理研STAP細胞論文調査委員会報告、改革委提言等への根本的疑問

小保方論文の「改竄」「捏造」認定の不合理さ、バッシングの理不尽さ

全体表示

[ リスト ]


   Ooboeさんのパートナーさんが、告発状を兵庫県警に提出した由。ご報告の「5」までをアップされていますので、そこまでの情報で気付きの点を書いてみます。
 
1 受理、不受理の件
皆さん、不受理と思い込んでいるようですが、そうではないですよね?
原則、受理義務がある中で、時効までに裏取り捜査が間に合わないからといって、早々と不受理ということはありえませんし、実際、刑事の方が、

 「あなたの、大変な努力による収集資料の中にある事実も、全部、我々は、裏を取る作業をします。」

 と述べていることからも、受理の可否、起訴の可否を判断するための裏取り捜査は全力でする、という趣旨だと受け取りました。
 その上で、「告発事実に構成要件該当性がない」「告発事実を立証する証拠がない」という不受理の理由が満たされれば(あるいは公訴時効になってしまえば)、そこで初めて不受理ということになるのだろうと理解しています。

 ※参考

 
2 お詫び―BPO審理との関係
 告発提出報告その「2」の次の文章を拝見すると、どうも、私のブログ記事がミスリードしたのではないかと感じました。もしそうだったのであれば、お詫びをしなければなりません。
 
BPO の結論のタイミングを見計らって告発する予定だった、8月か9月と読んでいたが今年2月にずれ込んだ。時効を考えれば、昨年のそのころにすべきだったが、それをすると、BPO の規定、係争中の事案は、扱えないに引っかかってしまうので、待機せざるを得なかった。」
 
 BPOの取扱基準では、次のように書かれています。
 
(1) 名誉、信用、プライバシー・肖像等の権利侵害、およびこれらに係る放送倫理違反に関するものを原則とする。」
(5) 裁判で係争中の事案および委員会に対する申立てにおいて放送事業者に対し損害賠償を請求する事案は取り扱わない。また、苦情申立人、放送事業者のいずれかが司法の場に解決を委ねた場合は、その段階で審理を中止する。」
 
 これは、申立人が、同じ事案、同じ相手に、名誉毀損、プライバシー侵害等の刑事や民事の訴訟を起こしている場合を主として想定しています。つまり、小保方氏がNHKに名誉毀損等で訴えた場合です。あるいは、場合によっては、同じ論点になる、石川氏や李氏への名誉毀損訴訟なども、含まれるのかもしれません。「小保方氏が不正入手した」という点の真実性、相当性が論点となる点では共通だからです。そこまで本当に含まれるのかは、BPOに聞いてみないとわかりません。

 しかし、今回、告発している案件は、それとは直接は関係しない論点(小保方氏の不正入手、留学生のES細胞を混入、実験ノートや電子メールの公開等とは関係しない)の事案ですから、BPOの審理とは関係なく、刑事、民事の訴訟が提起されても問題がないものでした。
 もし私のブログ記事が、告発のタイミングに影響しているとすれば、申し訳ありません。
 

3 告発の論点、ポイント
 ご報告を見る限りでは、どうも、論文撤回の局面がポイントになっているように感じます。以前書かれていたような、「間違いであることがわかっていながら発表した」といった点は消えているような印象を受けます。

 それで、県警が裏取り捜査をするようなので、期待したいところですが、告発内容、裏取り対象のポイントが少しずれているように感じました。
 
「これは、公的第三者機関解析という権威の威力を利用した。偽計であった。また、大メディアの、巨大発進力の威力を利用した。偽計でもあった。
 この記者会見の前、63日には、 強力に論文撤回を反対していた。
 バカンティ先生や、小保方さを、笹井先生、 丹羽先生など、全員公的第三者機関の、放医研という、機関解析という、権威の解析であったから、論文撤回理由書にサインしたのだ
 世界的研究者であった、笹井先生や、丹羽先生が、若山知人の個人解析であると、分かっていたなら当然サインは、有り得なかったのだ、若山先生が騙した行為である。」
 
「バカンティ先生、丹羽先生、小保方氏 若山先生、それぞれ任意で権威ある放医研が解析したから論文撤回理由書に サインしたのか、または、他に理由があったのか、被害者という認識、意識があるのか、被害者という、意識があったとしたら、なぜ、告訴しないのか、などなど」
 
 以前このブログでも書きましたが、解析したのが、「放医研」という公的第三者機関なのか、「個人」なのか、という点は、偽計業務妨害の上ではあまりポイントではないと思っています。「第三者機関」という意味は、「外部の者」ということがその趣旨だと思います。

