ここから本文です

(有)白浜事ム所

日々是精進宜候

イメージ 1

皆様こんばんは、今回も川へと出撃です。

そろそろエソの動向を探りに海へも行かねばならないのですが、川がアツくなってきてますのでもう後回しでいいでしょうw



イメージ 2

最初はトップから始めてみたのですがどうも芳しくなく、メタルジグに切り替えて攻めてみると3投目で何かがヒット。フォールの途中を拾ってきたのでチヌではなさそうですがイイ引きしてます。



イメージ 3
イメージ 4

上がってきましたのはマゴチ。二釣行連続でゲットできるとは嬉しい話ですね〜

もう一回ぐらい釣れてくれないかとその後も続けて攻めてみましたが、そんな甘い話はないらしくサッパリになりましたので今度はトップに切り替えていきます。


川沿いを歩いていくと、流れに頭を向けたまま留まっている見えチヌが少々いたのでさっそく攻めてみますが、揃いも揃って「動く」ルアーが近づくと全力逃走。

ならば…という事でチヌの位置から10mぐらい上流にルアーを投げて、まったく動かさずにラインテンションだけ掛けておいて流れに乗せ、チヌの鼻先50cmまで接近させてから動かしてみました。するとスイッチが入ったのかゆっくりと追跡を始めたのでこちらもゆっくりと動かして距離を詰めさせると、ルアーのどてっ腹に噛みついて水中に引きずり込みましたので一呼吸置いてからアワセを入れて、フッキングを確認してからファイト開始です…!!





イメージ 7

手に汗を握りつつチヌとのファイトを楽しみ、寄せてきたところでの一枚。スピンキャストリール+ガングリップロッドでのトップチニングはやっぱ痺れますねぇ…たまんないっす。



イメージ 5

無事ランディングし、サイズはこんな感じで。「防空駆逐艦ペンシル」の初釣果ですので興奮してますw



イメージ 6

さてこの防空駆逐艦ペンシルですが実はかなり癖があり、形状に起因する諸々もさることながら、「ちょっと早く動かすと潜ってしまう」という大きな問題を抱えています。

なので、必然的にスローなドッグウォークを要求される事になりますが…そのドッグウォークもこれまたドッグウォークというよりは「横向いてヒラ打ちする首振り」に近いものがありまして、スケーティング性能が絶望的に悪いです。

ただ今回はそれが奏功したようで、移動距離を抑えてゆっくりネチネチ攻めれる仕様だったおかげで何とかできた、というのはいい勉強になりました。

しかしまあ軍艦ペンシルシリーズは作るたびに性能がバラッバラですので、掴むまでが苦労しますわ…w




イメージ 8

ちなみに今回、久々に愚弟Tシャツを着ていました。効果はいまだ健在…ってとこでしょうか?

ホントは以前のように釣った魚と写ってる写真が撮りたかったのですが、釣った時に撮るのをサッパリ忘れてしまっており釣行後に撮ったので、これではただのしょーもない自撮りですwww


では今回はこの辺で。皆様お疲れ様です。

この記事に

進撃のなんとか

イメージ 1

皆様こんばんは。今回もチヌを求めて兄鬼と川歩きの旅ですが、しょっぱなから「対黒鯛特化仕様」なんてデカデカと書かれたスイッシャーが体を張ったコントをかましてくれまして掴みは上々です。



イメージ 2

続いたのは兄鬼。自分が離れたポイントからふと見た時に、何かをランディングした後の様子だったので見に行ってみると良いサイズのチヌが釣れていました。



イメージ 3
イメージ 6

ヒットルアーは「兵士のミニチュアフィギュア」にオフセットフックを通してあるだけという凄まじい代物。しばらく前に兄鬼が電子部品やボルトナットに勝るとも劣らない何かを探し求めた末に購入していたものですが、しかしまあ何というか強烈な絵面ですw



イメージ 7

一体どうやってこれでチヌを釣ったのか非常に気になるので聞いてみたところ…兄鬼の立っていた位置は岩が急斜面になっていて底が見えないくらいには足元が深くなっているポイントでして、「超スローシンキングだったから岩に沿わせて跳ねたり滑らせてたりして落としてたらそのうち視界から消えて、更にそのまま落としてたらすっごく見覚えのあるラインの入り方したもんでアワセ入れたら掛かったってワケよ」との事。なるほど、わからん。



