しみじみと朗読に聴き入りたい

素晴らしい朗読が聴けるサイトやCDを発掘してご紹介します。著作権関係の意見も発信しています。.

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

 

【大事なお知らせ】 【移転しました】 HP「しみじみと朗読に聴き入りたい」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「まほろば青垣文庫」を開設しました!(2014.3.23
     ―第二の青空文庫を目指して〜国立国会図書館「近代デジタルライブラリ」を発掘する
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
*********************************
  2015年10月初めに大筋合意に達し、今後著作権改正となりますので、関連記事をまとめました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
下記の出版社主導の「出版物に係る権利」構想は正式に断念されました。そして平成25年春以降、文化審議会小委員会で、「電子出版権」構想の検討が進められ、同12月に最終報告書がまとまっています。しかし、著作隣接権で実現しようとしていた狙いを、紙と電子一体となった総合出版権構想で果たそうという動きが見られましたが、結局、電子出版権の創設という常識的な案で決着しました。「出版社の権利」案は、著作権制度の根幹を揺るがすものでしたので、なぜそうなのかのご理解のために引き続き掲載しておきます(平成27年10月記)。

●「原版権」(「出版物に係る権利」=著作隣接権)創設には絶対に反対です!
          ―皆が気付いていない甚大な副作用があり、後世に禍根を残します。
●日書協の出版契約・著作権利用許諾契約案にも大きな問題があります!
          ―実質的に米国型(著作権の移譲)に等しいものです。
                            詳しくは こちら から!  ブログ連載記事一覧     
*********************************

姉妹ホームページしみじみと朗読に聴き入りたい 』 ⇒ 移転予定です!

                 (著者:定武禮久) 目次)(Google ブック検索で立読み)

  ・・・・朗読を聴いて、やってみて改めて実感する日本語の素晴らしさ・・・!
 読み手によってガラリと変わる印象! まるで、音楽が指揮者やオーケストラによってそれぞれ独特の輝きを放つのと同じです。
 『声に出して読みたい日本語』を出版し、朗読ブームを巻き起こした斉藤孝さんは、朗読によって、

 「日本語の宝石を身体の奥深くに埋め込み、生涯にわたって折りに触れてその輝きを味わうことができる」

 と書いておられます。ネットの普及によって、市中のあるいはプロの読み手によるさまざまな魅力ある朗読が手軽に聴けるようになっています。また、新潮CDブックだけでなく、最近の『心の本棚』シリーズの発刊にみられるように、朗読のCDやビデオ、DVDなども続々と出てきています。

 冒頭のサイトでは、このような素晴らしい朗読作品をできるだけ多く発掘して、ご紹介しています。これからも、プロ、アマを問わず、素晴らしい朗読サイトをみつけていきたいと思っています。朗読愛好家の皆さん、是非、いろいろな作品の朗読・発信をお願いします!

<お知らせ>
  平成24年9月以降、下記の「朗読で親しむ〜」「日本名作文学朗読選」で使用しているブログを引っ越し作業中です。これに伴い、iTunesのPodcastも新しいサイトを反映したものになりつつあります。10月下旬現在、進捗状況は7割程度で、新旧移行でブランクが生じている巻もあります。ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちください。引き続き内容の充実に努めていきます。

朗読を聴いて楽しむ               
朗読サイト検索エンジン
 <無償サイト>
 『朗読で親しむ 日本名作文学全集』第1巻〜第5巻  
  第1巻(主要作品) 第2巻(夏目、太宰、宮沢) 第3巻(古典) 第4巻(詩) 第5(随筆、隠れた佳作) 
    →上記全集は、ブログサイト移行に伴い、現在準備中です。
    犬と猫が出てくる文学朗読選(移行につき準備中)
 『.日本の名作名文ハイライト』 名作の名文名場面を抜粋してご紹介。
『合成音声 朗読オーディオブック』 高機能合成音声による小品の朗読トライアル。
 『朗読アーカイブズ』 各朗読ブログ・HPから、作家別、作品別に朗読作品を横断的に整理。
 青空文庫 朗読とその作品に対応した青空文庫とを一覧にしました。
 