 問題の所在は、以前と重複しますが、再度書いてみると、
  1. 若山氏しか実験に使ったマウスの遺伝子タイプがわからない中、若山研には飼育されたことがないマウスだったという若山氏の主張を裏付ける外部の解析結果があったこと。
  2. それによって、撤回に絶対反対していたバカンティ氏ら米国の共著者達も、撤回を認めざるを得なかったこと(それは小保方氏の手記と、バカンティ氏の宣誓供述書から明らかであり、聴取すれば裏取りはすぐできる)。
  3. 実際、共著者全員でサインした撤回理由書も、「若山研には飼育されたことのないマウス」という点がメインとなっていること。
  4. 撤回前に、解析結果に間違いがあることが、共著者に伝えられていれば、撤回に至る経過、撤回理由書の内容からして、当然その修正が必要となり、撤回の可否の再検討に至ったと考えられること(米国側著者と小保方氏を聴取すれば、すぐに裏取りができる)。
  5. しかし、若山氏(及び松崎氏)が、撤回前に解析誤りの情報を得ていたにもかかわらず、それを握りつぶし、若山氏は、権限がないのに単独で共著者に何ら連絡することなく、撤回理由書を修正したこと(本人の説明及び共著者から聴取で裏取りはすぐできる)。
  6. 以上のような、若山氏らによる「偽計」があり、それによって、論文撤回を再検討し撤回を撤回する機会を失わしめたこと。そのような、論文撤回の是非の再検討の機会を奪い、更には、論文が撤回されていないことを前提とした研究活動の継続が困難となり、特許出願において撤回されていることを理由とする拒絶理由通知が打たれるに至ったなどが、一連の「業務妨害」であること。
 
 ですので、警察が、第三者が放医研だったのか、個人だったのか、あるいは、放医研だから撤回に同意したのか、という点の裏取りに注力するのではなく、上記1〜5の「偽計」と「業務妨害」の裏取りに注力してほしいところです。
 告発内容が、依然として、「放医研の解析結果だと偽称して、その権威によって撤回せしめた」という構成だけになっているとすれば、それでは弱く、あくまで、
 
「①解析結果が間違いだったことをすぐに知らせずに
 ②かつ、勝手に撤回理由を書き換えて
 ③再検討の機会を奪い、撤回を成立させた
 
 というところを前面に出さないと、せっかくのOoboeさんのパートナーさんのご尽力が報われないことになってしまいかねない恐れがあります。
 

4 Ooboeさんのパートナーさんの「特ダネ」
 
告発提出報告のその「5」にある、以下の点は、特ダネだと思います。
 
「更に、625日、遠藤氏が「第三者機関」解析のミスを発見し、若山氏、理研CDB 解析担当松崎研にその日のうちに、連絡したが、この事実を、若山氏も、松崎研も、共著者に、秘密にすることを申し合わせていた事実、松崎研は、竹市所長に直に報告すべきなのに、報告せず竹市氏に報告するということは、共著者に知られてしまう、ことになるからです。」

 これが、情報公開文書によって裏付けられているとすれば、それは、「偽計」そのものでしょう。
 ただ、仮にその点の裏取りができなくても、若山氏が共著者たちに解析誤りを連絡しなかったことは、明らかな事実ですし、メール等からも裏付けが取れる話です。
 それに上記の特ダネの事実が加われば、偽計の悪質性が増幅されます。
 
 
 外野からのコメントばかりで申し訳ありませんが、何とかOoboeさんとそのパートナーさんのご尽力の成果が、陽の目を見ることを期待しております。
 水かけてばかりと思われてもなんなので、時間があれば、上記に即した案文をメモってみます。


この記事に

閉じる コメント(40)

顔アイコン

> tai*o*no*さん
確かに、NHKの勧告拒否問題を国会なり与党等で取り上げてくれると、刺激になっていいかもしれません。
以前ご紹介したように、
https://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt2/17811373.html
BPOが設立、拡充されてきた過程では、常に政府側での人権救済の動きや放送局批判があったことによります。

国会や与党で取り上げられれば、BPO側、マスコミ側、識者側が危機感を抱いて、NHKの勧告拒否の問題を深刻に受け止め、NHKへの批判につながることでしょう。
総務大臣に誰か議員が国会で質問してくれるだけでも、一気に引き締まることでしょう。

・・・てな話になりかねず問題だ!ということを、BPOの3月会合で議論され、厳重な抗議書がNHKに発出準備されていると期待しているのですが、さてどうなりますやら。
BPOにとっても正念場です。

