しみじみと朗読に聴き入りたい

素晴らしい朗読が聴けるサイトやCDを発掘してご紹介します。著作権関係の意見も発信しています。.

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 
  前回書いた、日本ペンクラブの『電子文藝館』についての補足です。

  前回の末尾に、秦館長の苦労話のことを紹介しました。すぐに見当たらなかった
 ので、サイトのアドレスを書けなかったのですが、・・・見つかりました!

  電子文藝館のサイトから、日本ペンクラブのサイトに飛ぶと、いろいろな委員会が
 あって、そのなかに、「電子文藝館委員会」のサイトがあります。そこに、前回ご紹介
 したもの以外にも、次のようなことが書き綴られています。

 ●電子文藝館委員会
    http://www.japanpen.or.jp/committee/bungeikan/index.html

   ○電子文藝館への招待
     http://www.japanpen.or.jp/committee/bungeikan/020527.html

        ← ペンクラブのHPを立ち上げたら、ペン習字の団体だと思われた由(笑) 

   ○ペン電子文藝館 ─意図と願いと─
     http://www.japanpen.or.jp/committee/bungeikan/020512.html


  これらを読むと、ますます、秦恒平館長なら、きっとわかってもらえる! という
 気がしてきます。
  著作者側と朗読愛好家側とが、二人三脚で、それぞれのエネルギーを注ぎ込み、日本
 文藝の厚みと発展を目と耳で感じることができるような、そういう存在に、電子文藝館を
 することができると確信する次第です。

  構想としては、たとえば、

    『 声の花束 〜 電子文藝館からの贈り物 』

 というようなサイトを声束事務局で立ち上げていただいて、いまの声束
 http://www.koetaba.net/index.html と同じように、朗読ボランティアからの声の投稿を
 受け付けて掲載していく、というのがもっともてっとり早いなあ・・・と勝手に思っています
 (ただ、ぜいたくいうと、やっぱりMP3ファイルにしていただきたいなぁ・・・と)。

 しかし、今のように、ファイルを声束で管理する必要はなく、要するに作家別・作品別の
 リンク集を作っていけばいいと思いますので、「作家名、作品名、ファイルアドレス」を朗読
 ボランティアが事務局に通知する→事務局がリンクを張る、というだけでできてしまいますから、
 手間は比較的楽だと思います(〜なぁんて、勝手に妄想してすみません)。

  ただ、ここまでインターネットの技術革新が進み、簡単にブログで投稿できるようになりまし
 たから、管理人がいなくても、自動的にリンク集のポータルページが更新されていくようなシス
 テムはできそうな気もします。システムのことはよくわかりませんが、こういうことに詳しい
 朗読ファンっておられませんか??(笑)

  ・・・・そうだ・・・もっとも手間をかけずに、朗読文藝館を構築するとすると、ブログで
 ポータルサイトをひとつまず基本形を作って、皆さんよくやっているように、作家・作品ごとに
 分類して、あとは、コメント欄に、朗読ボランティアがどんどん音声ファイルのあるアドレスを
 投稿追加していく・・・という形でできないこともないですね・・・。

  いずれにしても、そう遠くない将来に、朗読ファン待望の文藝館が立ち上がるような予感が
 します。 


 
 

 
 今回は、共存共栄策の本命のひとつについてです。
これだったら、必ずや、著作権者と朗読愛好家が二人三脚で盛りあげていける
方策だと思うんです。

 ・・・それは、(社)日本ペンクラブ の『電子文藝館』のことなのです。
これを、第二の青空文庫にしよう! というのが提言の趣旨です。

● 日本ペンクラブ 『電子文藝館』のサイト探訪

 まずは、『電子文藝館』のサイトを見てみましょう。
    ↓
   http://www.japanpen.or.jp/e-bungeikan/

 2001年秋に立ち上がった由。館長は、初代が梅原猛さん。現在は秦恒平さんです。
さすがに、ペンクラブだけあって、小説あり、随筆あり、詩あり、ノンフィクションあり、
はたまた、戯曲あり、和欧訳あり・・・・実に広範に作品を掲載しています。

さて、この電子文藝館に込めた思いを、秦館長が、以下のところで縷々綴っておられます。
    ↓
   http://www.japanpen.or.jp/e-bungeikan/information/information.html#inf_01

 これを読んでいて、ぐっと目が吸いつけられたのが、以下の一文でした。

  「掲載作は開館一年半、すでに三百作を超えて、日々に数増している。
   われわれは、これら一切を「パブリック・ドメイン=公共の文化資産」と認めて無料
   公開し、広い世界の愛読・愛好に応えている。研究者用のテキストとしてでなく、
   新世紀ウエブ環境の新しい読者たちの前に、本文の意義と表現を誠実に損なわず
   しかも「読んで楽しめる」受発信をと、日々、苦心工夫を重ねている。ますますの
   ご支援を得たい。」(2003年4月25日付け)