イメージ 4

その後、トップがダメダメなのでメタルジグで遊んでた愚弟が久々のコチをゲット。着底→巻く→落とすの繰り返し中、着底からの巻き始めを拾われてのヒットでした。

他にも一度だけ着底のタイミングを拾うチヌっぽいアタリがあったのですが掛けれず。無念…



イメージ 5

ちなみに、リールがスピンキャストリールに変わったのを機にメタルジグをそれに応じた仕様へと変更していましたが、問題なく通用するようなのでホッとひと安心です。


では今回はこの辺で。皆様お疲れ様です。

この記事に

震える川

イメージ 1

皆様こんばんは、今回も兄鬼とチヌを求めて出撃です。

…が、朝から気分転換にちょっと遠くの川まで出向いてみたところから始まり、あちこちの川を巡ってみたもののトップがまるでサッパリだわボトムに反応しても掛からないだわで苦戦が続きます。



イメージ 3
イメージ 4

そんな状況の中、動きがあったのが夕方。おもむろにメタルバイブを投げていた兄鬼にいきなりのヒットがあり、寄せられてきたのは黒々としたチヌ。



イメージ 5

サイズはこんな感じで、リフト&フォールでの攻めの「上げる瞬間」を拾ってきたとのこと。



イメージ 6

そのメタルバイブというのが、発売されて以来いろんな意味で話題の「激震(げきぶる)」でして、それを兄鬼が自分好みに加工しているものです。写真が分かりづらくて申し訳なし…

「面倒臭いから加工なぞやりたくなんかないが、純正だと役に立たんから加工せざるをえない」とは兄鬼の言。



イメージ 2

一方、愚弟の方はトップがダメ、ジグがダメ、スプーンがダメ、と攻め手がことごとく通じず玉砕。

兄鬼が上記のチヌを釣ったあとに解散してから、別の場所にて日没まで最後の悪あがきをしてみるも2回トップに出して1ヒット1バラシ。プロペラ装備のおねーさんが頑張ってくれているのですが使い手がヘボすぎて台無しですw


では今回はこの辺で。皆様お疲れ様です。

この記事に

イメージ 1

皆様こんばんは、トップチニングシーズンが開幕したようなので今回は川へと出撃です。



イメージ 2

防空駆逐艦の性能については前回で大体分かりましたので、今回は第四世代の事務のおねーさん達を一斉投入して実戦データを取っていきましょう。

写真左から順に一号機〜四号機の並びで、特性としてはそれぞれ「スタンダード型」、「ダート重視型」、「ラトル搭載型」、「プロペラ装備型」となっておりますが実のところ不安要素が無きにしもあらずです。特にプロペラ装備型。



イメージ 3
イメージ 4

…とか言いましたけども何だかんだでキッチリ仕事はしてくれますもので、サイズは小ぶりですがおねーさん一号機が今季トップチニング初釣果となるキビレチヌをもたらしてくれました。ついでに言うとガチのストッキングを履かせてても何も問題はナッシングという事ですね。



イメージ 8

バイトまでの過程については↑のツイートをご参照下さい。

今思えばウチの主力メタルジグ「あんかー」の時もそうだったのですが、やっぱり実績が少しずつ積み重なってくるのに比例して自分の中での信頼度も上がっていきますね。それこそ初代のおねーさんの頃なんかは「もしこれで釣れればネタとして大儲け」ぐらいの考えでしたが、今となっては『釣るためのルアー』として勘定できます。

ただ、こんなデザインなので相変わらず人目に付く場所での使用が憚られますけどねw



イメージ 5

その後、三号機(ラトル入り)のテストに切り替えたら2ヒット2バラシという結果に。ちゃんと掛けろよ自分…

反応はあったものの、他と似たような内部構造でもラトルを仕込んでるぶんバランスが崩れているのか「早く動かせない」という問題を抱えているのが分かりましたので、三号機は大幅な仕様変更に踏み切ろうと思います。



イメージ 6

雨が降ってきたので一度退却し、天候の回復を見て夕方より再出撃。二号機がてんでサッパリなので一旦飛ばして、一番心配な四号機のテストに移ります。

去年の記事でトップチニング用スイッシャー「セッター」がチヌをトップに出していた時のことを思い浮かべ、ポッパーのような使い方を心がけてやってみると…意外な事にこれがまたイイ感じに作用したらしく、一度手前までチヌを追って来させることが出来たのでダメ元で同じコースを通しなおしてみました。

すると、動きの止まるタイミングでいきなりジュポォ!と出てきて掛けれなかったかと思えばもう一回動かした後にまたジュポォと出るも掛からず、更にもう一回動かすとまたジュポォと出ても掛からないのでもう一回動かすとやっぱりジュポォと出てクリーンヒットしたのですが…掛かりが浅かったのかファイト中にバラしてしまいました…

