理研STAP細胞論文調査委員会報告、改革委提言等への根本的疑問

小保方論文の「改竄」「捏造」認定の不合理さ、バッシングの理不尽さ

全体表示

[ リスト ]


 既にコメント欄でもご指摘のあったように、BPO321日会合の議事録がアップされていますが、NHKの人権侵害決定・勧告拒否について、少なくとも議事録上は、何も議論された形跡がありませんでした。公式の議事外での意見交換があった可能性はありますが、表面上は何も動きが見えません。



  他方、コメント欄で教えていただきましたが、「BPO解体」を含む提言が百田尚樹氏、小川榮太氏らをメンバーとする「放送法遵守を求める視聴者の会」という団体によってなされたとのことです。


◎放送法遵守を求める視聴者の会 新代表に百田尚樹氏 「BPO解体」提言を公表
(産経ニュース 2017.3.28 20:13



「・・・同会事務局長で文芸評論家の小川榮太郎氏は、BPOについて「放送事業者自身のコントロール下にある任意団体であるBPOとテレビのマッチポンプによるチェックしかない。構成員の多くが左派、リベラル系であることは国民不在の機関だと言わざるを得ない」として問題視。国民に広く認知するように運動を始めたうえで、BPOの解散と、国民の声を反映した新たな独立規制機関の設立を求めた。
また、放送業界は寡占状態にあるとして、電波の周波数を競争入札により通信事業者に割り当てる「電波オークション」の導入などを提言した。」


◎森友学園報道「バランス欠く」 「視聴者の会」が会見



 「NHKと民放でつくる第三者機関「放送倫理・番組向上機構」(BPO)について「第三者性に疑義がある。BPOを解散し、国民の声を反映した独立規制機関をつくるべきだ」とした。放送法や電波法にもとづく放送事業者の行政処分や業務停止などについて研究する、とも述べた。」


■百田氏、小川氏らは、いうまでもなく安倍内閣支持の保守派ですし、百田氏と長谷川三千子氏とは、第二次安倍内閣において、NHK経営委員に新たに任命された経緯があります(百田氏は一期限りで退任)。


NHKの最高意思決定機関である経営委員会の委員である長谷川氏のBPOの人権侵害決定・勧告拒否の肯定発言と併せ考えると、彼ら保守系の人々は、BPO自体を否定し、別途の独立規制機関の設立を指向していることが伺い知れます。


長谷川氏の経営委員会での発言は、そのような思惑の下でなされたのかもしれません。長谷川氏は、おそらく、事案の中味など関心無いのではないかと思います。「人権侵害」という、「右翼的」な彼女からすると「左翼的」ニュアンスと感じる言葉への反発と、BPO否定の思惑に立って発言していると思われ、STAP細胞事件の経過などは、知りもしないし関心もないのでしょう。


いずれにしても、放送局が偏向しているかどうかの議論は措くとして(その「偏向ぶり」を「独立規制機関」が判断して、行政処分に持っていくなどは非現実的だと思いますが)、強力な牽制と政府介入の動きが顕在化してきていることは確かなわけです。


■そういう中で、BPOが、これらの否定論の動きに抗する動きをしなければ存立意義を問われてしまいますし、NHKの勧告拒否を放置するのであれば、BPO否定論の動きに格好の材料を与えることになってしまいます。


 そういう構図になっているのかわからないまま沈黙を保っているのか、それとも良くわかっていて、これらの動きに抗する声明等の準備をしているのか、外からはよくわかりません。


■全体的なBPO否定論はともかくとして、放送人権委員会でのNHKの決定拒否については、3ヶ月後(5月)の改善取組報告のタイミングで議論するつもりなのかもしれません。
  NHKも意見交換をしていくとしており(意見交換の局面ではもうないわけですが)、その内容を見て判断するということかもしれません。


 以前、朝日放送への勧告を踏まえた取組報告を受けた際に、その本気度合いを疑うかのような意見を出したことがありましたので、それと同じパターンのような気もします。


  http://www.bpo.gr.jp/?p=6864&meta_key=2013(一番下の「意見」を参照)


 しかし、朝日放送の場合は、まがりなりにも、恭順の意を示していましたが、今回のNHKは、決定・勧告のその日に、直ちにこれを受け入れず、自説を主張したわけですから前代未聞の異例の状況です。しかも、単に大阪放送局が反射的に応答したということではなく、上層部も含めてその対応を認めており、それに加えて、最高意思決定機関の経営委員会委員までもが、積極的にこれを支持したと言うことですから、その前代未聞振りは半端ではありません。