 「パブリック・ドメイン=公共の文化資産」と認めて無料公開し・・・

  そうか、これは、第二の『青空文庫』なんだ・・・! と思い至った次第。


● 電子文藝館の運営目的と完全一致する朗読のネット配信

  さらに読んでいくと、

  「何を選ぶか。有名筆者の場合、なるべく異色作や問題作や見忘れられがちな秀作を選ぼ
   うとしてきました。が、やはりこれは読まれたいと思う有名作を選んでいる例もありま
   す。現在なお書店等で入手のラクな作品はなるべく避けています。
    もっと大事に考えていることが有ります。もう忘れられかけている、しかし生前には
   力ある優れた仕事をしていた、残念ながら湮滅直前の書き手たちの仕事を、大切に、敬
   意を払って再現していることです。展観リストで、そういう秀作・力作をたくさん発見
   されることでしょう。」(2005年4月25日付け)

   書店等で入手のラクな作品はなるべく避けている・・・
   湮滅直前の書き手たちの仕事を、大切に、再現している・・・

  もう、私がいわんとすることはおわかりだと思います。この『電子文藝館』の作品群を
 朗読愛好家の皆さんの手で、広く世の中に知らしめ、湮滅直前の作品に新たな息吹を吹き込ん
 で蘇生させる、ということです。

  それは、この電子文藝館の運営目的と完全に一致するものでしょう。「パブリック・ドメイ
 ン=公共の文化資産」と認めて無料公開したわけですから、これらを非営利で二次利用するこ
 とについても大いに歓迎するものだろうと思います。それによって、どんどん新しい流通が始
 まるのですから。

  『風とたんぽぽ』のブログを運営しておられるwisさんが、久坂葉子という昭和27年に21歳で
 早逝した女流作家の作品を朗読しておられる別のブログがあります。
    http://geocities.yahoo.co.jp/gl/kazetotanpopo02

  久坂葉子という作家は、私はまったく知りませんでしたし、一般の皆さんも知らないと
 思います。芥川賞の候補にもなって、ぎりぎりで落選したという当時はそれなりに注目された
 存在だったようです。 その後忘れ去られたわけですが、しかし、こうやってブログで、wis
 さんという一人の朗読愛好家によってネット配信という形で取り上げられることによって、半世
 紀以上の時空を超えて、現代に蘇るわけです。ちなみに、電子文藝館には、久坂葉子の作品も少
 し載っています。

  電子文藝館の作品群の朗読とそのネット配信という二次利用に開放することによって、
 第二、第三の久坂葉子の例が出てくるでしょうし、有名作家であってもほとんど知られていない
 小品群が改めて脚光をあびることになるかもしれません。


● 朗読愛好家の食指?をそそる電子文藝館の作品群

  電子文藝館に掲載されている作品群を見てみてください。いろいろなジャンルで、朗読したく
 なるような、聴きたくなるような作品が目につくのではないでしょうか。
  近代文学の世界では、まだ死後50年がたっていないために、朗読愛好家のブログなどでは取り
 上げられていない作家としては、永井荷風(1959年没)、谷崎潤一郎(1965年没)、志賀直哉
 (1971年没)などがあります。
  でも、この電子文藝館では、これらの作家の小品もいくつか収められています。和欧訳の部で
 は、永井荷風の『珊瑚集』も入っています!

   現代作家としては、立原正秋、三島由紀夫、森村誠一、柴田錬三郎、北杜生、梶山季之、
 三田誠広、杉本苑子、浅田次郎・・・などなど。有名な作品ではありませんが、それぞれの作家
 の個性が生きる小品群でしょう。

   評論やノンフィクションでもユニークなものが、載っています。
  驚いたのが、ノンフィクションの部にある 

    神坂次郎 『今日われ生きてあり』

 でした。このような、まだまだロングセラーで人々の関心が高い作品が(新潮文庫にあります)、
 あっさりと無料公開されてしまっていいのかな・・・と思いました。
  少し前に、イケ面の?某テレビ局の看板男性アナが、婚約者にこれを贈ったというので
 週刊誌やワイドショーでも話題になったようですが、特攻隊員への鎮魂歌的ノンフィクション
 です。市井の一青年が、学生が、家族への思いを引きづりながら、後の太平を祈りながら出撃して
 いく・・・。そういう特攻隊員をめぐる話が、何編も綴られています。
  ネットで検索をかければ、読後の感想が書かれたサイトがいくつも見つかります。

  こういう素晴らしい作品を、早々と「公共財」として公開したことには、神坂次郎さんの思い
 が込められているように感じます。

 
 ともかく、この日本ペンクラブの『電子文藝館』を、第二の「青空文庫」として位置づけ、貴重な
 公共財として、著作権者と朗読愛好家の交差による朗読文化の振興、埋もれた作品群の再発掘、蘇
 生に向けた坩堝として、フル活用したいところです。

