しみじみと朗読に聴き入りたい

素晴らしい朗読が聴けるサイトやCDを発掘してご紹介します。著作権関係の意見も発信しています。.

全体表示

[ リスト ]


 トップページをリニューアル整理しました。

 ココログ廃止を受けてHPを移転して以降、リンク切れ部分の修復をしておらず、また、TPP合意により、著作権保護期間の延長や非親告罪化の問題が先送りとなったこともあり、トップページにはしばらく手を入れておりませんでした。
 しかし、日欧EPA対応の法案も通ることとなって、保護期間が死後70年に延長されることとなったなどの動きも出てきましたので、リンク切れを修復するとともに、構成を見直しました。見直した点は、次のような点が中心です。

著作権保護期間延長の件を集約したこと。
朗読を聴くという点で、Audibleの普及その他の動きがあったので、追加したこと。
古書のデータベースである国会図書館の「デジタルコレクション」や、青空文庫未収録の多数の作品がある響林社文庫などが出てきたので、紹介したこと。
個人の朗読発信を支えた音声ブログのケロログが廃止となったこと等から、記載を見直したこと。
今に至るもアクセスが多い金子みすゞ関係の記事を集約し、トップページに項目立てしたこと。
著作権制度の危機だった原版権、総合出版権等の動きは、電子出版権の法制化により沈静化したので、後ろに移動したこと。

 この数年で、もっとも残念だったことは、何と言っても音声ブログのケロログの廃止でした。これによって、多くの朗読愛好家の皆さんの朗読作品が失われてしまいました。
 ただちょっと不思議なのは、以前に下記の記事に書いたように、

 日本名作文学朗読選』 で、ケロログにあった音声ファイルのURLに直接リンクを張ってあるものが、今でも聴けてしまう場合があることです。全部ではないのかもしれませんが、クリックするか、URLをコピーして貼り付けると、懐かしい朗読が聞けてしまうというのは、不思議な現象です。

 そういう意味で、上記の「〜朗読選」は、失われたと思われた貴重な音源の保存庫となっているのかもしれません(なお、「〜朗読選」の製作の便宜上、いったん別サーバーに移させて頂いてその音源URLにリンクを張ってあるものもかなりあります)。

 今後は、著作権保護期間が70年延長となる中で、少しでも作品が使えるようにするための方策等について、引き続き考えてみたいと思っています。
 文化庁の裁定制度がかなり使い勝手がよくなってきていますので、そのご紹介もしたいと思っています。




閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事