作業などを行っていたのですが、少し調整に時間がかかり、この時期の発行となったも
 のです。

    朗読をして、聴いて楽しみたい方
    朗読会を開いている方
    図書館でボランティアで朗読をしておられる方、録音図書の作成に携わっておられる方
    朗読を、ブログやiTunes-storeなどのポッドキャストで配信したい方
    朗読の著作権の基礎知識を知りたい方、諸問題について研究したい方
    文藝振興を考えたい方、著作権の保護期間延長問題について考えたい方

 にお薦めです。
  朗読関係の方であれば、どこかお役に立つ部分があるのではないかと思っています。

  B5サイズで、字も大きめにしていますので、見やすくなっています。


 皆さま、よろしければ、お読みいただければ、とても嬉しいです。

 amazon(http://www.amazon.co.jp/ref=gno_logo)からご注文いただけます。
   送料無料。クレジットカード、代引き、銀行振込、コンビニ支払い など可能です。


 なお、近日中に、図書館流通センターのネット販売サイト「bk1」でも、扱い開始予定です。

(追記) 発刊済みです。 http://www.bk1.jp/product/03188909

 いささかなりとも、朗読愛好家の皆様のお役に立てば幸いです。

閉じる コメント(15)

顔アイコン

定武禮久様

このたびは新書の発刊おめでどうございます。
この日を心待ちにしておられた方にはうれしいお知らせですね。
先ほど購入予約いたしました。届くのが楽しみです。
この間を振り返りますと、このブログをとおして本当にいろいろなことを知ることができました。ありがとうございました。今後の情報提供を楽しみにしております。
のちほど記事紹介をさせていただきますのでご了承くださいませ

2009/11/20(金) 午前 9:30 [ えぷろん ]

顔アイコン

ご著書の完成おめでとうございます。
まだかな?まだかな?と楽しみに待っておりました!
早速注文しましたので、届いたらじっくり読ませていただきます♪
では取り急ぎお祝いまで申し上げます。

2009/11/20(金) 午後 3:37 [ yukari ]

顔アイコン

定武禮久様

ご著書の発刊おめでとうございます。
このブログを拝見させて頂くだけでも大変勉強をさせて頂きました
私も1日も早く届くのが楽しみです
朗読サイトを持っていない友人も、
ブログの大ファンで、ご本を楽しみにしていました

今一度、ご著書の発刊、心よりお祝い申し上げます
おめでとうございます☆

2009/11/20(金) 午後 4:15 [ yonko ]

顔アイコン

発刊おめでとうございます。
「物語の扉」の竹崎と申します。いつもお世話になっておりながら、ご挨拶するのはこれが初めてです。大変失礼いたしました。
ご本のタイトルとその周辺の問題にいては、これまであえて看過してきましたが、読ませていただいて私なりにじっくり考えたいと思っております。ご本の届くのが、楽しみです。

2009/11/20(金) 午後 10:11 [ おくとく ]

顔アイコン

皆々様 拙著の発刊について嬉しいお言葉をいただき、本当にありがとうございます。
その時々に、それなりの思い入れで書いたものばかりですが、こうやって一冊の本となり、それが皆さまからも歓迎していただけるというのは、朗読愛好人生?でも大きな節目だなぁ・・・と感じます。
2年半前までは、ブログなるもの自体知りませんでしたから、それを始めて、その内容がこのような形でまとまるとは、感慨深いものがあります。
これからも、皆さまのご期待に沿えるよう、いろいろな発信をしていきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

なお、拙著をお読みいただいて、なにかご感想などあればおよせいただければ幸いです。

2009/11/21(土) 午前 8:18 [ teabreak ]

顔アイコン

いつもお世話になっております高橋です。
発刊おめでとうございます。
私もこちらのブログを拝見しながら勉強させて頂いておりますが、ついにご努力の賜物が!!早速申し込みましたので届くのが楽しみです♪
ますますのご活躍と共にご健勝を心よりお祈りしております。

2009/11/21(土) 午後 8:59 [ 朗読散歩 ]

顔アイコン

高橋様、どうもありがとうございます♪
ご予約いただいた由、とっても嬉しいです。まだ、印刷が出来上がってほやほやのようで、amazonで今注文しても、お届けが12月上旬になってしまうようです。今しばらくお待ちいただければと思います。

「朗読散歩」もネット朗読界?の中では、多数の作品の蓄積をされているサイトの一つとして、楽しみにしている方も少なくないと思います。
今、アップが続いている太宰治の「グッドバイ」も、聴いていて楽しいです♪ あと少しで完結ですね。
その完結と、次の作品を楽しみにしております。

2009/11/22(日) 午前 1:58 [ teabreak ]

顔アイコン

この度は、「朗読と著作権」の発刊、おめでとうございます!1冊の本になるなんて、とっても素晴らしい事ですね!
teabreaktさんのここでの蓄積が本になって手元にある、ということは、朗読に関わるものとしてはとても心強い事です。目まぐるしく状況が変化する中、知らずにいる事も勘違いしていることも多いからです。
これからも、新しい情報など勉強させていただきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。
今後のご活躍を心よりお祈りいたしております♪

2009/11/22(日) 午後 9:27 [ kaz*to*an*opo ]

