理研STAP細胞論文調査委員会報告、改革委提言等への根本的疑問

小保方論文の「改竄」「捏造」認定の不合理さ、バッシングの理不尽さ

全体表示

[ リスト ]

>「アホかいな」さん
 
コメント欄でのご指摘の通りでしょうね。
 
「1.」については、主として共著者以外の実験協力者のことを想定してのご指摘かと思いますが、任意で調査に協力したら、情報公開されてしまうのではたまらない、ということですね。それはまったくその通りです。
関係者にとっては自分の不正でもないのに開示されてしまうのは納得できない、と思うのはごく自然なことです。


 理研が情報公開請求を受けたのは、協力者の実験ノートではなく、共著者である若山氏と小保方氏の実験ノートのことですから、理研の不開示決定の理由の「以後の同種調査で協力が得られなくなる」という点もそれを前提にしたものでしょうし、私の前の記事も同様です。
ご指摘と同じ趣旨のことを、下記記事の最初の■の冒頭で書いています。
 
実験ノートに対する情報公開請求に対して不開示にする理由としては、通常は次の3点が主な論点になるのではないかと思います。
 
① 一身専属の著作者人格権(公表権=公表・公表しないを自ら決定する権利)の対象であり、本人の了解が得られないこと。
② 知財の対象となる研究内容、成果が含まれること。
③ 研究が不正調査の対象となる場合に、任意の調査である中で、情報公開対象となることが前提であれば、協力が得られないこと。
 
 私は、DORAさんの公開請求に対する不開示は、著作者人格権(公表権)や知財の関係も含めているのだろうと受け止めましたが、他方で、Ooboeさんのパートナーさんの請求に対する不開示では、「以後の同種調査で協力が得られなくなる」という理由は書かず(ですね?)、公表権と知財の関係を理由としているとのことなので、DORAさんへの不開示理由にはそれは含まれていなかったのかな・・・と感じました。
 初めからこれらの理由をセットで示しておけばよかったと思いますが、それはともかくとして、一般的には、理研の不開示理由の3点は妥当なものかと思います。
 
■前回の【再論】記事は、それを前提にしつつ、最初の■の冒頭に書いたように、
 
 「若山氏の「小保方氏に騙された」という立場、建前を前提にすると」 どうなるか?
 
 ということを書いているものです。一般論の話の続きではありません。
 若山氏の担当部分であるSTAP幹細胞関連も含めて、依然として特許出願中なので、未公表の知見なりノウハウ的なものも含まれている可能性があるでしょうから、特許出願が認められないものとしてすべて終結しないと、いずれにしても公開はできません。
 
■若山氏のスタンスは、
 
「小保方氏に騙された」
「若山研にはいなかったマウス由来だ」(後に「自分が提供したマウス由来ではない」に修正)
「自分が何をやっていたのかわからなくなった」
 
というのが立場のはずで、だからこそ論文撤回を主導したはずです。
 
そして、若山氏及びその実験ノート等も調査対象としつつ、桂調査委員会の調査結果において、「ES細胞の混入」だったと結論付けられたわけですし、「混入」を故意とは断定していませんが、通常では過失とは考えにくいとすることで、限りなく小保方氏の故意を示唆しています。
かくして、若山氏のスタンスは「裏付けられた」ことになりました。
 
そして、理研改革委が、その改革委提言及びその公表時の記者会見において、本件は、「前代未聞の不正」「世界三大不正」だと公式に指弾したわけですから、この「不正」が実際にどう行われたのか、「いかに巧妙に小保方氏が若山氏を騙したのか」を検証する上での、一級の公共財的色彩を帯びています。
 
若山氏はもちろん、第三者がきちんとトレースできるようにきちんと実験ノートをつけているはずですから、それを仔細に検証していけば、学とみ子さんが縷々書いておられるように、ネイチャー論文で、STAP細胞・幹細胞がES細胞ではないことを裏付けるために行った数々の比較実験の内容、結果はどういうものだったのか? どこでどうやって「騙されたのか?と」いうことも判明することでしょう。
 
若山氏は、一点の曇りもないからこそ、論文撤回を呼びかけ、記者会見でも自らに非はないことを主張し、論文撤回を完遂したわけですから、(V-CELL社等が特許出願中の手続きががすべて終われば)より詳しい検証材料として、提供しない理由はないように感じます。
 
 それで、以下のご指摘の「2.」は、若山氏のスタンスと、それが桂調査委によって「裏付けられた」ことからすると、仮に何らかの訴訟を起こされたとしても、十分に対抗できるはずですから、そのようなリスクより、むしろ、「世界三大不正」が行われた手口の解明のための一級の公共財として提供することの意義の方が大きく上回るのではないでしょうか?
 