  ついては、日本朗読文化協会、「お話pod」事務局、「声の花束」事務局などなど、朗読関係団
 体の皆様に、日本ペンクラブに対して、電子文藝館の作品について、「非営利・無償による朗読の
 公衆送信」を包括的に許諾することとし、その旨、電子文藝館のサイトで宣言していただくよう、
 交渉していただけないものでしょうか。

  秦恒平館長も、メールも使わない会員相手に、インターネットでの発信の意義をわかってもらう
 までたいへん苦労されたようです。そんな秦館長ですから、きっと、朗読愛好家によるネット配信
 の、電子文藝館にとっての意義やメリットをすぐに理解していただけると思うのです。


  
  次回は、現行著作権法の枠内で対応可能な「引用」を使ったネット配信について書こうと思って
 います。 決して形だけの脱法行為ではなく、正攻法での活かし方です。共存共栄策のひとつに
 なると考えています。


  ※ 『しみじみと朗読に聴き入りたい』 http://homepage2.nifty.com/to-saga/roudoku2.htm

 さて、引き続き、著作権者と朗読愛好家の共存共栄のための現実的方策についてです。

 著作権の話となると、日本文藝家協会 が主な権利者側団体です。小説家や劇作家の
方々が多数会員になっておられて、著作権管理も、ここにかなりの部分が委託されています。

● 文藝家協会のサイトを探訪

  ・・・では、さっそく協会のホームページをのぞいてみましょう。

  http://www.bungeika.or.jp/top.htm

  いろいろな内容が盛り込まれています。 著作権関係だと関係ありそうな

   NPO日本文藝著作権センター  をクリック!
       http://www.bungeicenter.jp/

  ここに、「著作権制度の問題点」とあって、文藝家の立場からみた問題指摘がなされています。
 いちいちもっともな話で、ブックオフのような新古書店、あるいはマンガ喫茶の隆盛など、読者
 にとってはメリットがあっても、作者側、出版社側からすると、何の収入にもならないわけで、
 危機感をつよめているのもまことにもっともだと思います。
  
  ブックオフは、私もよく利用しますが、いつもやや後ろめたい気持ちになりつつも、

    今日は単行本 500円均一セール! 文庫本は50円! 
     
 とか宣伝していると、ついつい足を運んで、ごっそりと買い込んで、「こんなに買って
 たった○千円!」・・・という小市民的な?満足感にひたってしまうこともしばしばです。
 主婦の方が、デパートやスーパーのバーゲンで買って、中身より、「いつも高く売っているのを
 安く買えた!」 ということにひとしおの喜びを感じるのと同じ心理です(違ったらすみません!)。

  アマゾンのマーケットプレースも同じです。 ブックオフはベストセラーなどの売れ筋商品
 が中心ですが、アマゾンだとこれはもう、専門的なものもかなり幅広く揃いますし、『日本の
 古本屋』のネット通販をくみあわせると、手に入らないもののほうが少ないかもしれません。

  しかし、これは、日本の文藝の発展のためには、けっして望ましい姿でないことはたしかです。
 本という物理的なモノに対価を払うのではなくて、その中に書かれた情報に対して対価を払うの
 が筋でしょうから。 古本の流通もここまで便利になってしまうと、作家やエッセイイスト、
 ノンフィクションライターらの存立基盤が崩れていくのではないか、との心配がつのります。
 

● 著作権使用料規定に、非営利の朗読ネット配信の場合が書いていない

  ・・・話しが逸れてしまいました。元にもどして、サイトをさらに見ると、

    「許諾申請手続はこちらへ」
      http://www.bungeika.or.jp/procedur.htm

  お?? オンラインで許諾申請できるのかぁ・・・。なかなか便利じゃないですか・・・。
    ・・・で、クリック!

    「委託者一覧」  「作家一覧」

   さすがに、そうそうたるメンバーがそろっています。著作権管理を協会に全部委託している
 作家がかなり多いですね。 では、次にいって、

     「著作権許諾申請フォーム」
       http://www.bungeika.or.jp/shinsei-hp.htm
       
  ああ、この「インターネット」という様式で、朗読のネット配信をする場合も、簡単に許諾
 申請ができるんですね(・・・と思ったら、これで様式を打ち出して郵送でした。改善を要す?)。

  それでは、その場合いくらするんでしょう?  ・・・ということで次をクリック!

