しみじみと朗読に聴き入りたい

素晴らしい朗読が聴けるサイトやCDを発掘してご紹介します。著作権関係の意見も発信しています。.

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 このたび、おかげさまで、拙著が発刊の運びとなりました♪

 
『 朗読と著作権 −朗読愛好家と著作権者との共存共栄のために 』(著者:定武禮久)

                     定価 1750円  
                     2009年11月20日発行
                     発行元 アピアランス工房

  http://homepage2.nifty.com/to-saga/roudoku2.files/roudokutotyosakuken-PR2.pdf

  目次詳細→ http://homepage2.nifty.com/to-saga/roudoku2.files/mokuji.pdf


 これまで、このブログで書いてきたことをベースとして、新しく章を加えたり、再編改訂したりした
 上で、一冊の本にまとめたものです♪
  夏から校正作業などを行っていたのですが、少し調整に時間がかかり、この時期の発行となったも
 のです。

    朗読をして、聴いて楽しみたい方
    朗読会を開いている方
    図書館でボランティアで朗読をしておられる方、録音図書の作成に携わっておられる方
    朗読を、ブログやiTunes-storeなどのポッドキャストで配信したい方
    朗読の著作権の基礎知識を知りたい方、諸問題について研究したい方
    文藝振興を考えたい方、著作権の保護期間延長問題について考えたい方

 にお薦めです。
  朗読関係の方であれば、どこかお役に立つ部分があるのではないかと思っています。

  B5サイズで、字も大きめにしていますので、見やすくなっています。


 皆さま、よろしければ、お読みいただければ、とても嬉しいです。

 amazon(http://www.amazon.co.jp/ref=gno_logo)からご注文いただけます。
   送料無料。クレジットカード、代引き、銀行振込、コンビニ支払い など可能です。


 なお、近日中に、図書館流通センターのネット販売サイト「bk1」でも、扱い開始予定です。

(追記) 発刊済みです。 http://www.bk1.jp/product/03188909

 いささかなりとも、朗読愛好家の皆様のお役に立てば幸いです。

開く トラックバック(1)

 ある雑誌の今月号に、本の原価についての記事が載っていました。

 そこに書いてあることで興味深かったのは、次のような点でした。

 
  ・出版社の本の原価のうち、6〜7割が紙代であること。
    (注)・・・ということは、本の販売価格の4割前後が紙代ということでしょうか・・・。

  ・出版社ごとに、紙の代理店を通じて購入しているケースが多いが、その代理店なるものは
   事実上の幽霊会社であり(3〜4人で出版社の役職員と同じなど)、そこが5%程度の手数料を
   得ている。実際の紙の納入は、製紙会社から直接なされる。
 
  ・週刊誌によって、値段が微妙に異なるのは、このような代理店があるかないかによる由。
    ※ 週刊●春 350円 ←→ 週刊●潮 320円
 
  ・このような代理店を含めて、紙の卸売流通の実態は、化石とも呼ぶべき旧態依然としたもので、
   最悪のケースでは、製紙会社から出版社に紙が届くまでに、三次卸、四次卸などが入り、中間
   マージンが最終的に5割を超えたものもあった。

  ・かつては、繊維業界が同じような状態で、糸問屋、織物問屋が複雑にからんでいた。しかし、
   今では、ユニクロに見られるように、小売店による直接購入が普通になり、安い衣料品が巷に
   あふれるようになった。

 
● こういう話を聞くと、本の値段について、複雑な気分になるとともに、そんな紙の多重な代理店
 にマージンを払うくらいなら、著作権者にもっと還元させてほしい、という気持ちがさらに深くなり
 ます。

  紙を必要としない、電子書籍での販売というのは、これまでの利益配分の構造に大きな変革を与え
 る可能性があり、そういう意味からも、グーグルのブック検索・販売や、国会図書館の電子化プロ
 ジェクトは注目されるところといえましょう。

 少し長めの出張から戻って来ましたが、仕事から解放されて朗読関係の作業をするのは、楽しいひと時です。

 で、出張期間中に、ネット書籍検索の関係で、重要な動きがあったようですね。

● そのひとつが、グーグルのブック検索訴訟で和解案が修正され、日本や欧州などの外国書籍が対象
 外とされたことです。
  あれだけの曲折を経て、結局、外国書籍は除外というのは拍子抜けの感がありますが、それでも
 大きな一歩になることでしょう。
  ただ、まだ著作者のはっきりしない(連絡がとれない)作品についての利益の配分を巡って論点が
 残っているようですが、それ以外はおおむね収束しつつあるようです。


 ○Googleブック検索の和解案修正 日本など対象外に
   http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0911/16/news020.html

 ○グーグルブック検索訴訟、修正和解案提出も曲折か
   http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/media/djDEA5334.html

 ○グーグル訴訟に修正和解案、日本の出版物除外 
   http://www.yomiuri.co.jp/net/news/20091116-OYT8T00574.htm


  結果として、今回は日本の書籍は除外となりましたが、その投げかけた問題は示唆に富むものだった
 と思います。

  ・著作者への利益配分を飛躍的に高めたこと。
  ・絶版書籍を容易に購入できるようになること。
  ・書籍の内容を検索して、その書籍の存在を世に知らしめることができるようになること。

  米国で、そのようなサービスが定着し、その意義、利便性がわかってこれば、いずれ外国書籍も
 対象にして、国境を越えて検索、入手が可能になることでしょう。


● ふたつめが、そのグーグルのブック検索訴訟に刺激されたこともあると思いますが、11月4日
 に設立された、「日本書籍検索制度提言協議会」です。
 これは、国立国会図書館所蔵資料のデジタル利用の仕組み等の提言を行うことを目的として、日本
 文藝家協会、日本書籍出版協会などにより組織されたものです。国立国会図書館もこれに協力する
 こととされており、日本の官民での共同作業となります。
   来年4月には提言をまとめる予定とのこと。

  http://current.ndl.go.jp/node/15177


 おそらく、グーグルブック検索並みのものが、日本独自に導入されることになるのではないかと
 期待されます。
  グーグルの場合と異なり、著作権者の許諾を正面から取り付ける形になりますし(オプトイン
 方式)、文藝家協会が会員作家らにまとめてその意思を確認することになるでしょうから、大変
 すっきりした形で、導入が可能になると思われます。

  焦点は、そこでの著作権者と流通業者(出版社)、国会図書館との利益配分の割合がどうなるか、
 でしょう。
  この点は、前にも書きましたが↓ 大きな論点になると思います。


   http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/55295598.html
   http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/55426965.html

  現行のパビレス等での電子書籍販売における10%という「印税」の相場と、グーグルが提示した
 「63%」との間には、格段の差があります。
  客観的に考えて、著作権者への還元率は、低すぎると感じます。創作したご本人にはより還元
 されてしかるべきでしょう。
  
  電子書籍化の推進は、総論としては賛成でしょうが、利益配分の在り方についての各論となると、
 これまでの慣習を覆す可能性があり、そう容易にはまとまらないような気もします。
  そこは折り合いをつけて早期合意に至ったほしいものです。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事