******************************
2、今後STAP事件に関わる裁判が何らかの形で起こされる可能性がないとは言えない。裁判になったとき、実験ノートは一級の証拠にならから、簡単には開示できるわけがない。
******************************
 
 STAP細胞事件では、ネットによる不正の解明の意義が強調されたことは記憶に新しいものがあります。若山氏の実験ノートが社会に提供されれば、世界の研究者の間で、STAP細胞の「不正」の解明が一段と進み、同様の巧妙な「不正」の再発防止に必ずや大きく貢献することになるでしょう。
 
■・・・言うまでもなく、以上は半分皮肉ですが、半分は本気でもあります。
小保方氏が、これまでいくら説明しても、「実験ノートを提出しろ!」との罵倒の声はやむことはありませんでした。
 しかし、理研が不開示理由として、知財の関係があること(特許出願係属中であること)、著作者人格権(公表権)があること、今後の同種調査に支障が生じること、の計3点を理由として不開示としたわけですが、前2者の理由は、小保方氏の説明と同じです。3点目も、「私だけでは判断できない」という会見での言葉に含まれています。
 
 それでは、小保方氏に開示を迫っていた人々が、理研の不開示方針を厳しく批判するかといえば、批判することはありません。小保方氏の実験ノートだけが、公開請求の対象だったら不開示に批判が起きたかもしれませんが、若山氏のそれもワンセットでの公開請求だったことにより、今まで、小保方氏に投げかけていた非難の矢が、自らにブーメランとなって返ってくることに気がついたのでしょう。
 
 小保方氏は言っていませんが、もし、ご指摘のような、
 
******************************
2、今後STAP事件に関わる裁判が何らかの形で起こされる可能性がないとは言えない。裁判になったとき、実験ノートは一級の証拠になるから、簡単には開示できるわけがない。
******************************
 
 ということを、小保方氏が述べたとしたらどうだったでしょう?
 それこそ、「不正を認めたに等しい」「やはり、やましいところがあるから公開できないのだろう」「裁判になることも覚悟しているんだ」として、非難と罵倒の暴風が吹き荒れたことでしょう。
 
 ところがどうでしょうか? 
 若山氏の実験ノートが公開請求の対象となると、「裁判になる可能性もあるから簡単に開示できるわけがないだろう。アホか!」という台詞が、当然のように語られます。
 
 STAP細胞事件での小保方氏への非難は、こういうダブルスタンダード的言辞が少なからずあったと思います。
 桂調査委の建前として、小保方氏と若山氏とは、同じ被調査者の立場なのですから、小保方氏に求めることと若山氏に求めることとは、同じ基準に基づく必要があることは言うまでもありません。
 STAP細胞事件での一連のことを振り返るとき、このブーメランの可能性を念頭におけば、もう少し抑制のきいた冷静な議論になったのではないかと感じます。
 
 
■さて、最後に、若山氏の実験ノートの開示をとことん争った時、認められる可能性はあるのでしょうか?
 私はその可能性は多少はないわけでもないかも・・・と感じています。
もちろん、特許出願等の知財関係がすべて終結していることが前提ですし、ハーバードに帰属する部分は除いての話です。また、STAP細胞問題と関係しない実験・研究部分はもちろん除かれます(関係ない部分は、黒塗りにすることになるでしょう)
 
 まず、「今後の同種の不正調査に支障」という点は、若山氏自らが、「騙されて行ったもので、何をしていたのかわからなくなった」「ES細胞混入だ」と主張していたその実験の過程を示したノートですから、通常の(自らの身の潔白を訴える)不正調査とは構図が異なると思います。
 
