しみじみと朗読に聴き入りたい

素晴らしい朗読が聴けるサイトやCDを発掘してご紹介します。著作権関係の意見も発信しています。.

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 数日前に、パワーポイントを使って、音声を重ねるオーディオブックを試作したことをご紹介
しました。
  
    http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/52442025.html


● パワーポイントは結構高いので、それと互換性のあるフリーソフトとして広く知られている


    「Open Office(オープンオフィス)」の「Impress」

           http://ja.openoffice.org/download/2.4.1/


 を使って、試作できないかトライしてみました。

  そうしたら、パワーポイントと同様に、画面を開いて、青空文庫などから文章をコピーして貼り付け
 た上で、朗読音声を


    「挿入」 → 「ムービーとサウンド」


 とクリックして、mp3ファイルを挿入すれば出来上がりました。
  そのままの画面では、スピーカーマークをクリックしても音声は流れませんが、「スライド
 ショー」の画面にすれば、自動的に朗読音声が流れてきます♪


● ただ、パワーポイントのように、WEB形式で保存ができないようなので、残念ながら試作品を
 ホームページにアップしてご紹介ができません。
  やり方があるのかどうかわかりませんが、保存形式としてWEB形式がなかったのでたぶんダメで
 はないかと思います。

  WORDと互換性のある「Writer」にも、「ムービーとサウンド」の挿入ができるようになっていたの
 で、そちらで作って、Web形式で保存したらいいのではないか、と思ってやってみましたが、なぜか
 再生もされず、画面もうまく調整できず失敗でした。
  原因はよくわかりません。


● でも、ご自分で作って楽しむだけなら、OpenOfficeのImpressで簡単にできますから、お勧めです♪ 
 画面をお好みでデザインして、ご自分の朗読音声を載せてみてはいかがでしょうか?


 ※ パワーポイントにしても、オープンオフィス・インプレスにしても、もともとはビジネスなどで
  会議室やホールの大画面などに映して説明するためのものです。ですから、たとえば、朗読会など
  のときに、高級紙芝居的に、画面と朗読音声とを組み合わせて、「スライドショーの開始」を
  クリックすれば、聴衆のお子さんたちに楽しんでもらえるかと思います。

開く コメント(0)

書籍のネット販売で知られるアマゾンの動きが、朗読愛好家にとって注目すべきものになっているようです。
 3つほど注目すべきニュースが報じられています(以下、いずれも「IT meia News」)。

● 「Amazon MP3」の世界展開(2008年1月28日付け)

「米Amazon.comは1月27日、同社が米国で提供しているDRMフリーのMP3楽曲ダウンロード販売「Amazon MP3」を、2008年中に米国外にも拡大すると発表した。担当副社長は、今年中に世界市場でAmazon MP3を提供すると述べた。同社は4大レーベルおよび3万3000以上の独立系レーベルとDRMフリーのMP3による配信契約を結んでいるという。
  256KbpsのMP3でエンコードされたAmazon MP3は、2007年9月にスタートし、MP3の楽曲数は330万曲、アーティストは27万組をカバーしている。iTunes、Windows Media Playerなどに対応し、自動的にiPodに転送する補助ソフトが提供されている。」



● Audibleを3億ドルで買収(2008年2月1日付け)

「米Amazon.comは1月31日、オーディオブックを手掛ける米Audibleを買収することで合意したと発表した。買収完了は2008年第2四半期の予定。
   Audibleは書籍、新聞、雑誌、テレビ番組、ラジオ番組などをデジタルオーディオ化したコンテンツを提供している。米国と英国の自社運営サイト、およびドイツとフランスの提携先サイトを通じ、8万種類以上のコンテンツを提供している。
   Amazonは電子ブックリーダー「Amazon Kindle」を発売するなど、デジタルコンテンツ分野に力を入れている。AudibleはiTunes Storeへのオーディオブック提供でAppleと独占契約を結んでいる。」



● オーディオブック出版社を買収(2007年5月24日付け)

「米Amazon.comは5月23日、オーディオブック出版の米Brilliance Audioを買収すると発表した。買収により、Amazonはオーディオブック事業を強化する。
 同時に、Amazonの子会社CustomFlixは、注文を受けてからオーディオブックを作成、発送する「Disc on Demand」サービスで、今後標準CDとMP3フォーマットのCDの両方をサポートすることを明らかにした。同サービスは注文を受けてからの作成となるため、在庫がいらず、コストを削減できる。AmazonはBrilliance Audio買収を機に、今後オーディオブック化する書籍タイトル数を拡大したいと考えている。」



 これらの一連のニュースをみると、オーディオブックの流通の世界に大きな変動が起きるような予感がしてきます。それは、ダウンロード販売とCD販売の両方についてです。
 これまで、iTunes-storeへのオーディオブックの独占仲介業者だったAudibleが、アマゾンに買収されることによって、iTunesとアマゾンの競争が促進されることになるでしょう。米国以外でも、iTunes-storeとAmazonMP3とが並立することになります。
 これまでの独占が崩れますので、オーディオブックの配信もより円滑なものになるような気がします。

 そして、これはオーディオブックのCD販売のほうですが、これをアマゾンが注文を受けてからプレスして配送するというサービスを行うということですから、一般の朗読愛好家も初期コスト少なく、朗読をCDの形で販売できる可能性が出てきました。今までは、CDを個人で販売するなど、夢のまた夢でした。
 アマゾンは、現在、自費出版本や自費制作CDの販売代行も事業として行っています。販売額の40%を著者に還元しますので、上記のディスクオンデマンド・サービスで代行する場合も、それだけの還元がなされる可能性があります。初期費用負担があるのかどうかわかりませんが、かなりの高率の還元率での販売代行サービスが期待できるような気がします。


 これらの一連のサービスが出揃えば、朗読のmp3ファイルをアマゾンに預託しておき、AmazonMP3を通じたダウンロード販売と、ディスクオンデマンド・サービスを通じたCD販売が実現するのではないでしょうか。朗読愛好家による朗読作品の流通拡大に大いに寄与することでしょう。

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事