ここから本文です

書庫全体表示

前日練習でマサカのスリップダウン。体もマシンもダメージは無くレース当日を迎える。

予選ニュータイヤでコースインするもペースが上がらず、目標としているコースレコードに1秒届かず、クラス1位ですが混走するEF−SSクラス「トライアンフデイトナ675」に乗る平野選手がポールポジションです。

決勝レースも平野選手に付いて行けず、後続も離れて一人旅の7周。
ラップタイムは予選より下がって、特に見せ場も得るものもないレースをしてしまった。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事