 知財関係、同種の不正調査への支障という理由がなくなると、あとは、著作者人格権(公表権)との関係になってきます。
 一般的には、著作物を公表するかしないかは、著作者が自ら決定できるわけですが、それが絶対のものかといえば、そうでもないというのが、BPOの決定書に書かれています。
 BPOでは、小保方氏が、NHKスペシャルで勝手に実験ノート内容の一部を放映されたことについて、論点のひとつとして判断しています。
 
決定では、「(3)実験ノートの放送」については、著作者人格権(公開の可否の決定権)と表現の自由との関係は、法実務上まだ確定的になっていないとしてコメントを避けた上で、次のように判断しています。
 
「本件放送には上述の通り高い公共性があり、本件公表は、上述のように公共性と公益性のある報道目的のための相当な範囲を逸脱しているとまでは言えない。」
 
 つまり、小保方氏の主張を排して、
 
「公共性と公益性との比較衡量次第で、著作者の意向にかかわらず公開もあり得る」
 
 という判断をしたわけです。
 理研は、改革委提言と会見において、「前代未聞の不正」「世界三大不正」と公式に述べたわけですし、その真相解明のために実験ノートまで含めて検証することは、公共性と公益性があると主張すれば、認められる可能性はまったくないわけでもないようにも思います。
 
 一般に、著作者人格権は、「人権」の一種ですから、経済的権利(著作権もそのひとつ)と比べて重みを持っています。それを排してでも、あえて公開させる必要があるのか?というところは論点となるわけで、桂調査報告書によって調査済みなのだから、それ以上に実験ノートまで公開する理由に乏しいのではないか、というのはその通りかと思います。
 
 これは、若山氏、小保方氏のいずれの実験ノートについても当てはまることではありますが、少なくとも、小保方氏はSTAP細胞の存在を訴え、「私のこれまでの、全ての秘密が書かれているからだ。私が見つけた細胞の秘密、細胞の神秘、私の発見、私のその時の感動、それが全て書かれたものだった」として拒絶の意向を示している一方で、若山氏は、「騙された行った実験で、ES細胞混入による間違いだった」とのスタンスを取っているように、両者には大きな差があります。
 つまり、著作者人格権という「人権」の程度に、今回の場合は、両者に大きな差があるということです。
この点が、もし争われた場合、公開の可否を判断する比較衡量の上で、差になってくるような気もします。
 
 どのみち、若山氏の実験ノートについて改めて情報公開請求を行うとしても、その機会はずっと先になるでしょう。その間に状況は大きく変わっているかもしれません。


閉じる コメント(20)

顔アイコン

ブログ主さん、私のコメントの解釈を誤っています。私が言っているのは、共著者も関係者も含めてです。繰り返しますが、不正調査は、調査委員会には警察の捜査のような強制力がありませんから調査に調査対象者(筆頭著者及び共著者)その他の関係者が協力しなければ不正調査そのものができませんからね。だからこそ文科省の研究不正ガイドラインでも、調査対象者が自ら調査に協力し、データや実験記録によって不正でないことを証明しなければならないと定められているのです。誰もデータや実験ノートを提出しなければ、事実上不正調査もできず、処分もできません。

2018/9/9(日) 午後 4:26 [ アホかいな ]

顔アイコン

捕捉
STAP論文の不正調査では、実験を行った若山氏、若山研メンバー、GRASの研究員の実験ノートが提出され、小保方氏も2冊の実験ノートを提出したけれど、ほとんどの実験が記録されていなかったのです。また小保方氏のバソコンにあるデータや調査委員会に求められたScience論文は提出を拒否しましたね。それで調査委員会は強制力がないので、研究室のサンプルはこれらの所有権を持つCDBの権限で保全したのです。CDBの研究者たちからの進言に基づき竹市センター長(当時)の了解の元に保全されたのです。

2018/9/9(日) 午後 4:38 [ アホかいな ]

顔アイコン

小保方さんが調査委員からデータを出せと言われて出さないのと、理研がどこの馬の骨ともわからない輩から要求された実験ノートを出さないのと、全部一緒くたにする根本さんってどんな人??