<有償サイト等> 
 『別館・朗読アーカイブズ』 有償朗読ダウンロードサイトから、作家・作品別に整理。 
 『朗読しみじみと味わうCDや読本』:アマゾンで販売している朗読CDを網羅。
 
<実験サイト>
● オーディオブックの製作実験サイト :パワーポイントに音声をつけてみました。
● 日本名詩朗読選ー動画版トライアル:Windows Movie Makerで文字入れ写真+朗読を組合せ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ※ 上記のもととなっている無償、有償で朗読を楽しめるサイトのご紹介♪  
   無償サイト 有償サイト CDブック 朗読関係サイト リンク集            
                                               朗読サイト検索エンジン
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
朗読を発信して楽しむ
 
● 『立ち読み文藝図書館』 立ち読みサイトのリンク集。新刊書や人気作家のものも多数!
まほろば青垣文庫』 国立国会図書館の近代デジタルライブラリーから、著作権切れの作品を発掘。第二の大空文庫を目指します。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 朗読と著作権、文藝活性化について考える

 『朗読と著作権あれこれ』 ログ記事のうちから、朗読と著作権に関するものをテーマごとに整理!
 『朗読愛好家のための著作権の基礎知識』(暫定版) 朗読に特化した解説です!
● 『朗読者のための著作権クイズ』 上記の「基礎知識」をもとに、クイズ形式にしたものです!
 『朗読のネット配信による文藝活性化に向けた提言』(全体版)
   これまで書いた「著作権者と朗読愛好家の共存共栄策」をベースに、関係先ごとの要望事項を「提言」の
   形にしました。実現すれば朗読文化がより多彩で魅力的になると確信しています。 
『日本ペンクラブ「電子文藝館」を第二の青空文庫に!』  (補足)
   電子文藝館、日本ペンクラブが「公共の文化資産」として無償で公開しているもので、実に広範な作品
   を掲載していてその意気込みを感じます。 著作権者と朗読愛好家の共存共栄策のひとつとして、これら
   の作品を、非営利・無償のネット配信に開放していただくことを提案しています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
電子書籍
 
『太宰治 朗読の楽しみ〜微苦笑を誘う太宰治のエピソード』
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ありがとうございます♪
 
  えぶろんさんが、このブログの紹介とともにこの冒頭部分」基礎知識・の部分の朗読もし
  てくださいました。
  大石佳世さんが、私の番外ブログ記事を朗読してくださいました。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 掲示板 を開設していますので、何かご意見ご提案がありましたら、お願いします。
 
(注)旧トップページは、コメントも戴いているので、そのまま残してあります。「すべてみる」をク
   リックして下さい。

この記事に

開く コメント(2)

 ●姉妹ホームページ『しみじみと朗読に聴き入りたい』
     http://homepage2.nifty.com/to-saga/roudoku2.htm

 ●拙著『朗読と著作権 −朗読愛好家と著作権者との共存共栄のために』(著者:定武禮久)NEW!
     http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/57822511.html
     http://homepage2.nifty.com/to-saga/roudoku2.files/roudokutotyosakuken-PR2.pdf
                 2009年11月20日 アピアランス工房発行(表紙写真は左)
  

  ・・・・朗読を聴いて、やってみて改めて実感する日本語の素晴らしさ・・・!
 読み手によってガラリと変わる印象! まるで、音楽が指揮者やオーケストラによってそれぞれ独特の輝きを放つのと同じです。
 『声に出して読みたい日本語』を出版し、朗読ブームを巻き起こした斉藤孝さんは、朗読によって、

「日本語の宝石を身体の奥深くに埋め込み、生涯にわたって折りに触れてその輝きを味わうことができる」

 と書いておられます。ネットの普及によって、市中のあるいはプロの読み手によるさまざまな魅力ある朗読が手軽に聴けるようになっています。また、新潮CDブックだけでなく、最近の『心の本棚』シリーズの発刊にみられるように、朗読のCDやビデオ、DVDなども続々と出てきています。