     「著作権使用料規程」
        http://www.bungeika.or.jp/kitei20060309.pdf

  ・・・・? あれ?  ・・・書いてない・・・。

  営利目的の放送や上演、ビデオ販売とかは書いてありますが、非営利・無償の朗読のネット配信につ いては、明示的規定はなく、「その他」の項目で、

    「利用の目的、態様、その他の事情を踏まえて、協議により決定」
  
 とあるだけです。 たしかに、一律には決められないのでしょうが、せめてだいたいの
 相場だけでも示してもらいたいものです。

  おそらく、文藝家協会としても、「福祉用の朗読図書配信は、もともと権利制限対象だから
 いいが、一般向けは非営利といえども不可である」として、著作権が及ぶとの考え方を出したも
 のの、では、実際に許諾申請があったらどのくらいの金額、料率にするのか、というところまで
 検討が至っていないのではないか、と想像します。

  しかし、ここで料率、金額の相場を示すだけでも、だいぶ現代作品の朗読が活発に取り上げら
 れるようになって、朗読文化の厚みが増すに違いない! と思います。


● たとえば、こんな使用料規定は?

  たとえば、非営利・無償の朗読の「公衆送信」については、こんなくらいの条件という
 のはどうでしょうか?

   ○ 最初の発売から10年を経過した作品については、年間500円。
   ○    同   2〜9年を経過した作品については、年間1000円。
   ○    同   2年未満の作品については、年間2000円。
   ○ いずれも、一件につき、50ページ以内に限る。

 金額の桁が一つ、二つ違う、といわれると、ちょっときついでしょうが、そこそこの金額であれば、
 ネット配信されている朗読愛好家の皆さんは、「表現したい!」「いろいろ声に出して読みたい!」「みんなに聴いてもらいたい!」 と、うずうずしている方たちばかりですから、「多少のお金を
 払って読めるのなら是非読みたい」という人たちは多数でてくると思うのです。 

  今、なんとなく、朗読する皆さんも、著作権者の皆さんも、「著作権に抵触するから読めない、
 ネット配信できない」 というように、「禁止されている」と漠然と受け止めている人たちが少な
 くないのではないでしょうか。

  でも、そうではないのです。許諾されれば堂々と読めるのですから、簡易で透明性のある許諾
 手続きとそこそこの水準の使用料率を定めれば、朗読愛好家の皆さんは使用料を支払って読み始
 めると思います。いかがでしょうか??

  だいじなことは、作品をあの手この手で流通させることです。それが繰り返されて、良い作品が
 後世に残るわけです。朗読ボランティアによるネット配信が、その作品の宣伝・PRの役割を果たし、
 活字媒体である本の売り上げ増加に寄与するだろう、ということは、これまで縷々申し上げてきた
 とおりです。

  日本文藝家協会内部で、「福祉以外の目的のネット配信には著作権が及ぶ」という主張の段階を
 超えて、次のステップである、「非営利・無償の朗読ネット配信を、いくらくらいで認めるのか?」と いう点の具体的検討を、是非とも早期にお願いしたいところです。
  これだけ、朗読ブームが盛り上がっているのですから、著作権者の皆さんからしても、ビジネス
 チャンスでもあります。

  市井の主婦の方たち、リタイアしたシニア層、文学青年・壮年、朗読ボランティアといった皆さ
 んが朗読するケースが多いということを念頭においていただいて、くれぐれも禁止的水準にならな
 いような、そこそこの使用料水準を定めていただきたく・・・。

   ちょっと、収入がどうなるか、計算してみましょうか・・・。

 ○ たとえば、新潮CDブック に収録して、定価の10%のロイヤリティーをとる場合
     2,000円×1,500部×10% =300,000円

 ○ 朗読愛好家が100人、3年間にわたり、年500円の公衆送信料を支払う場合
     500円×100人×3年間 =150,000円

  新潮CDブックに収録されることは、よほどの人気作品、人気作家のものでなくては
 商品化は難しいでしょうが、こうやって、朗読愛好家に低廉な使用料で開放すれば、商品化が
 難しい作品であっても、そこそこの収入が入ってくると思うのです。

  なお、許諾申請は、電子化時代なのですから、ネットで申請できるようにお願いいたします。
 フォームを打ち出して郵送、というのはちょっとまどろっこしいです。
 近代文学などをネット配信している朗読愛好家は、みな録音からサイトへのアップまで簡単に
 (覚えるまでちょっとたいへんでしたでしょうが・・・)こなす皆さんたちです。著作権使用
 許諾申請などは、ネットで完結することを期待していることでしょう。


 ・・・ちょっと、今日はここまでで一区切りとしますが、前回のさいごに

  「朗読文化の裾野を一気に広げるインパクトを持つであろう、そしてきっと著作権者側の了解
   が容易に得られるであろう共存共栄策を提案したい」

 と書いたのは、上に述べたことではなくて、文藝家協会とはまた別の文筆家の有力団体である
 「日本ペンクラブ」の関係のことなのです。

  ・・・・ ピン! と来た方おられますか?(笑) 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事