理研STAP細胞論文調査委員会報告、改革委提言等への根本的疑問

小保方論文の「改竄」「捏造」認定の不合理さ、バッシングの理不尽さ

全体表示

[ リスト ]


 これまでも、STAP関係の特許出願状況を紹介されていた栗原潔弁理士が、次の記事を今日付でアップされています。読者の方から教えていただきました。有り難うございます。
 
◎「各国でまだ生きているSTAP特許出願」
 
 これを読んでびっくりしましたが、STAPの特許出願は、日本でも継続しているのですね! 日本に加えて、少なくとも米国、EPO(欧州特許庁)、カナダ、オーストラリアに移行されている由。補正が行われ、更新料、維持料が支払われていて、栗原さんによれば、「少なくとも手続記録上からはハーバード大が各国の出願を生かしておく気満々であることが伺われます。」とのこと。栗原さんご自身は、STAPはガセ確定と思っておられるようですが、貴重な情報を提供していただけて助かります。
 
 先日のネイチャー誌でのSTAP細胞はないとの判定に対しても、特許出願者たるハーバード大のブリガム・アンド・ウィメンズ病院は音なしの構えです。
 
 米国での出願状況に関する先日のブログ記事でもご紹介したように、
 これだけ多数の弁護士を維持させているというのは、そのコストは相当なものになるはずです。
 また、日本の特許庁に国内移行手続きしているということは、日本国内の弁理士コストも当然かかるでしょう。翻訳文を提出して国内移行したのが、昨年の1125日だそうですから、まだ理研が特許の持ち分放棄する前です。これは、理研や女子医大で持ち分に応じて負担したということでしょうか? そんな日本の特許庁への国内移行の話など、記者会見ではちらとも言わなかったですね。
 いずれにしても、これだけのコスト負担に見合うものだとの判断があるのだろうと想像されます。
 
 国内移行が、実質的に即審査開始ということになる米国、欧州(EPO)では、いずれ、審査が始まるでしょうが、米国では、本格審査入りまでは2年近くかかるらしいですので(最近は短縮努力している由)、具体的動きが出てくるのは、まだ先かもしれません。EPOで先に何か動きがあるのかどうか、気になるところです。


【補足】(2015.11.14)

特許出願に関連して、コメントをいただいていますので、注釈を加えておきます。

特許出願コストとして、特許庁当局への出願等の費用は低いですが、弁理士・弁護士費用が高くつくのが一般的かと思います。また、弁理士事務所に支払う費用が、それを担当している弁理士等の人数に応じて増減するものでもないということは、そうなのでしょう。料金体系としても、初期費用を低く抑えて成功報酬を高く設定する料金体系なのか、その逆なのか、いろいろあるかと思います。

 したがって、実際にどれだけのコストがかかっているのかはわかりませんが、このSTAP関連特許出願が、少なくとも5カ国で出願されて係属中であり、国内移行した各国毎に対応窓口が必要になってくるでしょうから、そのコストが必要になるかと思います。日本の特許庁向けの翻訳や補正対応等のためのコストも含めて、相応のコストがかかることは確かでしょう。

 

 また、コストの問題もさることながら、管理責任の問題(背任の可能性)もあると思います。もし、STAP細胞の研究が、捏造なりES細胞の混入等であると判断されるのであれば、それに関して特許出願を継続することによって、大学に費用負担をさせ続けることは、金額の多寡にかかわらず、背任行為になってしまいます。他にコスト負担者がいるのかどうかわかりませんが、もしいるとすれば、彼らとの関係でも背任的になってしまい、賠償責任を問われるのではないでしょうか。この特許出願の継続は、コストの問題だけではない要素も関係してくると思います。

 

 また、国際出願の先行特許のサーチレポートで、東北大のMuse細胞の先行発明ありと判定されていますので、それを踏まえて最初のもっとも広い包括的な請求項1をなくして、70を超えていた請求項を再編補正して審査を受けつつあるのが現状かと思います。

 素人からみてよくわからないのが、先行発明が再現可能性がある発明として特許が認められているのであれば、その発明に抵触するコンセプトであるはずの後行発明たるSTAP細胞も、工夫次第で認められる余地があるのではないかと思うのですが・・・。STAP細胞が捏造なりES細胞なりであれば、先行発明も何もあったものではないわけですし。


閉じる コメント(22)

