理研STAP細胞論文調査委員会報告、改革委提言等への根本的疑問

小保方論文の「改竄」「捏造」認定の不合理さ、バッシングの理不尽さ

全体表示

[ リスト ]


 STAP特許出願に対して、昨年7月に打たれた第1回拒絶理由通知に対する期限が、今年1月6日でしたが、米国特許庁のサイトで、これに対する応答書類一式が掲載されているそうですので、見てみました。

 以下のUSPTOのサイトで、
 14/397080とアプリケーションナンバーに入力し、image file wrapper タブをクリックすると、一連の動きが表示されます。

 これをみると、クレームのうち、1〜74はキャンセルとされ、75〜94は、一部修正されたり、そのままだったりという様子です。

 ヴァカンティ教授による説明(注:宣誓供述書という重みのあるものだそうです)も含めてアップされていますが、
 01-06 2017  Affidavit-traversing rejections or objections rule 132

どなたか解説をお願いできないでしょうか。
 再実験を行ったということのようですが・・・。

【補足】
 有志の会ブログで、seisakuさんがすでに紹介されていましたね。
 人間の細胞を使って神経細胞・・・というのは、ヴァカンティ教授が米国防総省の資金を得て行っているはずの研究を連想させますね・・・。

  179. seisaku   2017年01月07日 21:16
  • 「結論ありき」ブログでの情報ですがSTAP細胞特許に動きがあったみたいですね、米国特許商標庁のwebで確認できます。生物学の知識もなく、かつ英語が得意ではないので間違っていたら大変申し訳ないのですが

    01-06-2017 Affidavit-traversing rejectns or objectns rule 132 こちら全8ページの文章にバカンティ氏が行ったSTAP再現実験が書かれています。

    マウスではなく人間の皮膚細胞(HFF cells)を使い酸(ATP)や機械的な刺激で多能性を持たせた後、神経細胞やインスリンに分化させたという内容みたいです。STAP現象の正当性を主張すると同時に「疑念を持たずに真実だと語ることが出来ないのはSTAP幹細胞(STAP-SC)」だとも述べています。 (以下略)
  • (注)seisakuさんが、上記のSTAP幹細胞に関する部分について、訂正しておられます。
  • 197. seisaku
  •  
  • 2017年01月08日 17:57
  • teabreakさんのブログコメント欄でJISAIさんからご指摘いただき誤りに気付きました。JISAIさんのご指摘通り訂正させていただきます。

    179. seisaku

    誤)「疑念を持たずに真実だと語ることが出来ないのはSTAP幹細胞(STAP-SC)」だとも述べています。

    正)若山氏がデータに疑義があると述べただけなのにNatureの発表では全員が「STAP-SC(STAP幹細胞)現象が真実だと疑念を持たずに述べることが出来ない」とされてしまった。

    バカンティ氏はSTAP-SCを否定していません。誤った情報で皆様にご迷惑をおかけしてすみませんでした。JISAIさん、誤りを訂正していただきありがとうございました。


●そういえば、ヴァカンティ教授と小島教授による研究の特許出願も、別途ありましたね。
 
【補足2】栗原先生による記事  

「STAP細胞特許出願に急展開:バカンティ教授が宣誓供述書提出(1月8日)

【補足3】アメリカ特許、Non-Final Office Actionに対する応答について」記事

  http://patentjitsumu.hatenablog.com/entry/2015/09/23/111029


この記事に

閉じる コメント(27)

顔アイコン

記事の補足でご紹介しましたが、以下の米国特許出願における拒絶理由通知への応答に関する実務解説記事がわかりやすいです。

「アメリカ特許、Non-Final Office Actionに対する応答について」
http://patentjitsumu.hatenablog.com/entry/2015/09/23/111029

「出願人は、Non-Office Actionに対する(3か月の)応答期間が徒過してしまったとしても、応答期間内に延長を請願しなくても後出しで延長手続きを行うことができる」という解説に少し驚きました。
しかし考えてみれば、特許の更新期間を誤って経過させてしまっても、手数料払えば維持できるという制度もありますし、運転免許も6カ月以内ならば手数料と講習とで失効を免れるというような制度と同じ発想ですね。

そうすると、米国では、最初の拒絶理由通知を、応答3カ月以内と指定した上で打たれても、6か月経過するまでは、放棄とはみなされないということになるのでしょうかね・・・。

2017/1/9(月) 午前 5:33 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

> tea*r*akt2さん
そうなりますね。米国の制度のユニークなところは先払いでも後払いでも料金が変わらないところですね。日本でも応答期間経過後に期間延長請求ができるようになりましたが、料金が高くなります。
その辺の制度は国によって色々ですから、レアケースまで考えると、出願経過から出願人が特許出願を放棄したかどうかを第三者が見極めるのは簡単ではありません。

2017/1/9(月) 午後 1:01 [ den***** ] 返信する

顔アイコン

補足3】「アメリカ特許、Non-Final Office Actionに対する応答について」記事をみたら、宣誓供述書の項に証拠の提出の欄に実験ノートと実験ノートのコピー、証人とありました。
ひょっとしたら、小保方さんのハーバード大時代の実験ノートや理研での検証実験の予備的なデータ等も含まれているとか、小保方さんの証言が、証拠として提出された可能性もあるのかも知れません。

2017/1/9(月) 午後 10:53 [ hidetarou ] 返信する

顔アイコン

> den*****さん、hidetarouさん
hidetarouさんの上記ご指摘は、規則1.130の箇所で述べられていますが、バカンティ教授の宣誓供述書は、規則1.132に基づくものと書かれています。その場合でも、実験ノートのコピー等を提出することは場合によってはあるのでしょうか。

2017/1/10(火) 午前 7:01 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

宣誓供述書の冒頭に、自身の経歴、成果等がまとまった形で述べられていて、ここまで書く必要あるのか?と、少々違和感があったのですが、「アメリカ特許、Non-Final Office Actionに対する応答について」記事をみると、
「宣誓書では、冒頭において、宣誓者の経歴と、立証したい事項、拒絶に対する見解などを述べます。続いて、宣誓者が立証する事実を詳細に述べる順番になります。」
とありますので、定型的な書式に沿ったものということなのでしょうか・・・?