2017/3/30(木) 午後 5:15 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

クローズアップ現代問題の時に高市総務大臣の口出しがありましたが、NHKの行動が向かう先にあるのは、BPOを無力化させて政府の飼い犬になろうとしているのかと思ってしまいます。
マスコミやリベラルの人たちは、NHKが勧告を拒否したことにもっと危機感を持つべきだと思うんですが、そういった議論は三木弁護士が書いた記事以外どこにも見当たりません。毎日新聞に至ってはNHKを擁護する馬鹿記事まで出してますし。

2017/3/30(木) 午後 6:14 [ tai*o*no* ] 返信する

顔アイコン

NHKドキュメンタリー製作者は、今だに小保方さんが捏造したと思っているので、謝らないのだと思います。
詫摩さんの反論記事もそうです。其れなのにクレジットを入れないという逃げ道を作っています。
小保方さんが名誉の回復を望まれているのなら、裁判に拘らずとも、他の選択肢があるかもしれません。
以前山本太郎さんが国会で質疑をされました。 木星さんやDoraさんも沢山資料をお持ちでしょうし、Ooboeさんのパートナーさんも、国会質疑には時効も関係ありませんから、皆さんがせっかく集められた資料を無駄にせず、国会質疑に使って頂いてもよいのではないでしょうか。
小保方さんが捏造したのではないと分かれば、NHKも謝罪せざるを得ないのでは。 削除

2017/3/30(木) 午後 6:28 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

> waka*rannさん
Ooboeさんから、waka*rannさんに日経サイエンス記事の件でお尋ねが入っています。

http://blog.livedoor.jp/obokata_file-stap/archives/1064582234.html#comments
967. Ooboe 2017年03月31日 01:52

2017/3/31(金) 午前 2:24 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

>tea*r*akt2さん
今拝見しました。ありがとうございます。
長いので分けて転載します。

若山研のES細胞の可能性,遺伝子配列の詳細解析へ

───若山照彦氏は6月22日,遠藤高帆氏の求めに応じてプライマーの配列を送った。だが3日後,事態は急転する。遠藤氏はこのプライマーが15番染色体のどこに入っているかを調べる過程で決定的なミスがあったことに気づき,25日の午前中,若山研に連絡を入れた。「GFPのプライマーは,アクロシンのプロモーターです」 (本文より) 削除

2017/3/31(金) 午前 6:47 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

STAP細胞についての論文は撤回されたが,その撤回理由が新たな疑念を招いた。共著者の若山照彦山梨大学教授が先の会見で説明した内容と異なっていたからだ。

若山氏は,STAP細胞から作ったSTAP幹細胞を第三者機関に依頼して調べたところ,15番染色体にマウスを緑色に光らせるGFP遺伝子が入っており,「若山研には存在しない細胞」だったと明言した。だが撤回理由には,この遺伝子の挿入位置が「若山研で維持されているマウス・細胞と一致した」と取れる記述があった。 削除

2017/3/31(金) 午前 6:51 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

GFP遺伝子が15番染色体に入っていたというのは,若山氏と第三者機関の解析ミスである。これに気づいたのは,STAP細胞の遺伝子データを解析し,新生仔マウスにはない染色体異常を突き止めた理化学研究所の遠藤高帆上席研究員だ。

このSTAP幹細胞は今のところ,大阪大学の岡部勝教授(当時)が作ったB6 系統のマウスと,若山氏の研究室で維持していた何らかの129系統のマウスを掛け合わせた雑種マウスの細胞である可能性が高い。岡部マウスには3番染色体に,遺伝子を精子で働かせるアクロシン・プロモーターが結合したGFP遺伝子と,遺伝子を常時ONにするCAGプロモーターが結合したGFP遺伝子が連続して入っている。

STAP細胞の実験当時,若山研究室には,岡部マウス,129系統マウス,そしてこれらのマウスを掛け合わせて作ったES細胞が存在した。現在,アクロシンが入ったこのSTAP幹細胞について,詳細な遺伝子解析が進められている。遺伝子配列がはっきりすれば,岡部マウスの仔マウス由来の細胞か,それともES細胞かが明らかになるかもしれない。 削除

2017/3/31(金) 午前 6:54 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

解析ミスが判明した経緯とミスの原因,撤回理由が混乱したわけを解説する。

ネットに上がっていましたし、熊倉さんという方も取り上げていました。
何か間違いがあればご教示下さい。 削除

2017/3/31(金) 午前 6:59 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

小保方晴子氏とSTAP細胞問題. 小保方晴子氏とSTAP細胞問題 : 熊倉照男(テルオ)と受験法律研究会
というブログです。 削除

2017/3/31(金) 午前 7:07 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

Ooboeさんのパートナーさんは共著者に知らせないという密約の証拠をお持ちということですから、これだけでも若山さんの共著者への背任行為、調査委員会への虚偽申告になるとおもいましたが。 削除