顔アイコン

小保方さんに関することは小さなことでも大騒ぎするのに、こういうことは本当報道にのらないね。

2015/11/12(木) 午後 9:17 [ kaw**orops ] 返信する

顔アイコン

少なくとも出願人は、STAP細胞について真に有用なものであると判断しているとしか考えられません。そうでなければ、これだけ日本のマスコミでバッシングされているにも関わらず、多額の費用を払って特許出願を維持することなど考えられないからです。
日本でのバッシングの中身を正確に分析すると、RNAに基づいて推測したにすぎないことに基づいて利害関係を有する人が小保方氏の冷凍庫から見つけたと称するものを正式な権限なしに提示するなど証拠としては全く認められないようなものが大半を占めることは明白です。
出願人はSTAP細胞の存在並びに有用性を確信しているものと思います。 削除

2015/11/13(金) 午前 1:09 [ 一市民 ] 返信する

顔アイコン

> 一市民さん
本当に考えられないでしょうか?
僕は特許については素人ですが(いくつか持ってはいるのですが、素人は素人)、この状況でも(彼女の報告が嘘だとばれたというこの状況でも)お金を払って特許を申請するという理由というか戦略はあり得ます。
彼女が、なんと言いますか、底意地が悪い他人の利益をかすめ取る人であるという仮定が必要なのですが、すくなくとも思いつきはします。

バッシングを正確に分析すると、
は日本語として意味をなしていません。バッシングという言葉を使って思考停止に陥っていると判断されるので注意が必要です。

そして、そもそも明白では無いです。

出願人は確信していますが、それは「僕は神さまっていると思うんですよ」という確信と同義で、今回の話題とは相容れない論述と思います。 削除

2015/11/13(金) 午後 4:53 [ A ] 返信する

顔アイコン

彼女が利益をどうやってかすめ取ることができるのでしょうか(笑)。具体的な方法を聞きたいものです。

アメリカが特許の囲い込みを国策としている以上、アメリカの特許利権を脅かそうとした笹井さんをはじめとするSTAP細胞研究グループが潰されたのは明白でしょう。

IPS細胞の時の特許戦争でもアメリカのえげつなさは明白ですから。 削除

2015/11/14(土) 午後 1:20 [ 真犯人は若山さん ] 返信する

顔アイコン

特許出願に関連して、コメントをいただいていますので、注釈を加えておきます。
特許出願コストとして、特許庁当局への出願等の費用は低いですが、弁理士・弁護士費用が高くつくのが一般的かと思います。また、弁理士事務所に支払う費用が、それを担当している弁理士等の人数に応じて増減するものでもないということは、そうなのでしょう。料金体系としても、初期費用を低く抑えて成功報酬を高く設定する料金体系なのか、その逆なのか、いろいろあるかと思います。
したがって、実際にどれだけのコストがかかっているのかはわかりませんが、このSTAP関連特許出願が、少なくとも5カ国で出願されて係属中であり、国内移行した各国毎に対応窓口が必要になってくるでしょうから、そのコストが必要になるかと思います。日本の特許庁向けの翻訳や補正対応等のためのコストも含めて、相応のコストがかかることは確かでしょう。

2015/11/14(土) 午後 8:41 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

続き)また、コストの問題もさることながら、管理責任の問題(背任可能性)もあると思います。STAP細胞が、捏造なりES細胞の混入と判断されるならば、それに関する特許出願の継続で大学に費用負担をさせ続けることは、金額の多寡に関わらず、背任行為になってしまいます。他にコスト負担者がいるとすれば、彼らとの関係でも背任的になってしまい、賠償責任を問われるのではないでしょうか。この特許出願の継続は、コストの問題だけではない要素もあると思います。

また、国際出願の先行特許のサーチレポートで、東北大のMuse細胞の先行発明ありと判定されていますので、それを踏まえて最初のもっとも広い包括的な請求項1をなくして、70を超えていた請求項を再編補正して審査を受けつつあるのが現状かと思います。
素人からみてよくわからないのが、先行発明が再現可能性がある発明として特許が認められているのであれば、その発明に抵触するコンセプトであるはずの後行発明たるSTAP細胞も、工夫次第で認められる余地があるのではないか、STAP細胞が捏造なりES細胞なりであれば、先行発明も何もあったものではないかと思うのですが・・・

2015/11/14(土) 午後 8:52 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

もしかして,弁護士と弁理士の報酬体系が同じとお考えではないですか.
もちろん様々な契約はあり得ます.しかし,貴殿が想定してる金額が,どの程度か不明ですが,たぶんそれより低い金額だと思います.
一番費用のかかる初期コストは,理研などと分担しているでしょうし,払い終わっていますね.現時点で必要なのは,原則維持費です.その費用は維持費がない国もありますから,たぶん数十万円(100万円までいかない)だと思います.拒絶査定され,その応答で費用がかさむと判断したら,そこで止めれば良いと考えているのではないですか.多くの場合,このような対応をしていると思います.
背任など法的な面はわかりませんが,少なくとも出願人は,現時点ではハーバードの大学病院だけであり,お金もそこからでているでしょう.そうすると大学とは関係ないのではありませんか.
また,これもご承知だと思いますが,韓国で起こったES細胞にまつわる研究不正,その特許は成立しています.そこに至る経緯は省きますが,要は,論文と特許で判断が分かれたわけですね. 削除