2018/9/9(日) 午後 8:32 [ ]

顔アイコン

小保方氏が特許の共同出願者にも名前を連ねていた理研に対してノートを提出しないのと、一般に対する情報公開が認められないことを同列に語る意味が分かりません。

2018/9/9(日) 午後 10:28 [ w**h*wk*n ]

顔アイコン

理研の調査委に対して、実験ノートを出す出さないの問題は、研究成果物の帰属による。桂調査委が理研に帰属するものを分別し、それだけに依拠して調査をしたことは、モニタリング委報告書に記載されている。実験ノートも同様に理研の帰属物でなければ、調査対象にできない。小保方氏の一存でできるものではないし、実際できなかった。もともと国際共同研究であり、実験ノートは組織に帰属するのだから、その研究不正調査は、組織間での協議によるのが筋。だから、小保方氏に実験ノートを提出しないのはけしからんと単純に非難するのは、構図に対する無理解による。上記の詳しい説明を、以下の記事を2年前と直近で書いている中で、それも理解せずに、依然として同じワンパターンの非難を繰り返すのは理解不能。Lさんはきちんと理解された。
https://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt2/18543379.html
https://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt2/17325960.html

2018/9/10(月) 午前 1:04 [ tea*r*akt2 ]

顔アイコン

情報公開の対象となるかどうかは、調査委に提出するかどうかとは別次元の話。情報公開請求は、どこの馬の骨であっても請求する権利がある。公開の可否の基準は法律で決まっている。任意の協力に基づいて行われる調査委への実験ノートの提出は、一般的には対外的に非公表が前提であり、公表権、知財の問題もあり、不開示となるのが通常だが、公共性、公益性の程度によっては、絶対ではない。若山氏のSTAP関係の実験ノートの場合は、不開示事由を覆す公共性、公益性があるとして、若山氏のスタンスも踏まえて、公開を争うのは可能かもしれない。以上のことを、頭の体操的に書いたのが、今回の【再論】〜〜の記事。
以上、要約でした。

2018/9/10(月) 午前 1:05 [ tea*r*akt2 ]

顔アイコン

> アホかいなさん
一点だけ、事実関係の話ですが、

>研究室のサンプルはこれらの所有権を持つCDBの権限で保全したのです。

の点ですが、研究室で保全されたサンプルは、理研の所有権(帰属)とは限らないかと思います。帰属の問題は、8月時点でやっと確定したと、モニタリング報告書にはあります。
実際、研究室にあったはずの、ホルマリン漬けのキメラマウスの胎児や胎盤、胎盤の切片は、調査されていませんが、それはハーバードの帰属によるものと思います(あるいは盗まれたためか)。

2018/9/10(月) 午前 1:14 [ tea*r*akt2 ]

顔アイコン

理研の公式報告書の記載、記者会見での発言等で明らかにされている基本的な事実関係さえも踏まえないのでは、不毛ですね。
試料の帰属は小保方氏の作業によって確定されている旨、コンプライアンス委報告書に記載されている。調査は、理研に帰属が確定したものから順次行われた旨も同報告書に記載されている(=帰属しないものは調査対象にならない、できない)。桂委員長は、会見で(帰属しないとの趣旨と思われる)「胎盤の切片は確認できなかった」と困惑しながら述べた。
実験ノートは、組織に帰属する旨、理研の規程に書いてある。小保方氏は記者会見で、4~5冊あるが、促されるままに提出した手元にあった2冊以外は研究室を渡り歩いた先のハーバード等にあると説明している。

2018/9/10(月) 午前 7:18 [ tea*r*akt2 ]

顔アイコン

続き)小保方氏の『あの日』の説明では、具体的にこの点は実験ノートのどこに書いてあるかを問われないまま、調査委側が書いていないと判断したとある。また、若山研内での実験の分担について、メール類とともに調査委に提出しようとしたが、信頼できる人だったはずの人から「指導」の名の下に阻止されたとある。このように、小保方氏は、出版物という形で公けにしている。出版に当たり訴訟対策のために、三木弁護士ら弁護団や、講談社の顧問弁護士も入れて万全を期し、反論が来ればすぐに根拠資料を公開できるよう準備しているが未だに何も反論が来ないと、『日記』で書いている。

投稿コメントは、「倉庫」に移管します。
https://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt2_souko/35382165.html

2018/9/10(月) 午前 7:18 [ tea*r*akt2 ]

顔アイコン

正論に反論できないといきなり倉庫ですか?