釣れなかったのが悔やまれますが、「血眼になって意地でも喰らいつこうとしている」とでも例えれそうなあのバイトの連発は見ているだけでもかなり気持ちいいものがありましたね…あれはポッパーやスイッシャーなどの、移動距離が短くピンポイントをねちっこく誘えるルアーならではのものなのでしょうか。あと何気にペンシル以外でチヌをトップに出したのは初ですねw



イメージ 7

その後も四号機が二回ほどトップに出したのですが掛けれず、結局釣果はキビレチヌ一匹のみとなりました。

釣果を考えず過程だけを考えた場合、一番心配していたプロペラ装備の四号機が一番反応を引き出せてるというオチでして、実はスイッシャーって結構な有用性があるんじゃなかろうか…って気がしてきています。


では今回はこの辺で。皆様お疲れ様です。

この記事に

イメージ 9

皆様こんばんは、今回も兄鬼と川へ出撃です。

前回の釣行以降、「ゴールデンウィーク?なにそれおいしいの?」状態だった自分にかわって兄鬼が初見のポイントの調査などをやってくれており、そこを攻めて行こうという事になったのですが世間的にそろそろトップチニングの釣果が上がりはじめているようなので、その辺の調査も行っていきましょう。



イメージ 1

そして今回は、軍艦ペンシルシリーズに久々の新作が登場したのでテストがてら先陣を切ってもらいます。

外観は「防空駆逐艦」をテーマに対空機銃やら高角砲などを載せまくるとともに、旧来の作品から本体の形状のそのものの見直しをしていますが、ルアーとしてあるまじき形状であるのは相変わらずです。

このペンシルは「動き始めだけ横倒れになる」という特性があり、こんなにゴテゴテと装備が付いてるものが横倒れになるので当然その装備が水面を叩く事になるのですが…何故かその際にほんの少しだけ泡を噛んでみたり水飛沫を飛ばしてみたりするので、ほどほどのスピードでドッグウォークさせると、ロッドを動かすタイミングごとに音を立てながらペンシルが進んできます。



イメージ 2
イメージ 8

そんな挙動ではあるのですが、チヌへの受けは悪くなかったのか二回ほどトップに出せまして歯形を貰いました。その内の一回は魚影が視認できる範囲で喰わせて、ペンシルが水中に引き込まれるのも確認したのですが…ダメでした。今年はケチってシングルフックでやれないかな〜…と思ってシングルフックをチョイスしていましたが、やっぱ厳しいんでしょうかねぇ…?

ちなみに、総合性能という意味では昨年釣果を上げた「航空巡洋艦」よりも遥かにマシになってる感じですねw



イメージ 3
イメージ 4

そんな締まらない愚弟をよそに、兄鬼が「オフセットフック+スプリットシンカー+中古で買ったよくわからないワーム」の組み合わせでバシッとチヌをキャッチ。

兄鬼曰く、「ボトムを這わせてたらゴリゴリ噛まれてそのまま掛かった。ボトム攻める時はベイトリールが楽だわ。つーか何でダンゴ通じんのよ」



イメージ 5

その後も野鯉釣りに興じたりしながらチヌを狙ってみましたが、自分が二回トップに出すも掛けれず、兄鬼はかなり際どい所をカニで狙って掛けたチヌにその際どい所に潜り込まれて終了という結果に終わりました。トップは掛けたかったなぁ…



イメージ 6
イメージ 7

なお、そのトップに出した二回というのは、事務のおねーさん(第四世代:一号機)がキャストから巻いてくるまでの間に猛烈なバイトが三度あったのに掛けれなかったのと、弱った魚の高速ドッグウォーク中に一度だけ出た、というものです。

おねーさんに関しては、昨シーズンにおねーさんシリーズの定番となった「中〜高速ドッグウォークで探り、何らかの反応を確認次第徐々に減速し引き付ける」という戦法がそのまま通じたのがなんだか嬉しかったですねw掛けれませんでしたけどww

今回は自分がちょっとダメダメでしたが、もうトップチニングシーズンは開幕したようなので、次回も頑張ってみようかと思います。


では今回はこの辺で。皆様お疲れ様です。


この記事に

鉄分は大事ですよ

イメージ 1

皆様こんばんは。ここ最近、海でのルアー釣りが不振どころじゃないレベルに陥っており苦戦を強いられております。

↑のアコウをメタルジグが引っ張ってきてくれたりもしましたが…正直厳しい状況なのでしばらくはまた壁際に張り付くか、川で遊んでいた方がいいのかな〜…という気もしておりますよ…