 冒頭のサイトでは、このような素晴らしい朗読作品をできるだけ多く発掘して、ご紹介しています。これからも、プロ、アマを問わず、素晴らしい朗読サイトをみつけていきたいと思っています。朗読愛好家の皆さん、是非、いろいろな作品の朗読・発信をお願いします!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
● 『朗読で親しむ 日本名作文学全集』第1巻〜第5巻  ※iTunestoreのpodcastでも配信しています。

  第1巻(主要作品)     http://teabreakt.weblogs.jp/roudokusen/
  第2巻(夏目、太宰、宮沢) http://teabreakt.weblogs.jp/roudokusen2/
  第3巻(古典)       http://teabreakt.weblogs.jp/roudokusen3/
  第4巻(詩)        http://teabreakt.weblogs.jp/roudokusen4/
  第5巻(随筆、隠れた佳作) http://teabreakt.weblogs.jp/meisakusen5/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
● 『日本名作文学朗読選』 アーカイブス所収作品ファイルをまとめブログに整理!itunestoreにもアップ!

   http://homepage2.nifty.com/to-saga/roudoku2.htm#roudokusen

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
● 『朗読アーカイブス』  各朗読ブログ・HPから、作家別、作品別に朗読作品を横断的に整理!

   http://homepage2.nifty.com/to-saga/roudoku2.htm#archive

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
● 『別館 朗読アーカイブズ』 有償朗読ダウンロードサイトから、作家・作品別に整理! 

   http://homepage2.nifty.com/to-saga/roudoku2.htm#bekkanarchive

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
● 『朗読と著作権あれこれ』 ブログ記事のうちから、朗読と著作権に関するものをテーマごとに整理!
 
   http://homepage2.nifty.com/to-saga/roudokuarekore.htm

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
● 『立ち読み文藝図書館』 NEW! 立ち読みサイトのリンク集です。新刊書や人気作家のものも多数! 

   http://homepage2.nifty.com/to-saga/1tachiyomi-bungeitosyokan.htm 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
● 『朗読愛好家のための著作権の基礎知識』(暫定版) 朗読に特化した解説です!
 
    http://homepage2.nifty.com/to-saga/tyosakukenkisotishiki-pdf2.pdf

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
● 『朗読のネット配信による文藝活性化に向けた提言』(完成版)

 これまで書いた「著作権者と朗読愛好家の共存共栄策」をベースに、関係先ごとの要望事項を「提言」の形にしました。実現すれば朗読文化がより多彩で魅力的になると確信しています。 
   http://homepage2.nifty.com/to-saga/roudoku-teigen.pdf

 ※ 関係先ごとの分割版はこちらから。
   http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/13838275.html

 ※ 上記提言のベースとなったブログ記事の一覧です。↓
   http://homepage2.nifty.com/to-saga/tyosakuken.htm

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
● 日本ペンクラブ『電子文藝館』を、第二の青空文庫に!

 これは、日本ペンクラブが「公共の文化資産」として無償で公開しているもので、現代小説あり、随筆あり、詩あり、ノンフィクションあり、はたまた、戯曲あり、和欧訳あり・・・・。実に広範な作品を掲載していてペンクラブの意気込みを感じます。
   http://www.japanpen.or.jp/e-bungeikan/

 上記提言では、著作権者と朗読愛好家の皆さんの共存共栄策のひとつとして、『電子文藝館』の作品を、非営利・無償のネット配信に開放していただく(=著作権法上の「公衆送信」を認めていただく)ことを提案しています。以下のブログ記事もお読み下さい。
    ↓
  ○『「電子文藝館」を第二の青空文庫に!』
        http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/2839887.html
  ○『補足 電子文藝館のこと』
        http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/2884908.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

※ えぶろんさんが、このブログの紹介とともにこの冒頭部分や、『朗読愛好者のための著作権の基礎知識』の「はじめに」の部分の朗読もしてくださいました。

 http://epuron-rodoku.seesaa.net/article/40472034.html (冒頭部分)
 http://epuron-rodoku.seesaa.net/article/42095896.html (「基礎知識」はじめに)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

※ 掲示板を開設していますので、何かご意見ご提案がありましたら、お願いします。

 http://www3.ezbbs.net/16/teabreakt/

この記事に

開く コメント(5)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事