顔アイコン

どうもありがとうございます、wisさん♪
本になるのは、やっぱり嬉しいですし、こうやって皆さんに歓迎されているのを実感するにつけ、更に喜びがまします。おかげさまで、図書館流通センターbk1でも予約が開始されました。

鳩山総理が、JASRACの総会?で、著作権保護期間70年延長に最大限努力すると言ったというので、また議論が再燃しつつあるようですが、拙著にも、その辺の論点をまとめてありますので、関係のみなさんのお役に立てば幸いです。
wisさんのオーディオブックがますます充実することを期待し、楽しみにしています。

2009/11/23(月) 午後 6:37 [ teabreak ]

顔アイコン

こんばんは。今夕、ご本が届きました。ブログの記事を拝見するのとは違い、いつも手元に置いておける参考書として活用できることがありがたいです。ところで、個人的なことですが、なんというタイミングで届いたことでしょう。
じつは一昨日’09のディスク容量を申請したところ、おそらく新聞記事朗読のファイルだとは思うのですが、許諾の有無について問い合わせがあり、これまでこのようなことがなかったので、びっくり。さらに削除の対象となったファイルの例のあとに「他」とあったため立ち読み版も?と思い、先ほどファイルマネージャーから、これも削除したところでした。届いたご本から参照したところは「立ち読み」のところです。以前、ブログで理論武装していただいたことが確認できて、ひと息・・・。今回の件を確認しようにも時間外、休日という間のの悪さで、まごまご。という活用報告?(苦笑)になりましたが、これからもブログとご本を参考に、朗読配信を続けたいと思っております。今日の記事は皆さんお喜びですね。これからの進展が楽しみです。(感謝)

2009/12/13(日) 午後 9:20 [ えぷろん ]

顔アイコン

拙著、ご参照いただきありがとうございます。配送手続き面で混乱がったようで、ともかくお手元に届いてほっとしています。
さて、許諾の有無の照会があった由。「立ち読み」は限界事例で、ケースバイケースだろうと思います。杓子定規に法適用すればアウトなのでしょうが、当方が経済的利益を得る、あるいは著作権者が朗読の形での利用を嫌がったり損失を受けたりする、ということでクレームがなければ、フェアユース的な観点から許されるのではないかと思っています(それでもノーといわれれば仕方ないですが)。
新聞記事については、新聞社が自らその文章の販促をしているわけではありませんので、基本的には許諾が必要ということになってはきますが、他方で、かつての天声人語などは、入試などで積極的に活用されることをむしろ望んでいた節があったというような例もあります。
一方、ブログサイトとすると、音楽や動画で損害賠償請求を受けるケースもあったため、慎重にならざるをえないのはやむおえないところでしょう。
これらは、スパッと割り切ることができないのでもどかしいですが、様子を見ながら慎重に進めていくほかないかと思います。

2009/12/13(日) 午後 10:29 [ teabreak ]

顔アイコン

さっそくのコメントありがとうございました。おかげさまで整理がつきました。
あためて、感謝いたします。

2009/12/13(日) 午後 11:26 [ えぷろん ]

顔アイコン

こんばんは!
先週土曜日に「朗読と著作権」のご本が届きました
心待ちにしていましたので手にした時には本当に嬉しく思いました
内容もじっくり時間をかけて読ませて頂くことができ、そうだったんだ〜などと
お恥ずかしい限りですが、私などは一から学ばせて頂くことばかりで、朗読を配信する者として、私には大切なテキストになります
何も知らないまま配信していました私は、ドキッとしたり…^_^;
これからいつも手元に置き、学ばせて頂きます
そして、今一度、自身を振り返り、これからも声を配信できたら。
と思っています
ありがとうございました

2009/12/15(火) 午後 9:13 [ yumi ]

顔アイコン

私もなんだかうれしくて何度も何度も読んでしまいました。

朗読に関する著作権の基礎知識、問題点の指摘、さらには提言と、ややこしい事例が丁寧に解説してあり、ブログ以上のわかりやすさ!文体も、まるでbeabreakさんがお話しされているようで楽しい気分で読みました。(お声は勝手ながら脳内変換させていただきました)

「あとがきに代えて」も面白くて…読み物としても読み応えアリ!随所から滲み出る朗読への愛情と魅力あふれる文章力。まさに「しみじみと朗読に聴き入りたい」はたまた「いきいきと朗読を語りたい」です♪多くの方に読んでいただけるといいですね。

では2冊目に向けて(あ、気が早すぎですか?!)またブログの発信をよろしくお願いいたします。

2009/12/16(水) 午前 11:49 [ yukari ]

顔アイコン

忘年会シーズン入りで、昨日は飲んで遅くに帰ったものですから、少々声ががらがらしております(笑)。
さて、皆さんにそうやってじっくりお読みいただき、朗読の際の参考にしていただけると、書いた甲斐がありとても嬉しいです。
私も、楽しみながら書いているうちに、こうやって本になるまで蓄積されたことには感慨があります。

今回、つくづく感じたのは、ブログには人に書かせる何かがある・・・ということですね。同じ内容を、ワードに書いていてもそんなに筆が進まないのですが、なぜかブログの画面に向かうと、気分が集中して筆が進むんです。ブログの魔力ですね(笑)

引き続き、皆様のお役に立つ企画を進めていくとともに、著作権周りのことも発信していきたいと思っておりますので、お立ち寄りいただければ幸いです。

2009/12/16(水) 午後 0:09 [ teabreak ]

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事