2015/11/14(土) 午後 10:48 [ 傍観者 ] 返信する

顔アイコン

IPS細胞もES細胞も最初は【その存在を妄想すること】から始まっています。失敗実験を繰り返しそのたびに心無い似非科学者から【そんなものは妄想で存在しないんだよギャハハハーッ】と嘲笑され実験が成功しても【成功をねつ造したんじゃないのか?ww追試が成功するまではただの妄想なんだよww科学とは言わないんだよギャハハハーッ】とバカにされながらついには認知されたわけです。STAP細胞も同じ事でその存在を妄想するところから科学は始まっているわけです。追試が成功するまでのプロセスを科学と認めないのはただのウマシカですよ。 削除

2015/11/14(土) 午後 10:50 [ 真犯人は若山さん ] 返信する

顔アイコン

特許査定に関しては,当然外からはわかりません.ただ,現状を見ると,範囲を非常に限定しないと,件の特許が成立する見込みは大変厳しいように感じています.

また,未知の現象があったとして,それを記述した特許が成立したとします.出願人以外はだれも成功していないし,実際にその現象,製品としましょうか,その製品は世の中に出ていない.こうしたとき,その現象を学術論文として投稿した際,根拠を該当の特許だけにしたら,多くの場合,rejectされます(誤解がないように,特許は一般的に引用文献としては認められていますが).

ですから,先に記したように,特許は,情報を公開する代わりに工業的独占権を認めるものです.このため,最近は特許を出願しない企業も出てきています. 削除

2015/11/14(土) 午後 11:33 [ 傍観者 ] 返信する

顔アイコン

特許出願の料金ですが、ブログ主さんも書いている通り、STAP細胞には相当なお金がかかっていると思われます。
一説には1000万円を超えるという話もあります。
実際のところはわかりませんが、出願から維持、移行手続きまで、トータルすると相当の金額をつぎ込んでいるでしょうね。

2015/11/14(土) 午後 11:57 [ gen**ron ] 返信する

顔アイコン

日本の特許事務所のWebで,料金を示してる所は多いです.

任意の事務所で良いので,日本で出願して,それを元にPCT経由で他の四カ国に出願(移行)の状況での必要な金額を確かめてみると良いかもしれません.

事務所により,国により,料金は異なるでしょうが目安にはなりますね.値段が数倍異なることはないでしょう. 削除

2015/11/15(日) 午前 10:27 [ 傍観者 ] 返信する

顔アイコン

STAP特許の経費の大小を確たる証拠もないのに【少ないに決まってる!】と自分勝手な妄想をして断定するのは非科学的ですし何の意味もまりません。

大事なのはSTAP特許は莫大な利益を生む可能性があること。科学会には莫大な利益を生む特許をめぐる特許戦争があること。アメリカが特許の囲い込みを国策としていること。そして結果的にSTAP特許がアメリカから日本に移ったことです。

STAP細胞否定決めつけ派はSTAP細胞が無いことにしたくてしたくてたまりませんからSTAP特許の価値を貶めようと必死になっているだけです。

新たな細胞の研究発見のプロセスに少しでも失敗や疑惑が生じればその時点で新細胞の存在を【ねつ造だぁぁーっ!】と叫んでその研究者を誹謗中傷しているにすぎません。 削除

2015/11/15(日) 午後 0:21 [ 真犯人は若山さん ] 返信する

顔アイコン

>STAP特許の経費の大小を確たる証拠もないのに【少ないに決まってる!】と自分勝手な妄想をして断定するのは非科学的ですし何の意味もまりません。

上記、あなたも同じことしてるの分からないなんて(笑) 削除

2015/11/15(日) 午後 7:51 [ たま ] 返信する

顔アイコン

> たまさん

真犯人は若山さん氏は【少ないに決まってる!】という決めつけを批判しているのですよ。
【大いに決まってる!】と断言しているなら、あなたの「あなたも同じことしてる」も当てはまると思いますが、そんなことはしていません。
まさにあなた自身が「自分勝手な妄想をして断定する」ことをしています。
小保方さんを叩く側の人は、こうした思い込み、決めつけ、妄想癖が強すぎるように思います(科学のことをよく知らない人も混じっているし)。
これは勝手な決めつけではなく、コメント欄を見ての推論です(笑)。