イメージ 2

そんなワケで今回は兄鬼と出撃したり単独出撃したりしたのをまとめてお送りしますが、久々に兄鬼がやってくれてます。

発光ダイオードが今度はナットとの華麗なる融合を果たしておりますが、もうここまで来たらICチップとか小型のプリント基板とかでも釣れるんじゃないでしょうかねw



イメージ 3

やっぱり海が振るわないので川巡りをしていましたら、またまた兄鬼がダンゴでキビレチヌをゲット。投入からヒットまでが妙に早かったので「読んでいた」のかもしれませんが、そこは本人のみぞ知るというやつでしょうね。

かたや愚弟の方は、スプーンとメタルジグに寄ってくるフグの群れを眺める作業を繰り返しているうちに日が暮れました。電子部品が通じてる状況なので、餌釣りじゃなくてもウチの手勢でいけるとは思うんですけど…精進が足らんのでしょうね。




イメージ 4

トップチニングの調査も行ってみましたが、結果は↑のツイートの通りでございました。その一発を出した写真のこのペンシルは「横向きに浮く」仕様なので動きが悪いのかと思いきや、意外とキビキビ動きます。

なお、「遵守すべき使い方をあらかじめルアーに記載しておき、キャスト前にそれを目に付かせる事でついつい熱くなってしまうテンションを落ち着かせて操作が雑になるのを防ぐ」ことを狙っている仕様なのですが…実際は中〜高速ドッグウォークによる探査ばかり行って『活きのいい弱った魚』という日本語的におかしい状況を演出しまくりでした。全然セルフコントロールを促せてませんね、ハイw





イメージ 5

では今回はこの辺で。皆様お疲れ様です。


この記事に

事実は小説よりも13BB

イメージ 1

皆様こんにちは、今回も兄鬼と朝から出撃です。

最初は海でのルアー釣り…だったのですがサッパリで結局鯉釣り&チヌ釣りコースに決定し、愚弟は食パン、兄鬼は対野鯉用に調合されたダンゴを携えて臨み、兄鬼がまず先陣を切ります。




イメージ 2
イメージ 3


千切った食パンを浮かべるのみのシンプルな戦術、俗に言う「パンプカ」が通らず愚弟が苦戦するなか、兄鬼が順調に釣果を上げていきます。

兄鬼が言うには今までのチヌ釣りで培ったノウハウが鯉釣りにも普通に通用してしまったらしく、風向と流れやターゲットの進行方向・速度からダンゴの投射位置と沈降を巧みに調整する『誘い』の釣りは色々と参考になりました。



イメージ 4
イメージ 5

鯉を待つ愚弟の食パンに、亀にしては異様に長い首を伸ばしながら迫りくる影。不思議に思ってそのまま食わせて掛けてみたら、何とまあ驚く事にスッポンでしたw

人生で初めて釣ったとかなんで食パンに喰らいついてきたんだとか色々と言いたいことはありましたが、さすがに想定外すぎたのでとりあえずお帰り頂きました。

そういえば、自分はスッポン料理って食べたことはありませんがかなり美味いらしいですね〜



イメージ 6

その後、スッポンで運が向いてくれたのかようやく本命をキャッチ。ガングリップロッド+スピンキャストリールでのやり取りは相変わらず刺激的です。

そしてまた懲りずに右手一本で魚をいなすファイトを試みてみましたが、やっぱ無理ですねw



イメージ 7
イメージ 10

今度は兄鬼が鯉をキャッチ。兄鬼第二の愛竿「スピードキャッチバス(1500円)」が唸りを上げます。



イメージ 8
イメージ 9

最後は愚弟がキャッチし、愚弟第二の愛竿「ファントムハーレー」が負けじと唸りをあげますがそれ以上に使い手が唸ってます。主に右腕的な意味で。

何やかんやと楽しめた今回の釣行はこれにて終了ですが、ここからはちょっとおまけを載せていきたいと思います。




イメージ 11
イメージ 12

先日、アンブレラリグ計画を再々始動しようと考えましてその試作機を作りました。

過去の失敗から学んだ事をもとに、今度こそは成功させたいな〜なんて思って今回の釣行前日にテストに行ってきたのですが…



イメージ 13
イメージ 14

結果がどうだったのかは↑のツイートでお察し下さい。





イメージ 15

ただ、試作機は完全に無駄に終わったというわけではなく、得られたデータがスピナーベイト再開発計画の礎となりました。



イメージ 16

続いてはこちら。以前の記事で書いた、13BBの刻印が眩しい中華リール「KH1000」のベアリングについての話ですが…兄鬼の手によりついにその全貌が明らかとなりましたが、おそらくほとんどの方の予想通りのオチだったのではないでしょうかw



