しみじみと朗読に聴き入りたい

素晴らしい朗読が聴けるサイトやCDを発掘してご紹介します。著作権関係の意見も発信しています。.

全体表示

[ リスト ]

 さて、TPP交渉での著作権関係では、もう一つの話として、米国との間で、「著作権の戦時加算の廃止」が合意されるような報道がなされています。
 
 これは、TPP交渉の中では、一見、メリットの大きいように思える項目ですので、ちょっと考えてみたいと思います。
 
 戦時加算とは、第2次大戦の際に、日本だけが強いられた保護期間の加算制度です。次のJASRACのサイトに分かりやすく書かれています。
 
 具体的な加算する期間は、次のように解説されています。
 

「戦争開始前から連合国民が有していた著作権(上記(1))については、日本が参戦した日(1941128日)から各国の平和条約が発効した前日までの期間が加算されます。たとえば連合国のなかで、アメリカ、イギリス、フランスなどは1952428日に平和条約が発効していますので、それらの国の国民が戦争開始前から有していた著作権については、本来の保護期間である著作者の死後50年に、日本が参戦した1941128日から平和条約発効前日までの3,794日(約105ヵ月)が加算されます。
戦争期間中に連合国民が取得した著作権(上記(2))については、著作権を取得した日から各国の平和条約発効前日までの期間が加算されます。」

 
 「戦時」というのが、平和条約発効の日まで続いている形ですので、実際の敗戦(1945年)よりも、7年近く長くなります。
 この戦時加算がなくなれば、単純に、没年だけで判断すればよくなり、現在の我が国の保護期間である死後50年で適用できるのであれば、それなりの作家たちの作品が自由利用できるようになるかに見えますが、しかし、同時に70年に延長されてしまうのであれば、そういうわけにはいかなくなります。
 
●アメリカ文学の作家たちとして、どういう人々がいるかをみると、以下のウィキペディアのサイトの下の方に、主な作家の没年が書いてあります。
 
 ノーベル賞作家で見ると、比較的早期に亡くなったのは、シンクレア・ルイスが1951年、フォークナーは1962年、ヘミングウェイは1961年、といったところです。これらは、もし保護期間50年であれば、著作権切れになるところですが、しかし、同時に70年に延長となってしまえば、戦時加算が廃止されても、依然として著作権はかなり先まで残存することになります。フォークナー、ヘミングウェーなどは、実に2030年頃まで残存します。
 
 そうすると、来年の時点で、戦時加算廃止を前提に保護期間が切れるのは、没年が70年前の作家ということになり、1945年まで歿の作家だということになるように思えます。しかし、それらの作家の著作権は、現行制度下で、50年+戦時加算約10年=60年で、既に10年前に切れてしまっています。
 ということであれば、何のことはない、戦時加算が廃止されるといっても、事実上空振りになってしまわないでしょうか??
 米国からすれば、戦時加算が10年のままで保護期間を延長すれば、計80年になるところを、戦時加算を廃止することで70年で済むのだから、有難く思え、ということなのでしょうが、実質上、それによって利用者がメリットを享受できる作家・作品があるのか?というと疑問です。「戦時加算廃止」ということだけみると、何かメリットがあるかのような気がしますが、それと「保護期間70年への延長」とをセットで考えれば、メリットは実質的にはないのではないでしょうか・・・?(書きながら考えているので、勘違いがあるかもしれませんが・・・)
 
 
●現行の制度下で戦時加算を前提として、著作権が切れる作家の紹介が、下記サイトなどでなされています。
 
◎日本で201545月に著作権保護期間が満了する海外の先人たち・前編【文学編】
 
 しかし、2016年の半ばの時点で、著作権が切れる作家(1955年歿の作家)がいるかというと、上記のアメリカ文学のサイトで没年を見る限り、見当たりません。
 
 
●私も最初は、漠然と、「戦時加算廃止」となると、ヘミングウェイとかフォークナーとかがパブリックドメインになりそうなので、それなりにTPPでもメリットがあるのではないかな・・・と思っていたのですが、よくよく考えてみると、それは保護期間50年の場合の話であって、保護期間が70年に同時に延びてしまったのでは、それは幻となってしまう・・・ということにハタと思い至りました(苦笑)。
 そうやって考えてくると、「戦時加算の廃止」というのは、言葉は悪いですが、「めくらまし」なのではないのか・・・?? という感が強くしてきます。


 実質的に意味のあるものにして、交渉のバーター材料とするためには、


「改正著作権法施行の際に、既に死後50年経過しているものについては、戦時加算がないものとみなして、保護期間を計算する」
(=法施行の際に50年が経過していれば権利は消滅したものとみなし、50年が経過していなければ、そのまま70年に延長する)


 ということをやらないといけないのではないでしょうか・・・。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事