2015/11/19(木) 午後 6:48 [ gen**ron ] 返信する

顔アイコン

> gen**ronさん
こんな風に突っ込みを入れるのももはや野暮の範疇に入るのかもしれないのですが。
「同じこと」は 「少ない」 にかかってる言葉ではなく、
「自分勝手な妄想をして断定する」
にかかる言葉だと読みます。
僕、こんな風に曲解して読む人がいるんだ!と、ちょっとビックリしました。
勝手な決めつけ以前の問題です。推論なんて言葉を使う前の。科学とか言う以前の問題な印象もあります。(とはいえ科学で最も大事な能力の一つではあるのですが)文章力、読解力の問題という印象もありますが、いずれにせよ、撤回なされた方が良いのでは無いかと思います(ちょっと人ごとなのに恥ずかしさでいっぱいな感じです)。御一考を。 削除

2015/11/20(金) 午前 2:06 [ A ] 返信する

顔アイコン

科学のことも、宗教のことも、研究の現場のことも知らない人かと思っていたら、日本語も読めない人のようだ。

それにしてもみんな何をそんなに焦っているのだろう。
最近「ES細胞混入説」批判ブログのコメント欄がとみに荒れているように見える。
「STAP特許出願継続中」の情報がよほどショックだったのか。
「ES細胞混入説」にそんなに自信がないのだろうか。

たとえば、【相対性理論は間違っている!】というブログ記事が出たとしても、その分野の研究者や学生が血相を変えてコメント欄を荒らしまくるということはないだろう。
黙って静観しているだけのはずだ(科学的に正しいという確信があるから)。
しかし【「小保方氏捏造説」は間違っている!】というブログ記事が出ると、即座に批判コメントが殺到する(だいたい特定のグループのようだが)。
「小保方氏捏造説」によほど自信がないのか、その科学的根拠が薄弱すぎると思っているのか、真相が暴露されるのが不安でたまらないのか。
科学的に完璧に論証されていると思うなら、相変わらずバカやってると放っておけばいいのに、まったく不思議な反応と言うほかない。

2015/11/20(金) 午前 3:59 [ gen**ron ] 返信する

管理人様へお願い

最近、荒らしが書込みを繰り返しています。
レトリックを駆使して紳士的な議論を装いながら、擁護派を撹乱しています。
巧妙な荒らしのため、直接議論を交わしておられなければ、見極めが難しいかもしれません。
ご確認の上、コメント欄の管理を強化して下さることを要望いたします。

2015/11/20(金) 午前 7:29 [ k07*a*ase ] 返信する

脱線すみません。
当方臨床医療系、物理と化学は高卒から大学受験レベル
STAP細胞:肯定(詳しくはない)
科学:現代は唯物科学だが、いずれ非物質領域まで拡張されるべき。やはりSomething Greatはいる。
相対性理論:なんとなく懐疑派
ビッグバン宇宙論:なんとなく否定
ダーウィン進化論:否定
近藤医師:医者ムラに立ち向かう偉い人(近藤理論は6割のみ支持)
健康:酸化ストレス軽減とミトコンドリアか
安倍総理:7割支持
現在、場の量子論の初級を勉強中
よろしく

2015/11/21(土) 午後 4:35 [ k07*a*ase ] 返信する

外れますが、医療では。以下某医師のブログから引用。
《医師が執筆した一般向けの単行本が増えています。10年前に比べたら激増しています。新しい診断・治療パラダイムに気がついた著者が本を出版しているのです。
これを論文として世に出そうとすると、新しいパラダイムなので、従来の論文の引用ができなくなります。そうすると、”科学的根拠が乏しい、エビデンスがない”と判断されてしまいます。つまり、論文は従来のパラダイムの範囲内での科学的真実は受け入れるが、新しいパラダイムの科学的真実は受け入れられないシステムとなっています。
(続く)

2015/11/27(金) 午前 10:35 [ k07*a*ase ] 返信する

(続き)
すると、専門医相手ではなく、柔軟な思考の勉強熱心な一般人向けに単行本を書こうと思うのは自然な流れだと思います。つまり、最新の科学的真実は論文にはならず、単行本として出される流れとなっています。論文ばかり読んで本を読まない専門医は非常に不都合な状況に陥ると思います。
意識の高い患者は勉強熱心なのでこのような本を沢山読んでいます。すると、患者はよく知っているのに、本を読まない専門医はそのことを全く知らないという状況に陥ってしまいます。》
尚、 これはSTAP問題と無関係に書かれたものです。

2015/11/27(金) 午前 10:36 [ k07*a*ase ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事