 要するにBPOは喧嘩を売られ、その存在を否定されるに等しい仕打ちを受けたわけですから、直ちに反応するのは、当然の初動対応だと思うのですが、なぜそうならないのか、不思議でなりません。


■政治的な取り上げ方も、あれこれ考えると微妙なところがあるのかもしれません。政府・与党は、おそらく、既存放送局ムラの一員であるBPOを否定し、政府が関与する独立規制機関の設立の思惑があるでしょうし、経営委員会の長谷川氏は政府に近いわけですから、「なぜ、NHKBPOの勧告を守らないのか?!」という、現行の枠組みを前提とした批判は期待できないと思われます。


 また、不祥事続きだった籾井前会長が退任し、やっとまともと思われる上田新会長が就任して間もないということもあり、現時点で、そのマイナス点となるような取り上げ方もまた期待できないような気がします。


 となると、野党はどうか?ということになってきますが、民進党も、記者会見からの締め出しなど、メディアに対しては強圧的なところがあります。ただ、今回の件を使って政局的な取り上げ方はできるわけで、政治主導色の強い経営委員だった百田氏を批判したのと同様に、長谷川委員を批判し、NHKの体制に対する批判はすることはできるでしょう。


 しかしそれにしても、別に小保方氏への人権侵害が継続することについてどうなのか?という問題意識ではない、政治的思惑による取り上げ方になりますので、あまり好ましい構図とも思われません。


■現時点では、まだそういう政治に絡めた取り上げ方はされていませんが、そうならないうちに、BPOの人権侵害委員会は、きちんと自らが1年半かけて審議して決定した勧告が守られるよう、小保方氏のメディアによる人権侵害からの救済確保のためにも、迅速に対応すべきだと思います。


この記事に

閉じる コメント(11)[NEW]

顔アイコン

報道の自由とは権力に阿る事なく、束縛される事もなく活動できるということで、何をしても良いという事ではないことが分かっていないようです。
自分達の番組が人権を侵害していないか、客観的に見ることは難しく、その為のBPOです。
NHKは特に政治との関わりがあります。
報道人として自分達の道しるべとしてもBPOの様な組織が必要だと考えてもらいたいです。 削除

2017/4/5(水) 午後 6:46 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

NHK役員の報酬の自主返納が、記者の逮捕・起訴を受けて発表されています。
http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/otherpress/pdf/20170405.pdf

人権侵害決定・勧告を受けての処分というのは、どうするのでしょうか・・・??

2017/4/6(木) 午前 6:58 [ tea*r*akt2 ] 返信する

顔アイコン

「報道に携わっていた元記者が、重大な犯罪で相次いで逮捕起訴され、公共放送や報道に対する信頼を損なったことを受け止め、報酬を一部自主返納することとしました。」とありましたが、組織の中にいた記者個人が犯罪者であったことよりも、NHKが放送した報道そのものが人権侵害をしていることの方が、遥かに「公共放送や報道に対する信頼を損なう」ことだと思いますけどね。

NHKという巨大組織の中にひとりの犯罪者が紛れ込んでいたからと言って、それで「公共放送や報道に対する信頼」を損ねるとは私は思いませんが、NHKが組織を挙げて報道してきたものが人権侵害をしていたことと、それを未だに反省していないことの方が、遥かに「公共放送や報道に対する信頼」を損ねているとは、NHKは思わないのでしょうか。

2017/4/6(木) 午前 7:38 [ tai*o*no* ] 返信する

顔アイコン

>tai*o*no*さん
NHKが勧告を受け入れないのは、笹井さんの死が大きな理由だと思います。
あのドキュメンタリーのせいで笹井さんが亡くなられたという意見も多かったのではないでしょうか。
自分達の過ちを認めることは、笹井さんの死にも責任を持たなければならない。
だから捏造者は小保方さんという、若山さんが作ったシナリオを信じるしかないんです。
"あの日" は小保方さんの若山さんへの告発です。
NHKが過ったシナリオに踊らされたことを、認めさせることが一番です。 削除

2017/4/6(木) 午後 4:36 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

やはり木星さんも調べられた研究費の流用からでしょうか。
分割して転載します。


図:テラトーマ実験を巡る経緯


「STAP細胞」の万能性を示す証拠として理化学研究所の小保方晴子・研
究ユニットリーダー(30)側が「2012年1月24日」に実施したとする
マウス実験を巡り、正規の予算で必要なマウスを購入した記録がないことが、
毎日新聞が入手した理研の会計システムの資料から分かった。理研調査委員会
は実験の結果として論文に掲載された画像を「捏造(ねつぞう)」と認定して
いるが、その元となる実験の存在や適正な実施、成功が疑われる事態となった。