では今回はこの辺で、皆様お疲れ様です。

この記事に

トワイライト逆行

イメージ 4

皆様こんばんは。今回は兄鬼と出撃…なのですが、その前に最近更新をサボっていた間の出来事について書かなければなりませぬ。



イメージ 5

まずは先日、中華スピニングに変わるリールを新しく購入しなければと思いまして、せっかくなので前々から気になっていたダイワの「アンダースピン80」に手を出してみました。



イメージ 6

この間中華リールを買ったばかりなのにリールの変更に踏み切った理由は、「PEラインの使用を想定されていないリールでPEラインを使っていると、ラインローラーがPE非対応なのか削れて溝が掘られてしまう」という事にあります。ボールベアリング入りラインローラーであっても0.8号PEでは回せなかったのかこうなってしまいました。

実は以前に使っていたアオリトライアルの引退理由もコレでして、ある時に新品のPEラインが一釣行でバサバサになったのを不思議に思って見てみた時に知りました。

つまり、まったく何も反省していなかったという話でございますねw



イメージ 7


そんなわけで、巷ではスピンキャストリールにはPEもイイなんて噂もありますが気にも留めず、もう何年ぶりか分からないナイロンラインを巻いてみました。アンダースピンならスピニングロッドが流用できるし、今年度はこれで頑張るぞー!!



イメージ 8

…と思っていましたが、何だかとっても物足りなってしまったのでもう行くとこまで行こうと思い、「ガングリップロッド+スピンキャストリールの組み合わせ」という、時代に全力で逆行する仕様をチョイス。そしてアンダースピン80の現役生活はたった一週間そこらで幕を閉じる事となりました。ただ互いのパーツの互換性が結構ありそうでしたので、スピンキャスト80に何かあった際に役に立ってもらうとしましょう。

ちなみに写真のロッドはダイワの「ファントムJ(中古)」、リールの方も同じくダイワの「スピンキャスト80」です。



イメージ 9

しかしまあガングリップロッドはカッコイイですね…たまらんです。ベイトリール乗っけるのも似合うんでしょうけど、自分としてはやっぱりスピンキャストリールが乗ってる姿が好きですね。

ガングリップロッドを使うのは初めてなのですが、とりあえず習うより慣れろの心境で楽しんでいきましょう。



イメージ 10

ようやく今回の釣行の話に戻れますが、釣行前にプロ野球みたいに兄鬼と保有釣具のトレードを行いました。その内訳は…

愚弟サイド
・バスロッド「バスX」
・中華リール2機

兄鬼サイド
・ガングリップロッド「ファントムエリミネイター」

…となっておりまして、一見すると愚弟不利のトレードに見えますが互いの思惑が噛み合ったWIN-WINなトレードなのであります。兄鬼は1000番のリールを欲しがってましたし、自分は当面スピンキャストリールに生きるつもりなうえにガングリップロッドが地味に手に入りにくい代物でしたので。



イメージ 11

あちこちを転々としてルアーを投げていましたがでんで振るわず、久々に鯉釣りにでも行ってみるかという事でちぎった食パン浮かべてマッタリしていましたら、愚弟に久々の鯉がヒット。食パン浮かべるのが通用するようになったということは、だいぶ暖かくなってきたんでしょうかね〜

そしてガングリップロッドとスピンキャストリールは鯉で入魂となったわけなのですが、ファイトの中でひとつ分かった事がありました。ガングリップロッドでのファイトはかなり楽しい反面、かなり手と腕にキます。

カッコつけて片手一本で魚をいなすのとかやってみたかったのですが、まあ無理でしたねww



イメージ 12

イメージ 2

その後また方々を巡ってルアーを投げたのですがやっぱり振るわず、夕方から鯉釣りを再開したら兄鬼にヒット。トレードした物がさっそく働いています。




イメージ 1

チヌ釣りに用いている0.8号ナイロンそのままでのファイトは、見ている方も手に汗握るものがありました。



イメージ 13
イメージ 15

続いて愚弟にもヒット、右腕に青筋を立てながらのファイトでした。

時代に逆行した装備ではありますが、「投げて楽しい」「ファイトが楽しい」「とにかく使っていて楽しい」といった具合なので、実際使ったら一層惚れ込んでしまいましたね〜…



イメージ 14

ちなみに自分、買った当初はスピンキャストリールというものの使い方を盛大に勘違いしておりまして、「スピンキャストは初心者向けとか言われてるけどどこが初心者向けだよwwキャストがムズすぎるだろwww」なんて思っておりました(恥)



イメージ 3

では今回はこの辺で。皆様お疲れ様です。



この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事