2017/3/31(金) 午前 7:15 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

"放医研の若山氏知人、の
個人研究者さんは、画策意図なく解析
しています。"

Ooboeさんはこう書かれていますが。 削除

2017/3/31(金) 午前 7:37 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

URL貼っておきますね。頭にhをつければ検索できます。
「STAP幹細胞はどこから?」
ttp://www.nikkei-science.com/?p=43444

「小保方晴子氏とSTAP細胞問題(パート17)」
ttp://kuma-kura.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/stap17-1432.html 削除

2017/3/31(金) 午前 8:34 [ R ] 返信する

顔アイコン

熊倉氏のブログを一部引用します。

>(2) STAP細胞の正体について
STAP細胞の正体,特に,どのようにしてES細胞の混入があったのかについては,多くの研究者は,明確な形では断定はしていません。ただ一人,【小畑峰太郎氏だけ】が,次のように断定しています。すなわち,【若山教授が依頼した第三者研究機関と理研の遠藤高帆上級研究員の『STAP細胞の遺伝子の解析』を総合すると, 結論は一つ。『STAP細胞とは,小保方晴子が,理研CDBのどこかの研究室に眠っていたES細胞を盗み出し,別の培地で培養しただけのインチキ』である。当然,この世には存在しないし,誰も作れない】と断言しています(小畑峰太郎氏の『STAP細胞に群がった悪いヤツら《新潮社刊》』200頁参照)。 削除

2017/3/31(金) 午前 8:36 [ R ] 返信する

顔アイコン

>私も,〆までに,STAP細胞に関する約400の文献(特に,理研の遠藤高帆上級研究員の論文及び『kahoの日記』等)等を読み,△泙拭ぞ保方晴子氏は1ヶ月以上かかった若山教授が理研から山梨大学への引越作業を一切手伝わなかったにもかかわらず,若山研究室にあった自分の試料はきちんと回収されており(この回収は,若山研究室の研究員は誰も見ていないので,おそらく,夜中に行われたものと考えられており),その小保方晴子氏の研究室の冷凍庫の中に彼女自身の試料と共に約80本のES細胞入りのチュ―ブが存在していた,という点から考えますと,私も,この小畑峰太郎氏の判断と全く同様の結論に至りました。 削除

2017/3/31(金) 午前 8:37 [ R ] 返信する

顔アイコン

>Rさん

この熊倉という方は勿論専門家ではなく、日経サイエンス等の情報を信じ推察されています。
私がこのブログのことを書きましたのは、間違った情報から小保方さんが捏造したと断定されている、とても良い見本と思っているからです。
日経サイエンスの誤りが解明されれば、熊倉さんにも小保方さんに謝罪して頂きたいと思っています。 削除

2017/3/31(金) 午前 8:55 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

Ooboeさんは日経サイエンスをよくご覧になっていないようなので、この熊倉氏のブログを読まれると、如何に若山さんサイドからの情報日経サイエンスが書かれているかお分かり頂けるとおもいます。
告発の良い手引きになると考えます。
Rさんが書かれた17に西園啓文氏のことがでてきますが、"それこそ129B6F1のESだったら、若山先生が作った核移植ESしか思いつかないんだけど"という有名なツイッター、これなども面白いとおもいます。 削除

2017/3/31(金) 午前 9:16 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

>Rさん
因みに今はこんな感じです。

返信先: @y_ohinataさん

トクロンティヌス@文学フリマ金沢あ-11 @jyouhou_syusyu

@y_ohinata @jseita @caripso ヤメロ!さり気なく俺を攻めるのはヤメロ!!
午前11:51 · 2016年2月12日

トクロンティヌス@文学フリマ金沢あ-11 @jyouhou_syusyu
@caripso @y_ohinata @jseita 山梨ってペルソナ4か! 削除

2017/3/31(金) 午前 9:35 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

お詫びと訂正があります。

日経サイエンス7月25日号と書きましたが、正しくは7月25日発売の9月号でした。 削除

2017/3/31(金) 午後 5:41 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

7月22日の若山さんの訂正にはアクロシン•プロモーター3番はなく、25日発売の日経サイエンスが知っていた事にも変わりはありません。 削除

2017/4/1(土) 午前 1:37 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

私は若山さんが小保方さん作成のスタップ細胞を使っていない可能性が大きいと考えています。又小保方さんを山梨に連れて行くという話も、小保方さんというより、小保方さんが持ってきてくれる研究費に魅力を感じていた、と思っています。 削除

2017/4/1(土) 午前 1:53 [ waka*rann ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事