問題の実験はSTAP細胞を免疫不全マウスの皮下に移植し、体のさまざま
な組織を含むテラトーマ(腫瘍)ができることを確認するもの。小保方氏側は
実験ノートの記載を根拠に「12年1月24日」にマウスからテラトーマを取
り出したと主張している。

続く 削除

2017/4/7(金) 午前 9:12 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

ところが理研の会計システムに残る物品購入記録によると、小保方氏が客員
研究員として若山照彦氏(現山梨大教授)の研究室に入った11年3月以降、
この実験に使える運営費交付金で若山研が初めて免疫不全マウスの購入手続き
をしたのは12年1月24日。6週齢の雄のマウスを受け取ったのは3日後の
27日だった。理研によると全予算の出納は会計システムで厳格に管理されて
おり、記録を残さずに物品を買うことはできない仕組みだ。マウスを管理する
動物施設の記録とも一致しており、実験日には必要なマウスが届いていなかっ
たことになる。

理研が許可した動物実験計画によると、テラトーマに関する実験は11年1
0月〜13年3月に行い、必要とする免疫不全マウス150匹は全て業者から
購入することになっていた。理研広報室によると、若山研は12年1月末以降、
6月までの間に21匹を購入。これとは別に科学研究費補助金(科研費)で、
11年12月と12年10月に計6匹を買っている。 削除

2017/4/7(金) 午前 9:15 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

マウスの購入記録がない為、エアーマウス、エアー実験などと、小保方さんへのバッシングがありました。
若山さんは何故この時に自分から小保方さんにマウスを渡していたと言わなかったのか、やはり理由がありましたね。
6月の会見でマウスを渡していたといいましたが、世論は既に小保方さんが捏造者という目でこの会見を見、更にポケットにマウスを入れる仕草までして世論の後押しをしました。
マウス購入記録だけでなく、管理記録も無く、遺伝子組み換え生物の取り扱いも問題です。 削除

2017/4/8(土) 午前 9:00 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

理研調査委員会報告書 P.4
ーこの中で上段の 8 種類の細胞は、予備調査時に CDB 細胞リプログラミング研究ユニッ ト(以下「小保方研」という)、または山梨大学生命環境学部若山研究室(以下「山梨大 学若山研」という)に保存されていた STAP 幹細胞、FI 幹細胞、および関連する ES 細胞 である。また、STAP 幹細胞 FLS が、Acrosin プロモーター下に GFP を発現する Acr-GFP と、CAG プロモーター下に GFP を発現する CAG-GFP の共挿入を含むことが判明した後に、 過去に CDB ゲノム・リプログラミング研究チーム(以下「CDB 若山研」という)で作製さ れた Acr-GFP/CAG-GFP 共挿入 ES 細胞を取り寄せて解析したのが、下段の 4 種類の細胞で ある。ゲノム解析は、この他に STAP 細胞等の作製に用いられたマウス系統についても行 われた。 ー
「取り寄せて」と有りますが、何処からとはかかれていません。 削除

2017/4/8(土) 午前 9:03 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

調査報告書 P.3
ntESG1、2の解析結果も書かれています。
開示請求によると、京都大学からFES1、2、 ntESG1 、2 の移動記録は有りませんでした。
一体調査委員会は何処からこの細胞を入手したのか、若山研究室からだったら、桂さんの責任問題だと思います。 削除

2017/4/8(土) 午前 9:07 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

因みに調査報告書P. 3 、STAP関連細胞株一覧に
ntESG1、 ntESG2ともに解析結果として B6N SLC♀ / 129+Ter CLEA♂
と書かれています。 削除

2017/4/8(土) 午前 9:18 [ waka*rann ] 返信する

顔アイコン

BPO人権委の4月会合がいつなのかがHPでは書かれていませんが、例年のパターンだと、4月20日頃に開かれていますから、今年度も既に開かれていることでしょう。
メンバーには入れ替えはなく、追加が若干あるようですね。近日中に議事概要が載ると思いますが、NHKからの報告は、勧告から3か月後の5月会合とみるのが一般的でしょう。そこで、どういう対応をするのかが注目点ですね。

そこで何も言わずに了承していたら、それは、朝日放送の時の対応とは異なるダブルスタンダードでもありますし、BPOの威信は大きく損なわれ、BPO潰しの流れは加速するかもしれません。

2017/4/28(金) 午前 7:21 [ tea*r*akt2 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事