自分の主張に自信があるなら、w**h*wk*n氏のコメントを残した上で反論するべきだと思いますが。

2018/9/10(月) 午前 7:35 [ 質問 ]

顔アイコン

>データを出せ、出せって喚いている人達に言いたい
良く調査報告書を読んでね
なんて書いているか。
オリジナルデータを提出しなかったのに研究不正にはできなかったと書いているんだよね。


それは当時の理研の規定がそうだっただけのこと
今は規定が改定され、データが提出されなければ全て不正になります

ということは、オーボエさんらの希望が叶って、調査報告書が白紙撤回され、もう一度調査された場合、データを出さないものについては全て不正となる

小保方さんの不正がこれ以上増えないといいですね

2018/9/10(月) 午前 8:07 [ 楠本さんへ ]

顔アイコン

teabreakさん

倉庫送りとのことなので、倉庫の方に私の意見をコメントしました。

2018/9/10(月) 午前 8:18 [ w**h*wk*n ]

顔アイコン

理研の施設内にあるものは理研の所有物としてとりあえず保全するのは、常識的判断とされその組織管理者が保全するはのは問題ありません。ただし、例えば小保方氏の私物やハーバードかから持ち込んだサンプル等があれば、これらは理研の権限が及ばないので、本人から申し出があれば返還するだけ。そして保全したものは小保方氏立ち会いのもと帰属を確認しているので、この一連の手続きは真っ当です。

2018/9/10(月) 午前 8:59 [ アホかいな ]

顔アイコン

胎盤のプレパラートはハーバードのものというのは誤認です。
作成した時期からして理研で行われた実験だから、理研の経費で行われているばずですから、帰属は理研です。プレパラートとの作成時期は少なくとも2014年11月24日に初めてキメラマウスの作成に成功した後であることは明らかですから。

2018/9/10(月) 午前 9:07 [ アホかいな ]

顔アイコン

根本さん、

報告いたします。
パートナは、先日(金、土、日)と
東京でいろいろ、有意義な作業を
されました。
理研への報告書白紙撤回申請書が
行政書士先生によって完成しましたので
受け取りました。拝見しましたが
さすがプロですね
それから、あるメディアの有力な方に
お会いでき、パートナの資料の説明を
真剣に耳を傾けてくださったとのこと
です。今後は、記事化へのタイミングに
ついて相談する展開になりそうだとの
ことです。楽しみです。

2018/9/11(火) 午後 9:40 [ Ooboe ]

顔アイコン

それにしても

パートナのコンタクト力には
感心させられます。

相沢先生、石川先生、
ネイチャ論文2か月前に流出証言の先生
行政書士先生
ある刑事さん
そして今回のメディアの有力な方など

皆様、パートナの思いの、なにかに
共鳴されてしまうのでしょうか?

パートナは科学にまったく関わりのない
なんの利害もない、
ただの、一般人の職人さん、そんな人間
がここまでするを不思議がってますが
そのギャップが引かれる原因かも、、
そんなで皆様
親切に応対して下さるとのことのようです。

2018/9/11(火) 午後 10:10 [ Ooboe ]

顔アイコン

> Ooboeさん
今回アップした記事の末尾で、Ooboeさんとパートナーさんへのお願いを書かせていただきました。もし可能であれば、ご協力いただけれると助かります。STAP細胞事件の大きな論点です。

2018/9/12(水) 午前 7:42 [ tea*r*akt2 ]

顔アイコン

根本さん

ご免なさい、ご協力させていただきたいですが
どのスレの事でしょうか?

2018/9/12(水) 午前 8:32 [ Ooboe ]

顔アイコン

> Ooboeさん
すみません、今日アップしたこちらの↓記事の末尾に書いたお願いのことです。

「「キメラマウスのホルマリン漬け」と「胎盤の切片」の帰属の問題 」
https://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt2/18556086.html

2018/9/12(水) 午後 0:08 [ tea*r*akt2 ]

顔アイコン

根本さん
ハイハイわかりました。

了解です、
パートナに伝え検討してもらいますね

2018/9/12(水) 午後 0:41 [ Ooboe ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事