しみじみと朗読に聴き入りたい

素晴らしい朗読が聴けるサイトやCDを発掘してご紹介します。著作権関係の意見も発信しています。.

全体表示

[ リスト ]


 TPP合意に基づく著作権の保護期間延長の時期がいつになるのか?に関連して、密かにパブリックドメイン化を期待しているのが、中国文学者の

   魚返善雄(おがえりよしお) 氏

 です。1966年歿だものですから、著作権改正案が、2017年以降になれば、著作権が切れて、パブリックドメイン化します。

 魚返善雄氏は、あまりポピュラーではないようで、没年一覧が掲載されている「死せる作家の会」のサイトをみても、載っていません。

 しかし、ウィキペディアをみると、水滸伝、西遊記、論語、中国名詩選、中国小説選、漢文入門などの、一般向けの本だけでなく、「東洋人の心」とか、著書や翻訳、そして各種研究書を多数書いているようです。

 私も、あまり知らなかったのですが、たまたま、現代教養文庫の「物語水滸伝」という文庫本を、古本屋でみつけて読んでみると、とてもわかりやすく書かれていました。

●このように、思わぬ著者がパブリックドメイン化することもあるので、要注目です。
2017年1月1日からパブリックドメイン化する可能性があるのは、次の作家たちで、これは当たり年といえるでしょう。

昭和四十一年(1966)

川田順(1882.1.15〜1966.1.22)
「陽炎」「山海経」
安部梧堂(1901.8.5〜1966.1.24)
「童話の正しい話し方」
上田広(1905.6.1?18?〜1966.2.27)
「黄塵」「鮑慶郷」「緑の城」
小穴隆一(〜1966.4.24)
「」
山中峯太郎(1885.12.15〜1966.4.28)
「敵中横断三百里」「亜細亜の曙」
小宮豊隆(1884.3.7〜1966.5.3)
「夏目漱石」「芭蕉の俳句」「中村吉右衛門」
小泉信三(1888.5.4〜1966.5.11)
「リカルド研究」「社会思想研究」「マルクス死後五十年」「海軍主計大尉小泉信吉」
中野秀人(1898.5.17〜1966.5.13)
「第四階級の文学」「聖歌隊」
安倍能成(1883.12.23〜1966.6.7)
「カントの実践哲学」「西洋道徳思想史」「岩波茂雄伝」
番匠谷英一(〜1966.6.17)
「」
松原純一(1923.3.10〜1966.6.22)
「」
鈴木大拙(1870.10.18〜1966.7.12)
「禅思想史研究」「浄土系思想論」
大下宇陀児(1896.11.15?25?〜1966.8.11)
「鉄の舌」「石の下の記録」「虚像」
松浦一(1881.1.25〜1966.8.13)
「」
深瀬基寛(1895.10.12〜1966.8.21)
「エリオット」「人は草のごとく」「日本の沙漠の中に」訳「宗教と近代国家」
中島哀浪(1883.7.30〜1966.10.29)
「勝鳥」「背振」「堤防」
亀井勝一郎(1907.2.6〜1966.11.14)
「大和古寺風物誌」「我が精神の遍歴」
佐佐木茂索(1894.11.11〜1966.12.1)
「春の外套」「南京の皿」「困つた人達」
小島祐馬(1881〜1966)
「古代支那研究」「中国の革命思想」
武内義雄(1886〜1966)
「老子の研究」「論語の研究」
東条操(1884〜1966)
編著「方言と方言学」「全国方言辞典」
仁井田陞(1904〜1966)
「唐令拾遺」「唐宋法律文書の研究」「支那身分法史」
八杉貞利(1876〜1966)
「ロシヤ語辞典」
河井寛次郎(1890〜1966)
「火の誓ひ」「化粧陶器」
柴田宵曲(1897〜1966)
「随筆辞典」「明治の話題」
新井紀一(1890〜1966)
「鶏小屋の番兵」「父いづこ」「秀美の慰問袋」

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事