2017/1/10(火) 午前 7:13 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

> tea*r*akt2さん
今回のdeclarationはEnablementに対するもので、規則1.130のように先発明の立証に係わるものではないので、実験ノートのコピーは提出していないと思いますよ。
私は欧州のEESRの応答でお名前が出ていたので、米国のdeclarationは小保方さんが出されるかなと思っていましたが、まだ体調が良くないようなので難しかったのかもしれませんね。

2017/1/10(火) 午前 9:08 [ den***** ] 返信する

顔アイコン

> tea*r*akt2さん
declarationの冒頭に宣誓者の経歴を記載するのは定型です。
日本人の企業の研究者でも、卒業した大学名、学部、取得した学位から、職歴や所属を記載します。vacanti氏の地位や経歴だとあれぐらいは普通だと思います。審判や裁判の鑑定書のようなものになると、これに実績として論文リストが加わってもっと長くなります。

2017/1/10(火) 午前 9:19 [ den***** ] 返信する

顔アイコン

有志の会のブログのコメント欄で、 Pazifikさんが、ニュージーランドでも既に昨年11月にバカンティ教授による同様の応答がなされている旨の紹介をされていました。
http://blog.livedoor.jp/obokata_file-stap/archives/1062914167.html#comments
228. Pazifik 2017年01月11日 21:59

2017/1/12(木) 午前 3:16 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

> den*****さん
すみません、一点教えていただきたいのですが、いただいたコメントで「欧州のEESRの応答で(小保方氏の)お名前が出ていた」と書かれていましたが、具体的には、どのドキュメントになりますでしょうか。
以下のEPOでの一連のドキュメントを見てみたつもりなのですが、よくわからなくて・・・どうもすみません。拒絶理由通知への応答で、小保方氏による説明に言及されているということでしょうか?

https://register.epo.org/application?number=EP13780959&lng=en&tab=doclist

2017/1/12(木) 午前 3:32 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

> tea*r*akt2さん
03.06.2016 Reply to Written Opinion prepared by the EPO
のことです。
2頁目の3段落のHowever 〜で始まる文に登場してます。

"しかしながら、別の発明者(小保方)は、そのような取り違え(mix up)は絶対に不可能であり、起こったはずがないとの見方である。小保方は、故意にせよ、誤ってにせよ、取り違えは起こったはずがないと見ている。"

今思うと、コメントを取り付けたというより、一連の騒動中の主張を(勝手に?)取り上げただけかも知れません。

2017/1/12(木) 午後 5:28 [ den***** ] 返信する

顔アイコン

> den*****さん
ご教示ありがとうございました。お手数おかけして申し訳ありませんでした。引き続き、他国での審査動向や、WO2015143125の出願の審査動向をふくめて、なにかお気づきの点があれば、よろしくお願いします。

2017/1/13(金) 午前 6:45 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

詫間記者がバカンティ教授の宣誓供述書を読んで、ブログ記事を書いています。否定的内容ですが・・・。××さん、ご教示ありがとうございます。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/takumamasako/20170115-00066499/

2017/1/16(月) 午前 1:48 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

http://blog.livedoor.jp/obokata_file-stap/lite/archives/1062914167/comments/5047695/
229番のj.ワトソンさんのやり取りが参考になると思います

2017/1/16(月) 午前 2:31 [ hidetarou ] 返信する

顔アイコン

日本でも3月7日付けで拒絶理由通知がでました。
応答期限は6月7日(3月延長可能)となるかな。

2017/3/7(火) 午後 8:06 [ den***** ] 返信する

顔アイコン

> den*****さん
ご教示どうもありがとうございました。米国もしばらくは応答待ちですね。

2017/3/7(火) 午後 9:28 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

final rejection おめでとうございます! 削除

2017/5/17(水) 午後 6:07 [ 米STAP特許 ] 返信する

顔アイコン

5月15日付で、Final Rejection Counted, Not Yet Mailed となっていますね。理由は、ままだということのようですので、出たらまた、den***** さんやJISAIさんらお詳しい方の解説をお願いできればと思います。

2017/5/17(水) 午後 8:52 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

理由書出ていますね。
あそこ迄バッサリやられたら折れると思うけど…
米国の陰謀だとか放棄した理研はけしからんとかしたり顔で言ってた擁護の方々はどうするんだろう?w rejectionも米国の陰謀?w 削除

2017/5/19(金) 午後 0:36 [ 米STAP特許 ] 返信する

顔アイコン

特許に関しては、DORAさんがブログでこのように書いているので、大丈夫でしょう!

ttps://blogs.yahoo.co.jp/nx3262p0yz057j/14457684.html#15636899 削除

2017/5/19(金) 午後 1:29 [ RAMZ ] 返信する

顔アイコン


一年前の記事ですがw 削除

2017/5/19(金) 午後 2:10 [ 米STAP特許 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事